« 弁護士の仮面を被った政界の吸血ユダ仙谷由人が、検察審査会議決後の強制起訴後に小沢一郎を内閣不信任で追い出すと恫喝。NHKに生出演の小沢に「政治とカネ」質問する馬鹿キャスター | トップページ | 民主党代表選での公開演説会やニコニコ動画でしめす小沢一郎のサプライズとも言うべき饒舌さ、政策通ぶり、暖かい人間性などがこれまで小沢誹謗中傷一直線だったマスゴミには震撼ものだろう »

2010年9月 5日 (日)

フリージャーナリスト岩上安身が小沢バッシングに執念のマスゴミのクソダメ記者の実体をツイートで詳細に晒してます

精力的な取材をするフリージャーナリスト岩上安身が小沢バッシ
ングを執拗に続けるマスゴミのクソダメ記者の実体をツィッター
上で晒してくれている。
このクソダメ記者は論理も何も無くただ
小沢憎しのキチガイ状態であり、なにがなんでも小沢バッシング
するのが使命のように洗脳されてしまった悲惨な脳ミソが腐った
ゴロツキでしかないのがますます明白になる訳で、こんなキチガ
イどもが自分たちの利権構造にベッタリ状態や官房機密費バラマ
キの税金泥棒もスルーする無責任マスゴミを構成している訳で、
まさにこのキチガイゴロツキ記者どもはヤクザの構成員と実態は
変わらないと言うことだ。

以下に岩上安身のツイート(時間はこのブログ記事を書いた5日
午後3時頃から計算した時間)

続き。たぶん、マスコミ業界以外の人間が聞いたら、どうかしているのではないか、と思うだろう。業界内だけでのみ通る屁理屈である。しかし、こんな屁理屈で「武装」して、実際に、記者クラブメディアは連日、異常なネガキャンを張り続けている。何のためにか、自分たち自身でもわからないまま。
約13時間前 webから

続き。酒の席とはいえ、ここまで没論理的になると、まともな議論にはならない。「おれたちは頑張ってるんだ」と、何度もその記者は繰り返した。「毎日、社員をどう食わしていくかで、精一杯なんだ」とも。そうした自己弁護のすべてが、記者クラブあげての小沢バッシングの正当化につながっていた。
約13時間前 webから

続き。「俺たちは自分に落ち度があっても、小沢批判をやめたらいけないんだ」。なぜ? そう聞くとまた何度でも同じところに戻る。「謝っていない」。何について? 「企業団体献金をやめるといったのに、まだ受け取っている。許せない。謝れ。謝れ。おれたちは謝った。オザワ、謝れ」。その繰り返し。
約14時間前 webから

続き。空いた口がふさがらない。一般読者が誰も知らないところで、アリバイ作りのように書かれた記事を持って、新聞業界全体の禊はすんだ、というのである。だが、官房機密費は誰も返還していないし、国有地はそのままだし、押し紙は今も続いている。
約14時間前 webから

続き。なぜそうしたことは書かないかという問いに、「自分の上司がみんなやってきたことを書けるわけがないじゃないか」と居直った。「だが、おれたちは謝った」という。ん? いつ、どこで? 新聞協会の会報か何かでこうした問題を取りあげたことがあった、という。それですんだ、というのだ。
約14時間前 webから

続き。新聞は、どれだけ高みから見下ろしているのか。いつから司法機関を超えて、人を裁く権限をもつようになったのか。私は問い返した。新聞はうしろめたい思いはないのか? 押し紙は? 国有地を払い下げてもらった本社屋の土地は? 官房機密費は? 彼はその事実をすべて認めた。
約14時間前 webから

続き。仮にもジャーナリストが伝聞だけで「推定無罪」を踏みにじれるのかと私がいうと、なぜ、司法機関に従わなくてはいけないんだとすら言いきった。クロだという証拠は、もちろん手にしていないのに、だ。「小沢は謝ってないんだ、謝らせるまで毎日書き続けていいのだ」という。おかしい。
約14時間前 webから

続き。その記者は、小沢氏関連以外は常識的な話をする人物だった。それだけに、この件に関しての偏りぶりは尋常ではないと感じられた。自分自身は、小沢氏に関しても検察に関しても、まったく取材していない。自分自身ではっきり言い切って、そのうえで開き直り続けた。
約14時間前 webから

昨夜、ある会合で新聞記者と議論になった。話題は小沢氏。彼は、小沢は悪だ、クロだと決めつけてはばからない。しかしその根拠は何もない。すべての記者クラブメディアが連日ネガキャンを張るのは正しいと言い張る。
約14時間前 webから

|

« 弁護士の仮面を被った政界の吸血ユダ仙谷由人が、検察審査会議決後の強制起訴後に小沢一郎を内閣不信任で追い出すと恫喝。NHKに生出演の小沢に「政治とカネ」質問する馬鹿キャスター | トップページ | 民主党代表選での公開演説会やニコニコ動画でしめす小沢一郎のサプライズとも言うべき饒舌さ、政策通ぶり、暖かい人間性などがこれまで小沢誹謗中傷一直線だったマスゴミには震撼ものだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/49356802

この記事へのトラックバック一覧です: フリージャーナリスト岩上安身が小沢バッシングに執念のマスゴミのクソダメ記者の実体をツイートで詳細に晒してます:

» オザワはロックだ! [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
昨夜から、ネットにつなぐとTwitterから離れられなくなっている。新聞やテレビなど大手メディアがどんなに音を消しても隠しても、新宿や梅田から日本全国から怒涛のように湧き上がるオザワ・コールが、遠く離れたわたしの耳にも鳴り響くようになった。 あまりにも興奮して、Twitterやそれにリンクされたページを夢中で読み飛ばしているうちに、岩手県知事の達増拓也さんほどじゃないけれど、パソコンの動きがすごくスローになっちゃった...(笑)。tassotakuya 大阪梅田での民主党代表選挙街頭演説会のイ... [続きを読む]

受信: 2010年9月 7日 (火) 10時15分

« 弁護士の仮面を被った政界の吸血ユダ仙谷由人が、検察審査会議決後の強制起訴後に小沢一郎を内閣不信任で追い出すと恫喝。NHKに生出演の小沢に「政治とカネ」質問する馬鹿キャスター | トップページ | 民主党代表選での公開演説会やニコニコ動画でしめす小沢一郎のサプライズとも言うべき饒舌さ、政策通ぶり、暖かい人間性などがこれまで小沢誹謗中傷一直線だったマスゴミには震撼ものだろう »