« ツィッターで「朝日新聞が会社案内で郵便不正事件スクープ記事で村木逮捕などを自慢」と初めて知った。そのクズ朝日に比して、裁判後会見で見せた村木元局長の知性と冷静 | トップページ | 東京の猛暑から逃避のつもりの北東北方面ドライブ旅行も今年はあまりに暑すぎたが、その7泊8日の入浴記などようやく書いた »

2010年9月11日 (土)

民主党議員の中ではすこしはまともな将来を期待できるかと思っていた馬淵澄夫だが、民主党代表選に関して、カン首相の会見を聞いてカンの政策が深化したとしてカン支持を決めたと自身のブログで表明したアホさには幻滅

民主党の中で少しはまともな議員の一人かなと思っていたのが
馬淵澄夫だ。テレビメディアにもわりに良く登場するし、体を
鍛えているって話が話題になったりする議員だ。しかし、その
馬淵澄夫が自身のブログの9月2日付け記事で、民主党代表選
に関して、

「代表選挙に至るさまざまな過程で、揣摩臆測を呼ぶ報道が繰り
返されることもあったが、僕は公示を受けて候補者が決まった

段階でその政権政策(政見)を見極めたうえで判断したいと考
えてきた。・・・・昨日はいずれの陣営の決起集会にも参加せず、党主催の共同記
者会見に行った。
1時間の両候補の決意表明、質疑応答をじっくりと見た。
一晩、熟慮した。・・・・政見の検討結果はあらためて記そうと思うが、僕は代表選挙に
おける政策比較で、大きくは経済政策、政治改革、行財政改革、
税制の抜本改革について、具体的な施策の深化を示している、
菅候補を支持することを決めた」

と、カン支持を決めたと表明した。しかし、その決めた要因と
して「大きくは経済政策、政治改革、行財政改革、税制の抜本
改革について、具体的な施策の深化を示している、菅候補」と
書くに及んでこの人物に関してまったく誤解してしたことが分
り、私はそのブログ記事のコメント欄に「あなたには将来の民主党
をになう素材だと思っていたが、昨日の共同会見を聴いて後に、カ
ン首相を支持すると決断するその頭脳構造にはがっくりした」と
書いた。その記事に関するコメントとしては最初のものだった
ようだが、この馬淵澄夫って言う人間は政策をまったく判断で
きない馬鹿だと分った訳で、結局鍛えて来たのは無駄に体の筋
肉だけで脳内筋肉を鍛えるのはまったく無頓着な奴だったとい
うことだ。

この馬淵澄夫の勘違い馬鹿ぶりに付いてはフリージャーナリス
トのなかでもかなりまともな田中良昭が9日付けのブログ記事
で馬淵澄夫の民主主義の無理解を晒している。
◆◆◆◆◆◆◆
・・・前略・・・

 北海道5区の補欠選挙への鈴木氏の影響力は大きいと言われる。自民党最大派閥の領袖が民主新人に敗れるような事になれば町村派は消滅する。官僚にとって都合の良い自民党が痛手を受ける。だからその前に判決を出した。民主党代表選挙に関して言えば、その日開かれた菅陣営の会合でいみじくも江田五月氏が言及した。「だから菅さんを総理にしよう」と発言した。最高裁判決は菅氏を応援しているのである。
 
 司法もまたその実像を国民の前にさらしている。行政権力に従属する司法が民主主義の司法なのか、国民はよくよく考えた方が良い。それを変えるためには国民の代表が集う国権の最高機関で議論してもらうしかない。

 江田氏が最高裁判決に言及した菅陣営の会合での馬渕澄夫議員の発言にも驚いた。「民主主義は数ではなく、オープンな議論だ」と言ったのである。すると民主党議員の間から拍手が巻き起こった。申し訳ないが民主主義を全く分かっていない。重大な事案をオープンな場で議論する国など世界中ない。どんな民主主義国でも議会には「秘密会」があり、肝心な話は密室で行なわれる。

 日本の国会が異常なのは「秘密会」がない事だ。重大な話は官僚が決め、政治家に知らされていないので「秘密会」の必要がない。オープンな場で議論できることは勿論オープンで良いが、それだけで政治など出来る訳がない。「オープンな議論」を強調する議員は「官僚支配」を認めている話になる。政治主導を本当にやるのなら、「オープンな議論」などという子供だましをあまり強調しないほうが良い。

 民主主義は数である。国民の一票が大事な制度だからである。それをおろそかにする思想から民主主義は生まれない。政策を決めるにも一票が足りずに否決される事を考えれば、数がどれほど大事かが分かる。それに加えてアメリカでは「カネ」が重視される。「カネ」を集める能力のない人間は政治家になれない。

 菅陣営にはそういうことを理解する人が少ないようだ。この前の国会でも「オバマ大統領は個人献金でヒモ付きでないから、金融規制法案も提案できるし、核廃絶を言う事も出来る。企業の献金を貰っていたらそうはならない」と発言した民主党議員がいて、菅総理がそれに同調していた。

 とんでもない大嘘である。オバマに対する個人献金は全体の四分の一程度で、ほとんどはウォール街の金融機関からの企業献金である。企業から献金を受ければ政治家は企業の利益のためにしか働かないというのは下衆の考えで、献金を受けても政策はそれと関係なく実行するのが政治家である。核削減も平和のためと言うより米ロの交渉に中国を加えたいのがオバマの真意だと私は思うが、とにかく献金を受けるのが悪で貰わないのが善という驚くほど幼稚な議論をこの国は続けている。

 政治家が幼稚であれば官僚には好都合である。このように民主党代表選挙は図らずもこの国の様々な分野の実像を見せてくれる契機になった。そして改めて対立軸は「官僚支配」を続けさせる勢力と、昨年の選挙で初めて国民が実感した「国民主権」を守る勢力との戦いである事を認識させてくれる。
◆◆◆◆◆◆◆
その、馬淵澄夫のブログ記事には批判のコメントが殺到して
いる。批判コメントもまあ一応掲載しているだけでましなの
だろうが、それらのコメントには一切応えていない。つまり
は基本的に民主党支持者の声にもこの馬淵ってのは応える気
もなく、勝手にほざいていればの姿勢だ。勝手にバカカンに
投票すれば良いだろう。国民、有権者をあまり馬鹿にしてい
るならしっぺ返しを食うことだろう。

|

« ツィッターで「朝日新聞が会社案内で郵便不正事件スクープ記事で村木逮捕などを自慢」と初めて知った。そのクズ朝日に比して、裁判後会見で見せた村木元局長の知性と冷静 | トップページ | 東京の猛暑から逃避のつもりの北東北方面ドライブ旅行も今年はあまりに暑すぎたが、その7泊8日の入浴記などようやく書いた »

コメント

初めまして
いつも、この世の悪への胸がすかっとする攻撃、楽しく読ませてもらっております。

ラスプーチンと宗男ちゃんの怒りの決起集会の動画、大変面白いです。
是非、ご覧ください
特にラスプーチンが仙石にくるならかかってこんかい!との宣戦布告  これは必見です。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv25807331

投稿: taira | 2010年9月12日 (日) 03時08分

テレビに度々出ていた、ただそれだけで馬渕アウト。
政策の進化、日米同盟の進化(=深化)
進化は、スッカラ官の仲間のキーワード…
あの人はいつも平沢なんかとつるんでテレビに出てた、
立派な議員さんです。

投稿: 宮本 | 2010年9月12日 (日) 03時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/49418819

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党議員の中ではすこしはまともな将来を期待できるかと思っていた馬淵澄夫だが、民主党代表選に関して、カン首相の会見を聞いてカンの政策が深化したとしてカン支持を決めたと自身のブログで表明したアホさには幻滅:

» 【日本一新】変節奸一味に鉄槌を下し、小沢氏の下で革命的変革を再起動すべきだ!【指導者の器】 [ステイメンの雑記帖 ]
 次期首相を決める民主党代表選であるが、党員・サポーター投票も終結し、いよいよ選挙戦は最終盤に入ってきた!  自らの利権談合体質を温存したい惨軽など売国翼賛マスゴミどもは、何としても小沢前幹事長を政治的に抹殺すべく、必死に「変節奸優勢」との情報を垂れ流している!  だが、11日付けの 放置スポーツ によると、 政策論争で完全敗北した変節奸一派は、小沢氏を貶める怪文書をばらまいている とのことである。  その内容たるや、   ・「ねじれ国会の難局を打破できるのは小沢氏しかいない、というのは単なる神話(... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 03時24分

« ツィッターで「朝日新聞が会社案内で郵便不正事件スクープ記事で村木逮捕などを自慢」と初めて知った。そのクズ朝日に比して、裁判後会見で見せた村木元局長の知性と冷静 | トップページ | 東京の猛暑から逃避のつもりの北東北方面ドライブ旅行も今年はあまりに暑すぎたが、その7泊8日の入浴記などようやく書いた »