« 雪シーズン前に温泉巡りと思ったらすっかり雪景色の中だった東北ドライブ旅行その6、小安峡・大湯温泉「阿部旅館」の露天風呂は紅葉ど真ん中 | トップページ | 雪シーズン前に温泉巡りと思ったらすっかり雪景色の中だった東北ドライブ旅行その8、紅葉の名所「鳴子峡」は紅葉真っ盛りで大にぎわい。潟沼も紅葉に囲まれて »

2010年11月13日 (土)

雪シーズン前に温泉巡りと思ったらすっかり雪景色の中だった東北ドライブ旅行その7、鳴子・中山平温泉「しんとろの湯」はヌルヌル感たっぷり

道の駅「雄勝」を出た6日土曜日は鳴子・川渡温泉の定宿
「高東旅館」にチェックインするだけ。チェックイン前に
1カ所ぐらい日帰り入浴予定で、国道108号線に入って
鬼首経由で鳴子へ。国道108号線沿いは山間を走るので
紅葉が素晴しい。

午前10時過ぎに中山平温泉に到着。東蛇の湯で入浴しよ
うかと思ったのだが、まだ入浴したことのない公共浴場の
「しんとろの湯」に入浴することに。

ここは人気のようで、駐車場はいつも満車状態だが、紅葉
時期の土曜日だけに今回もかなりの混みようだ。

入浴料金は420円。公共浴場だが食堂はなく休憩所はあ
って、飲食物持ち込み可能で、時間制限もないので一日の
んびりしようと思えば出来る。

ただ、内湯(露天風呂はない)は駐車場の規模からはかな
り小さく、湯気が籠り気味。カランは5カ所のみ。時間的
に混んでいたのか20人近くが入浴中で浴室内が人だらけ
で、のんびり入浴の気分ではない。駐車場の規模からはあ
まりにも湯舟の規模が小さすぎるな。

しばらくたつと一気に人が減り、3人ほどになり、ちょっ
とだけのんびりと中山平温泉特有の強アルカリ性のヌルヌ
ル感を堪能できた。午前中だから湯がまだ鈍っていないの
もあるだろうが、ここの湯のヌルヌル感(高温源泉を長め
の木製樋を流すことで適温にする方式をとっている)はか
なりのもので泉質的には十分満足できる。ただそれも混ん
でいなければだが。

混んでいるのを避けたければ東蛇の湯などを選択したほう
が良いかもしれない。露天風呂もあるしね。東蛇の湯は混
浴みたいなものなので、厭な人はその手前にある鳴子温泉
では唯一の秘湯を守る会(鳴子温泉ではもっとも秘湯色の
薄いオシャレな雰囲気の旅館なのが秘湯とはこれ如何にだ
が)の旅館「琢琇」がヌルヌル湯を味わえる。一番ヌルヌ
ル湯は「丸進別館」なんだが、現在は営業していないよう
で残念。

Onikoube01


Sintoro01_2


Sintoro02


Sintoro03_2


|

« 雪シーズン前に温泉巡りと思ったらすっかり雪景色の中だった東北ドライブ旅行その6、小安峡・大湯温泉「阿部旅館」の露天風呂は紅葉ど真ん中 | トップページ | 雪シーズン前に温泉巡りと思ったらすっかり雪景色の中だった東北ドライブ旅行その8、紅葉の名所「鳴子峡」は紅葉真っ盛りで大にぎわい。潟沼も紅葉に囲まれて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪シーズン前に温泉巡りと思ったらすっかり雪景色の中だった東北ドライブ旅行その7、鳴子・中山平温泉「しんとろの湯」はヌルヌル感たっぷり:

« 雪シーズン前に温泉巡りと思ったらすっかり雪景色の中だった東北ドライブ旅行その6、小安峡・大湯温泉「阿部旅館」の露天風呂は紅葉ど真ん中 | トップページ | 雪シーズン前に温泉巡りと思ったらすっかり雪景色の中だった東北ドライブ旅行その8、紅葉の名所「鳴子峡」は紅葉真っ盛りで大にぎわい。潟沼も紅葉に囲まれて »