« 今日はYouTubeの中から山のようにある美空ひばりのものを選択して楽しんでいた。美空ひばり、YouTubeから | トップページ | アホカン政権のヘタレぶりにはゲンナリするしかないが、補正予算に反対し、センゴクと猟官マブチの問責へ走る自民など野党の絶望ぶり »

2010年11月24日 (水)

北朝鮮の韓国の一般住民居住地区への砲撃戦はなんだか摩訶不思議な事件。メリットは誰にあるかと考えるといろいろ面白い事件だな

昨日、北朝鮮が韓国の延坪島の住民居住地区に砲撃を加え
て、韓国軍が応戦した事件でアホカン政権もてんやわんや
でマスゴミもとりあえず大騒ぎで、地政学的危機感を思い
きり煽っている。ということで、この騒ぎ、日本の政局に
なんだかかんだある時に北朝鮮がいつも何か事件を起こし
てくれるパターンみたいなもんか。

なにしろもうすぐ崩壊確定お笑い国家北朝鮮だ、キンブタ
こと金正日の病状なんてのもどんな形でも噂は出て来るし、
キンブタジュニアそのままの三男金正恩小首領様の後継も
なんとなく決まった時期だし、さらには濃縮ウラン問題な
んてものまで喧々諤々状態。

キンブタ一家の国家掌握を世界に認識させておきたいのが
独裁国家の願い。なにしろ軍も奴隷国民もキンブタ一家の
言いなりで動くってのが定理であるしかない訳だ。という
ことは軍部の一部が暴走してもそれはキンブタ一家の指令
と認定するしかない訳で、今回の砲撃が一部軍部の暴走で
あってもキンブタ一家としては国家の意思と認めざるを得
ない訳で、時間はかかったが結局今回の攻撃を北朝鮮軍が
認めたね。

しかし、今回の事件は実に不思議。こんなこれまでにない
一般住民居住地区への砲撃などして北朝鮮にメリットは何
もない訳で、国際的には攻撃材料にされるだけ。

となると、一体この砲撃で得をするのは誰なんやというこ
とになるのだが、極東域での軍事的緊張感を上昇させてメ
リットがあるのは、結局日本・韓国での軍事的存在感を鮮
明にできる米軍と兵器産業だけなんだよな。あとは、こう
いう危機状況があると相場を操作しやすいユダ金ね。

韓国サイドは北朝鮮が先に砲撃したと言っているが、それ
をハイソウですかと信じる訳にも行かないよね。なにしろ、
朝鮮戦争はいまだに終結していなくて韓国と北朝鮮は単に
停戦中というだけ。これまでも時々この種の諍いが起きて
いるのも当然な訳で、むしろその手の争いが時たま起きな
いと両国の国民に危機感を維持できないってこともある訳
で、芝居ってこともあるよな。

今回はこれまでとちょっと事情が違うようだが、海上の臨
時国境線が北朝鮮と韓国ではかなり相違していて、攻撃さ
れた島がその双方の主張する境界線枠内の微妙な場所に位
置している上、その微妙な海域で米韓が軍事訓練を強行予
定なんてのもある。北朝鮮はいつものように俺たちは正義
なんだと韓国が先に攻撃して来たと主張しているが、それ
を即否定することも出来ない。韓国サイドになにかの失態
があった可能性もあるしね。

まあ、どちらにしても北朝鮮には拡大する意思なんて毛頭
ない訳で、奴隷国民への引き締めにもなるし、韓国国民へ
のかなりの脅しにもなる訳で、結局認めた訳だし、アメリ
カにとって極東での軍事緊張感を維持するための必要悪で
しかない北朝鮮は強気で行くしかないだけか。しかし、今
回の攻撃は実質は一部軍部の暴走としか考えられず、キン
ブタ一家の統制力が弱体化している証拠のようなもので、
まあ放置しておけば崩壊して行くだけであるんだろうな。

今回の事件は間近の沖縄県知事選にも大きく影響するんだ
ろうな。この事件で沖縄には米軍がやはり必要なんだよと
いう脅し材料になった訳で、仲井真陣営に大プラス材料っ
てことか。

24日のツイート。

今夜(というより深夜)もNHKBShiでメトロポリタンオペラ鑑賞。今日はヴェルディの「アイーダ」で、メトらしい無意味に豪華で絢爛たる装置と衣装が良いね。きちんとハリウッドスペクタクル風だし、これでなくちゃ。この公演の楽しみな歌手は主役じゃなくてアムネリス役のドローラ・ザージック。
posted at 00:14:42

23日のツイート。

北朝鮮と韓国の砲撃戦は適当に収束する訳で、放置しとけばってとこで、現在、以前から観たかった映画がNHKBShiで放送で鑑賞中。それは58年製作のオーソン・ウェルズ脚色・監督・主演の「黒い罠」で、チャールトン・ヘストン、ジャネット・リー、マレーネ・ディートリッヒなど豪華キャストだ。
posted at 22:13:52

今日は北朝鮮と韓国の砲撃戦一色のようで。まあ、一般人の居住している場所で砲撃するなんていかにキチガイ揃いの北朝鮮でもちょっとやり過ぎか。存在感誇示の常套手段ではあるが。この手の諍いはこれまで何回もあった訳で、韓国サイドの報道を鵜呑みにも出来ないし、日本として大騒ぎの必要もなしか。
posted at 22:09:19

NHKBShiで放送中の「トスカ」だが、歌手などのインタビューがあり楽しめる。その中で衣装デザイン担当のミレーナ・カルネロも登場。このデザイナー、映画のほうで大好きな「バリー・リンドン」や「炎のランナー」「マリー・アントワネット」で3回アカデミー賞受賞の女性だ。「タイタス」もか。
posted at 02:01:00

風呂上がりに酒とつまみを横にNHKBShiで放送中のメトロポリタンオペラの「トスカ」を堪能中。何回かNYでもこのオペラ座の公演は生で観たが、ヨーロッパでの現代的演出(カネがかからないケチ演出なんだが)とは違うオーソドックスだが現代性を持たせた演出が良いね。今週は4日連続オペラ三昧
posted at 01:14:17

|

« 今日はYouTubeの中から山のようにある美空ひばりのものを選択して楽しんでいた。美空ひばり、YouTubeから | トップページ | アホカン政権のヘタレぶりにはゲンナリするしかないが、補正予算に反対し、センゴクと猟官マブチの問責へ走る自民など野党の絶望ぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/50122601

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の韓国の一般住民居住地区への砲撃戦はなんだか摩訶不思議な事件。メリットは誰にあるかと考えるといろいろ面白い事件だな:

» マゼールのヴェルディ:アイーダ [クラシック音楽ぶった斬り]
全体の聴き応えの点で先ず特筆すべきものであろうが、これほど充実した《アイーダ》はめったに聴けない。 [続きを読む]

受信: 2010年12月23日 (木) 15時11分

« 今日はYouTubeの中から山のようにある美空ひばりのものを選択して楽しんでいた。美空ひばり、YouTubeから | トップページ | アホカン政権のヘタレぶりにはゲンナリするしかないが、補正予算に反対し、センゴクと猟官マブチの問責へ走る自民など野党の絶望ぶり »