« アホカンがハローワークを訪れ、「やっぱり就職を探しているんですか?」と質問。どこまでコイツはアホなんだよ絶望の極み | トップページ | アホカンが「これまでは仮免だった」とまたまた究極のアホ晒し発言。在京社会部長が選ぶ今年のトップニュースが「小沢一郎民主党元代表の強制起訴決まる」のアホらしさ »

2010年12月12日 (日)

茨城県議選は予想通りに民主党惨敗のようで、イオンオカダの選挙音痴がますます鮮明になって来たようだ。脳科学者茂木健一郎が小沢一郎と対談して小沢一郎を高評価

選挙戦で敗退が続く民主党だが、またまた政権党の意地も
見せられないような惨敗が予想されているのが茨城県議選。
それが12日投開票され、時事通信の記事では午後10時
現在(選管発表)で定数65のうち26議席が確定し、自
民党が19人(無投票当選6人含む)の当選を決めたのに
対し、民主党はまだ当選者が出ていないとか。

まあ、もともと自民クサレ党が圧倒的に強い茨城県であり、
現県議も民主党は6人に対し、自民が45人と圧倒的。告
示後、イオンオカダや事業仕分けだけ女レンホーなどが応
援に入り国政並みの選挙戦を展開したそうだが、まあ、選
挙音痴のイオンオカダ主導の選挙なんて負け戦に決まって
いる。小沢一郎犯罪者視の思考しか出来ないアホの見本で
しかない政治感覚ゼロのシコシコ役人やっていれば良いだ
けだった無能イオンオカダは、敗退した要因をこの馬鹿ら
しく「小沢一郎の政治とカネ問題が影響した」とか自民ク
サレ党の馬鹿と同列のキチガイ発言でもするんじゃないか
と今から悪寒がする。

ところで、昨日は人気目当てのパフォーマンスとしてハロ
ーワークを訪問して職を探しに来ていた男性に「やはり就
職を探しているんですか」とか低能発言をしてアホカンだ
が、今日もパフォーマンス一筋の一環として、山形県鶴岡
市などを訪れ、先駆的なコメ生産に取り組んでいる農家視
察など無駄をしていたとか。

よく分からない肩書きだが、いわゆる脳科学者として一応メ
ディア的人気のある茂木健一郎(税金問題でチョンボもある
が)が小沢一郎と対談をしたとか。その内容は週刊朝日に掲
載されるようだが、その対談感想を自身のブログ「クオリア
日記」の11日付けで書いていた。
◆◆◆◆◆◆◆
小沢一郎さんの「ありのまま」

参議院議員の有田芳生さんのご紹介で、小沢一郎さんにお目にかかって対談した。有田さんとは、議員になられる前から、ずっと懇意にさせていただいている。

対談場所は、参議院議員会館の有田さんの部屋。詳細は週刊朝日に掲載されるので、それを読んでいただくとして、一点だけ。

メディアの中の小沢一郎さんのイメージは、「豪腕」であり、「ダーティー」だというものなのかもしれない。御本人にそう申し上げたら、笑っていらしたが。しかし、実際にお話すると、とてもストレートで、論理的、そして、仰ることに筋が通っているように感じられた。

小沢さん御自身、外国特派員協会での会見がお好きだと仰っていたけれども、その発言を英語に直して考えてみても、世界的に通じることを話されていると感じた。まっすぐな、プリンシプルの人。なぜ、メディアでのイメージが乖離するのか。それは、従来のメディアが「編集」をしてきたということに起因するのであろう。

もちろん、題材の取捨選択、意味づけなどにおいて、編集が加わることはある程度必要だし、仕方がない。しかし、一度できあがったイメージを、そのまま踏襲する「慣性」がメディアには強い。そのため、メディアの中のイメージが一人歩きし、勝手に拡散していくという傾向があるのだろう。つまりは、「マッチポンプ」である。

ツイッターや、ニコニコ生放送などの「ダダ漏れ」系のメディアの登場によって、さまざまなことのそのまま、人のありのままの姿が世間にさらされるようになってきた。編集という厚化粧を施したニュースに人々が飽きたらず、風通しを良くして、「素材」そのものに触れたいという気持ちが強まってきている。

先の民主党代表選挙の際、ツイッターやブログなどのメディアで、「小沢支持」の動きが急速に広まった。小沢一郎さんに、日本の煮詰まった現状を改革して欲しいという期待が高まったのである。今から考えれば、あの動きは、「厚化粧」の従来メディアの報道の呪縛から解かれ、直接、小沢一郎さんの「ありのまま」に触れることで起こったのだろう。

国会でゴタゴタしている場合ではない。菅直人首相は、内閣の立て直しのために、小沢一郎さんをたとえば副総理格で迎え入れてはどうか。対中関係など、大いに活躍してくださるはず。今の政治情勢からすれば真逆のようだが、苦境を逆転させる「ウルトラC」になるだろう。

状況が変わって「出番」が来た時には、たとえ強制起訴されていても、その状態で小沢一郎さんが民主党代表や、内閣総理大臣をしても、何の問題もないはず、と私は申し上げた。むしろ、強制起訴されている状態で敢えて内閣総理大臣として頑張るということが、いろいろな意味で固定観念にとらわれ、身動きがとれないでいるこの国現状を打破する上での、とてもわかりやすい政治的パフォーマンスになるのではないかと思う。

90分間、たくさんのことを学ばせていただきました。対談をアレンジ下さった有田芳生さん、本当にありがとうございました。

帰り際に、いろいろ大変でしょうから、身体に気をつけてください、と木村秋則さんのリンゴジュースを差し上げたら、小沢一郎さんはとてもよろこんで下さった。「お元気で」と声をかけると、小沢さんは、「この特別なジュースを飲めば、元気になるよ。」と言われて、秘書の方と帰っていかれた。

木村秋則さんのリンゴジュースは、本当に美味しい。小沢さん、味わってくださったかしら。
◆◆◆◆◆◆◆
テレビのワイドショーなどのゴミ番組で支離滅裂な小沢一郎批
判を繰り返す大マスゴミのクズ記者や文化人気取りのコメント
屋などに比べて、あまりの違いにこの脳科学者を見直してしま
った。

|

« アホカンがハローワークを訪れ、「やっぱり就職を探しているんですか?」と質問。どこまでコイツはアホなんだよ絶望の極み | トップページ | アホカンが「これまでは仮免だった」とまたまた究極のアホ晒し発言。在京社会部長が選ぶ今年のトップニュースが「小沢一郎民主党元代表の強制起訴決まる」のアホらしさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/50286386

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城県議選は予想通りに民主党惨敗のようで、イオンオカダの選挙音痴がますます鮮明になって来たようだ。脳科学者茂木健一郎が小沢一郎と対談して小沢一郎を高評価:

« アホカンがハローワークを訪れ、「やっぱり就職を探しているんですか?」と質問。どこまでコイツはアホなんだよ絶望の極み | トップページ | アホカンが「これまでは仮免だった」とまたまた究極のアホ晒し発言。在京社会部長が選ぶ今年のトップニュースが「小沢一郎民主党元代表の強制起訴決まる」のアホらしさ »