« “脱小沢”とかなんとかまるで現状の政治体制が小沢支配であるかのような錯覚、幻聴を国民に植え付けるかのごときゴキブリ政治屋、マスゴミのキチガイ状態に反吐出るばかり | トップページ | マイクロフォーサーズカメラのレンズアダプター利用のマニュアルレンズ遊びも深みに嵌まり、L39マウントレンズ使いたくてソ連製カメラとレンズに手を出してしまった »

2011年1月21日 (金)

「政治主導」を放棄宣言のアホカン、「思いやり予算」で米ネオコンの狗と白状したマエハラ、年金支払い年齢引き上げを嘯く財務省官僚の手先与謝野などアホカン政権はダークサイドへどんどん落ち込んでいるようだ

民主党のゴロツキどもや野党のクズ、そしてマスゴミのゴミど
もは毎日毎日国民生活とは全く関係のないコイツラの利権死守
だけのための小沢一郎排除の馬鹿騒ぎばかりに奔走で全く情け
ない限りの状態だ。

そんな中で、小沢問題で騒いでいるうちに国民の目をそらしな
がらアホカン政権がダークサイドへどんどんころがり落ちて行
くのが露呈して来る訳だ。

そのひとつに、アホカンが21日午前、内閣改造を受けて各省
庁事務次官らを首相官邸に集めて訓示したそうで、そこで政権
に居座ることしか頭にないゴロツキ政治屋アホカンは、民主党
が掲げた政治主導について「現実の政治運営の中で反省なり、
行き過ぎなり、不十分なり、いろいろな問題があった。いい形
の協力関係をお願いしたい」と、なんと官僚に恭順の意を表明
したってんだからもう完全にダースベイダーになってしまった
な。

このダークサイドに完全に落ちたアホカンと並んで、ダークサ
イドに嬉々として入って行っているアホカン政権のゴロツキど
もだが、その中の従米隷属の象徴でもある体の中身完全に米ネ
オコンでしかないマエハラが、21日の閣議後会見で、在日米
軍駐留経費の日本側負担が「思いやり予算」と呼ばれているこ
とについて「米軍が(日本に)駐留し、ある程度必要な経費を
日本が負担することは、両国の国益に資する戦略的な判断だ。
『思いやり』という言葉はずれている」と述べた。その上で、
今後は「接受国支援」を示す英語の「ホスト・ネーション・サ
ポート(HNS)」を使用する考えを示し、マスコミ各社にも
協力を呼び掛けたとか。まさに米ネオコンの狗であることを自
ら白状した訳だ。

いっぽう、自民を裏切り、立ち枯れ党を裏切り、罵倒していた
民主党にまるでコソドロのごとくに入り込んで入閣した希代の
裏切り卑劣姦、与謝野馨が21日、政府の新成長戦略実現会議
で、「人生90年を前提にすると定年延長を考えないといけな
い。年金支給年齢の引き上げも考えなければいけない」と発言
し、財務省官僚の手先としての詐欺「税と社会保障の一体改革」
担当者としての国民騙し、「死ぬまで貧乏人は働き続けな、年
寄はさっさと死ねば良いんだよ」の露骨際まる鬼畜気質を吐き
出して来たようだ。

ところで、映画好きにはちょっと気になる記事が。毎日新聞の
記事だが
◆◆◆◆◆◆◆
TOHOシネマズ:映画一般1500円に 12年春から

 シネコン最大手のTOHOシネマズ(東京都千代田区)が来年春から、全国で映画の一般入場料1800円を1500円に引き下げることが19日分かった。学生かどうかにかかわりなく、18歳以上を一般料金とする一方、18歳未満の料金は1000円に統一する。

 現在、学生料金は大学高校生1500円、小中学生1000円で、高校生の多くにとっては500円の大幅値下げとなる。

 新料金は6県の6施設で試験的に先行実施し、ほかの料金サービスの見直しとあわせて来場者の反応などを検証。ことし春から甲府市と長野県上田市、4月5日から宇都宮市と長崎市、同7日から広島市と鹿児島市で約1年間行った後、全国に拡大する。

 現行で1000円のシニア料金(60歳以上)については、6施設での実績を基に、廃止や対象年齢の引き上げを検討する。

毎日新聞 2011年1月19日 17時08分
◆◆◆◆◆◆◆
これって一見入場料金を安くしようとするみたいに見えるが、
実は「ほかの料金サービスの見直しと合わせて」というそち
らのほうが真の狙いじゃないのかな。それは現在の1000
円サービスやさらにはシニア料金の改悪を狙っているもので、
実質的には映画を多く観るファンやシニアには料金値上げに
なるんじゃないのかな。どこまでも鬱陶しい限りの日本だ。

|

« “脱小沢”とかなんとかまるで現状の政治体制が小沢支配であるかのような錯覚、幻聴を国民に植え付けるかのごときゴキブリ政治屋、マスゴミのキチガイ状態に反吐出るばかり | トップページ | マイクロフォーサーズカメラのレンズアダプター利用のマニュアルレンズ遊びも深みに嵌まり、L39マウントレンズ使いたくてソ連製カメラとレンズに手を出してしまった »

コメント

政治主導、反省・行き過ぎ… 菅首相「脱・脱官僚宣言」―【私の論評】おしゃべり空き菅に明日はない?!
yutakarlson
yamada.yutaka@gmail.com
ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」
こんにちは。菅首相とうとう、「脱・脱官僚宣言」をしました。しかし、現実には、菅さんは、完璧に財務官僚などに取り込まれ、財務官僚の考えを自分の考えのように言っているだけだと思います。与謝野氏の入閣による、財政再建強化の方針は、財務官僚を小躍りさせ、大いに勇気付けたことでしょう。しかし、これによって、与謝野氏が昨年の1月にだした本の題名通り、「民主党が日本経済を破壊する」ことは必定となりました。このまま、生き恥を晒すくらいであれば、さっさと、衆院を解散して選挙をして自らの去就を国民に問うべきです。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2011年1月22日 (土) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/50650129

この記事へのトラックバック一覧です: 「政治主導」を放棄宣言のアホカン、「思いやり予算」で米ネオコンの狗と白状したマエハラ、年金支払い年齢引き上げを嘯く財務省官僚の手先与謝野などアホカン政権はダークサイドへどんどん落ち込んでいるようだ:

« “脱小沢”とかなんとかまるで現状の政治体制が小沢支配であるかのような錯覚、幻聴を国民に植え付けるかのごときゴキブリ政治屋、マスゴミのキチガイ状態に反吐出るばかり | トップページ | マイクロフォーサーズカメラのレンズアダプター利用のマニュアルレンズ遊びも深みに嵌まり、L39マウントレンズ使いたくてソ連製カメラとレンズに手を出してしまった »