« アホカン政権は衆院本会議欠席の16人議員を処分へ、まあ勝手にやれば。忘れていたが、米アカデミー賞が昨日決定していたようで | トップページ | 学内処理で済むカンニング問題を警察沙汰にした大学も情けないが、それを大事件のごとく垂れ流すマスゴミ。一方では売国マエハラなどのカネ問題は小沢魔女狩りとは豹変の完璧スルーのクサレぶり »

2011年3月 2日 (水)

たまたま見た映画情報サイトに「大草原の小さな家」のローラ役、メリッサ・ギルバートの別居の話があって、懐かしんでみた

映画情報サイト「シネマトゥデイ」を見ていたら、あのかつ
ての大人気米ドラマ「大草原の小さな家」で次女ローラを演
じていた女優メリッサ・ギルバートが夫ブルース・ボックス
ライトナーと別居したなんてまあ基本どうでもいい情報が出
ていた。

あの可憐なローラも今や立派な熟女ってことだ。メリッサは
16歳年上のボックスライトナー(聞いたこともない名前だな)
と1995年に結婚(メリッサは再婚、相手も再婚)していた
ようで、ピープル誌によると、二人の間にはメリッサが「大
草原の小さな家」で共演したマイケル・ランドンにちなんで
命名した15歳になる息子マイケル、メリッサと前夫との間に
生まれた21歳の息子ダコタ(46歳でもう21歳の息子がい
るのか)がいるほか、夫にも前妻との間に30歳と25歳の息
子がいるそうで、二人は別居は発表したが、離婚については
何もコメントなしとか。

まあ、この別居の件はどうでもいいのだが、あの大草原のロ
ーラも現状の写真見るとただのアメリカのおばさんだね。3
9歳の時の胸ばっちりの写真など凄いデカパイだ。昨年の4
6歳の写真など見ると老けぶりが白人らしくやはり早いね。

Photo


Photo_2
                      
                      
                         
                       
                        
「大草原の小さな家」をわりに見ていたころ、キャストの中
でもっともお気に入りだったのが、インガルス家のお母さん
キャロライン役のカレン・グラッスル。アメリカのドラマに
は、昔から奇麗で優しそうなお母さんが多いんだよね。その
中でも「うちのママは世界一」のドナ・リードは小さいころ
の憧れだったし、カレン・グラッスルは本当に最高のお母さ
んだったな、しかも少し憂いのある美人だし米ドラマのお母
さんのマイベスト。

というわけで、そのグラッスルは大草原以外はほとんどテレ
ビも映画もないみたいだ。地方の劇団で活動をしていたみた
いだ。そのグラッスルの2年前の写真があった。67歳なん
だが、とても上品な感じだし、大草原の優しそうな感じはそ
のままだし、今も奇麗だね。ということで、なんだか「大草
原の小さな家」が懐かしくてちょっと再見したくなった。


Photo_4


|

« アホカン政権は衆院本会議欠席の16人議員を処分へ、まあ勝手にやれば。忘れていたが、米アカデミー賞が昨日決定していたようで | トップページ | 学内処理で済むカンニング問題を警察沙汰にした大学も情けないが、それを大事件のごとく垂れ流すマスゴミ。一方では売国マエハラなどのカネ問題は小沢魔女狩りとは豹変の完璧スルーのクサレぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/51013424

この記事へのトラックバック一覧です: たまたま見た映画情報サイトに「大草原の小さな家」のローラ役、メリッサ・ギルバートの別居の話があって、懐かしんでみた:

» 「大草原の小さな家」作者 ローラさんの手紙公開 [ローカルニュースの旅]
米西部開拓時代の家族愛を描いた自伝的小説「大草原の小さな家」の作者ローラ・インガルス・ワイルダーさん(1867〜1957年)の直筆の手紙が、岩手県盛岡市のアイーナで公開されている。16日まで。無料。... [続きを読む]

受信: 2013年1月13日 (日) 08時16分

« アホカン政権は衆院本会議欠席の16人議員を処分へ、まあ勝手にやれば。忘れていたが、米アカデミー賞が昨日決定していたようで | トップページ | 学内処理で済むカンニング問題を警察沙汰にした大学も情けないが、それを大事件のごとく垂れ流すマスゴミ。一方では売国マエハラなどのカネ問題は小沢魔女狩りとは豹変の完璧スルーのクサレぶり »