« 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その19、鳴子温泉で素泊まりとなると、夜の食事は最近は東鳴子温泉の「八兆」で焼肉ばかり。今回も3夜連続で焼肉。そして昼飯は氏家鯉店の鯉の甘煮とアライ | トップページ | 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その21、車中泊前に道の駅「喜多の郷」の「蔵の湯」でグルーミングなどしてすっきり »

2011年5月25日 (水)

地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その20、塩分豊富な温まり湯大江町の「テルメ柏陵」

ちょっと遅めに高東旅館を出発して、約60キロを1時間ほ
ど走って午前11時50分頃国道13号線沿いの道の駅「村
山」に到着。ちょうど昼食タイミングなので、この道の駅の
売り物であるワンプレートバイキングで昼飯に。大皿550
円、小皿400円でそこにバイキングに並ぶ食べ物を好きな
だけてんこ盛りに出来る楽しいものだ。小食なので当然に小
皿で十分で、しかも別料金のご飯もみそ汁も不要。ただ、こ
のバイキング、これまでは早朝からやっていたが、午前11
時から営業になったようでちょっと残念。

Murayama01


Murayama02_2
                   
                      

ゆっくりとランチして、道の駅「「大江」に隣接する公衆浴
場で入浴して行くことにして、「大江」へ直行。

道の駅「大江」には掛け流しの温泉が味わえる公衆浴場が並
んで二つもあり、しかも200円、300円の激安。いつも
どちらか一方に入浴なのだが、今回は設備充実のピカピカの
300円のほうの「テルメ柏陵」へ。人気の風呂だが、今回
はこれまでより入浴客少なめか。湯は塩味濃厚な温まり湯で
1時間ほど出たり入ったりでポカポカに。


Terume01_2


Terume02


Terume04_2


Terume05


|

« 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その19、鳴子温泉で素泊まりとなると、夜の食事は最近は東鳴子温泉の「八兆」で焼肉ばかり。今回も3夜連続で焼肉。そして昼飯は氏家鯉店の鯉の甘煮とアライ | トップページ | 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その21、車中泊前に道の駅「喜多の郷」の「蔵の湯」でグルーミングなどしてすっきり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その20、塩分豊富な温まり湯大江町の「テルメ柏陵」:

« 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その19、鳴子温泉で素泊まりとなると、夜の食事は最近は東鳴子温泉の「八兆」で焼肉ばかり。今回も3夜連続で焼肉。そして昼飯は氏家鯉店の鯉の甘煮とアライ | トップページ | 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その21、車中泊前に道の駅「喜多の郷」の「蔵の湯」でグルーミングなどしてすっきり »