« 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その12、津軽の銭湯温泉らしさいっぱいの「屏風山温泉」 | トップページ | 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その14、またまた入浴の「ウェスパ椿山」 »

2011年5月25日 (水)

地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その13、新しい露天風呂も出来、八重桜満開の「みちのく温泉」

道の駅「森田」で車中泊の翌日19日は鯵ヶ沢へ出て、その
まま国道101号線をJR五能線沿いに南下する日本海を眺望
しながらの大好きなドライブで、いくつかの温泉に入りなが
ら車中泊予定の道の駅「象潟」が目的地。

午前8時半頃には出発の予定だったのだが、近くに車中泊し
ていた青森市ナンバーのキャンピングカーのご夫妻とおシャ
ベリしているうちに、キャンピングカーの中に招き入れても
らって、コーヒーなどごちそうされて、結局道の駅「森田」
を出発したのが午前11時半に。まあ、予定なしの気ままな
ドライブ旅行なのでノープロブレムなのだが。それにしても
キャンピングカーの内部は絶妙の収納設計がされており、シ
ンプル豪華な居間並の心地良さ。しかし、ちょっと強めの風
が吹くと駐車中でもやはり大きな箱みたいなものだからかな
り揺れるんだね。高い金額を出してまで買うものではないか
な。その金額があればお好みの宿にいっぱい宿泊出来るしね。
ドライブ旅行はドライブ自体も楽しみたいので、車はやはり
セダン・クーペ系だね。

鯵ヶ沢へ出て、映画にもなった犬「わさお」の店へ行ってみ
たのだが、お母さんと散歩中でお目にかかれず。去年寄った
時にも不在でいまだに「ワサオ」に遭遇出来ず状態。イカ焼
き300円を購入。

Wasao01


Wasao02_2


Wasao03
                    
                    
                       


そのあとはちょうど昼飯時だったので、鯵ヶ沢のイカ焼き通
りに入って、食堂「汐風」で昼食に。食べたのは刺身定食1
300円で、6種類の刺身がたっぷりで、とくにイカは多す
ぎるぐらい載っていて、腹いっぱいに。

Siokaze01
                    
                     


昼食後はそのまま101号線を南下してのまずのお風呂はお
気に入りの「みちのく温泉」で、北東北温泉本で無料利用で
あり難いことだ。有名な馬鹿でかい水車の周囲など八重桜が
満開だった。

日帰り入浴の入り口は玄関の左側にあり、玄関前の駐車場周
辺にも八重桜が満開だ。温泉名は舮作温泉で、泉質は含二酸
化炭素-ナトリウム-
塩化物強塩泉。無色透明な源泉だが、湯舟で
は時間が経つとオレンジ色に近い茶褐色の濁り湯になる。成
分豊富濃厚な強塩泉で、効能高そうな強力湯で浴後は汗が引
かない。

男女別の内湯があり、そのすぐ外には遠くに日本海を望める
屋根付きの露天風呂がある。さらにその露天風呂から階段を
数段下りて庭園を10メートルほど歩いて行くとこれまた立
派な屋根付きのもうひとつの露天風呂があるのだが、今年に
入ってさらにもうひとつ大きめの露天風呂が出来ていた。

それは屋根なしの完全な露天で、さらによりすぐそばを五能
線が見える位置になっていて、温泉好きの鉄道ファンはたま
らない造りになった。風呂に入りながら列車の通過を見られ
る珍しい風呂なのだが、ちょうどその新しい露天風呂に入浴
中に鯵ヶ沢方面から列車が走ってきて慌てて撮影、なんとも
楽しい風呂だ。

Mitinoku02


Mitinoku03_2


Mitinoku04


Mitinoku06


Mitinoku07


Mitinoku08


Mitinoku09


|

« 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その12、津軽の銭湯温泉らしさいっぱいの「屏風山温泉」 | トップページ | 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その14、またまた入浴の「ウェスパ椿山」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その13、新しい露天風呂も出来、八重桜満開の「みちのく温泉」:

« 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その12、津軽の銭湯温泉らしさいっぱいの「屏風山温泉」 | トップページ | 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その14、またまた入浴の「ウェスパ椿山」 »