« 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その10、鄙びた湯段温泉のなかで唯一の都会の女性も大丈夫の「湯だんの宿」で湯段の極上湯を味わう | トップページ | 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その12、津軽の銭湯温泉らしさいっぱいの「屏風山温泉」 »

2011年5月25日 (水)

地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その11、またまたやって来ました津軽半島・龍飛崎

津軽へやって来るとどうしても龍飛崎まで車で走ってみたく
なるのだ。小泊から龍飛崎まで山道を日本海を眼下に見なが
ら一気に駆け上る国道339号線龍泊ラインが高低差の大き
い急カーブのワインディングが連続して最高に御機嫌な山岳
ドライブを楽しめるからだ。

龍飛崎までドライブするのは昨年の8月末以来。東京から延
々と長距離を来るものよとは思うが、この龍泊ラインの楽し
さはそれほど魅力的ということか。龍飛崎から7〜8キロ手
前に日本海を一望出来る「眺瞰台」があり、遠くに広がる日
本海を背景に龍泊ラインのワインディングが見られる。

Tyoukandai01


Tyoukandai02_2
                      
                      
                        


龍飛崎には道の駅「三厩」となっていて、青函トンネル記念
館や大ヒット曲「津軽海峡冬景色」記念碑などもあり、観光
客でにぎわう場所だ。「津軽海峡冬景色」記念碑からは真ん
中の赤いボタンを押すと石川さゆりの歌声が響き渡るので、
賑わう時は四六時中大きな音で歌声が響き渡っている。今回
到着した午後4時前には駐車場には他に車もなく、いつも通
りに龍飛岬には強風が吹いていただけ。


「津軽海峡冬景色」記念碑すぐそばには眼下に見える漁港へ
降りていける400段ほどもある有名な「階段国道339号
線」もある。今回は降りて行く(降りると階段をまた上って
こなければならないので)のはパスして、眼下の漁港方面へ
車で降りて、海岸沿いを今別町、十三湖経由で津軽半島西側
をまっすぐに南下する広域農道を走って車中泊する予定の道
の駅「森田」へ。

広域農道を走る途中、京都の伏見稲荷神社のように鳥居が並
ぶらしい「高山稲荷神社」に立ち寄ってみたが、かなり広い
神域の神社のようだが、すでに夕方で人の影なく立ち並ぶ鳥
居の場所も判らずちょっと見学して、午後7時前に「森田」
に到着。

Tappi01


Tappi02_2


Tappi03


|

« 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その10、鄙びた湯段温泉のなかで唯一の都会の女性も大丈夫の「湯だんの宿」で湯段の極上湯を味わう | トップページ | 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その12、津軽の銭湯温泉らしさいっぱいの「屏風山温泉」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/51768809

この記事へのトラックバック一覧です: 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その11、またまたやって来ました津軽半島・龍飛崎:

« 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その10、鄙びた湯段温泉のなかで唯一の都会の女性も大丈夫の「湯だんの宿」で湯段の極上湯を味わう | トップページ | 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その12、津軽の銭湯温泉らしさいっぱいの「屏風山温泉」 »