« 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その15、八郎潟のど真ん中にある大潟温泉「サンルーラル大潟」は眺め抜群で、きれいなロゼワイン色の塩泉は強力 | トップページ | 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その17、小安峡温泉の「小安元湯共同浴場」は鄙びの極致で極上の湯を堪能 »

2011年5月25日 (水)

地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その16、泥湯温泉の「奥山旅館」の奥山ワールドはさらに深化

19日は道の駅」で「象潟」で車中泊し、翌日は国道7号線
をいったん本庄方面へ北上して戻り、国道108号線で湯沢
方面に行き、もう何回も日帰り入浴している泥湯温泉の「奥
山旅館」へ直行。奥山旅館は2年ぶりかな。しかも北東北温
泉本利用の無料で感謝です。

日帰り入浴受付は「天狗の湯」と露天風呂の間にある土産物
なども売っている売店でする。いつもはかなり駐車している
駐車場には車1台しかなく、これは独占入浴の予感が。

まずは天狗の湯へ。建物が外見から以前と雰囲気が違うなと
思っていたのだが、入ってみてびっくりで、完全にリニュー
アルされていてピカピカ。以前は2人でいっぱいだった脱衣
所はシャワートイレまで完備の広々としたものになっている
わ、小さい木造湯舟しかなかった薄暗い内湯もかなり大きな
湯舟がドーンとあり、シャワー設置のカランが数個あり、全
く問題なし状態。奥山ワールドはますます深化を続けている
ようだ。

内湯の外にある2つの混浴露天風呂は以前のままだったが、
女性用内湯もリニューアルされたので女性用内湯からの入り
口も変更になったようだ。かなりの時間のんびりと風に吹か
れて露天風呂を出たり入ったりしたが、全くの独占で、こん
なのは奥山旅館では初めて。

お次ぎは道路を挟んで向いにある大露天風呂へ。「天狗の湯」
とは源泉が違いまっ白に白濁の硫黄泉。とにかく広い。これ
だけ広いと他に誰も入浴客がいないしで、どこにいれば良い
のかなんとなく落ち着かない。しかし、それを一人でまった
り入浴しているのはなんとも言えない至福だ。

Doroyu01_2


Doroyu02


Doroyu03


Doroyu04


Doroyu05


Doroyu06


Doroyu07


Doroyu08_2


Doroyu09


Doroyu10


|

« 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その15、八郎潟のど真ん中にある大潟温泉「サンルーラル大潟」は眺め抜群で、きれいなロゼワイン色の塩泉は強力 | トップページ | 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その17、小安峡温泉の「小安元湯共同浴場」は鄙びの極致で極上の湯を堪能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その16、泥湯温泉の「奥山旅館」の奥山ワールドはさらに深化:

« 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その15、八郎潟のど真ん中にある大潟温泉「サンルーラル大潟」は眺め抜群で、きれいなロゼワイン色の塩泉は強力 | トップページ | 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その17、小安峡温泉の「小安元湯共同浴場」は鄙びの極致で極上の湯を堪能 »