« 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その16、泥湯温泉の「奥山旅館」の奥山ワールドはさらに深化 | トップページ | 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その18、湯がすっかりお気に入りの鳴子・川渡温泉の「高東旅館」でまたまた素泊まりで3連泊 »

2011年5月25日 (水)

地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その17、小安峡温泉の「小安元湯共同浴場」は鄙びの極致で極上の湯を堪能

泥湯温泉から12キロほど走れば小安峡温泉だ。これまでに
いくつかの旅館では日帰り入浴しているが、今回は「小安元
湯共同浴場」に入るのが目的。

前にも一度探したのだが、見つからず、今回はもうひとつの
共同浴場「小安共同浴場」近くにある観光案内所で確認の上
でようやくたどり着けた。

とにかく分かりにくい場所だ。旅館「元湯くらぶ」の左横の
道をどんどん奥に行くとその最奥に人知れず存在しているの
だ。

外見はちょっと大きめの納屋のようだ。入浴料金は200円
で、浴場の近くにある民家に支払うシステムになっている。
共同浴場直前の民家に支払ったが、「どうぞごゆっくり」と
ありがたい言葉が返って来た。

簡素な造りで、屋根は透明のトタン。入り口と脱衣所は男女
別だが、湯舟はひとつだけの混浴風呂だ。無色透明の湯が湯
口から流れるが、かなり熱くて足を入れるのも厳しい温度だ。
で、仕方なく水を多めに投入してようやく入浴可能に。

とくに際立つ特徴のある湯ではないが、普段使いの温泉とし
てはいかにも温泉らしい温泉。ホッとする良さがある。素晴
しい共同浴場だ。

Oyasu01


Oyasu02_2


Oyasu03


Oyasu04_2


|

« 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その16、泥湯温泉の「奥山旅館」の奥山ワールドはさらに深化 | トップページ | 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その18、湯がすっかりお気に入りの鳴子・川渡温泉の「高東旅館」でまたまた素泊まりで3連泊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その17、小安峡温泉の「小安元湯共同浴場」は鄙びの極致で極上の湯を堪能:

« 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その16、泥湯温泉の「奥山旅館」の奥山ワールドはさらに深化 | トップページ | 地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その18、湯がすっかりお気に入りの鳴子・川渡温泉の「高東旅館」でまたまた素泊まりで3連泊 »