« 誹謗中傷だけは熱心で排除に必死の小沢一郎なのに、なぜかいつも小沢が気になるセコいマスゴミ。民主党に巣くうクズマエハラがまたまた口先だけでかましてます | トップページ | メルトスルーと思われ炉心内部状態を確認も出来ないのに冷温停止とかアホこくノダブタ内閣。一年を表す漢字が「絆」だとかいう国民騙しの胡散臭さ »

2011年12月13日 (火)

日本の将来なんだかくらいばかりだなの気分になる小さい事件二つ。音楽之友社の退職金巡る労働争議、自殺後半年以上も無縁仏状態だった男性テレビリポータの事件

ニュースをネットで読んでいてちょっと気になったもの。まず
は大好きなクラシック音楽関係でかつては愛読もしていた雑誌
「レコード芸術」や「音楽の友」(2冊ともこの20年はすっ
かり読まなくなって、たまに立ち読みする程度。音友のほうは
立ち読みもしていない、というよりまだ発行されているのかな)
など音楽関係書籍の老舗「音楽之友社」のなんだか雑誌不振な
どが垣間見える話題。

その同社が退職金制度を廃止するなどして、就業規則を労組と
の労働協約に反するものに改定したとして新宿労働基準監督署
から是正勧告を受けていたって話。同社は勧告に従わずに改定
した就業規則を施行し、労組側が改定規則の無効確認訴訟を提
起しているそうだ。

訴状などによると、会社側は07年9月から退職金制度廃止な
どの代わりに年度ごとの常勤手当前払い支給などを盛り込んだ
就業規則案を提案したが、労組が拒否して新宿労基署も今年3
月に是正勧告したが、会社は「音楽業界を取り巻く状況は厳し
く、現行の退職金制度を維持することはできない」などとして
今年4月から改定就業規則を実施というものだ。

それにしてもクラシック音楽という一見セレブでゴージャスな
世界を扱う出版社なんだが、相当厳しいようだ。クラシック音
楽といっても、CDが元々それほど売れないジャンルだし、世界
中のオーケストラの経営も厳しく、日本のオケの給与もかなり
低く、莫大な金をつぎ込んで音大を出てもまともにペイしない
のがほとんどの世界だ。そのマスの小さい世界の出版だし、な
おさら近年は大変なんだろうな。大昔は愛読していた「レコー
ド芸術」にしてもこの20年ぐらいはほぼどうでも良い存在に
なっていたしね。だいたい昔から変わらないようなマンネリそ
のものレコード会社ベッタリの新譜マンセー屋(音楽評論家と
も言うらしい)さんの文章なんて読む意味ないしね。

あまり知らなかったのだが、同社って社員は36人とか。極小
企業なんだね。その程度の出版社がクラシック音楽の世界の象
徴的存在であり続けてきたってんだからいかにクラシック音楽
の世界が小さいものかがよく分かる。同社の単行本はかなり所
有して愛読しているものも多いし、是非頑張って欲しいものだ
が。

他のニュースで気になったのは、テレビリポーターが自殺した
ものの半年以上身元不明状態だったと言うもの。テレビではか
なり顔が知られているちょっとした有名人でも無縁仏になる可
能性が大きいというなんとも寂しい日本の現状。

その事件とは、すでにマスゴミが騒いでいるが行方不明だった
テレビリポーター奥山英志死亡が自殺時点から半年以上経過し
てようやく確認されたという哀しい話。

奥山リポーターは事件リポーター(その手のワイドショーをほ
とんど見ないので、テレビで顔写真を見て、大昔何回かテレビ
で見た顔だなと判ったが)としては、かなり有名らしいが、こ
の10年ぐらいはその手の仕事はほとんどなかったようだ。

3月11日の大震災後は所属のよしもとクリエイティブからの
安否確認がされているだけで、その後行方不明に。5月に入っ
て捜索願が出ていた。

自宅マンションから約5kmの神代植物公園水生植物園で4月10
日障害者用トイレ内の荷物置き場に紐をかけて首を吊った状態
の遺体が発見されていたが、事件性がないこと、遺体の身元確
認の所持品がなかったことから身元不明遺体として火葬されて
しまっていたそうだ。警察の管轄違い、捜索願の出た時期もあ
り、不明のままとなったようで、テレビで少しは顔が売れてい
ても身元確認にまで行かないもんなんだなとえらく納得。これ
が一般人ならなおさらで、日本中の行方不明のままの多さも仕
方ないという訳か。

この事件が話題に上るようになったのは、「週刊女性」9月27
日号が奥山失踪記事を掲載し、ワイドショーなどが一斉に報じ
たからのこととか。それまでそれほど不明が話題になっていな
かったってことはよほど仕事がなかったんだろうね。メディア
でフリーで仕事する厳しさか。

12月12日になってようやく4月10日見つかった男性遺体が指
紋などから奥山リポーターと一致したと警視庁から親族に連絡
があったという。自殺の原因は不明だが、仕事の悩みや親の介
護の問題などもあったなどとの報道も出ているが、2年前には
母親の介護疲れからの女優(いうもニコやかな女優で自殺など
考えられなかった)自殺なんてのもあったし、介護などに見ら
れる福祉の貧しさは日本の暗い面だね。なのに、ノダブタなど
はそんなこと俺たちの知ったことかのごとき様子で消費税増税
などにひた走り国民の福祉など無視のようで。

この二つの事案見るだけで、なんだか日本の将来真っ暗だなと
いう実感ばかりの気分になる。

|

« 誹謗中傷だけは熱心で排除に必死の小沢一郎なのに、なぜかいつも小沢が気になるセコいマスゴミ。民主党に巣くうクズマエハラがまたまた口先だけでかましてます | トップページ | メルトスルーと思われ炉心内部状態を確認も出来ないのに冷温停止とかアホこくノダブタ内閣。一年を表す漢字が「絆」だとかいう国民騙しの胡散臭さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/53479002

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の将来なんだかくらいばかりだなの気分になる小さい事件二つ。音楽之友社の退職金巡る労働争議、自殺後半年以上も無縁仏状態だった男性テレビリポータの事件:

« 誹謗中傷だけは熱心で排除に必死の小沢一郎なのに、なぜかいつも小沢が気になるセコいマスゴミ。民主党に巣くうクズマエハラがまたまた口先だけでかましてます | トップページ | メルトスルーと思われ炉心内部状態を確認も出来ないのに冷温停止とかアホこくノダブタ内閣。一年を表す漢字が「絆」だとかいう国民騙しの胡散臭さ »