« 共同通信の耄碌ジジイ記者が共同通信ウェブでコラム書いてんだが、その文章がなんとも情けない限りのアホな言い訳ばかりで、ツイッターを短いのでまともな表現手段ではないかのような(自分でツイッターでまともなことも書けないのかな)トンデモ攻撃 | トップページ | 今日は4月1日、エイプリルフールなんでどこかのサイトが遊んでいないかなとサーフィンしてみたら、映画ドットコムが思い切り遊んでます »

2012年3月30日 (金)

今日一番のアホらしいニュース。生牛レバー販売を厚労省の馬鹿役人どもが「日本の国民は馬鹿だからオレ様達が指導してやる」とばかりに禁止にするんだとか。で、放射性物質拡散は放任。その前に年金横領の罪をあがなうなどが先だろうが

今日のネットでニュース徘徊していてもっともアホらしいこ
と。日本の官僚の度し難いまでのアホぶりを満開させている
話は生牛レバー販売禁止のアホクサ。

マスゴミの中でもわりに詳しかった朝日新聞の記事で見ると
◆◆◆◆◆◆◆
牛の生レバー提供、6月にも禁止 加熱を義務化 厚労省

 厚生労働省は30日、生食用の牛レバー(肝臓)の販売を食品衛生法で禁止する方針を決めた。4月中に禁止案について内閣府の食品安全委員会に評価を依頼し、早ければ6月中にも禁止に踏み切る方針だ。違反すれば、2年以下の懲役か200万円以下の罰金を科すことも可能になる。

 この日、同省の薬事・食品衛生審議会の部会が、十分な加熱を義務づける案を了承した。牛の肝臓内部に、重い食中毒を起こすO(オー)157など腸管出血性大腸菌がいることがわかったためだ。

 部会がまとめた案は、(1)牛レバーを生食用として販売してはならない(2)牛レバーを調理する場合は、表面ではなく、内部の中心を63度で30分間加熱するか、それと同等の加熱殺菌が必要——としている。消費者が牛レバーを生で食べないようにするため、飲食店のメニューや商品などの表示方法の検討を消費者庁に依頼することも求めた。
◆◆◆◆◆◆◆
日本の官僚どもは国民をオレ様達が指導してやらないと食べる
ことも満足に出来ない馬鹿だとでも思っているようだ。こんな
ことはそれぞれ個人の趣味趣向であり、あくまでも自己責任の
範疇だ。こんな馬鹿なことをするのは、小心で責任逃れだけが
命の小役人どもが責任回避だけのために規制をして楽するため
のもの。

こんなアホをするなら、魚の刺身も寿司なんかも禁止にしろや。
こういうアホ規制して国民を上から目線で睥睨している小役人
どもだが、こいつらはテメエらが国民の貴重な年金を横領しま
くっても責任誰も負わず、天下りしてんだからまったくのクソ
どもだが、民主党に骨のある政治家はいないのかい。アホな役
人をどやしつけんかい。

|

« 共同通信の耄碌ジジイ記者が共同通信ウェブでコラム書いてんだが、その文章がなんとも情けない限りのアホな言い訳ばかりで、ツイッターを短いのでまともな表現手段ではないかのような(自分でツイッターでまともなことも書けないのかな)トンデモ攻撃 | トップページ | 今日は4月1日、エイプリルフールなんでどこかのサイトが遊んでいないかなとサーフィンしてみたら、映画ドットコムが思い切り遊んでます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/54347428

この記事へのトラックバック一覧です: 今日一番のアホらしいニュース。生牛レバー販売を厚労省の馬鹿役人どもが「日本の国民は馬鹿だからオレ様達が指導してやる」とばかりに禁止にするんだとか。で、放射性物質拡散は放任。その前に年金横領の罪をあがなうなどが先だろうが:

» 【社会】 牛の生レバー、飲食店での提供を7月1日から禁止すると正式に決定…厚労省 [何これニュース【2ちゃんねる-ニュー速+のまとめ】]
1 :有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2012/06/12(火) 16:36:29.78 ID:???0 ?PLT(12066)厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の食品衛生分科会は12日、牛の生レバー(肝臓)の飲食店での提供を7月1日から...... [続きを読む]

受信: 2012年6月12日 (火) 20時07分

« 共同通信の耄碌ジジイ記者が共同通信ウェブでコラム書いてんだが、その文章がなんとも情けない限りのアホな言い訳ばかりで、ツイッターを短いのでまともな表現手段ではないかのような(自分でツイッターでまともなことも書けないのかな)トンデモ攻撃 | トップページ | 今日は4月1日、エイプリルフールなんでどこかのサイトが遊んでいないかなとサーフィンしてみたら、映画ドットコムが思い切り遊んでます »