« 捏造記事垂れ流し、その記事を引用して一面コラム「産経抄」まで書き、恥の上塗りウジ惨軽だが、そんなゴミ便所紙の中にもまともな記者がいる訳で、田村秀男編集委員が消費税で正論 | トップページ | 頸椎症性脊髄症(頸椎の脊柱管狭窄症)の手術も無事終わって、入院2週間でようやく退院 »

2012年7月31日 (火)

身体の調子も悪いので五輪の開会式も全く見ず、格闘技好きなので柔道を見る程度だが、闘魂娘・松本薫の試合だけはダントツに楽しめた

ロンドン五輪が始まった。だが、判定要素少なく、体力極限を
駆使して勝負がはっきりとする陸上以外はそれほど興味もわか
ないし、頸椎の脊柱管狭窄症からくる手、腕のシビレや痛みが
キツくて深夜に起きていてまで観戦する気があまりない。

結局開会式も全く見なかったんだが、格闘技が好きなんでやは
り柔道だけは見てしまったが、マスゴミが金メダル確実などと
囃し立てたのがプレッシャーにもなるわけで、女子軽量級が最
初から二つ続けてメダルなし。男子も今ひとつ。しかし、昨夜
の女子57キロ級だけは面白かった。とにかく松本薫と言う女
の子が個性強烈で、勝負への執念が凄まじく、待ち時間から試
合中と身体を動かし、表情を引き締めるなど大相撲の高見盛の
パフォーマンスをさらに過激にしたような闘魂娘。一本主体の
勝負に拘る柔道から現在はヨーロッパ流のレスリングの色合い
がたっぷりと入ったいわばポイント稼ぎ仕様のJUDOになって
いるんだが、そのポイント稼ぎにはとにかく積極的に攻め立て
るのが肝心なのだが、松本薫の積極性、しつこさはまさにぴっ
たりな訳だし、その過激なパフォーマンスは人気を盛り上げる
要素にもなる。この選手の試合(その前の待機時間中も含めて)
は実にアトラクティブではあった。

柔道でとりわけ目立つのが審判の不手際で、さらにその3人の
審判を監視するジュリーなんて上位審判がいるに及んではなん
じゃらホイ状態。体操でも見てはいなかったが、団体総合の順
位が日本は最初4位となったのが、採点のやり直しで2位に浮
上という汚点もあり、採点競技の曖昧さが露見してしまった。

しかし、五輪も身体の調子が悪くて、あまり楽しめない訳で、
明日からその「頸椎症性脊髄症」なる病名で頸椎の手術予定で
入院でしばらくはパソコンも使用出来ない。まあ、暑苦しいし
冷房の効いた病院のベッドでのんびりと読書と音楽鑑賞の8月
前半となりそうだ。

|

« 捏造記事垂れ流し、その記事を引用して一面コラム「産経抄」まで書き、恥の上塗りウジ惨軽だが、そんなゴミ便所紙の中にもまともな記者がいる訳で、田村秀男編集委員が消費税で正論 | トップページ | 頸椎症性脊髄症(頸椎の脊柱管狭窄症)の手術も無事終わって、入院2週間でようやく退院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/55323137

この記事へのトラックバック一覧です: 身体の調子も悪いので五輪の開会式も全く見ず、格闘技好きなので柔道を見る程度だが、闘魂娘・松本薫の試合だけはダントツに楽しめた:

« 捏造記事垂れ流し、その記事を引用して一面コラム「産経抄」まで書き、恥の上塗りウジ惨軽だが、そんなゴミ便所紙の中にもまともな記者がいる訳で、田村秀男編集委員が消費税で正論 | トップページ | 頸椎症性脊髄症(頸椎の脊柱管狭窄症)の手術も無事終わって、入院2週間でようやく退院 »