« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月27日 (火)

日本マスゴミ界の究極のゴミ、産経チンブンのコラム「賢者に学ぶ」(笑)で自称哲学者、適菜収なるクズが馬鹿な国民は権力がナニしようが「デモなんかするな」「無知は黙っていろ」と権力にすり寄る駄文吐いて反吐です

アホのアベシンゾーの尻舐めゴロ、デブ政局記者はじめ記者だ
けでなくそのゴミ紙に文章を売る連中もゴロツキまがいばかり
の惨軽チンブンだが、24日付けの「賢者に学ぶ」とかのコラ
ムにはあまりの低劣知性皆無に反吐が出るだけだった。まあこ
のゴロツキメディアに相応しい駄文と言えるのだが。

そのコラムは自称哲学者らしい適菜収なる人物が書いた奴で、

◆◆◆◆◆◆◆

もっと口をつぐもう 哲学者・適菜収

 

2013.8.24 08:31

 市民運動および市民デモの訴えの多くはほとんど意味がない。彼らが依拠するのは知性ではなく、数の論理であるからだ。集会やデモを行う市民団体が毎回のように参加者数の水増し発表をするのは、その本性を示している。

 デンマークの哲学者セーレン・キルケゴール(1813~1855年)は、市民の本質を「第三者」「傍観者」と規定した。

 一人の人間が情熱を傾けて、自分に与えられた使命を果たそうとするとき、また彼らが手を組むときには集団も意味をもつ。そこでは、知性と覚悟が重視される。

 しかし、水平化・平等化された近代社会においては、傑出した人間は軽視され、疎まれ、引き摺(ず)り降ろされる。そこに働くのは嫉妬の原理だ。そして個人が完全に等価になった結果、価値判断の道具として多数決が導入される。そこでは頭数を揃(そろ)えることだけが求められる。

 キルケゴールはこうした野蛮を批判した。

 「ところが今日では、だれもが意見をもつことができるのだが、しかし意見をもつためには、彼らは数をそろえなければならない。どんなばかげきったことにでも署名が二十五も集まれば、結構それでひとつの意見なのだ。ところが、このうえなくすぐれた頭脳が徹底的に考え抜いたうえで考え出した意見は、通念に反する奇論なのである」(『現代の批判』)

 直接の利害関係がなくとも、メディアが拡散するあらゆるトピックに対し、誰もが一家言をもつ時代である。こうした社会においては、われわれは当事者意識を失い、傍観者の一人になる。逆に言えば、傍観者が社会に参加するようになる。インターネットのブログや掲示板、SNS、ツイッター、グルメや書籍の口コミサイト……。責任不在の言葉が氾濫し、社会が声まみれになっている。

 キルケゴールは「おしゃべり」の危険性を説いた。「ほんとうに黙っていることのできる者だけが、ほんとうに語ることができ、ほんとうに行動することができるのだ。沈黙は内面性である。おしゃべりは、ほんとうに語ることを先取りしてしまい、反省の所見は機先を制して行動を弱める」

 こうした「おしゃべり」に「原理」が加えられることで、市民運動が発生する。ごくつまらない人間がごくつまらない行動に「原理」を継ぎ足すことで万能感に浸るようになる。平凡な人間が「原理」によりいきなり英雄になる。

 しかし、キルケゴールによればそれは「逃避」「気晴らし」「錯覚」にすぎない。数を集めることで強くなるような気はするものの、倫理的には敗北しているのだ。

 「弱い人間がいくら結合したところで、子供同士が結婚するのと同じように醜く、かつ有害なものとなるだけのことだろう」

 意見を持たないことも教養の一つである。知らないことには口をつぐまなければならない。それは発言の価値を確保するためである。「たとえ素人であっても声を上げることが必要だ」という歪(ゆが)んだ考え方が社会に蔓延(まんえん)した結果、傍観者が退屈凌(しの)ぎに社会を動かすようになった。デタラメな人物を次々と政界に送り込み、飽きれば他人事(ひとごと)のように批判を繰り返す。

 キルケゴールの社会分析は、わが国の現状にそのまま適用することができる。

◆◆◆◆◆◆◆

「市民運動および市民デモの訴えの多くはほとんど意味がない」
「こうした『おしゃべり』に『原理』が加えられることで、市民
運動が発生する。ごくつまらない人間がごくつまらない行動に
『原理』を継ぎ足すことで万能感に浸るようになる。平凡な人間
が『原理』によりいきなり英雄になる」「意見を持たないことも
教養の一つである。知らないことには口をつぐまなければならな
い」・・・いやーすばらしいね、あまりに単純馬鹿な思考に口あ
んぐりだ。これで便所紙惨軽にとっては“賢者”だから泣ける。
知らないことには口をつぐまなければならないと言いながら、テ
メエは知らないことはない偉い哲学者様だから、こんなアホを喚
きまくることが出来るそうだ。

この自称哲学者はキルケゴールとかの名前を挙げれば、そんな高
尚な人物のことなど知りもしない国民はひれ伏すしかないと思っ
ているようで、実に都合よく適当に利用されてキルケゴールも自
称哲学者に失笑していることだろう。

この馬鹿は基本的に議会制民主主義を完全否定して、なんだかテ
メエだけが知性に満ちた存在であり、まともな原理も教養もない
国民が意見を持つなどおこがましいと盛大にマスかきまくってい
るんだが、この上から目線だけの馬鹿野郎のアホ思考ほど戦前並
の軍事独裁体制にして国民に有無を言わせずに戦争に駆り出すク
ソ体制を憲法破壊して造り上げようとしているアホのアベシンゾ
ー、戦争大好きオタクキモイイシバなどの自民クサレ党政権に都
合の良いアジテーションはないわな。なにしろ、ゴロツキ権力が
何をしようが文句言ってんじゃねえと恫喝してんだからな。哲学
者もずいぶん安っぽいモノになったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

罪界の御用便所紙ニッケイらしく国民洗脳誘導偽造調査で消費税増税賛成7割(笑)のミエミエ。ネットウヨクズの「はだしのゲン」焚書化強要が反対に国民にその存在が大注目で馬鹿売れなどのお笑い

まだまだ熱暑続きで、暑さが苦手なのもあり、身体は怠い(脊髄
3カ所の手術後の体調回復も完全じゃないしね)しで、眠くて仕
方なく、ネットもあまり見る気も起きず、たまにツイッターを流
し読みする程度で、株式相場チェック以外はすぐに酒飲んでダラ
ダラしてしまう。まあ無職の有難さ。映画館が涼しいので映画も
よく観るな。昨日は「エンド・オブ・ウォッチ」「ホワイトハウ
ス・ダウン」の2本。前者はドキュメンタリタッチでロス警察の
激務を映像化しての佳作。後者は先日観たばかりの「エンド・オ
ブ・ホワイトハウス」と類似のテロ集団のホワイトハウス占拠も
の。かなり無茶な設定だが、エメリッヒ監督だものね。ど派手に
ホワイトハウス破壊でスッキリ。で、一番の大活躍ヒーロが大統
領大好きオタクの小さな女の子(クロエ・グレース・モレッツか
と思ったほど似ている)ってことで、子供にもぴったり。

ツイートで知った記事で、基本が証券会社の個人投資家嵌め込み
用記事や罪界などユダ金御用達記事ばかりの経済を名乗るのもお
こがましい日本罪界新聞のその存在の有り様からいかにもの自民
クサレ党・罪界の尻舐め丸出しの国民洗脳騙し世論調査にはあま
りのミエミエの偽造ぶりに笑いをこらえるしかない訳で、

 

◆◆◆◆◆◆◆

内閣支持68%、消費増税容認7割 本社世論調査

2013/8/25 23:00日本経済新聞 電子版

 日本経済新聞社とテレビ東京による23~25日の世論調査で、安倍内閣の支持率は68%と7月の前回調査より5ポイント上昇した。不支持率は23%と6ポイント下がった。消費増税に関しては税率引き上げを容認する声が7割を超えた。環太平洋経済連携協定(TPP)加盟への賛成も増えており、政策への理解の広がりが支持率を押し上げているとみられる。

(以下は有料で読めずだが、金払ってまで読むようなもんじゃなく、見出しだけでこの罪界の広報便所紙のアホ記事の中身は判るが)

◆◆◆◆◆◆◆

それにしてもね、円安効果で生活必需品の物価だけは上昇し、輸
出系大企業だけがボロ儲けし、しかし給料はさっぱり上昇しない
現状で、どこの馬鹿国民が消費税増税に賛成が70%になるって
いうの。しかも、日本経済をユダ金支配のグローバルゴロツキ巨
大企業の狩り場にするモノでしかないTPPの賛成が増えるって言
うのか。どこまでもユダ金、自民クサレ党、罪界の視点でしかモ
ノを見ることの出来ないゴロツキ記者どもだ。まあこんなゴロツ
キ便所紙をいまだにクオリティペーパーと勘違いして、この便所
紙を読まないと時代遅れになると洗脳され騙されている馬鹿が多
いのが日本なんだが。

ところで、そのTPP交渉で日本の主張をまるで言えないヘタレ役
人どもなんだが、その従米隷属ぶりを早速示してくれているのが
自動車取得税廃止の穴埋めで総務省が軽自動車の税額大幅上げを
目論んでいるって情報。まあ、米国は以前から日本独自規格の軽
自動車の優遇税制に不満を持ってんだよね。日本でアメリカ車が
売れないのは軽自動車のせいだとね。まるで勘違いの言いがかり
(あのアホな米車を狭い日本で誰が好き好んで買うっていうの。
そんなモノ好きは所ジョージなど程度だろう)なんだが、ヘタレ
役人は米のおっしゃる通りとしか思考できない訳で、米の言いな
りだ。しかし、軽自動車は日本の道路事情や駐車事情にもピッタ
リであり、軽自動車を造る能力もない米から文句を言われる筋合
いは微塵もないわな。

「はだしのゲン」焚書化事件で、思いもよらぬ国民からの反発に
慌てた松江市教委の小役人どもはテメエらの無責任、事なかれ主
義を糊塗するためにウジウジと言い訳会議とかやらかして逃げよ
うとしているようだが、どこかのネットウヨクズ一人の言いがか
りからアホのアベシンゾーの憲法破壊狙いの意向に沿うつもりで
いい加減な判断で焚書化したんだが、反対にその焚書化したい本
がかえって国民の注目を集めてしまったようで、馬鹿ネットウヨ
クズの功績というところか。

朝日新聞の記事で

◆◆◆◆◆◆◆

「はだしのゲン」、アマゾンでベスト10入り 増刷も

 【宮野拓也】漫画「はだしのゲン」が、松江市教育委員会による閲覧制限問題を機に読み直されている。ネット通販大手「アマゾン」では、10巻セットがコミック部門で10位以内に入り、発行元が増刷を決めた。市内の図書館での貸し出しも好調だ。

 単行本を初めて発売した汐文(ちょうぶん)社(東京)。刊行するコミック版や愛蔵版全10巻セットの出荷数は、いつもの7、8月なら2千セットほどなのに、今年は7千セットになった。今も2千セットの増刷をかける。

 例年、終戦の日の15日を過ぎると売れ行きは落ちるが、今年は、昨年末に作者の中沢啓治さんが亡くなったことに加え、閲覧制限が注目され、今も全国から注文が相次いでいる。

(以下は有料で読めず)

◆◆◆◆◆◆◆

そらそうだ、マスゴミがわざわざ騒いで、アホのアベシンゾーや
戦争大好きキチガイイシバあたりが日本から消滅させたかったよ
うな本が大注目になったんだから大笑いだ。アホのネットウヨク
ズがどんどんその手の本を焚書化しろと全国の関係先に脅しをか
けてくれるのが良いってことか。

ところで、その松江市立小中学校の図書室で自由に読めなくなっ
ている問題で、松江市教育委員会は26日、教育委員会会議を開
き、手続きに不備があったとして、学校現場に求めていた閲覧制
限を撤回し、学校の自主性に任せることを決めたんだとさ。当然
の決定だが、馬鹿な教委は当初の焚書化決定の愚かさを認識でき
てんだろうか、まあ出来てないだろうな。

ツイッターで知った毎日新聞のコラム。

◆◆◆◆◆◆◆

Listening:<風知草>小泉純一郎の「原発ゼロ」=山田孝男

2013年08月26日

 脱原発、行って納得、見て確信−−。今月中旬、脱原発のドイツと原発推進のフィンランドを視察した小泉純一郎元首相(71)の感想はそれに尽きる。

 三菱重工業、東芝、日立製作所の原発担当幹部とゼネコン幹部、計5人が同行した。道中、ある社の幹部が小泉にささやいた。「あなたは影響力がある。考えを変えて我々の味方になってくれませんか」

 小泉が答えた。

 「オレの今までの人生経験から言うとね、重要な問題ってのは、10人いて3人が賛成すれば、2人は反対で、後の5人は『どっちでもいい』というようなケースが多いんだよ」

 「いま、オレが現役に戻って、態度未定の国会議員を説得するとしてね、『原発は必要』という線でまとめる自信はない。今回いろいろ見て、『原発ゼロ』という方向なら説得できると思ったな。ますますその自信が深まったよ」

 3・11以来、折に触れて脱原発を発信してきた自民党の元首相と、原発護持を求める産業界主流の、さりげなく見えて真剣な探り合いの一幕だった。

 呉越同舟の旅の伏線は4月、経団連企業トップと小泉が参加したシンポジウムにあった。経営者が口々に原発維持を求めた後、小泉が「ダメだ」と一喝、一座がシュンとなった。

 その直後、小泉はフィンランドの核廃棄物最終処分場「オンカロ」見学を思い立つ。自然エネルギーの地産地消が進むドイツも見る旅程。原発関連企業に声をかけると反応がよく、原発に対する賛否を超えた視察団が編成された。

 原発は「トイレなきマンション」である。どの国も核廃棄物最終処分場(=トイレ)を造りたいが、危険施設だから引き受け手がない。「オンカロ」は世界で唯一、着工された最終処分場だ。2020年から一部で利用が始まる。

 原発の使用済み核燃料を10万年、「オンカロ」の地中深く保管して毒性を抜くという。人類史上、それほどの歳月に耐えた構造物は存在しない。10万年どころか、100年後の地球と人類のありようさえ想像を超えるのに、現在の知識と技術で超危険物を埋めることが許されるのか。

 帰国した小泉に感想を聞く機会があった。

 −−どう見ました?

 「10万年だよ。300年後に考える(見直す)っていうんだけど、みんな死んでるよ。日本の場合、そもそも捨て場所がない。原発ゼロしかないよ」

 −−今すぐゼロは暴論という声が優勢ですが。

 「逆だよ、逆。今ゼロという方針を打ち出さないと将来ゼロにするのは難しいんだよ。野党はみんな原発ゼロに賛成だ。総理が決断すりゃできる。あとは知恵者が知恵を出す」

 「戦はシンガリ(退却軍の最後尾で敵の追撃を防ぐ部隊)がいちばん難しいんだよ。撤退が」

 「昭和の戦争だって、満州(中国東北部)から撤退すればいいのに、できなかった。『原発を失ったら経済成長できない』と経済界は言うけど、そんなことないね。昔も『満州は日本の生命線』と言ったけど、満州を失ったって日本は発展したじゃないか」

 「必要は発明の母って言うだろ? 敗戦、石油ショック、東日本大震災。ピンチはチャンス。自然を資源にする循環型社会を、日本がつくりゃいい」

 もとより脱原発の私は小気味よく聞いた。原発護持派は、小泉節といえども受け入れまい。5割の態度未定者にこそ知っていただきたいと思う。(敬称略)<題字・絵、五十嵐晃>(毎週月曜日に掲載)

◆◆◆◆◆◆◆

このコラムを書いた山田とか言う記者だが、どこまでアホなんだ
よ。ブッシュの尻舐め売国チンコロワンワン、コイズミを神様扱
いかい。ほかの政治家でいくらでも原発ゼロを主張しているのは
いるだろうが、そういう政治家をコイツはこの手のコラムでわざ
わざ取り上げてマンセー記事書いたことがあるのか。ユダ金の手
先同然なコイズミの原発ゼロ発言のアホらしさに気付けよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

毎日のうんざりな暑さの中、犯罪集団東電の原発は絶賛放射能・汚染水放出でも暢気な日本だし、「はだしのゲン」焚書化はまさに憲法破壊狙いのアホのアベシンゾーの意向を事なかれ主義の小役人が尻舐めのキモイ現象か

都内もあいも変わらずの激暑で身体は怠いし、昨年夏の頸椎の手
術、今年4月の腰椎の手術の経過も今ひとつで足と手先はシビレ
がキツくてウンザリ気味だし、ナーンもする気が起きずネットサ
ーフィンも面倒臭くてさっぱりだ。午前9時から午後3時までの
間はパソコン複数起動してだらりと株価ボードをチェックするぐ
らいしかやる気がない。

その株式相場の方もかつての自民クサレ党の税金つぎ込み方式踏
襲しただけのアホ極まるアベコベミクスの皮が剥がれて来たのか
5月の高値をピークに出来高も激減で1万5千円台など遠い過去
の話になってしまったようだ。経済実態などに関してはアホのア
ベシンゾーが政策的に何かまともな実績を上げた訳でもない訳で、
まあ現状の株式相場が相当なんだろうが、アベシンゾーやナチス
アッソー、戦争キチガイの気持ち悪いばかりのクズイシバなどが
トップに君臨するクソ政権なんでまともな判断も出来る訳ないの
か、いまだに消費税増税強行するような妄想吐いてんだからどう
しようもないが。そういう馬鹿どもをマンセーして批判も出来な
い尻舐めクズ記者ばかりのマスゴミの究極のゴミぶりももう絶景
状態だが。

それにしてもね、ウソと欺瞞の犯罪集団東電の原発は毎日毎日絶
賛放射能発射し、汚染水垂れ流しなんだが、馬鹿な国民はとこと
ん騙し通せると胡座かいているアホ政権とマスゴミ、犯罪集団東
電と官僚は何の危機感もないようで,アホのアベシンゾーは「ウ
チュクチイ国日本をトリイモロす」などと精神錯乱状況で、全国
での水害、原発の汚染水垂れ流しなどの毒物散布の東電犯罪もど
うでも良いようで、毎日のんびりとお休み取ってマスゴミや罪界
のカネ亡者トップとゴルフで遊び三昧のようで実に幸せな国だ。

ドイツ方面からはアベコベミクスなんて一時的な覚せい剤みたい
なもので役にも立たない的な断言も出て来ているようで、外国の
方がアホのアベシンゾー一派のクズぶりをしっかり把握している
のがよく分かる。

なにしろ、パンパースして下痢便垂れ流し防止している脳ミソも
肛門も緩みっぱなしのアホのアベシンゾーのアホぶり、売国奴ぶ
りは最近の統一教会の雑誌の表紙にもなるほど世界認定なんだが、
日本の暢気な奴隷根性にどっぷりの国民は自民クサレ党に投票し
て、パンパース野郎に首相させたんだからどうしようもないんだ
が。どうも日本国民は戦前の戦犯官僚の筆頭でもあったパンパー
ス野郎のジジイ岸信介のアメリカに魂売って売国の限りを尽くし
て死刑を免れたことなどさっぱり認識もしていないんだろうな。
その売国DNAを濃厚に継承してんのがアホのアベシンゾーなんだ
が、そのクズを持ち上げるマスゴミ(まあ、戦前の軍部マンセー
の犯罪の責任も取っていないクソどもだけどね)に罪界、官僚の
やりたい放題にもエジプトのような反抗の意思も見せない国民だ
から仕方ないけどね。新潮のようなクズメディアにしても山本太
郎を誹謗中傷する暇があるなら、アホのアベシンゾーの統一教会
との汚い関係でも追求すればまともなんだろうが、そんなこと怖
くて出来ないんだろうな。

それにしても、日本の司法のクサレぶりは治癒完全不可だね。あ
の小沢魔女狩り見れば当然だが、最近の京都府での花火大会爆発
事故見ても判るよね。屋台の(まあヤーさん関連がバックなんだ
ろうけど)業務上過失致死罪の疑いで捜査するなんてのが速攻で
出て来ているんだが、日本国民いや世界の人類に災禍をもたらす
原発犯罪では一切の捜査もされていない摩訶不思議。まあ、司法
と官僚の皆さんの大切な天下り先を潰す訳にも行かないというあ
まりに自明な理由あるんだけどね。

ところで、ただの小心な小役人根性の松江市教委が「はだしのゲ
ン」を焚書化したなんていう事件は、アホのアベシンゾーの憲法
破壊の悪魔の狙いが顕現化して来たひとつなんだろうね。焚書理
由は「描写が過激」とか言う屎飯なんだが、原爆反対・反戦のま
ともな思考を子供にさせたくないっていうだけで、まさに戦争キ
チガイアベ、イシバなどの意向を反映の憲法無視の小役人の蛮行。
こういうキモイチマチマした憲法破壊行政が積もり積もって知ら
ないうちに戦前のような軍部独裁奴隷国家への道に通じるんだよ
な。

このアベシンゾーの憲法破壊狙いが顕現化の気持ち悪いばかりの
松江市教委の「はだしのゲン」の焚書化だが、そもそも事なかれ
主義の小役人根性が染み付いた教委にこんな憲法無視の行政行為
が許されて良いものなのか。黙って見逃すと戦前の轍を踏むだけ
だろう。しかも、焚書化のきっかけになったのがネットウヨの言
いがかり。小沢魔女狩りと同じなんだよな。まあ、鳥取も似たよ
うなことやっていたようだし、戦争オタクイシバや自民クサレ党
が支配する裏日本山陰ではこの程度の憲法認識なのかな。

「はだしのゲン」を学校で閲覧制限した松江市教育委員会の対応
について、下村博文文部科学相が21日の会見で「特段の問題は
ない」と、まあこの人権意識など元から持ってもいない自民クサ
レ党のゴロツキ議員らしい発言をしたようで、漫画の内容につい
ては「教育上好ましくないと考える人が出るのはあり得る」とさ。
戦争の悲惨さ残虐性、非人間性を子供が認識するのをよほど邪魔
したいようだ。なにしろアベシンゾーやイシバのように馬鹿国民
を洗脳して騙して戦争に駆り出して殺すための日本国憲法破壊が
党是の自民クサレ党だしな。

1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

あまりの暑さにブログ書く気も起きないが、たまには戯言でも。しかし、「風立ちぬ」の喫煙シーンにイチャモンの日本禁煙学会のアホぶり。エイベックスの松浦社長の税金の高さで「富裕層は日本にいなくなっても仕方ない」には、じゃ日本で商売止めればだけ

8月初めに1週間東北方面へ温泉巡りドライブ旅行して帰宅以
来あまりの暑さにブログ書く気もあまり起きず、冷房効いた部
屋でパソコン相手に株式相場をチェックするだけ。それも昼間
からワインや日本酒をチビチビやりながらの完璧ダラダラ生活。

ネットもあまり見ないけど、まあ日本のマスゴミなんて自民ク
サレ党の尻舐めやっているだけのゴロツキ集団みたいなもんだ
し、国民には消費増増税を甘受せんかいと恫喝するくせにテメ
エらだけはその手の増税は勘弁してねとか都合の良いことばか
りほざいて、戦後平和の礎そのものの日本国憲法を破壊して戦
前並の国民を戦争に駆り出して殺しまくりたい戦争キチガイア
ホのアベシンゾーやキモイ戦争屋イシバなどゴロツキ政治屋賛
美ばかりやってんだからそんなクソどもの記者クラブ談合記事
なんて読んでも時間のむだだしね。

で、盆休暇中はドライブに出かけても渋滞なので当然出かけず
に、株式売買以外は涼しさ求めて映画館へ。旅行から帰ってか
ら8本ほど見たかな。でも、面白いものがまるでない。カネか
けまくりでお馬鹿なロボットと怪獣の戦いを描きまくった「パ
シフィック・リム」だけがお薦めできる映画。「ローン・レン
ジャー」なんてダラダラとしたあまりに緩い展開の長過ぎる退
屈作で、金返せ級駄作。ディズニー作品に期待する方が間違い
だけどね。それにしても、ジョニー・デップの変人キャラ演技
には飽きて来たね。毒のある変人なら面白い点もあるけどね。

昨日観たCGアニメ「モンスターズ・ユニバーシティ」(「ワー
ルド・ウォーZ」を観に行って、株主優待が余りまくりなので仕
方なく観たんだが、前作も思い切りつまらなかったが、CGアニ
メはとにかく面白くないね。フランスのアニメ「ベルヴィルラ
ンデヴー」なんてのが好き)のつまらなさはもう我慢の限界だ。
100点満点で10点程度か。

「風立ちぬ」も波長が全く合わなかったな。「風の谷のナウシ
カ」は何回も見るほど好きなんだけど。この作品関してはアホ
なイチャモンが出ていたね。作中に出てくるタバコの描写に対
して、NPO法人の日本禁煙学会なんてアホ集団がイチャモンだ。
日本も批准の「タバコ規制枠組み条約」第13条とかは、あらゆ
るメディアでのタバコの広告・宣伝が禁止されているので、こ
れを遵守すると作品は条約違反になるんだとさ。あほもここま
で来るともうキチガイだ。映像表現での喫煙が広告・宣伝なら、
これまでの映画やテレビドラマでのその手のシーン、小説など
での喫煙シーンなど全てが条約違反なのかい。だいたい、禁煙
学会なんて存在そのものが胡散臭すぎる。喫煙なんて興味もな
いし、食事中に隣で吸われたら頭に来る(微妙な魚の味を楽し
む寿司屋でその手の喫煙をする馬鹿が多すぎるので最近は普通
の寿司屋に行かなくなった)が、所詮は吸うも吸わないも個人
の自由で、健康に害があろうと吸う人間に禁煙を強要する必要
もない。吸わない人間に迷惑にならないように勝手に吸ってく
れれば良いだけだ。こんなアホなことほざいている似非学会だ
が、絶賛放射能放出の東電には文句も言わないのかい。

ところで、エイベックスの松浦勝人社長が、自身のフェイスブ
ックで日本の税金の高さに絡み「富裕層は日本にいなくなって
も仕方ない」と発言したそうなんだが、じゃあ日本で商売する
の止めれば良いジャンって言うだけの話だ。クソみたいな音楽
を日本人に売りまくって稼いでいるんだろう。自称日本の富裕
層の馬鹿の象徴かい。この話に関して、貧乏臭い(少しも予想
が当らない)北浜流一郎ってゴミ株式評論家がツイートで

◆◆◆◆◆◆◆

北浜流一郎 ‏@kabuwakitahama

業績絶好調銘柄でも、ある日思いがけないこと起きて株はとんでもない下げ方をする。エイベックス株もその一例になる。松浦社長は何らかの対応策をとるのだろうか。今回の問題で社長はますます日本が嫌になってしまうのかもしれない。そうなった場合エイベックスの経営に影響はないのか。案じられる。

北浜流一郎 ‏@kabuwakitahama

エイベックス株の下げが止まらない。松浦社長のフェイスブックでの発言が切っ掛けと見てよい。株主は困惑しているんじゃないだろうか。私もよくエイベックス株を注目銘柄に取り上げるので、この思いがけない社長発言による急落にはマイッたなァだ。

◆◆◆◆◆◆◆

さすが貧乏神、アホすぎ。こんな程度の奴が株式評論家の名乗
ってられる日本の株式メディアの悲惨さというところか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

1日から6日まで東北温泉三昧が、東京へ戻ってのあまりの暑さにぐったり。それにしても、ナチスアッソー問題に自民クサレ党もマスゴミもノーテンキすぎるんじゃねえの

1日から6日まで湯治主体の東北ドライブ旅行して来た。4月
の手術の術後湯治もあるので青森や岩手あたりまで距離を
伸ばさずに、身体のためにも鳴子温泉までにしておいた。で、
温泉は久しぶりに肘折温泉も行けたし、泥湯温泉に行けたし、
ご機嫌な温泉巡りとなった。白布温泉あたりは涼しくて気持ち
良く過ごせた。

帰宅してからが、東京のあまりの蒸し暑さでその落差に身体が
ぐったりで、昼間は株式相場見る程度で、ブログなんて書く気
もほとんど起きず。

あまりに暑すぎるんで脳細胞も正常に機能しないだろうから、
国民をコケにし続けるアホのアベシンゾー政権にとっては実に
都合も良いんだろうが。そのアホのアベシンゾーは全国で豪雨
被害が多発しているのに何の興味もない(そらそうだろう。戦
後日本の平和のもとである日本国憲法を破壊して、国民を戦争
に駆り出して殺すのが狙いのクソだし、国民が災害で死のうが
興味のあるはずもなし)ようで、災害地へ即行くなんて気も全
くなく、暢気に長期休みとってゴルフにかまけてます。そして、
ガソリン価格など日常品の物価上昇して庶民にはアベコベミク
スなんて何のメリットもないのに、GDP数値発表に合わせてア
ホのアベシンゾーはテレビニュースで「景気は順調に回復ちて
まちゅ」とか、まさに空っぽの脳細胞そのまんまのアホ発言。

それにしてもね、マフィアファッション自慢の勘違い馬鹿アッ
ソーの憲法破壊には「ナチスの手口に学ぼう」発言に関して、
日本のマスゴミのノーテンキぶりにはほんまゲンナリだわ。ユ
ダヤの監視組織サイモン・ヴィーゼンタールセンターは速攻で
アッソーに発言の説明を求めているわけで、そういうことに関
する危機感ってのが自民クサレ党政権、マスゴミにはないんだ
ね。文春の雑誌「マルコポーロ」の「ガス室はなかった」記事
でマルコポーロが廃刊に追い込まれ、文春の社員が延々とサイ
モン・ヴィーゼンタールセンターの洗脳教育を受けたんだぜ。
アホアッソーの発言撤回・言い逃れ・詭弁でしつこいユダヤ監
視組織が納得するとでも思ってんだろうか。世界はユダ金が支
配してんだぜ。アホのアベシンゾーなんてそのユダ金の鉄砲玉
みたいなもんだろう。まあ、ナチスアッソーをそのまま飼い殺
しで政権内に温存しておくのは、ナチスに厳しい欧米の人間に
アベ政権ってのは「しょせんその程度のアホ政権」と馬鹿にさ
れ続けるだけなんだがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »