« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

山本太郎議員が天皇主催の秋の園遊会で原発犯罪の現状を伝える「手紙」を天皇に渡して、売国議員、マスゴミ大騒ぎ

夕食後までまるきりネットもテレビのニュースも見ていなくて
知らなかったんだが、ツイッター流し読みしてみたら、何のこ
っちゃと言うほど多量に山本太郎議員が天皇に手紙を渡した話
が流れていた。

今ひとつ何のことか判らないんで、ニュースをチェックしてみ
ると、今日天皇主催の秋の園遊会があったんだね。そこに出席
した(宮内庁のクソ官僚がよく出席を了承したもんだ)山本太
郎議員が犯罪集団東電の原発犯罪の現状を憂慮する内容の手紙
を天皇に渡したってことだった。

まあ、山本議員も天皇が政治に関与することはできないのは当
然に知っているだろうし、手紙を渡したところで天皇が、増税
しか頭になく、売国のTPP、平和憲法破壊一直線のキチガイの
アホのアベシンゾーに政治的に何か出来る訳でもないが、全国
を回って国民の声を真摯に聞かれる天皇・皇后に国民の代表と
して声を聞いてもらいたかったってことだね。アホのアベシン
ゾーの尻舐めで売国路線マンセーのマスゴミに騒がせる効果も
大の計算も当然あるわな。

で、想定通りにクソ議員どもは懲罰だとか騒ぐって訳だ。しか
し、自民クサレ党のクソどもがどれほど天皇、皇室を陰険に利
用して来たことか。小沢魔女狩りに始まり他人のことは責めま
くりのくせに、テメエのことになると大甘の責任回避に走るだ
けの「みのもんた」みたいな奴らばかりだしね。

で、この件に関してのツイート。

kabumasa@onsenkabumasa

山本議員の天皇への手紙は一種の請願だね。憲法に基づく請願法ってのがあって、天皇にも誰もが実は請願できる。その請願は内閣に出すのだが、憲法破壊のキチガイアベ内閣なので握り潰すわな。で、直に天皇だね。請願法では「何人も、請願をしたためにいかなる差別待遇を受けない」で、議員処罰は違法だ posted at 21:07:29

アプリオリに今日の天皇の園遊会での山本太郎議員の手紙渡しのことを書いていたが、「やきとり」さんのツイートにあったが、なぜに「山本太郎議員」が園遊会にいたんだろう?宮内庁のクソ官僚が呼ぶ訳ないし、天皇と皇后の意向が入っていたんだろうか。それとも新人議員は呼ばれる慣例なのかな。 posted at 20:17:39

TLを見ていたら、山本太郎議員の行動に関して、議員辞職勧告をする動きがあるとか出ている。しかしね、全国を回って国民の声に真摯に耳を傾けている天皇だぜ。その方に国民の代表として礼儀を尽くして国民の声としての手紙を渡した訳だ。天皇はむしろ喜ばれている。山本議員を処罰は天皇否定論だな。 posted at 20:00:03

戦後日本の礎の日本国憲法破壊を企む売国悪魔アベシンゾーらクズ政治屋だらけでマスゴミもその共犯状態の中、水俣での発言など国民の平安を祈念し憲法守護を鮮明にする天皇、「五日市憲法」まで援用してその天皇の姿勢を擁護する皇后。小沢魔女狩りをし、国民生活破壊ばかりの中でお二人は平和の光だ。 posted at 19:51:51

山本太郎議員が園遊会で天皇に礼儀を尽くして手紙を渡したことが流れていて、その件でクソ議員どもが批判とか。が、憲法破壊を企むアベシンゾーら売国犬ばかりの中、現憲法を守護する姿勢をもっとも鮮明にしているのが天皇と皇后だ。その憲法の象徴の方に国民の声を議員が伝えるのに何の問題があるのか posted at 19:30:28

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年10月30日 (水)

評論家なるもののゲスさ下劣さにはテレビで稼ぐ政治評論家などでうんざりの存在だが、カメラ評論家なんてのも相当に酷い。大好きなパナソニックのカメラだが、そのパナの生産姿勢を「パナソニックのカメラには夢も希望も未来もない」と開発者・生産者を大コケにするカメラ評論家

評論家なるものはまあ自称すればどんな分野のものでも適当に評
論家ヅラできる実に適当な商売だ。まあ、小林秀雄とか吉田秀和
のような知性に満ちた本当の意味での評論家も数多くいる訳だが、
テレビに出て来る自称評論家ほどゲスで下劣な奴らはいない。

とくに政治評論家ってのは最悪の有害無益の寄生虫だ。そんなの
がマスゴミに跳梁跋扈して小沢魔女狩りなんてゴロツキぶり発揮
して日本の政治を壟断して来た訳だが、他の分野でも碌なもんじ
ゃないのが自称評論家。

自動車評論家なんてのも酷いが、大好きなクラシック音楽でもレ
コード芸術あたりで適当なこと吐きまくってクラシック音楽を狭
い世界に閉じ込めてしまった音楽評論家なんても碌なもんでない。
クラシック音楽に隣接する分野にオーディオがあるが、そのオー
ディオ評論家なんてのもどうしようもないのが多すぎる。CDの印
刷面に傷をつけると音が良くなるとか思い切りのアホをマジに吐
くまるでカルト並の評論家もいる訳で、オーディオ機器評論でも
ブラインドテストは一切なしのアホくささは相変わらずで、1メ
ートルで数万円のケーブルを使うと音が激変(しかし絶対に安物
から高額品まで揃えての絶対的ブラインドテストはしない)とか、
ほとんどお笑い世界の住人ばかりだ。

まあ、自動車、オーディオ、パソコン、CD等々なんにしても自称
評論家の一番の仕事はそれらを発売している企業の宣伝マン。な
にしろ無料で評論対象機材を提供され、自動車なんてのも試乗会
なんてのが意味もなくアゴ足付きで海外で実施とかだから企業の
悪口(なぜか悪口を特定の企業だけには吐くのもいるのだが、そ
れは単に甘い汁が足りなかっただけってことなんだろう)なんて
言える訳もないけどね。

カメラなんてのもカメラ評論家なんてのは末端消費者のことなど
全く考慮外だね。なにしろ、新製品が出るたびに絶賛賛美だらけ
だ。本当かね。デジタル一眼にしても普通に適当な大きさにプリ
ントして、ブログに使用する程度なら画素数600万程度で必要
十分すぎるというか、それらの方が1画素の大きさもあるし、ダ
イナミクスの余裕があるし、パソコンでの処理も軽快で実に快適
だ。それがオーバースペックすぎる2000万や3000万画素
のフルデジイチを使用レベル考慮せずに褒めまくってんだからど
うしようもない。そら、それらのカメラは販売価格も超高額だか
ら企業サイドにしては一番売りたいもんだから評論家様も大きす
ぎて普段使いには出来るはずもないのに褒めまくるってことだ。

あと、その手のカメラ関係ブログ見ていると、一部のカメラ評論
家には特定の企業のカメラばかりベタ褒めで、一部のものは完全
無視でどれほど素晴しいものを出しても完全無視,酷い奴になる
と開発者の努力の末に出したカメラの存在自体偉そうに完全否定
するクズもいる。

そんなカメラ関係ブログを読んでいて、「コイツ何様?」と以前
から胡散臭さ満開だったのに「Photo of the Day」なる写真ブロ
グがある。田中ナントカなる自称写真・カメラ評論家なんてのが
書いているブログだ。そのブログの10月7日付けのブログ記事
読んで呆れ果てた。

 

◆◆◆◆◆◆◆

Photo of the Day

ソニーのチャレンジ精神

 2台のQXは、「カメラ」としてはなはだしく使いづらいモノだけど、しかしこれを製品化して売ろうという決断をしたソニーはひじょうにエラい。さすがにソニーだなあと感心する。

 このような製品は提案したとたんに「だめだ」「ナニを考えてるか」と一蹴されるのが通常一般だが、どこがどうなってるのかソニーではこうしたことが往々にしてまかり通る。カメラにかんしてだけだが、ぼくはいままでにそうした「やってみなはれ」の製品を何度も見てきている。サントリー、ホンダ、そしてソニーに共通したチャレンジ性。そこに夢や未来や新しい文化を強く感じる。

 ここがパナソニック(のカメラづくり)と決定的に違う点だ。そういう意味でいえばパナソニックのカメラには夢も希望も未来も、ぼくには感じられない。パナソニックのカメラは使うたびに、「カメラなんてそこそこ写りゃイイんだ、夢? 写真文化? ばかなこと言うんじゃないよ、ガキじゃあるまいし…」、という作り手側の冷めた声が聞こえてきて悲しくなる。

 QXは専用アプリをインストールしておけば大きな液晶画面の iPad と組み合わせても使える。こんな大きな画面でフレーミングも撮影もしたことないので感動した。その画面をQX10で"覗いて"みたら、ほら、こんなおもしろいものが撮れたぞ。

2013-10-07

◆◆◆◆◆◆◆

この田中ってのはフォーサーズカメラではオリンパスは山のよう
に取り上げるが、同じ系統のカメラ生産のもう一方であるパナソ
ニックはどれほど素晴しいレンズだろうがカメラを出そうが絶対
に取り上げない。

だいたい、マイクロフォーサーズカメラの第一号「G-1」(私の
大のお気に入りで2台を所有して、さらにGF-1も所有しているほ
ど。最新版のG-7なんてノドからてが出るほど欲しい奴だ)を発
売したのはパナソニックであり、その昔からのカメラ好きの心を
くすぐる「アダプター利用でのマニュアルレンズ遊びを想定した
機能満載の」冒険精神は保守的なカメラ業界では見上げたものだ
った。なのに完璧無視ってパナから甘い汁が全くなかったんだろ
うなと推測できるわな。どうでもいいけど。まあ、マネシタ電機
と揶揄される企業ではあるが、それも消費者目線での利便性追及
からだ。この企業で唯一最大の失敗生産品は松下政経塾が多数排
出したクズ政治屋だね。

それにしてもね、無視するだけならまだ良いが、この10月7日
付けの記事は陰険な恨みが横溢していて反吐が出そうだ。「ここ
がパナソニック(のカメラづくり)と決定的に違う点だ。そうい
う意味でいえばパナソニックのカメラには夢も希望も未来も、ぼ
くには感じられない」ってね。ここまでよく言うよ。自分で使っ
ていても、G-1はマイクロフォーサーズカメラで出来ることを小
さな筐体に詰め込み、出来るだけカメラ好きに楽しんでもらいた
いという開発・製造関係者の大きな夢と冒険心を感じさせる。使
えば使うほど味の出て来るカメラだ。こんなクズ野郎がせっかく
の日本企業の努力をコケにするんだな。この記事で褒めまくるソ
ニーのQXだが、「さすがソニー」なんてものじゃなく、「こんな
ものしか出来ないのか」という幻滅状態だったんだけどね。とに
かくあまりにオモチャ過ぎるのだ。ブラウン管最後の白鳥の歌的
存在であるハイビジョンWEGAを愛用している、まあ、昔からの
かなりのソニー好きとしては哀しすぎる製品なのだ。これも企業
から1銭もカネももらわない一消費者としてだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

いまごろになって特定秘密保護法案に懸念示す馬鹿極まるマスゴミ。その法案に関して、恣意的拡大解釈の見本を早速示してくれる回転寿司ババア小池や森雅子とかの自民クサレ党のクズババア議員

今年の夏は猛烈な暑さが長引き、いつになったら秋になるんだと
思っていたんだが、それが東京でも夏から秋を飛び越えて一気に
冬になったような寒さだ。9月に東北湯治ドライブに行ったんで、
10月も行かなきゃなと思っているうちに台風が立て続けにやっ
て来て、行くかなと思っているうちにもう10月も終わりだ。

今年は昨年の8月の頸椎の手術に続き、4月に腰椎の脊柱管狭窄
症の手術をしたこともあり、術後在宅療養もあり、昨年と同様に
あまりドライブ旅行などにも行けなかったな。11月に入ると東
北の八幡平とか高度が高い場所は雪景色になってしまうし、ます
ますドライブ旅行に行く機会が少なくなってしまい、栃木や群馬、
伊豆半島になってしまうので残念だね。まあ11月前半中にはも
う一度ぐらい北東北へのドライブ旅行かな。

と、遊ぶことばかり考えながら、昼間は酒チビチビやりながら株
式売買という怠惰な生活。まあそれもスリルもあるし楽しいんだ
けどね。最近はニュース関係チェックするのも鬱陶しい限りのア
ホのアベシンゾー狂気の政治が絶賛展開中だし、まあ脊椎手術後
の足や手のシビレがキツいこともあり、内コモリで映画やクラシ
ック、オペラやオーディオと趣味の方に没頭的で、新しくDACな
んかも注文してしまい、配達されるのが楽しみ。

まあそんなこんなで、軽くニュースチェックするとクソ政治屋の
跳梁跋扈ばかりだね。せっかくの民主党政権樹立を反古にしてし
まった民主党崩壊戦犯の一人、菅直人なんて相変わらず酷いね。
26日付の自らのブログで、次男が窃盗容疑で逮捕された放送界
の腐敗菌「みのもんた」がワイドショー番組のMCを降板したこと
について「原子力ムラ」の陰謀説があるとかアホこいてんだから
どうしようもない。

アホのアベシンゾーの戦前翼賛体制復活願望そのものの象徴であ
る特定秘密保護法案に関して、マスゴミなんて今頃になってシタ
リ顔で懸念とか表明してんだが、つい最近までそんな気配も見せ
ず、アホのアベシンゾーマンセー状態だったくせに、お前らアホ
かとしか言いようがない。

その秘密保護法案に関しては、自民クサレ党のクズ議員の反応も
アホのアベ、軍事オタクのキモ野郎イシバ以上の変態ぶりを発揮
してんのが、ババア議員ってんだから救いようがない。だいたい、
特定秘密保護法案の危険性と国民弾圧手段であるのが明白なのが、
その構成要件のすべての要素の定義が曖昧模糊としていることで
あり、権力、権力の操り主である官僚ら法律を運用する奴らの恣
意によって定義が適当に解釈されることなんだよね。まさに戦前
の治安維持法と特高の復活みたいなもんだ。

そんな危険性を法律成立前からもう自民クサレ党のクズどもが証
明している。首相動静やTPPの内容も特定秘密だとキチガイがも
う喚き始めているのだ。そのひとつが政界のホステス回転寿司バ
バア・小池百合子だ。新聞が掲載する首相動静に関して、「国民
の『知る権利』の範囲を超えている」から「見直せ」と国会論議
で喚きまくったそうな。もう恣意的拡大解釈やりたい放題の見本
みたいな馬鹿ババアだ。こんなクズが一時はジャーナリスト気取
りでニュース番組のキャスターしていたんだから悲惨すぎる。

もうひとつは、特定秘密保護法案担当らしい森雅子少子化担当相
ってババアが、29日の会見で、TPP交渉内容が同法案で漏洩
を禁じる「特定秘密」の対象になりうると、これまた「日本国憲
法破壊一直線馬鹿アホのアベシンゾー」内閣の一員らしい馬鹿炸
裂とか。コイツラにとって、国民は政治、行政のやることは何も
知らなくても良いんだよ、黙って従い、税金たっぷり献上するだ
けで良いんだよの存在と認識してるってことだな。こんなクズど
もの自民クサレ党に政権を渡す投票をした有権者はコイツラに生
活破壊されても文句言うなよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

美智子皇后の誕生日回答文書の中の「五日市憲法」に関する部分は日本国憲法破壊一直線のアホのアベシンゾーらへの強烈なカンターパンチ。アベらこそ売国反逆者ってことだな。アベ色満載のNHK経営委員人事のキモさ。番組降板をあくまで馬鹿ガキのせいにする卑劣な「みのもんた」

アホのアベシンゾーが独裁者気取りで日本を滅茶苦茶にしたい願
望で狂いまくっているんだが、そのクソのすっかり尻舐め犬に堕
してしまったマスゴミは戦前翼賛体制復活願望(しかし、そのア
ホのアベシンゾーらはあまりの頭の悪さに現在のグローバルに情
報が駆け巡るネット社会の実態がさっぱり把握で来ていないんだ
が)の象徴である秘密保護法案にもまともな批判、抵抗も出来な
いヘタレ状態で、最近はニュース関係見るのも鬱陶しい限りで幻
滅状態だ。

そんな中、清々しい気分になったのが、美智子皇后が79歳の誕
生日に際して、宮内記者会の質問に回答した文書。その中の一部
に「五日市憲法」というものに言及して、明治憲法制定以前に現
在の世界遺産そのものである日本国憲法にも比肩できる基本的人
権を網羅した内容を賞賛し、「世界でも珍しい文化遺産」とまで
結論していた。

その回答部分は

◆◆◆◆◆◆◆

 五月の憲法記念日をはさみ、今年は憲法をめぐり、例年に増して盛んな論議が取り交わされていたように感じます。主に新聞紙上でこうした論議に触れながら、かつて、あきる野市の五日市を訪れた時、郷土館で見せて頂いた「五日市憲法草案」のことをしきりに思い出しておりました。明治憲法の公布(明治二十二年)に先立ち、地域の小学校の教員、地主や農民が、寄り合い、討議を重ねて書き上げた民間の憲法草案で、基本的人権の尊重や教育の自由の保障及び教育を受ける義務、法の下の平等、更に言論の自由、信教の自由など、二百四条が書かれており、地方自治権等についても記されています。当時これに類する民間の憲法草案が、日本各地の少なくとも四十数か所で作られていたと聞きましたが、近代日本の黎明期に生きた人々の、政治参加への強い意欲や、自国の未来にかけた熱い願いに触れ、深い感銘を覚えたことでした。長い鎖国を経た十九世紀末の日本で、市井の人々の間に既に育っていた民権意識を記録するものとして、世界でも珍しい文化遺産ではないかと思います。

◆◆◆◆◆◆◆

なんと素晴しい知性なのか。寡聞にして知らなかった「五日市憲
法」だったが、調べてみると、日本国憲法にも比較出来るほどの
人権意識の横溢した内容だったようだ。この美智子皇后の回答は、
戦後の平和日本の礎として存在し続けて来た日本国憲法を破壊す
ることしか能無し頭で思考するが出来ない戦争やって日本人を殺
しまくり、日本を破壊したい悪魔願望漬けのアホのアベシンゾー
(その馬鹿以上の戦争キチガイ、キモイイシバなど)への強烈な
カウンターパンチだ。

口先だけで皇室崇拝は吐くが、実態はユダ金戦争屋、税金横領官
僚、罪界の使い走りの底なし馬鹿、アホのアベシンゾーってこと
で、本当の意味での愛国心も皇室崇拝の気持ちもないクソでしか
ないってことだ。皇后の意向は当然に天皇も了解している訳で、
日本国憲法破壊一直線の馬鹿でしかない自民クサレ党のアホのア
ベシンゾーやキモイ戦争キチガイイシバが実態は天皇愚弄の奴ら
だってことだ。まともな真性右翼はさっさと目覚めろよ。

そのアホのアベシンゾーだが、ヘタレマスゴミの象徴的先兵、皆
様の敵NHKの新しい経営委員選任に関して、テメエのゴロツキラ
インから選んで、NHK支配を強化しようとしてんだよな。惨軽チ
ンブンなんてのはそのアベ支配人事に喜色満面のようで

 

◆◆◆◆◆◆◆

“安倍カラー”前面のNHK経営委員の面々って? 次の焦点は会長人事 2013.10.25 19:07

政府は25日の衆参両院の議院運営委員会理事会で、NHK経営委員会委員に小説家の百田尚樹氏ら5人を起用する国会同意人事案を提示した。保守論客や安倍晋三首相に近い人材が並び、NHK改革に向けた政権のカラーが打ち出された格好。経営委はNHKの最高意思決定機関で、会長任命など強い権限を持つだけに、松本正之会長の来年1月の任期満了に向けた会長選考に大きな影響を与えそうだ。  政府が人事案を提示した新任の委員は、百田氏のほか、埼玉大名誉教授の長谷川三千子氏、海陽学園海陽中等教育学校長の中島尚正氏、日本たばこ産業(JT)顧問の本田勝彦氏の計4人。再任のJR九州会長の石原進氏も含め、近く衆参両院の本会議で採決、承認される見通し。

以下略。

◆◆◆◆◆◆◆

「保守論客や安倍晋三首相に近い人材が並び、NHK改革に向けた
政権のカラーが打ち出された格好」って、公正中立が基本のNHKの
はずなのに、保守の人材でアベカラーってまで書いてしまっている
訳で、馬鹿の見本のようなマスゴミだ。

ところで、クソワイドショー出演自粛を犯罪で逮捕された馬鹿ガキ
のせいにして、おのれの番組内で暴露してしまった女子アナへのセ
クハラ問題を糊塗するのに必死だったマスゴミ界の究極のクズ、小
沢魔女狩りなどに精出して自民クサレ党に貢献した「みのもんた」
だが、26日に会見を開いて、司会をしているTBS系列の番組「みの
もんたの朝ズバッ!」「みのもんたのサタデーずばッと」の降板を
とうとう発表したんだってさ。

こんなクズ野郎が正義漢面して権力にへつらって政治を壟断して来
たのが一つなくなるだけでも朗報だわ。しかしね、降板理由があく
までも馬鹿ガキの犯罪の責任を取るってことのようで、テメエの
(放送中に公然とやっていた)セクハラ問題などどこまでもスルー
の卑劣さは反吐が出る奴だね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年10月20日 (日)

踏切事故救助で死亡の女性を自己犠牲精神で称える気持ち悪さなど、どこを向いても日本国憲法破壊魔王アホのアベシンゾーのやりたい放題の気持ち悪さ充満。その気持ち悪いパンパース野郎の尻舐め状態ますます亢進中のマスゴミ

最近はブログもツイッターもなんだか書く気がすっかり消えた
感じだ。自己陶酔気味で国民皆殺し路線に突っ走っている従米
隷属の売国根性が全身に染み込んだパンパース野郎アホのアベ
シンゾーなんだが、まるで独裁者気取りでマスかきまくり状態
で、そんなクソ状態なのにマスゴミは全くその本性さらけ出し
たかのようにアベの汚い尻舐めお追従しか出来ないゴロツキ記
事ばかり。

消費税増税に関しても、嘘八百洗脳捏造調査で国民の支持は半
数以上とかかますくせに、鹿児島市で16日に開いた第66回
新聞大会では、新聞への軽減税率適用を求める特別決議の採択
してんだからもう権力の尻舐めしかできない乞食根性のクソで
あることを証明してんだから絶望(戦前の大政翼賛状態をいま
だに反省もしていないクソ集団だし、元から信頼なんてゼロだ
けどね)の日本マスゴミだ。

あるツイートで知ったんだが、戸松秀典(学習院大学教員らしい、
そして『新聞の公共性に関する研究会』座長らしい)ってジジイ
が「新聞は内外で発生する情報を正確かつ迅速に伝達する。人々
の生活に浸透しており、衣食住に次ぐ必需品といっていい。戸
別配達で全国津々浦々に届けられる特徴と相まって、日本の誇る
べき文化だ」とかなんとか妄想吐いて、そんなマスゴミ便所紙業
界の絶賛代弁業してんだから権力追従の御用学者も酷いもんだ。
まあ、東大教授の肩書きらしいが、売国学者の典型タケナカヘー
ゾー級のクソぶりを発揮している伊東元重なる奴も羊の皮を被っ
た狼の典型なんで、マスゴミに登場の学者はまずは御用学者のク
ソと思ってそいつらの戯言は耳に入れておくべきなんだが。

とういうわけで、どっちを向いてもゴロツキ政治屋、御用学者、
権力の尻舐めマスゴミ、売国官僚ばかりで、そいつらがテメエら
の既得権益を死守するためだけに一致団結して、メディアリテラ
シーの足りない国民を誘導洗脳する大戦略してんだから、日本人
がヨーロッパや中東並に国民が立ち上がって政権打倒なんて奇跡
が起る訳もなく、小沢魔女狩りなんてまんまと成功して、いまだ
に多くの国民が小沢悪人洗脳に嵌まってんだから、日本の政治は
永遠に米と官僚と罪界だけにしかおもてなし精神のない自民クサ
レ党にやりたい放題され続けるんだろうな。秘密なんとか保護法
案なんてのもアホのアベシンゾーは本質的に売国で真底馬鹿なん
てことをばらすようなことを規制するもんでしかないモノだが、
戦前の翼賛体制に抗することも出来なかった日本人なんでまあ反
抗することもなく通るんだろうな。マスゴミの巨大さに比して、
ネットなんてあまりに微々たるもので、小沢魔女狩りや選挙でも
虚しさばかり倍増したもんな。

あの踏切に入って男性を助けようとして自分が無駄死にしてしま
った女性を「勇気ある行動だ」なんとかと囃して、アホのアベシ
ンゾーが感謝状を送り、マスゴミが女性の通夜や葬儀風景まで中
継して大騒ぎなんてのも政権とマスゴミの胡散臭さの象徴だよな。
救助して死んでしまったのは盛大に「自己犠牲精神」を囃すくせ
に、コイツラは救助して死ななかったケースでは大騒ぎもしない
よな。そちらこそ称えるべきものなんだけどね。今回の大騒ぎも
まさにアホのアベシンゾーの戦前の軍事体制に戻したいキチガイ
精神の発露そのもので、自己犠牲精神(そんなもの全く不要だ)
を称えて、お国のために戦争に行き死ぬことこそ自己犠牲精神の
最たるものへの誘導をマスゴミと一体になって洗脳してんだから
利用できるものは死者でも利用してしゃぶり尽くす日本国憲法破
壊魔王アホのアベシンゾーの気持ち悪さというところか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

3回も手術した脊髄の神経の傷みから来る手や足のシビレはあいも変わらず消えずで、そのためにはやはり湯治しかないと、8月に続いて9月末にも東北へ今回は一人でののんびり7泊8日湯治。主体は毎度おなじみの川渡温泉「高東旅館」で、今回は5連泊

脊柱管狭窄症などで9年前に胸椎、昨年は頸椎、今年4月には
腰椎と背骨の疾患で手術する3カ所を全て制覇してしまったん
だが、 手術するほど(脊柱管狭窄症やヘルニアでは症状が酷く
なれば手術しかないが、多くの人は対症療法や薬で対処できる)
だから脊髄神経が相当にやられていた訳で、昨年末なんて1回
だけしかなかったが、都心に買物に出かけた時に脚のあまりの
痛みにまともに歩けなくなり、10歩歩いてはしばらく座って
休むみたいな状態になり、ようやく帰宅する事態が発生。最寄
りの駅から普通に歩けば10分弱の道を、1時間以上かけてや
っとこさ家にたどり着けたことがあった。

そんな酷い状態はそのとき一度だけだったが、これでは腰椎の
手術しかないとなり、今年の4月に脊椎の3度目の手術と相成
った 訳だ。退院後はまあそれほど痛みが出ることもなく普通に
歩けるようにはなったが、3カ所も脊髄の大きな手術をするほ
どなので、 相当に脊髄神経は痛んでいた訳で、痛んだ神経は手
術しても完治はなく、軽い痛みやシビレは残ることがほとんど。
ネット上でそれらの手術体験記を読んでも皆さん同じようで、
シビレなどはま あ諦めるしかないのだ。

自分の場合、1年に一度受ける定期検診でも血液とか全く異状
なしなんだが、なぜか脊髄神経に関する部分だけが悪かった。
日本人は脊柱管が細い人が多いとかで、脊柱管狭窄症などにな
りやすいのもあるのだとか。ある程度の年齢になるとほとんど
の人は頸椎と腰椎の狭窄は少しは皆さんあるようで、ただ症状
が出ないだけが多いとか。皆さんも手や脚・足のシビレは放置
せずに整形外科でも背骨の専門医の診察を受けたほうが良いよ。
手術をするにも早い方が回復度が高まるそうだ。しかし、腰は
ともかく頸椎や胸椎(は元から動く部分ではないので症例・手
術は少ないとか。 私の胸椎の手術はかなり珍しいものだったと
か)の手術は怖いものね。私の場合、胸椎は放置すれば下半身
完全不随の危険性が切迫していたので、診察して即入院・手術
だったが、頸椎はやはり怖いので結局手術決断まで時間がかか
ってしまった。

というわけで、3回も脊髄の大きな手術を受けているので、手
や足のシビレ、脚の軽い痛みなど日常的にある訳で、まあ一種
の不定愁訴みたいなもので我慢してつきあって行くしかない。
とくに私の場合は3カ所の手術をしているので、脚の痛みや足
のシビレが頸椎からか胸椎からか、はたまた腰椎から来ている
のかが判然としないのも対応しにくい。

なもんで、元から好きだった温泉巡りなんだが、手術後は完全
に術後湯治の趣になって来ており、かつてのように一日何カ所
もの湯に日帰り入浴を立て続けにするってのがちょっとキツく
なって来て、1カ所に連泊してのんびりと湯治するのがお好み
になって来ている。

その連泊湯治で一番身体に合うのが鳴子温泉郷は川渡温泉の湯
で、 ほのかな硫黄臭漂うちょっと熱めな美しい黄緑色の湯に一
日に何回も入り、ゴロゴロしているのがシビレなども少しは和
らぐ感じで気持ち良いのだ。

そんな湯治で最近利用の主体になっているのがその川渡温泉の
高東旅館。8月にも再び5泊6日の東北ドライブ旅行した時に
も 連泊したばかりだが、9月末にものんびりとドライブ旅行し
てきた7泊8日の旅行でもその高東旅館に5連泊して川渡温泉
の極上の湯を堪能する湯治をして来た。

で、その高東旅館は素泊まりなので、外食主体になるのだが、
夕食は基本的には毎度おなじみの東鳴子温泉にある焼肉屋「八
兆」での食事。今回も5回のうち4回も八兆でのおいしい肉、魚
などをたっぷりと味わって来た。この焼肉屋は温泉好きが集ま
る場所でもあり、今年夏に亡くなった「ぽちさん」(仙台市在
住の女性だが、八兆で会うだけでHNしか知らない)なんかとは
去年までは何回も邂逅して、楽しくおしゃべりなどした。鳴子
温泉案内人だった屋代さんとも頻繁に会える。今回は、カウン
ターに座って(一人の時はたいていカウンター)マスターとお
シャベリしていたら、 隣に座って食事中の女性から「もしかし
てブログ書いてません?」と声をかけられ、一発で当てられて
しまって、こちらもマスターもびっくり。まったく壁に耳あり
ですね。その女性は「おんせんたまご」さんでした。
また、毎
度のことなのだが、昼食は今回も予約を入れておいて、3回も
東鳴子温泉の鯉の店「氏家鯉店」 で購入の鯉のアライと甘煮で
お食事。素晴らしい湯に入って、美味しい焼肉と鯉は最高のコ
ラボである。

高東旅館のことはもう嫌になるほど書いているので、改めて書
くこともないが、昨年は自炊棟の改装もされ、元からピカピカ
だっ た新館ともども湯治宿としては、きれい好きな若い女性で
も全く 問題なしの湯治宿で駐車事情の悪い鳴子温泉郷でもトッ
プクラス に駐車しやすい宿であり、超お勧め。

閑話休題。今回の7泊8日のドライブ旅行で結局入浴した温泉
は 高東旅館以外は帰宅時に入った超お好みの奥会津は金山町の
「八町温泉」のみ。トータル1300キロほども走行したのに
ね。実は当初の予定では八幡平周辺の温泉に入り(そのために
東北高速の滝沢ICで降りた)、青森の大好きな温泉巡りして津
軽か下北を走り、最後に高東旅館に連泊のつもりで、最終的に
は2週間ほどブラブラするつもりだったのだが、滝沢ICを降り
てすぐに給油した スタンドで、走る予定だった樹海ライン、そ
れに玉川温泉から田沢湖へ抜ける国道341号が数日前の台風
被害で不通になってい るのを知って一気にがっくり状態に。

いずれもそれを走って温泉巡りするのが目的みたいな大好きな
道だったので、なんだか青森まで行く気も失せて、せっかく高
速走って八幡平麓まで来ているのに、そのスタンドから高東旅
館に電話して急遽5連泊を取り、そのまま国道4号線を南下し
て鳴子温泉郷へ直行に。高速道路使用した(深夜料金で半額だ
が)意味なしではあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

愛用のiBookG4はまだ大丈夫なんだけど、ちょっと不満もあり、前から欲しかったMacBookAirをとうとう購入。あっという間に手動移行完了。これでMac2台、Windows機3台体制に

とうとう以前から欲しかったMacBookAirを買ってしまった。現
状で文章書きのメインにしているiBookG4が頻繁に虹マークがグ
ルグルするし、テキスト書きだけでも変換のあまりの遅さにかな
りイライラ気味なんだが、購入は06年春のロートル機だがまだ
普通に稼働しているので、なかなかMacの新機種導入には動けな
かったが、新しいMacBookAirは稼働時間が一気に延びたとかも
あり、価格ドットコムを頻繁にチェックしていて、13インチタ
イプが85000円以下で買えるなら「今でしょ!」と先週の3
日木曜日午後に購入クリックして、即ネットで振込。なんと翌日
の4日午前中には配達されて来た。

ところで、Macの新機種導入で、ちょっと過去のパソコン歴を振
り返ってみるかな。

パソコンに関しては現在Windows機3台、iBookG4とノートパソ
コン4台使用しているんだけど、基本的にWindows機は株式売買
用で、ブログ書いたりネット徘徊とか普段使いのメインは非力な
iBook。なにしろ1991年だったかな、最初のパソコンとして
買ったのがMacintoshで、以後PowerBook180やパイオニアの
互換機などを買い増し、ネット接続以前の90年代は漢字Talkの
Apple系パソンコンオンリーだったしね。

しかし、99年10月の株式売買のネット化、手数料自由化時点
で、ようやくネット接続を始め、ネット証券がWindows機のみ対
応が多かったので、仕方なく株式売買のために好きでもないダサ
イWindows機を導入。で、初めて買ったのが富士通のWindows
98タイプノート。トロい機械でも19万円ほどしたんだから隔
世の感だ。その当時のネット接続はISDN電話回線で料金は時間計
算で高く、しかもスピードが遅いのでイライラしたもの。インタ
ーネット接続がIP接続になり、一日中つなぎ放題になったのは、
2000年6月頃。

1台では不便なので01年にはまたまた、富士通のWindowsME
(壊れもせず、株式売買専用としていまだに稼働中)をもう1台
導入。20万円近くしたかな。2台のパソコンで遅い反応にイラ
イラしながらもとりあえずは株式売買やっていたね。当時はブロ
グもないし、ネットサーフィン自体はそれほど熱心でもなかった
かな。

で、2003年年末にネット環境が一変。テプコひかりで光回線
になり、一気にスピードアップ。あまりの速さに狂喜だったね。
同時に無線ルータ導入で無線化も。非力なWindows機2台でも株
式売買ではそれほど不満もなく使用できた。無線接続もすでに1
0年ほどになるんだね。また、光回線導入時3台目のWindows機
としてエプソンダイレクトからXP機(このパソコンは先日ついに
昇天した)を買っているね。当時の日記見ていると、USBフラッ
シュメモリーを初めて買っているんだが、32MB(GBじゃない
よ、MBね)で2800円もしていたんだ。パソコン関係の進化っ
て凄すぎだね。

パソコンはほぼ株式売買のために使用しているようなもんだった
ので、98、ME、XPと3台体制は必要だった。しかし、98機は
あまりにも使えないので、05年年末には廃棄して、HPのXPノ
ートを購入。Windows機はME機1台、XP機2台体制に。デュア
ルディスプレイも導入していたのでまあ株式売買には必要十分に。

しかし、Windows機って使っていて少しも楽しくないんだよね。
ブログなども始めたこともあって、普段使いのメイン機にMacの
ノートが欲しくなり、06年春にいまだに現役使用のiBookG4を
購入。まっ白な可愛い姿も良いし、いままで一応問題なく動いて
くれているし、愛着いっぱいの奴だ。

だが、クラウドが発達して来ると、iBookはあまりにも非力でイ
ライラすることが多くなった。とくにGoogleドライブを重宝し
ているんだが、とにかく反応が遅すぎてちょっと使い物にならな
いほど。Windows機のXP機(最近そのエプソンXP機がついに昇
天して、株式売買にはWindows機2台では不安なので即買い増
したのだが、OSはWindows7になり、Windows機はME、XP、
7と並ぶことに。Windows7機は株式売買がスムーズにできれ
ば良いので安物でいいやとLenovoの4万円を切ったものを買っ
たが、XPなんて目じゃないほど速くてコストパフォーマンスの
高さに驚き)ではスイスイ使用できるのにね。そして、最大の
ネックはChromeとEvernoteが全く使用出来ないこと。

というわけで、MacでChromeとEvernoteが使用したいし、iBo
okG4が昇天する前にMac環境をもうひとつ作っておかなきゃと
の大義名分もあって、ほぼ7年ぶりのMacのノートパソコン新
規買い増しと相成った。Appleで買うと定価なんだけど、価格
ドットコムの通販で買うと20%以上の割引価格で買える訳で、
昔は割高なイメージのあったMacもずいぶん安くなった。13
インチで128GBのSSDで、メモリーも4GBでもう必要十分。
同程度の性能の軽いWindows機ノートって意外に高いものね。

それにしてもパソコンも扱いやすくなった。配達されて来て、
あっという間に稼働できてしまったしね。先日買ったWindow
s7機より簡単だった。無線LANのパスワード、AppleID、そ
れのパスワードを入力し、ログインパスワードを設定するだけ
であっという間に起動して使用可能に。あまりのあっけなさだ。
SSDのせいか、起動の速さには唖然とするほど。

Appleパソンコンではパソコンに設定をそのまま移せる「移行
アシスタント」ってのがあるんだけど、ネット見ていると、意
外に巧く機能しなかったりしているし、なにより、iBookG4と
新しいMBAではCPU自体違うし、使用できるアプリのバージョ
ンもかなり違うしで、クリーンな状態で設定をしたいなと、必
要なアプリのインストールやiTunes用のMp3ファイルのコピー
やメールの設定も手動ですることに。

しかし、これが実に簡単で、あっという間に終了。配達されて
来て3時間ほどでほぼ全て終了した。まずやったのはことえり
のユーザー辞書読み込み。iBookG4の辞書を書き出し、それを
MBAにコピーして読み込むだけ。スティッキーズも同じ要領。

あとはまずは必須のGhrome、Evernoteをインストール。快適に
使用可能に。FireFox、ThunderBird、iTextExpressなどもイン
ストール。SafariとFireFoxはSafariから書き出したブックマーク
ファイルを読み込ませるだけ。いずれもあっという間に完了で、
ほぼ現状のiBookと同じ環境が出来た。メール設定もIDとパスワ
ードを入力したらそれで終わり。RSSはFeedlyとLivedoorReader
も設定し、外部ハードディスクに保存してあるiTunes用のMp3
ファイル(iBookG4に入っているファイルの数倍になる曲数)を
iTunesフォルダの「Music」フォルダにコピーして音楽鑑賞も問
題なしに。これらのすべてを間違わないようにゆっくりと実行し
て3時間弱で終わったから移行アシスタントなんて不要だったね。
不要な古いものも入らないしね。いやあ、新しいパソコンは気分
良いね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

アホのアベシンゾーがユダ金・罪界・官僚様のご命令通りに来年4月からの消費税増税を白痴状態で言明。あいも変わらずのハシゲのパブロフの犬状態の馬鹿炸裂

ブログも知らない間に2週間以上も書いていなかった。たまには書いて
おかないと忘れられちゃうね。なんだか最近はテレビニュースを見る気
も起きないほど自民クサレ党・カルト癒着政権のやりたい放題は突出し
ているようで、ユダ金と罪界と官僚のためだけにしかならない消費税増
税、日本国民を奴隷化して戦争に駆り出して惨殺するのが趣味としか思
えない日本国憲法破壊・集団的自衛権のごり押し、日本経済をユダ金の
支配下に置くためのTPP、原発推進等々への猪突猛進ぶりには日本国民
のことなどナーンも考えていないのが明白なんだが、こんなゴロツキ政
治屋をマンセーして批判も何にも出来ない戦前の翼賛状態そのままのマ
スゴミの悲惨さ。そのマスゴミの洗脳にすっかり染まってしまい、ゴロ
ツキ政治屋に騙されても覚醒も出来ない国民ばかりなんだからまあ勝手
にユダ金と米の悪魔の使徒アホのアベシンゾーに殺されても甘んじて受
ければ良いだけか。

9月17日から24日まで東北ドライブで7泊8日の術後湯治をゆっく
りとして来て以来、ブログも書く気も起きないんだが、アホのアベシン
ゾーみたいな究極のアホに蹂躙されっぱなしの日本ってのは本当に情け
ないよな。こんなクズを首相にするために選挙で投票した奴らはテメエ
たちの収入はさっぱり上がらず、物価上昇、消費税増税、社会保険料上
昇、年金削減とまさに奴隷化促進だらけの自民クサレ党・カルト癒着政
権のやりたい放題の詐欺に今頃ようやく気付き始めても遅いんだよな。

そのユダ金・米の悪魔の使徒、アホのアベシンゾーが午後6時からルビ
だらけの原稿棒読みの会見をしているがな。来年4月からの消費税8%
への増税を「ケチュダン」したんだとさ。まあ、毎度のおちょぼ口から
の滑舌悪い何を吐いているんだかさっぱりの会見だ。この馬鹿にはそも
そも「大胆な経済対策を果敢に実行し」なんて言っても、テメエの頭で
はさっぱり白紙状態であり、財務官僚の書いたままを吐いてんのがミエ
ミエがなんともゲンナリだ。だいたい売国奴ばかりの集団=産業競争力
会議あたりが蠢いているんだからどうしようもないが。

自分たちの生活破壊一直線の政策しかないアホのアベシンゾー政権なの
に、これほど従順に何の反乱も起こさない国民ってのも世界的にも貴重
動物なんだろうな。まあ、戦前の従順ぶり見れば明白だが。それにして
もね、自民クサレ党政権が考えている「解雇しやすい特区」なんてのは、
あらゆる法律を無視し、解雇自由・残業代ゼロ・労働時間規制ナシの奴
隷特区を造るってことなんだけどね。そして、アホのアベシンゾーが実
はほんまに底なしのアホとかをばらすと罰するようなことになる秘密保
全法とかの悪法を画策しているゴロツキ政治屋が跳梁跋扈なんだが、政
権の広報機関マスゴミの洗脳騙し報道でノンキな父さん状態の国民ばか
りの怖さ。

まあ、その愚かな国民の象徴みたいなものが、ゴロツキハシゲを知事、
さらには大阪市長にまで祭り上げてしまった大阪のオッサン、オバハン
たちなわけだが、先日の堺市長選あたり見ると、少しはハシゲのゴロツ
キの本性に気付き始めたのかな。

そのハシゲだが、ゴロツキ集団維新の連れション仲間のような惨軽新聞
が書いている記事がもうお笑いだ。全文読んでも意味もないので、リー
ド部分だけで

◆◆◆◆◆◆◆

「便所の落書きみたい」メディアこきおろす橋下氏の“苛立ち”

産経新聞 10月1日(火)10時30分配信

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が、メディアへの反発を強めている。特にやり玉にあげられているのは毎日新聞。同紙の企画構成に「衰退の象徴」と“いちゃもん”をつけ、記事についても「便所の落書きみたい」とこき下ろす。同紙に限らずメディア全体への怒りは維新の退潮ムードが広がる中でエスカレート。大阪維新の会の候補者が落選した堺市長選での広告掲載をめぐり、朝日新聞の取材拒否を打ち出す事態に発展した。

 

(以下略)

◆◆◆◆◆◆◆

馬鹿の惨軽は他紙のことをゴロツキハシゲがコテンパンに叩いて
いるのがよほど嬉しいんだろうか、あまりにアホな記事ではある。
しかし、アホな記事ではあるが、ゴロツキハシゲのド馬鹿ぶりは
鮮明に判るわけで、連れション仲間のゴロツキ同志が傷舐め合っ
ているかのようなお笑いぶりだ。

それにしても、ゴロツキハシゲってのはテメエのことが否定的に
マスゴミに書かれるとパブロフの犬のように速攻で反射して喚き
まくるんだよな。反省も責任もナーンもナッシングのクソぶりを
テメエが積極的に思い切り晒しているのがまるで自覚もできない
よほどの馬鹿なんだろうな、ナンマイダと言うしかないクズでは
ある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »