« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月20日 (月)

小渕お嬢ちゃん、真っ赤な衣装大好き松島2大臣が揃ってうんざりな「政治とカネ」で辞任。ネオナチと懇ろな3人ババアの目隠しにまんまと利用か。その3人ババアの極右ボスアベシンゾーは憲法尊重の天皇皇后の前で「法の支配」推進と平然とウソ八百

昨日はちょっと都心での買い物もあったので嫌いな地下鉄で外出していたんだが、ついでに観ようと思っていた映画「ジャージー・ボーイズ」を観てきた。クリント・イーストウッドが監督専念の作品だが、期待を上回る傑作だった。実在のポップグループ「フォーシーズンズ」の栄光と挫折の話で、ブロードウェイのミュージカルの映画化だが、ミュージカルとはなっていないので、ミュージカル嫌いもOKだ。フォーシーズンズなんてほとんど聞いたこともない興味ゼロなんだが、そんなのは関係なく楽しめる。セピア調のカラーが雰囲気良く、一切弛緩なく飽きない。これが84歳の監督作とは驚異の作品。今年観た映画では後味最高。ところで、イーストウッド監督作として来年2月に「アメリカン・スナイパー」が日本公開予定なんだが、驚異的な創作エネルギーだ。

後味最高の映画なのに、その後味を破壊してくれるのが日本を破壊一直線のアホのアベシンゾー政権。まあ辞任するしか対処の方法はないわね、政治資金の概念自体を全く把握していなかった小渕お嬢ちゃんは。それにしても辞任会見のアホぶり開陳には呆れるしかないんだが、オヤジさん時代からの地元有権者対策を周辺の人間に任せ切って、政治資金(税金と献金だよね)を自分で稼いだ自己の金と同様との認識しか持てなかったんだろうね。

議員も辞職してもう一度政治家としてやる気概があるかどうか見つめ直したほうが良いだろうね。この件露見の発端がゴロツキウヨ雑誌週刊新潮だったのがミエミエなんだけど、ほか3人のネオナチと懇ろの胡散臭い極右ババア3人の海外でも問題にされている件のスケープゴートにまんまとされたってことか。生け贄になったとは言っても逮捕されても良い案件なので覚悟もしとかんとねお嬢ちゃん。

だいたい、政治とカネなどと煽って問題にするのが胡散臭さの極致だ。それはすでにまっ白と判明した小沢魔女狩りで明白だ。政治とカネで小沢一郎をゴロツキ政治屋とそれのお仲間のマスゴミ、それに特高検察が総攻撃で長期間にわたって税金無駄使いしまくって魔女狩りしたんだが、結果はまっ白け。

しかし、その攻撃した奴らは一切の謝罪もしない碌でなしばかり。しかし、小沢魔女狩りと同じことをされたらほぼ全ての政治屋あっという間に地獄行きだろう。まあ、そういうことで、ほかのネオナチと懇ろや汚いカネまみれのもっと薄汚い政治屋の煙幕張りのために利用されたってことだが、そういう世界で生きるにはあまりに脇が甘くお嬢ちゃんだったってことか。

その小渕お嬢ちゃんと同時に真っ赤な衣装大好き前歯むき出し元新聞記者だったらしい“団扇”オバハン議員も法務大臣をあっさりと辞任。法務担当大臣のくせに政治資金規正法に反することをいくら些細なことだと言ってもやっていちゃダメだわな。まあそれ以外にもカネ問題はいろいろあるようだが。

この二人だが、ほかの3人のネオナチと懇ろで戦争賛美カルト神社ヤスクニ参拝大好き極右ババア議員とはちょっと色合いが違い、そのネオナチ懇ろ極右議員のボスみたいなアホのアベシンゾーの仲間ではないってとこが、今回のまたまたうんざりする“政治とカネ”で嵌められたみたいな形になって笑える。このカネ問題なんかより、日本の政治の信頼性が喪失の危険性大のネオナチやヘイト問題抱える極右ゴロツキ3人ババアの速攻の議員からの排除のほうが重要なんだが、ハイハイそっちはマスゴミもスルーで、すっかり色あせて終わりかい。

まあ、極右ゴロツキ3人ババアが処分なら、ウソと欺瞞で体中から腐臭が漂うアホのアベシンゾーのほうがそいつらババアよりさらに悪質なんだが。その息を吐くようにウソを吐き国民を世界を騙して平然と税金で高額食堂にマスゴミの連中と通うアベなんだが、またまた大嘘をしかも天皇皇后二人の前で吐きやがったね。

メディアの伝えるところでは、19日に国際法曹協会年次総会開会式が天皇皇后出席のもと開かれたようなんだが、その式でアベシンゾーが挨拶し「地上にあまねく法の支配が確立されることを目指し、共にリーダーシップを発揮したい」と、国際社会で「法の支配」強化に努める意向を表明したんだとさ。ここまで来るともうギャグとしか言えない。

日本国憲法の中身もあまりのアホなので全く理解も出来ない低能のくせに、解釈改憲とか憲法破壊の陰謀を抱くアベシンゾーが、憲法尊重の姿勢を鮮明にする天皇皇后の前で「法の支配」に努めるとウソ八百を平然と吐くとはね。これほど天皇を侮辱しコケにし蔑んでいる奴は空前絶後の究極の売国奴野郎だな。まあ、このゴロツキ野郎にはウソを吐いていること自体が認識も出来ていないのだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年10月18日 (土)

旅行から帰って以来東証は下落一筋でゲンナリ。まあ下げれば上がるのが株式だけどね。あいも変わらずゴロツキ丸出しのアベシンゾー政権の政治屋ども。小沢魔女狩りと違いまるでスルー状態のマスゴミ

すっかり忘れていたブログってとこかな。9月下旬から10泊11日で東北湯治ドライブ旅行へ行って来て、帰宅してから東証は見るも無惨な下落で持ち株の評価額も大幅下落でゲンナリ。帰宅直後の評価額が旅行前比で100万円ほど縮小していたんだが、それ以降さらに下落は進んでしまってさらにゲンナリ。

大幅下落の時には、良いと思って買っている銘柄は昔から買い下がり方針なので当然にかなり安値で買い指値をたっぷり出していたんだが、帰宅後の9日から17日までで買い約定したのは買い指値がかなり低かったのもあるがそれほどなしなんだが、総額で200万円ちょっとの買い増しとなった。この買い増しで持ち株でゲット予定の配当金が100万円弱になった。年間配当金は少なくてもこの程度は欲しいしね。

そのほかでは、今年はすでに売却益が働いていた当時の税抜き年収程度は確保なので、確定申告時の税金支払を少しでも少なくするために損出し売買(評価損の出ている銘柄をいったん売却して、同数を売却額と同程度で買い戻すこと)をしていた。

という訳で、買い増しはあったものの、持ち株全体は投資総額の25%ちょいになった程度で、まだまだキャッシュポジションがかなり多いのでさらに下落すれば淡々と買い増すだけかな。まあ、株なんて下がれば上昇するだけだしね。騰落レシオも最近ではあまりなかった70%切ってきたしね。今回の下落も米の景況見通し悪化とか、エボラ危機とかまあユダ金さんの売りを支援する材料垂れ流しだったしね。こういう時って一転してそんな悪材料ってあったのかっていう雰囲気で一気買いに転じることも多いしね。

まあ、9月末の平均株価が1万6000円越えの時にいったん持ち株を売却して、大幅下落時に買い直すなんてことが出来れば最上なんだが、そんな神業なかなか出来ないしね。

と、旅行から帰宅後は昼間は株式で、ネットはあまり見てなくて、あとは読書、音楽、ビデオで映画と趣味の世界にどっぷり状態だった。

久しぶりにネット徘徊したら、相変わらずのアベシンゾー政権のアホぶり満開だね。もうコイツらのゲスぶりには呆れるしかないが、肝心のメディアがトップや政治部絡みのゴミ記者どもが官房機密費なんぞの甘い蜜どっぷりでジャーナリズム精神放擲してんで、アホのアベシンゾーどものやりたい放題ってとこだね。

なにしろ、賃金は上がらないわ物価は急騰、福祉関係は削減とか国民負担ばかり増大するなか、景況が良くなったとかの詐欺言辞で官僚どもの給料だけは上昇で税金喰い放題で、アホのアベシンゾーを操人形で操ってんだから、これほど官僚どもが美味しい政権はないってことだね。で、その官僚組織の手先(当然だよね、税金で賄われている記者クラブ制度のもと情報を独占し、官僚組織に都合の良い国民騙し、洗脳情報垂れ流ししてんだからな)のマスゴミは消費税増税を煽っていて、テメエらは消費税増税はご勘弁をってんだからこれほどのゴロツキもいないわな。

ところで、無責任脳なし財務官僚の一匹だった今では日銀総裁に天下りの黒田というオッサンだが、あいも変わらず物価2%上昇したらデフレ脱却みたいな小学生並のアホこいて、消費税10%上げ必至論調だし、馬鹿な政治屋も同様なこと吐いてんだから、コイツラに国民のことなど元から思う心などないってことなんだけどね。

まだまともなのが、ルー米財務長官だったりする。ロイターの記事にあったが、ルー財務長官が声明の中で、日本の景気低迷継続の恐れと指摘して、政策当局者に「財政再建のペースを注意深く調整する必要がある」と求め、来年10月の消費税率10%への再増税を再考を事実上求めたんだとさ。どっちが日本経済のこと判ってんだと言うことだね。

あと、不思議だったのは、台風19号の報道。確かに太平洋上にあった時には相当の規模の台風だったが、上陸後は並程度の規模になっていたんだが、なんだか皆様の敵NHKなんて大げさな大報道。裏によほど何か隠蔽したいことでもあったんだろうね。アホのアベシンゾーの国民騙しのための私的情報垂れ流し組織に成り下がっているからね。そんなこと思っていたら、アベが14日閣議で「秘密保護法の運用基準と施行日を決める政令」を決めた(こういう国民のためにならないことはマスゴミはスルーだね)ようで、憲法もテメエのアホ頭脳で勝手に解釈改憲できると独裁者気取りのパンパースクソ野郎だし、ナチス政権の手法をますます使っている訳か。

アホのアベシンゾーの肝いりと言うか幼稚な思考で女性議員を閣僚にすれば馬鹿な国民騙しになるだろうと起用されたネットウヨ並のゴロツキオバハン議員どもがその下劣な品性をさらけ出しているんだが、マスゴミはまるでスルーで小沢魔女狩りとはえらい違いやね。まあ、小沢魔女狩りは記者クラブ制度を破壊される恐怖もあったからね。今日もヤスクニ戦争賛美カルト神社祭りに顔見るだけで吐き気しまくりの高市、極右政治屋の一人“ネオナチと懇ろな”サンヤえり子など3人が大臣名で参拝に行ったんだとさ。どこまでもこいつらは憲法を蔑み、国民を敵にしたいようだ。まあ、キンタマなしのマスゴミは大人しく見守るだけなんだろう。

これに反して、同じ女性大臣でも基本的にはアベとは思想的、派閥的にも敵対的である小渕元首相の娘だけはマスゴミも違うようで、アベの手先同然の産経なんかまで小渕経産相批判記事垂れ流し。まあ、全く無問題だった小沢一郎の時とは違い、今回のは完全に議員辞職モンで、特高検察なんか真っ赤な衣装大好き前歯むき出し松島ババアとあわせて捜査、逮捕もんだけどね。特高検察が消したかったのは小沢一郎だけなんで、そこまで行く訳もないか。まあ、この小渕問題なんて、ほかのネットウヨ的ゴロツキ大臣や議員の問題から目をそらすための生け贄と言えるかな。どうでもいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

9月末から10月初めに10泊11日の北東北方面湯治ドライブ旅行。津軽までドライブ楽しみ、毎度おなじみの鳴子・川渡温泉の「高東旅館」で6連泊して湯治三昧

3回の脊椎の手術もあってか、足のシビレや手のシビレがキツ くて体調今イチで、湯治へ行ってのんびりとしたくなる。8月 のお盆開け、9月に入ってから北東北への湯治へ行こうと思い ながら体調や天候などいろいろあってなかなか行けず、9月中 旬に福島へ2泊3日のドライブにちょっと行っただけ。福島辺 りだと近すぎてどうもドライブした満足感なし。

という訳で、青森辺りまで走らないとドライブ自体の満足感も ない。週間天気予報見ていたら、北東北方面が1週間雨予報が ない。なら行くかと、28日の午後3時過ぎに突然に東京を出 発して、一人ドライブ旅行では毎度の一切の予定なしのその時 の気分次第の湯治主体のドライブ旅行へ。

急ぐ必要もないので、高速道路は当然利用せずで、適当にドラ イブ楽しみながら28日は午後11時頃に道の駅「喜多の郷」 に到着。ここで車中泊なんだが、7月末に東北湯治ドライブ旅 行した時の車中泊では暑いぐらいだったのに、夜は一気に寒さ を感じるほどになっていて、しっかりと羽毛布団かけて眠って しまった。まあ、車中泊では暑いより寒いぐらいのほうが過ご しやすいけどね。

で、どういうコースを行くかなと寝ながら思案して、結局津軽 方面まで走って適当に温泉入って、東京へ戻る途中でいつもの ように鳴子温泉でその時の気分で適当に連泊することに決定。 このいい加減さでドライブ旅行出来るのも1年中が休日のメリ ットだね。

以前なら一日にいくつもの温泉入浴しても、それほど疲れなか ったのだが、一昨年頸椎、昨年腰椎と立て続けに手術してから は(10年前の胸椎手術からその傾向あったが)入浴は一日1 〜2回程度ゆっくり入れば良いやになり、ドライブ自体を楽し むほうが中心になって来た。しかも、走り出すと暗くなるまで 走れるだけ走る感じにドライブ一直線。手のシビレがキツいの で、最近は写真撮影もシャッター切るのがやりにくくてそれほ ど撮影もしないしね。

道の駅「喜多の郷」を出発して、一気に青森まで走ることにし て、国道13号線から角館、鹿角、小坂経由の大好きなコース に。途中、食事や1時間ちょい「新玉川温泉そよ風」で「まっ とうな温泉」本使用して入浴して、午後5時過ぎには車中泊予 定の道の駅「碇ヶ関」に到着した。29日の走行距離は396 キロだった。食事や入浴時間除くと実質走行時間は7時間半ぐ らいだから、巡航速度は相当な速さだね。さすが渋滞なしの東 北だ。夕食は道の駅内のレストランで。福島よりさらに夜はか なり寒かった。

Sintamagawa

6月初旬に津軽方面にドライブした時に龍飛崎まで行かなかっ たので、今回は行くかなと30日の8時前に道の駅「碇ヶ関」 を出発した。その時には青空だったのだが、龍飛崎へ向ってい るとどんどん雲が厚くなり、天候悪化で、ラジオニュースで も午後は雨になりそうなことを放送。天候が悪いと龍飛崎は濃 霧になり、行く意味もないので道の駅「十三湖」で結局断念し て、岩木山麓の温泉を楽しむかと、嶽温泉方面へ南下。

途中激安のスタンド(これまでセルフ給油一切したことがない ので、当然にフルサービス)があったので、満タン給油したの だが、1リッター16・9キロの好燃費。相当の速さで走行し て、渋滞とか一切ないしね。

好きな湯段温泉ではまだ入浴したことのない「時雨庵」がある。 場所が今まで何回も行っているのに分からなかったのだが、一 度食事したことのある食堂のすぐ裏にあった。昼食をその食堂 で取る予定だったのが、お休みでブラブラしてみたら見つける ことができた。

湯段温泉は4軒の旅館があるのだが、一番老舗の「長兵衛旅館」 が廃業して、宿泊できるのは「ゆだんの宿」一軒だけで、あと の2軒は日帰り入浴だけになって、寂れ度が進んでいる。

「時雨庵」はその湯段温泉のちょっと手前(と言っても歩いて数 分ほど)の別荘地みたいな場所にある。お花教室やっているら しい女性一人で経営のまさに普通の民家だが、わりにこぎれいだ。 日帰り入浴300円。風呂は大小二つあるが、大浴場のほうだけ に湯が張られていた。宿の規模のわりにちょい大きめの浴室で、 湯段温泉の旅館の風呂よりも立派だ。泉質は湯段温泉そのもので あり、大好きな奥会津の大塩温泉あたりと類似の湯で、わりに深 めの湯舟に溢れる。小浴場には湯が張られていなかった。

Yudan01 Yudan02

ここに着いたあたりから土砂降りに。まあ、天気予報なんて当て にならないってことで。ここで入浴後は車で2分ほど嶽温泉へ。 ここも大きな露天風呂がある「山楽」が最近廃業したんだよね。 青森は碇ヶ関の湯の沢温泉3軒全てがここ数年で廃業とか温泉好 きには寂しい現象が続いている。さらにその湯の沢温泉すぐ近く の秋田県の日景温泉が今年8月末で廃業だし、さらにネット情報 では「矢立赤湯」も休業が続いているとかで碇ヶ関近辺の温泉が 一気に崩壊状態だ。

日本全国どこの温泉地も一部を除いては厳しい経営状態だが、素 晴しい湯の歴史ある温泉が消えて行くのは哀しすぎるよね。なん とか再建できる方法はないものかね。まあ、できるだけ温泉地へ 行き、少しでもお金を落とすしかないか。

嘆いていても仕方ないが、嶽温泉では昼飯(旅館=風呂は良いん だけどね=経営の食堂でテンプラそば食べたんだけど、カップ麺 のほうがましなほど不味すぎ。もう少し頑張らなきゃね)食べて、 「山のホテル」で日帰り入浴。湯段温泉とは全く違う白濁の硫黄 泉を堪能。ここは嶽温泉では頑張っているほうかな。

あとは久しぶりに平川町の温泉ファンには有名な銭湯「新屋温泉」 に入浴することにして、30日も道の駅「碇ヶ関」で車中泊する ことに。青森の温泉巡りを続けても良いのだが、ちょっと疲れて 来たので、八幡平周辺・乳頭温泉当りの温泉巡りして鳴子温泉で 連泊してのんびり湯治だと嶽温泉から毎度おなじみの高東旅館に 電話して、10月2日からの4連泊をとりあえず予約した。

「山のホテル」入浴後はアップルロード経由で、新屋温泉へ。午 後4時20分に到着して、午後5時10分までゆっくりと入浴、 350円。ここは数回目の入浴だが、薄緑色のほのかにオイル臭 漂う美しい湯が気持ち良い。珍しくほぼ独占で楽しめた。そのあ とは車で30分弱の道の駅「碇ヶ関」へ。ここで2連車中泊。

Araya01 Araya02

10月1日は気持ち良く晴れて、国道7号、282号、341号 で午前9時過ぎには「ふけの湯温泉」到着。ここは噴煙吹くガレ 場にある露天風呂がご機嫌なのだが、そのひとつの混浴露天は冷 たすぎて入れずで、その横に新設されていた桶風呂で野湯を楽し んだ。

Fukenoyu01 Fukenoyu02 Fukenoyu03

「ふけの湯」のあとは乳頭温泉などで入浴するつもりだったが、 何度も入っているのもあるし、なんだか面倒くさくなり、ふけの 湯から高東旅館に電話して、1日の宿泊もすることに。

そのために、ふけの湯を10時半頃離れて、大曲方面から国道1 3号、国道108号経由で午後3時半頃に高東旅館到着。途中5 連泊用に酒や食い物をたんまり仕込んだ。道の駅「十文字」で買 ったぶどうは安くて美味だった。鳴子で湯治中毎日大きな葡萄の 房を1房ずつ食べていた。

高東にチェックインする前に、まずは東鳴子にある氏家鯉店で4 日分のコイセット(鯉の甘煮とアライの極旨セットで激安の50 0円)をいつものように予約しておく。高東旅館に連泊中は毎夕 食はほぼ焼き肉「八兆」だが。今回は貸し切り日もあったりで、 結局3日間通っただけになった。

高東ではお好み泉質の湯に一日に何回も入り、ゴロゴロするだけ のまさにのんびり湯治三昧。夕食に八兆へ車で出かけない日には 昼間から酒飲んでの温泉三昧。

そんなことしている間に株式市場は大暴落していて、持ち株評価 額もガクンと減少していたんだが、まあ上下するのが株式なんで 仕方ないよね。投資資金のうちキャッシュポジションが80%近 いんでまあ良いってとこか。

ところで、その5連泊中に台風18号来襲で、チェックアウト予 定の6日には宮城方面でその日は天候荒れるとか天気予報で言っ ているので、わざわざそんな日にドライブすることもないわなと 延泊に。結局6連泊することになってしまった。

まあその延泊は正解だったわけで、7日は台風一過の快晴で、快 適にドライブできた。7日はいつものように大好きな只見川沿い の国道252号を走って帰宅なので、その日は最近連続して車中 泊しているお気に入りの道の駅「金山」でまたまた車中泊して、 ゆっくりと東京へ戻ることに。午後5時前には道の駅「金山」に 到着して、きれいな休憩室でネット三昧。ここは休憩室で無料無 線LANが快適に24時間使用できるのだ。でも、株価チェックし てがっくりだったけどね。

この道の駅「金山」の情報テレビで入浴して行こうかと思ってい た共同浴場「湯倉温泉」が改築中とかで入れないと判るし、大塩 温泉も改築中だし、玉梨温泉も改築中とか情報出ているし、前回 は八町温泉は入ったばかりだしで、結局一気に入浴欲消滅して、 一気に東京へ早めに戻ることに。途中で、大塩温泉の状況を見て みたが、完全に施設は撤去され、工事中だった。結局、只見、南 会津、塩原経由で午後3時40分過ぎには帰宅してしまった。今 回の総走行距離は1710キロほどに。雨も短時間だけだったし、 楽しいドライブ旅行が出来た。

Ohsio

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

9月末から10泊11日の東北湯治ドライブ旅行へ行って、ネットとはご無沙汰に。旅行中に株価は下落で持ち株評価額100万円強減少だわ。ノーベル賞っての最近全く興味湧かないんだけど、平和賞で日本国憲法ってのはたのしいだろうね

7月末に東北湯治ドライブ旅行して以来、9月に2泊3日で福 島方面へブラブラドライブ旅行はしたんだが、福島辺りじゃ東 京からはなんだか距離的に物足りない訳で、最近はドライブす るなら青森まで行かないと面白くない。

というわけで、週間天気予報見ていたら北東北がずっと晴れマ ークじゃんと9月末から突然に一人での湯治主体にドライブ旅 行へ出発。一人でのドライブ旅行でのいつものようにまったく 予定なしで、28日午後遅くに東京を出て、当然に高速道路な んて使用することもなく、国道・県道など下道使って津軽半島 まで一気に走って、結局は10泊11日の湯治主体のドライブ 旅行となった。

まあドライブ自体が好きなんで、高速道路使用しないでの長距 離走行も全く苦痛なしというより、むしろ楽しいんだよね。高 速道路って走っていると景色の変化も少なく、街を楽しむこと もないんで退屈なだけだもんね。1000円高速のあった時に は行く時だけ、一気に青森に行き、あとはダラダラと山の中や 街を楽しみながら南下しながらのドライブを楽しんでいたけど ね。

初日は午後11時過ぎ到着の道の駅「喜多の郷」で車中泊して、 翌日は田沢湖から大好きな国道341号で弘前方面へ走り、津 軽半島回ったり、温泉ちょっと入って、道の駅「碇ヶ関」に2 日続けての車中泊。そのあとはまた同じく国道341号から1 3号で毎度の鳴子温泉の馴染みの旅館でダラダラ湯治。台風来 襲などもあり、まあ一年中休日なので延泊して結局6連泊にな ってしまい、8日に帰宅。

その間ネットは旅館でちょっとは接続して見たが、株式含めて ほぼ放置状態。帰宅してパソコンオンしたら、メール、RSSな どが山のようにあって、チェックするのにウンザリ気味。

とりあえずは株価チェックなんだが、旅行中に大きく下落して いて、9日も下落大きく、持ち株の時価評価額総額で100万 円ほど減少していた。持ち株総額は投資資金のうち9日で24 %ほどなんで、まあそれほど大きな痛手ではないが、毎度のこ とながら高値更新した9月26日の週にどんどんいったん売却 しておけば良かったなとタラレバ。しかし、配当ゲットの予定 だったし、ユダ金の売り仕掛けだし、慌ててパニック売りなん てアホらしいだけだしね。下がれば上がるのが株式で、もうじ きスルッと上昇波に転じるかもよ。

それにしても、アホのアベシンゾー政権のババア閣僚どもも下 劣な奴ばかりだね。松島ナントカっていう出っ歯ババアもうち わとかアホらしすぎ。まあアベの尻舐めマスゴミはネットウヨ まがいの化け物高市などはじめ、基本的に批判なしのスルーな んだけどね。

ノーベル賞ってので日本人3人が一気に同時受賞ってのがあっ たんだが、なんかまったく感動もないや。湯川秀樹なんてのは 凄いなって感じで子供の頃は思っていたが、ハーレクインロマ ンスまがいの川端康成やさっぱり意味不明の佐藤栄作の平和賞 なんて辺りでノーベル賞自体に何の興味もなくなったしね。そ れでもまあめでたいことはめでたいけどね。なのに、そのめで たい出来事なのに中村ナントカは「怒りが原動力だった」とか あの人物らしいKY丸出しの会見していたけどね。その会見通り に、あの人に関してはめでたいなどとは思いもしないな。怒り とかいうけどね、あの人がいた企業の当時の社長がいたからこ そ研究も出来たって感じもあるし、なんか気分悪くさせる だけの人やね、どうでもいいけど。というより、あの中村ナン トカさんは米国籍だから二重国籍認めない日本の法律では日本 人じゃないし、いつもカネカネの感じで、新自由主義的学者っ て感じで、アメリカで勝手にやって下さいってしかないね。

それより、ノーベル賞では平和賞で日本国憲法第9条に絡んで 戦後70年平和を維持してきた日本国民に平和賞って楽しい話 も出ている。このブログでずっと書いているが、日本国憲法は 世界文化遺産そのもの。その日本の平和と繁栄の礎だった根本 を破壊して、戦前の国民皆殺し軍事体制にしようと陰険な陰謀 を企んでいるアホのアベシンゾーやキモ野郎イシバなどのクズ どもはもし日本国憲法平和賞なんてなったらどう対応するんだ ろうね。考えるだけで楽しい。平和賞授賞式には日本国憲法を 散々コケにした発言して来たアベなんてまったく恥ずかしくて 参加できないだろうし、授賞式出席は日本国憲法を高く尊重の 天皇夫妻がピッタリだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »