« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月28日 (金)

「世に噛む日々」ブログ記事見てびっくり。今回の衆院選でネットで白紙投票推奨の意見広告するアホがいるらしい。何の意味もない。自民クサレ・カルト政権の支援でしかない

RSSをチェックしていてちょっと面白い記事があった。「世を噛む日々」さんの27日のブログ記事で 題して

 

・・・【注意】「投票所に行き白票を投じましょう」という、じつに胡散臭い意見広告が出回っています。・・・で、なんと今回の衆院選挙で白紙投票をネットでわざわざ呼びかけているアホがいるそうな。

 

…………

世の中、選挙一色に染まってきましたねえ。 自分らの商売も、繁忙期を前に、ほんと、迷惑な話ですわ。 これには、ちょっと、意味があるんでしょうね。 「選挙なんてやってられっか!」と言いたくなる季節に、敢えて選挙を持ってくる。 結果はわかっていますでしょう。 「記録的な低投票率」ですよ。 それが、与党、政権の狙いなんです。

(中略)

今日、TWITTERのTLを眺めていたら、下記のサイトのリンクがあったんです。

「黙っていないでNO!と言おう」http://bit.ly/1zvr4a7(←ぜひ、読んでみてください)

投票所に行って、何も書かない白票を投じるのは、投票したい立候補者がいないという意思表示です

。その一票にも、今を変える力があります。

はあ?

白票を投じることに、どんな意味があるの? 効力があるの? 白票が100万あったって、たった一枚の有効票には勝てないでしょうもん。

漫画を見ても、ようわからん。 白票があろーが、なかろーが、この不誠実な議員、結局、10年も議員の座に居座ってるじゃん。 おそらく、「白票が多い?へえ~」ってなもんで、関係ないでしょ、白票がそのまま、自分への批判票かどうか、わからんわけだしって、おそらく気にも留めない。

白票を投じ意思表示しましょう、そのうち、この議員はその白票のおかげで身を滅ぼしますって言いたいのかもしれないけど、説得力ゼロだし、だいいち、そんな悠長なことは言ってられない。 待ったなし、なんだよね。

10年も待てるかよ、ぼ~っとしてる間に、ニッポン国住民は、平和憲法を奪われ、自由と民主主義を奪われるかもしれない、そんな瀬戸際に立っているんだよ?

スコットランド独立の投票率の高さがどーのって言ってるけど、それと白票と、どういう関係があるんでしょう。

この文章、何回も読んでも、「白票」を投じることと、棄権することに、どういう違いがあるのか、さっぱりわからなかったですね。 そして、このサイトぜんたいに漂う、なんともいえない「胡散臭さ」・・

(後略)

…………

全く、なんと言う馬鹿なんだろう。白紙投票なんて日本では全く意味がない。自民クサレ党やカルトのクソ政治屋など白票がいくら多くても屁みたいなもんだろう。むしろ、白票なんだからどんな細工がされるかわかったもんじゃない。あとでいくらでも名前を記入できるじゃないか。この白紙投票を推奨している奴らって自民クサレ・カルト政権の隠れ支援部隊なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

衆院解散を疑問視した小学4年生(実は大学生)発言に怒り喚き醜態曝したアホのアベシンゾーが「意見の内容や意見を述べる人の立場に嘘や偽りがあってはなりません」と、息を吐くように嘘八百野郎が偉そうに吐くお笑い。自民クサレ党が放送局に“公正中立な”報道をしろと脅迫文書。それを記事に出来ないヘタレ腰抜けマスゴミ

大学生が小学4年生の立場でアホのアベシンゾーの完全自己都合の国民の生活完全無視の衆院解散についてFacebookで噛み付き喚いた恥さらしの件で、アホアベが産経新聞の記事によると、「行動を改めれば良い」とコイツらしい自分だけが正しいとの自己愛的上から目線発言さらして馬鹿にさらに屋上屋を架してしまっている。どこまでも底なしの愚か者である。

…………

 

小4なりすまし問題 首相「行動改めればよい」とFBで矛を収める

 

産経新聞 11月26日(水)22時24分配信

 

 安倍晋三首相は26日夜、NPO法人代表理事(すでに辞任)の大学生が小学4年生になりすまして衆院解散を疑問視するウェブサイトを開設した問題について、再び自身の交流サイト「フェイスブック」で取り上げ、「好奇心や見栄(みえ)に負けて過ちを犯してしまったら、行動を改めればよい」と書き込んだ。前日には「最も卑劣な行為」と批判していたが、一定の反響が得られたことから、矛を収めたとみられる。

 首相は「意見の内容や意見を述べる人の立場に嘘や偽りがあってはなりません」と記し、「いっとき人を欺き出し抜くようなことはできても、結局『詭道(きどう)は正道にかなわぬ』ものです」とした。

 なりすましを行った大学生には「『そのアイディアやエネルギーを強くて明るい将来に向けてほしい』と心から願います」と諭すようにつづった。

…………

ほんまにコイツってアホやなというしかない。国民の批判、それもまともな批判(大学生が小学4年生として批判したのがどこが問題なんだね。批判したアホな解散が小学生でもおかしいと思ってしまうということを端的に表現しただけの話しだろうが。ネット上では年齢や性別、職業を隠蔽したり仮想した投稿だらけだが、何か問題あるか。小沢魔女狩りの一環で検察審査会を嘘こきまくってねつ造した検察なんてのがスルーされてんだぜ)に瞬間湯沸かし的パブロフの犬並みに反応して喚くアホのアベシンゾーのアホぶり満開や。

しかも、偉そうに「意見の内容や意見を述べる人の立場に嘘や偽りがあってはなりません」と来ては椅子から転げ落ちるわ。年金問題から始まり、憲法破壊陰謀の俺様は勝手に解釈改憲できるぞ、集団的自衛権説明でのアホ説明、さらには五輪誘致での原発はコントロール下にあるとの世界を相手に騙したりと嘘を息を吐くようにつきまくってきたアホのアベシンゾーのくせによくも言えるわ、あきれるだけ。

この問題に関してか、自民クサレ党がアホのアベシンゾーの発言に危機感を持ったのか、皆様の敵NHKやゴミウリ、産経などは既に完全にアホのアベシンゾーの尻舐めメディアに堕してしまっているんだが、さらにメディア支配を強めて自民クサレ党の思い通りの報道をさせるために、自民クサレ党がなんと自民党がテレビ局にアホのアベシンゾー腐れ売国政権の批判を封じ込めるための通達を出したそうな。

「出演者の発言回数及び時間等については公平を期す。ゲスト出演者等の選定についても公平中立、公正を期す。テーマについて特定の立場から特定政党出演者への意見の集中などがないようにする。公平中立、公正を期す。街頭インタビュー、資料映像等で一方的な意見に偏る、あるいは特定の政治的立場が強調されることのないよう公平中立、公正を期す」などいかにもまともなことを要請しているように見えて、選挙前にわざわざこの当然のことを自民クサレ党が総務省に支配されている放送局にこの手の要請を出すこと自体が報道の自由・表現の自由への陰険な牽制であるんだが、馬鹿揃いの自民クサレ党にはそのようなまともな政治家としての矜持も既に持ち合わせていないんだろうな。キチガイばかりになってしまったのか。ネットで探していたら、その脅迫文書が掲載されていた。で、報道の自由とか普段から偉そうに吐いているメディアの連中だが、その自由を政権党が破壊すると宣言しているような超問題文書はスルーなんだね。大マスゴミ様がこの文書を問題視した記事見てないが。とことん腰抜けの野郎どもばかりなんだね。

20141127_222212

P.S.

この記事を投稿してから、ネットでニュースを見ていたら、27日夜になってから大マスゴミ様が この自民の脅迫文書を記事にしているようだが、みんな扱い小さいね、まるで危機感ゼロだ。朝日、時事通信はまだ記事として見ないし、共同、産経もきわめて小さい。ゴミウリなんて野党も出しているとかなんだかこのゴロツキマスゴミらしい陰険な記事。毎日だけがわりにまともな記事だが、それでも扱いが小さいし、危機感感じない。真っ白冤罪の小沢魔女狩りであれほど連日大騒ぎして、日本の政治を間違った方向に誘導した奴ららしいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

どうでもいいんだけど、アホのアベシンゾーがまたまた一国民の批判言辞にネットウヨ資質丸出しで喚き散らし反論してアホを曝したそうで

ネット徘徊していたら、アホのアベシンゾーがFacebookでネットウヨサイトをシェアして、先日のテレビニュースでのアベ批判街頭インタビューをこき下ろして喚き狂ったのと同じようなキチガイぶりを発揮して、またまた一国民の発言に噛み付いたとの話しが流れていた。

最近はツイッターもほぼ見ないし、Facebookなんてこれまで全く見たこともないので、アホのアベシンゾーが何をやらかしてネットで馬鹿にされてんのかなとちょっとそれを探してみた。

結果、阿修羅サイトの記事が一番わかりやすかった。題して「これは酷い 安倍首相がネトウヨの巣窟である『保守速報』をフェイスブックでシェアするも削除!ネット上ではドン引きの声多数!」って言う記事だ。

「真実を探すブログ」という全く知らなかったブログの記事が阿修羅に投稿されたもので、なるほどねそういうことねとわかる。それにしても国民のテメエへの批判にはチマチマとアホな支離滅裂な反論を喚き散らしてしまうこのアホのアベシンゾーの幼稚極まる(大阪市長やっているらしい口先だけゴロツキハシゲもまあ同類だが)精神構造はいったいなんなんだろうね。

だいたい大学生が小学生として批判した程度のものを「なりすましの最も卑劣な行為」って怒り狂うほどの話しかってことだ。小学生でもおかしく感じるほどの解散ってのを誇張的に表現しただけのちょっとしたユーモアみたいなもんだ。それを例えばオリンピック誘致では原発は完全にコントロール下にあると世界を騙したり、年金は最後の一人まで完全に支払いマチュとか嘘ばかりこれまで吐きまくってきた典型的なウルトラ馬鹿詐欺師のお前がどの面曝して人を批判できるかってことだ。まあ、この先天性馬鹿には自己愛と自己への無批判しかなく肝っ玉が思い切り小さいんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

東京新聞の11月22日の社説が素晴らしい。「議席を増やしたのならともかく減らしても『勝利』と言い張り、国民の多数が反対する政策まで強行されたら、たまらない」とアベシンゾーを切り捨てる

今回のアホのアベシンゾーの「首相になったからには一度はやってみたかった解散なんだよ、お母ちゃん」的幼稚極まるおもちゃ感覚の年末商戦を邪魔してますます消費行動を減退させるアホ解散なんだが、アホアベの尻舐め大マスゴミ、ゴミウリや惨刑などはもうその尻舐め状態を恥じることもない記事満載でジャーナリズム精神を完全に放擲してんだが、これまでもジャーナリズム精神をわずかでも残し、国民視線での記事を流してきた東京新聞がその社説で今回のアホのアベシンゾー政権のイカサマ性を開陳している。素晴らしい社説だ。残しておかなくてはね。

…………

【社説】

衆院解散 12・14総選挙 争点決めるのは国民だ

   

2014年11月22日

 「安倍政治」を問う機会である。経済政策は重要な争点の一つだが、それだけではない。私たち自身で争点を定め、各党・候補者の訴えを見極めたい。

 

衆院が解散され、総選挙は十二月二日公示、十四日投開票に向けて事実上の選挙戦に入った。  二〇一二年十二月に再び就任した安倍晋三首相にとって、〇七年と昨年の参院選に続く三度目の国政選挙。衆院の「解散権」行使は第一次内閣を含めて初めてだ。

 

首相は解散表明にあたり、一五年十月に予定されていた消費税率10%への再増税を先送りし、重要な変更について国民の信を問うのは当然だと強調した。

◆解散、6割理解できぬ

 議会制度の歴史を振り返れば、課税の判断は、国民に決定を委ねるべきであることは当然だ。  しかし、今回は増税でなく増税先送りの決断だ。景気動向次第で増税の可否を判断する旨は法律にも盛り込まれている。国民に是か非かを問う切迫性は乏しい。

 

今月十九、二十両日に行われた共同通信社の全国電話世論調査によると首相の解散表明を「理解できる」と答えた人は30%にとどまり、六割を超える人が「理解できない」と答えた。

 首相の狙いが別のところにあると、国民に見透かされているのではないか。  同じ世論調査では再増税先送りに65%の人が賛成している。

 国民の賛同が得やすい政策課題を争点に設定して政権を維持できる議席を得れば、集団的自衛権の行使容認や特定秘密保護法、原発再稼働など国民の多数が反対する政策も同時に賛同を得たと主張できる-。政権側がそう考えているとしたら、狡知(こうち)が過ぎる。

 

それを疑わせるのは、菅義偉官房長官が十九日の記者会見で「何を問うか問わないかは、政権が決める」と発言しているからだ。

◆政権の業績評価投票

 

集団的自衛権の行使容認は、歴代内閣が堅持してきた政府の憲法解釈を変える重大な政策変更だったが、安倍内閣が国民に是非を問うことはなかった。

 

「さまざまな選挙で公約していた。(信を問う)必要はなかった」「現行の憲法解釈の範囲内ということに尽きる」との説明だ。

 

安倍内閣は昨年、選挙公約になかった特定秘密保護法の成立を強行したが、菅氏は「いちいち一つ一つについて信を問うということじゃないと思う」と突っぱねた。

 

国民に信を問うべき政策課題では問おうとせず、問う必要のないことを、政権維持・強化の思惑から問おうとする。衆院解散は「首相の大権」だとしても、あまりにもご都合主義ではないのか。

 私たち有権者が、そんな政府の言い分に惑わされる必要はない。

 衆院選は政権与党には業績評価投票だ。安倍内閣の二年間の政策を冷静に振り返り、野党の公約と比較し、より信頼できる政党・候補者に貴重な一票を投じたい。

 首相は二十一日の会見で、今回の衆院選を「アベノミクス解散」と自ら名付けた。よほど自らの経済政策に自信があるのだろう。

 ただ、首相は消費税増税が景気の足を引っ張ったと主張しているが、実質賃金は増税前から減少が続く。一方、大企業や富裕層はより豊かになり、その恩恵は国民全体への広がりを欠く。

 原材料価格や建設労働者賃金の高騰が震災復興の足を引っ張っているが、首相は言及しない。アベノミクスは誤りだったとの野党の主張にも一定の説得力はある。

 成長至上主義の経済政策を継続するのか否か、投票先を決める判断材料だ。

 「勝敗ライン」にも注視する。

 首相は「自民、公明両党の連立与党で過半数を維持できなければ退陣する」と大見えを切った。  解散時の議席は自民党二百九十五、公明党三十一、今回の衆院選での過半数は二百三十八議席だ。  首相の計算では、公明党は現状維持と仮定して、自民党が八十八議席減らしても勝利と言えることになる。もちろん半数を超えるか否かは政権維持の分水嶺(ぶんすいれい)だが、比較的高い内閣支持率からは、あまりにも低い設定だ。

 議席を増やしたのならともかく減らしても「勝利」と言い張り、国民の多数が反対する政策まで強行されたら、たまらない。

◆岐路に立つ危機感を

 来年一月召集予定の通常国会には、集団的自衛権の行使容認を受けた関連法案が提出され、選挙期間中の十二月十日には特定秘密保護法が施行される。原発再稼働に向けた手続きも着々と進む。  既成事実化を止めるには、有権者が意思をはっきり示す必要がある。そのためには公約を比較・検討し、投票所に足を運ぶ労を惜しんではならない。日本は今、岐路に立つ。私たち有権者はまず、その危機感を共有したい。

…………

あまりにまともで正当すぎる。「議席を増やしたのならともかく減らしても『勝利』と言い張り、国民の多数が反対する政策まで強行されたら、たまらない」なんてまともな国民が危惧していることそのものだ。何しろ憲法の中身にもまるで無知のくせに、俺様は解釈改憲できるんだとふんぞり返るキチガイがアホのアベシンゾーだ。当然にわずかでも勝利すればテメエのやってきた悪事もすべて馬鹿国民が信任、容認したとするわな。この社説など特定秘密保護法で秘密認定されるわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

今回の衆院解散はアベシンゾーによると「アホのアベコベミクス解散」とかだそうだ。で、偽装勝利すると解釈改憲、原発再稼働などあらゆることが信任されたと開き直るんだろう。さすが嘘八百野郎らしいやり方だ

今回の衆院解散はアホのアベシンゾーによると「アホのアベコベミクス解散」だそうだ、どうでも良いけど。だいたい国民誰もが消費税再増税なんかいらねえよと思っているのに、その件で再増税を延期することに関して民意を問う(そのあとは景気条項廃止して景気どんだけ悪化でも再増税だというのが本質)選挙をするってんだから、まるきり意味不明さすがキチガイ丸出しのクソ野郎だ。で、アベコベミクス解散とほざきながら、自民クサレ党・カルト腐敗ゴロツキ政権が勝てば、この2年やってきた憲法破壊陰謀の解釈改憲、アメリカ様のためのTPP、原発再稼働など国民のために一切ならないこと(もちろんその後の再増税も)も信任されたと開き直る訳だ。まあ、世界に向けて「原発はコントロール下にある」と嘘八百吐いて騙した詐欺師らしいやり方だわ。こんなクソ野郎が首相にいるってだけで日本の恥なんだが。

ところで、この馬鹿がTBSのニュース番組に生出演して国民の発言に切れまくった醜態さらしの件で日刊ゲンダイが記事にしていた。

 

…………

 

生放送で「国民の声」にブチ切れ 安倍首相“精神状態”に異変

 

2014年11月21日

「むきになってる総理、見苦しい!」──。安倍首相の態度に批判の声が殺到している。テレビ出演した時、一般人のインタビューVTRを見て、「これ、おかしいじゃないですか!」と、キレまくったのだ。さすがに、自民党幹部も「総理の精神状態がおかしい」「体調が悪いのではないか」と懸念しはじめている。

 衆院解散を表明した18日に放送されたTBS「NEWS23」に生出演した安倍首相。番組開始20分ほどで「景気回復の実感」に関して、街の声がVTRで紹介された。

「誰が儲かってるんですかね」「景気がよくなったとは思わない」「全然アベノミクスは感じてない」「大企業しか分からないのでは」

 誰もが素直に感じている言葉が並んだ。ところが、安倍首相の表情は一変。司会者の発言を制し「(テレビ局の)皆さん(人を)選んでおられる」と批判し「6割の企業が賃上げしてるんですから」「全然、声に反映されてない!」「おかしいじゃないですか!」とまくし立てたのだ。日テレのニュース番組に出演した時も、早口でキレまくっていた。

■「もうテレビに出すな」と自民幹部

 これにネット上では、〈むきになってる総理、見苦しい!〉〈切れ口調になって詭弁を弄してる〉〈街の声聞いて安倍キレとるわ。国民の意見やぞこれ〉と非難囂々。

 このままでは選挙に響くと心配になったのだろう。ある自民党幹部は「もう首相をテレビに出すな!」とカンカンになっているという。

 確かに最近の安倍首相の暴言は目に余る。4日の予算委員会でも、過去の脱税疑惑を指摘され「全くの捏造です!」と声を荒らげていた。クスリの副作用なのか。一体何があったのか。心理学者の矢幡洋氏はこう言う。

「安倍首相は典型的な自己愛型の人格です。このパーソナリティーの特徴は、好調時と窮地に陥った時の人格が豹変することです。調子がよい時は高い理想を掲げて立派なことを言うのですが、ひとたび崩れだすと感情を制御できなくなる。しかも、都合の悪いことが起きると『自分は悪くない。誰かがオレの足を引っ張ったんだ』と責任転嫁し、攻撃的になるのです。これほど攻撃的になっているのは、精神的にかなり追い込まれているのだと思います。大臣の“ダブル辞任”やGDPの落ち込みなどが、ダメージを与えているのでしょう」

 しかし、一国の総理が感情をコントロールできず、国民の素直な声に「おかしいじゃないですか!」と怒鳴り散らすのは異常なことだ。

 安倍首相は気分が落ち込むと、自分のフェイスブックに寄せられる“いいね!”を見て元気を取り戻すという。しかし、コメント欄には〈××議員を血祭りに!〉〈中国朝鮮3国もろとも殲滅でいきましょう〉〈野生動物 北京原人を射殺してください〉などの罵詈雑言が並んでいる。こんなコメントを読んで悦に入っているのだとしたら、人格が歪んでいる。あと4年間、日本を託していいのか。有権者は冷静に判断した方がいい。

…………

官房機密費で幹部まで高額料理屋接待など様々な甘い汁で籠絡されている大マスゴミ様ではこんな記事は書けないわな。何しろアホのアベシンゾーの尻舐め野郎記者ばかりだしな。だいたい、まともな発言はどんな簡単な漢字にもルビを振ってもらっている文面読む時だけで、ちょっとそれから離れてテメエの言葉で発言すると国会の委員会答弁でも見られるように、ちょっとした批判や意見にも支離滅裂の切れまくりで喚くキチガイだ。街頭インタビューのちょっとした国民の批判にも切れまくりってことは、コイツは国民の意見など聞く耳持たないと公言してるのと同じなんだが、この馬鹿にはテメエの発言の意味も理解できていないんだろう。こんな馬鹿を党首に祭り上げる自民クサレ党ってのも悲惨の極みなんだが、そのクサレ党に簡単に洗脳騙されて(まあその片棒を積極的に担いでいるのが大マスゴミ様なんだから、ナイーブな国民はころっと騙されるわな)いまだに投票してしまう国民も国民なんだが、みんないじめられて、税金泥棒の官僚や政治屋に貢ぐのが好きなマゾ体質なんだろう。

それにしてもね、野党がどうしようもないしな。真の野党とかアホこくしかない永遠に政権奪取やる気のない共産党はほかの野党と協力して自民候補をつぶす気なんてゼロで、今回もすべての選挙区に候補を無駄に立候補させて自民クサレ党・カルト政権に陰の協力かい。野党も政権奪取する気なら、消費税なんてもとの5%に戻すとか、いっそのこと消費税廃止にすると公約宣言すれば良いんだよ。米国債含めて莫大な国家資産があるんだし、消費税導入以来経済疲弊継続なんだぜ。消費税は社会保障のためなんて戯言は完全に財務官僚の嘘ってのが証明済みだろう。消費税廃止のかわりに役人の給料徹底的見直し、経済成長連動。官僚の天下り一切禁止、議員歳費半減・政党助成金廃止(政治家になるのは金儲けのためじゃなく、政治理想実現のためなんだろう。また、議員定数削減は無用、むしろ定数増加だ)などドラスティックな改革すれば消費税なんて根本的に不要だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

解釈改憲も勝手にできると独裁者気取りのアホのアベシンゾーだ、首相として一度は解散をやりたかったんだろう。勝手にやれキチガイが。そのキチガイぶり発揮はテレビ放送出演でアベコベミクスを否定の国民を嘘つき呼ばわりの醜態

アホのアベシンゾーが衆院解散なんだが、日本経済のことや国民生活のことなど微塵も思考にない訳で、首相になったんだから一度は解散ってのをやってみたかったんだろうね。まああまりの馬鹿で憲法破壊陰謀のくせにその憲法の中身を皆目無知な訳で、コイツに取っては解散も一種の子供のおもちゃみたいなもんだろう。絶対安定多数を持っている訳で、わざわざ解散する理由は本来ない。まあ、安定多数だった民主党を自民クサレ党のために破壊するために解散したクソ野郎ノダブタってのもいたけどね。

解散でも好きにやれば良いよ。どうせ簡単に洗脳、騙される馬鹿国民ばかりだ。税金泥棒の無責任官僚に操られてデフレ下で消費税増税を強引にやってしまったアホのアベシンゾーなんだが、どうせ政治は俺には関係ないって投票棄権ばかりで、カルト党の組織票に助けられた自民クサレ党が勝つだけで、むなしさが募るだけだ。

昨日のアベシンゾーの解散宣言会見なんてあのたるみきった弛緩顔を見るだけで気分悪くなるし、どうせ吐くことなどわかっている訳だしで、NEWS関係も一切見なかったな。だからクラシック音楽を聴きながらの夜の酒がうまかった。

で、今日ネットをちらちら見ていると、会見の中身やその後にテレビNEWSなどに出演したアベシンゾーの吐いたことがわかった。

YouTubeでも見られたが、18日夜のTBS 「NEWS23」で、毎日新聞のヒゲのエスパー(検察官の表情見れば言うことがわかるとかなんとかアホこいたクズ野郎ね)クズ記者相手にアベが国民をなめきったふざけた発言していたね。

街頭インタビュー で市民が 「アベノミクスを実感していない 」と否定的発言したのに対して、アベは「これは町の声 ですから、皆さん 選んでいると思いますよ。だって国民総所得って言うのがありますね?我々が政権を獲る前40兆円減少したんですが、我々が政権獲ってからプラスです。マクロでは明らかにプラスになってます。ミクロでは色んな方々が居られますが。中小企業の方々は小規模事業者の方々で名前を出してテレビで儲かってると答えるのはですね相当勇気がいるんですよ。それは納入先にですね、間違いなく、常識ですが納入先にですね『それだったらもっと安くして貰いますよ』と、言われるのが当たり前ですから。しかし事実6割の企業が賃上げしてるんですから」と、元からコイツには国民の声など聴く気もないことを明言したわけで、急激な物価上昇による生活苦や中小企業の苦境は気にもならないようで、まあ、テメエのアホ思考に合わない人間は「左翼」とかレッテル張りしか出来ない異常さを曝した奴らしいわ。それにしてもね、国民を嘘つき扱いする首相とはね、前代未聞のクソだわ。

さらに、 集団的自衛権(俺様は解釈改憲できると独裁者気取りのゴロツキだしね)や原発再稼働問題などもアベは「今まで何度も説明した」とか姑息な逃げ口上ばかりのようで。特定秘密保護法に関しても「スパイや工作員に 関する法律で国民は全く関係ないんですよ。報道が抑圧されるような例があったら、私は(首相を)辞める」」とか嘘八百吐いて喚いたようで。報道抑圧ってね、皆様の敵NHKですでに十分な抑圧体制敷いて国民洗脳と騙しやってんじゃねえかこのクソが。即辞めるのがテメエの発言に合うわな。すべてを自己都合でしか考えられない馬鹿ガキでしかない実態を放送で曝すとはまあどこまでも先天性のアホです。

それにしてもね、7月〜9月のGDPが大きくマイナス(政権尻舐めのアホばかりの証券アホリストや専門家はほとんどが大はずれの醜態さらしだが、財務官僚と同じで一切責任は取らない奴ら)で、経済状況が悪いから増税先送りするってのに、このアホは将来的にさらに景況悪くても必ず増税するって吐いてんだが、全く支離滅裂の真性キチガイか。そのアホぶりをさらに発揮した一言が「与党が過半数を取れない時は退陣する」とか言ったそうなんだが、わざわざ見栄切って言う話じゃない当たり前の話だろうが。

ところで、アベの尻舐めマスゴミ、産経の消費税関係記事が財務官僚の国民を舐めきった増長ぶりを伝えているね。

 

…………

 

消費税率再引き上げ 財務省「予定通り」に固執し、官邸激怒

 

消費税率10%への再引き上げをめぐり、財務省が来年10月から予定通りに実施するよう固執し、自民党議員に「ご説明」に回った。これに対し官邸サイドは、「増税容認」で固めてしまおうとする動きだとして激怒、安倍晋三首相が衆院解散・総選挙を決意した遠因とされている。

 10月下旬、自民党有志でつくる「アベノミクスを成功させる会」会長の山本幸三衆院議員は、出席者が減ったことについて「財務省が根回しをしている」と同省への不満をみせた。

 

財務省はとくに、再増税に慎重な議員に集中して押しかけた。同省幹部は、ある若手議員に再増税をしきりに訴えたという。

 「社会保障費が膨れ上がる中、消費税率がこんなに低いのは、国民を甘やかすことになる。経済が厳しくても10%に上げるべきだ」

 

若手は「景気はかなり悪い」と反論すると、財務省幹部は「景気は回復していきます」と楽観論を振りかざした。その言いぶりは、まさに「上から目線」だったという。

 「ご説明」を受けた別の若手も「財務省は(財政の健全性を示す)プライマリーバランス(基礎的財政収支)のことしか考えていない」と憤る。

 財務省の行状を聞いた菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は、11月に入り、関係省庁に再増税を先送りした場合の経済への影響を調べるよう指示した。すると、財務省と二人三脚で再増税を訴える党税制調査会幹部も「政策変更をしなければならない経済状態かといえば、全くそうではない」(町村信孝顧問)などと発信を強め、官邸サイドをさらに刺激させた。

 17日発表の7~9月期国内総生産(GDP込み)速報値は想定外のマイナス成長だった。それでも野田毅税調会長は記者団に「若干低い。想定の範囲内ではありますけどね」と強調した。

…………

産経にしてはGJ記事だわ。 「消費税率がこんなに低いのは、国民を甘やかすことになる」とはよくも言えるわ。ならば、バブル崩壊、その後の経済停滞の責任も取ることなく、莫大な税金を懐にし、さらには天下りを駆使して多額の貴重な税金泥棒を繰り返しているお前ら官僚こそ国民をコケにして、騙して(まあアホのアベシンゾーら政治屋もまんまと騙してんだが)、究極の甘えの構造の中で腐敗しきってんだろうが。お前らを処刑にしてしまうのが日本復活のまずは第一歩なんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

NHK午後7時のNEWS巻頭でアナが日中首脳会談を「世界が注目の」とアホ放送。さすがアホのアベシンゾーの広宣流布宣伝機関らしいや

株式ってのはほんま売れば上がるね。まさにマーフィーの法則ってことで、今年は2万株買っていたソディックがちょっと利益が出た段階ですべて売却してから大暴騰したんだが、それに匹敵する大暴騰中なのがアサカ理研って銘柄。ソディックほど大量の持ち株じゃなくて、配当狙いで700株だけ6月頃に買って、買い増しのために常に2000株ほどを指値(まあ毎度のことでかなりの下値)買い注文を出していたんだけど、それほど下落もなく買い増しは出来なかった。

それが先週に入って500円を超えてきた。9月配当で15円もゲットしたし、売却かなと530円でなんとなく全売却したとたんに、その日にストップ高し、以来連日のストップ高でなんと今日も300円ストップ高の1193円で、さらに明日もストップ高しそうだ。狙いは良かったんだけど、ソディックもこれも売却が下手だね。まあ利益が出たから良いけどね。こういう銘柄また探さなくちゃな。

ところで、大好きな大相撲が昨日から始まっているのを失念していて、今日も生放送時間帯に自分の部屋で酒飲みながらでかい音でクラシック音楽聴いていて、見逃してしまった。なもんで、今日の対戦結果を知ろうと(このところほとんど見たこともない皆様の敵、アホのアベシンゾーの広報機関でしかない)NHKの午後7時のニュースを見てみた。巻頭からどっちらけだったわ。なんとトッチャンボウヤアナが何事が起こったんだよと思うようなでかい声張り上げて「世界が注目の」(で、何のことだよと思っていたら)「日中首脳会談」が行われたと喚き始めた。

もうこの時点でそれ以上このアベシンゾーの国民騙しを広宣流布しかしないゴロツキ放送のNEWSを見る気が完全に喪失して、ほかのチャンネルへ。しかし、地上デジタルでは何も見たいものがないので、BSデジタルをザッピングしてみたら、BSジャパン(いわゆるテレビ東京ね)で道の駅ぶらり散歩なんてこの局らしい安上がり番組流していた。夕食中にぼけっと観るにはぴったりだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

ネット徘徊さっぱりしなくなった最近。アホのアベシンゾー政権のうす汚い政治屋どもの犯罪オンパレードだが、検察もマスゴミも小沢魔女狩りとはまるで極北のスルー状態か。これが日本なんだろうな

なんか知らないうちにブログを書くのがすっかり億劫になってしまっている。朝から午後4時頃までは月曜から金曜は在宅する限りほとんど趣味状態の株式売買やってんだけど、その他の時間帯は最近はあまりネット徘徊しなくなったのもあるのかな。

最近もっとも嵌まっているのが元からトップ趣味のオーディオかな。株式市場終了すると、CDじゃなくてまだまだたっぷりと在庫のあるLPレコードで7個ほど所有のカートリッジを取っ替え引っ替えてクラシック、ジャズを昼間から酒チビチビやりながら聴きまくっている。あとは読書に、ビデオや近所のアリオへ行っての映画。そういう趣味が楽しすぎて、日本国憲法破壊して国民殺し陰謀のキチガイシンゾーなどを取り上げる報道やネットを見る気も起きなくなっている。

アホのアベシンゾー政権のグダグダぶり、そのアホぶりを日本のマスゴミはまるでまともに徹底批判することもなく、あの執拗に誹謗中傷に励んでいた小沢魔女狩りとはまるで違う訳で、ニュース読んでもあまりにアホらしすぎてうんざりするだけだしね。

まあ、従米売国の巣窟、清和会なんかに巣くう政治屋なんかは小沢一郎あたりとは違って、特高検察の捜査も、マスゴミの冤罪惹起捏造報道もスルーなわけで、国民皆殺し売国志向政治屋には実に暢気に金を売国官僚とつるんで国民から巻き上げられる幸せな国ってことが、最近のアホのアベシンゾー政権のクソ政治屋の(検察とマスゴミからは追及されない)犯罪活動オンパレードに良く現れているね。

しかし、それにしてもアホのアベシンゾーってクソの幼稚すぎるキチガイぶりには反吐しかないよな。どうでも良いような(元からゴミでしかない)アサヒヨル新聞を必死の形相で罵倒したり、ペンギンマンを批判するのに労働組合が犯罪集団のように喚いたり、ととにかく愚かすぎて世界に恥を撒き散らすばかり。とにかくこの馬鹿はテメエの批判に微塵も耐えられないんだよな。もうパンパースに汚い下痢便垂れ流しになるようだ。こんなキチガイ愚者を首相に祭り上げてしまった国民どもも戦争に駆り出されて犬死にするしかないよな。

アホのアベシンゾーのキチガイぶりが曝されたのが4日の参院予算委員会での社民党党首が質問で脱税疑惑を報じた過去の週刊誌記事を取り上げたときだね。アホは「まるで犯罪者扱いだ。全くの捏造だ」と激高し、審議が一時中断するに至ったんだとさ。ならば国民の前にその疑惑を正確に説明責任を果たせば済む話だろうが。正気を失って激高したってことはその週刊誌記事が限りなく真実だったってことをテメエで白状したようなもんだ。まあこの先天性馬鹿には理解も出来ていないのだろうが。(犯罪者扱いだとアホは怒っているようだが、ならば小沢魔女狩りの時の対応や先日のペンギンマンへの対応なんて他人を犯罪者扱いしているくせに、テメエに向けられる時にはこれだからほんまアホはどうしようもない)

それにしてもあのエボラ出血熱とかのマスゴミの大騒ぎには辟易だ。だいたいアフリカの不潔極まる衛生観念もゼロの住民たちの間だからこその伝染だろ。アフリカ人たちも部族対立ばかりしてないで、少しは教育強化しろよとしかない。しかも、その伝染性は実はかなり弱いらしいという話もある。これほど世界中のメディアが大騒ぎしたのもメディアの実質的支配者であるユダ金の陰謀じゃないのか。先物売っておいて、メディアで大騒ぎさせれば当然にビビりまくって株式は暴落で、ユダ金は大儲け。しかもユダ金の支配下にあるグローバル薬屋がボロ儲けと来る。あれだけ大騒ぎしていたのに最近突然騒ぎが鎮まったりするのも胡散臭すぎるしな。

アホのアベシンゾー以上に馬鹿なのが財務相やっているらしい口ビルの歪みがそのまま内面の歪みと愚かさを顕現しているアッソーなんだが、今日の閣議後会見でも経済の実体も見えない馬鹿らしく消費税増税は必ずやるべきとあいも変わらずの財務官僚の指人形ぶりを発揮のアホ満開。しかも有識者なども来年がさらに景気が悪くなると思っている人間は一人もいないとかのあまりの馬鹿発言で、どこまでこの顔面ひん曲がり野郎の馬鹿度は底なしなんだ。まあ、消費税増税「点検会合」なる馬鹿すぎるやらせ集会も酷いもんだし、その中でも連合の古賀何とかという奴は労働者代表のくせに増税に賛成と吐いてんだから世話ないしな。まあこんな会合の意見なんて財務官僚にとってはどうでもいい単なる国民騙しでしかないしな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »