« 15年ぶりにガス風呂給湯器を交換。東京ガスの見積もりが40〜45万円だったのが、ネットで頼んだらなんと込み込みで14万5千円。しかも東京ガスの工事より丁寧できれい。東京ガスぼりすぎじゃないのか | トップページ | 長年愛した映画館「新宿ミラノ座」がついに閉館。最後に観た映画はあの大スクリーンにはぴったりの「インターステラー」になった »

2014年12月28日 (日)

14年末最後の買い物は11インチノートパソコン「ASUS Eeebook X205TA」に。これでパソコンが7台に。アホかいな。しかし、製品は想定外に良いもので、満足度、コストパフォーマンス高いかな

風呂給湯器の交換に次いでの年末最後のモノ買いは、ノートパソコン。現在株式売買専用みたいな形でME(なんと2001年購入)、XP(2005年購入)、7(昨年夏に、もう一台のXPノートが駄目になりその代替機で購入)とWindowsノート3台に、2006年春購入のiBookG4(GoogleChromeやEvernoteなどが使用できなくて不便だし、反応もとろいし画面がかなり暗くなってきている。が、まだ愛用中)、1年ちょっと前に購入のMacBook Air13インチ、今年5月に購入のMac miniとパソコンは6台を使用中。なのに、またまた新しいノートパソコンの購入だ。まあ、新しいものや電気製品を買うのが好きだからね。

今回買ったのは発売されたばかりのASUS Eeebook X205TAなる11インチの小さいノートパソコン。昨年にMacBook Airを買って、その素晴らしさ(Macは元から大好きで、最初に買ったMacは1991年だ。しかし、1999年の株式ネット売買解禁以来売買用にWindows機を買わざるを得なくなった)にぞっこんで、11インチのものを欲しくなっていた。

しかし、価格が8万円ほどもする。用途としてはドライブ旅行などの時にネットが出来れば良いや程度なので、安くて軽いパソコンを探していた。AsusのX200MAなんてのも3万円ほどで買えるから良いかなと思っていたが、500GBあってもHDDがネック。重さと電池持続時間もちょっとねだ。

最近、Chromebookってのが出てきて、HDDでないこと、軽さと電池持続時間で魅力的だったのだが、そんなときに突然にASUSからEeebook X205TAが発売になった。CPUがATOMとちょっと不安なのだが、ほかの仕様面は欲しいパソコンそのもの。価格3万円ちょい、重さがなんと1キロ(1キロを切るノートパソコンはレッツノートなど基本的にはかなり高額だ。しかもそんな高性能は不要)を切り、電池持続時間が11時間少しと愛用中のMacBook Air13インチに匹敵するのだ。

Asusはタブレットで唯一(iPodtouchも持っているが、ちょっと色合いが違う)所有のNEXUS7の製造企業で、一応信頼感がある。というわけで、Chromebook(やはりGoogleに取り込まれてしまう感じで今いちなんだよね)にするか悩みに悩んで、実物も見ないでEeebook X205TAの購入決定。どこで購入しようかと思っていたら、アマゾンが年末キャンペーンで台数限定で2000円引きに。税込みで29667円になる。3万円切るなら買いだねと早速クリック。翌日の昨日到着した。

実物はネットの写真で見るよりはなかなかに良い。ダークブルーとなってはいるが、ほぼブラック。マット調の外装で意外に安物感がない。大きさはほぼMacBook Airの11インチと同じ。厚さもほぼ同じで満足感高し。やはり能動的に使えないタブレットより、キーボードがあるノートパソコンが抜群に便利だしね。ACアダプターもNEXUS7のものよりちょっと大きめ程度かな。折りたたみ式で、接続端子(独自端子かな)がマイクロUSBだったらモバイルバッテリーも使用できてモアベターだったね。

昨日配達されて早速設定作業に。まずは設定だが、なんだか知らないが、MSのメールアドレスが要求される。以前から持っているhotmailを設定。そのパスワードがログインパスワードになるようなので、設定時はちょっと注意が必要だ。OSが無料らしいので、MSに配慮してんのかな。とにかく、hotmailは事前に作っておいた方が良いようだ。そのあとは、AsusのWebstrageの設定で、IDは自分のメールアドレスにするようだ。

インストールするソフトだが、体験版がインストールされているKINGSOFTをまずは速攻でアンインストール(その代わりにほとんどの設定が終わってからMacでもインストールしている無料版オフィス「libreoffice」をダウンロード、インストール)しておく。ほかにダウンロード・インストールしたのはGoogleCrome(クラウドでブックマークもそのまま即利用できるので便利)、FireFox,、Thunderbird(Windowsパソコンで軽いメールソフトとして愛用してきた「npop」はWindows8には未対応だった)、Evernote(Webclipperも)、Dropbox、Terapad(最初から入っているメモ帳かワードパッドでも良いけどね。昔からWindowsパソコンではTerapad愛用なので)、iTunes、写真編集ソフトとしてirfanview、などもちろんすべてが無料アプリ。

OS8は、スタート画面がタイル式でタブレット感覚なのだが、なんとNEXUS7とiPodtouchで愛用しているFlipboardが最初から入っていてそれも設定。さらにFeedly、livedoorリーダーも設定。 大小様々なカラフルなタイルが並ぶスタートメニューってのが最初はちょっと判りにくいかな。その中のタイルのひとつに「デスクトップ」ってのがあり、これまでのWindowsパソコンのいわゆるデスクトップ画面にあたる感じ。なので、キーボードのWindowsキーがなくて、それがスタートキーになっているんだよね。なんともごちゃごちゃした関連で、Macの判りやすいのに慣れているとちょっと戸惑う。まあいろいろいじっているうちにすぐ慣れるけどね。

慣れてみると意外にこれでも良いんじゃないのって気分になる。最も判りにくかったのが、シャットダウンする方法。スタート面の右上に並ぶ電源アイコンか、ポインターを画面右上隅に持っていき、そのまま下の方へ持っていくと右端に設定とかいくつかのアイコンで出てきて一番下の設定アイコンにある電源アイコンをクリックすると「スリープ、シャットダウン、再起動」を選択できるんだよね。一度判ると意外にやりやすい。

使ってみてだが、心配だった性能面でも、MacBook Airほどのサクサク感はないもののまあまあ使える。所有のXPノートやiBookG4などよりかなり快適だ。メモリー2GBはそれほど心配することはないようだ。なにしろXPパソコンにしてもiBookG4もメモリーは基本512MBだもんね。それに比べれば価格の安さ、機能の豊富さで不満は価格対比でそれほどないかな。ネットしたり、文章書いたりする程度ならこれでほんま必要十分かと思えるほど。何しろ軽くて、本当に長時間電池が持つ。

不満点としては32GBしかないストレージ容量だが、マイクロSDカードで補完すれば良いんじゃない。というより、XPノートもiBookG4などもストレージはHDDの40GBで使ってきたんだものね、問題なしか。とにかく、作成データやiTunes用のMp3ファイルも64GBのSDXCカードに入れて使うことにした。ただ、マイクロSDカードの挿入口の出来が今ひとつなことか。カードがすぐに飛び出てくる。出てこないようにガムテープで固定してしまった。マイクロでなくて標準のSDスロットだったらより良かったんだけどね。

また、キーボードは意外に打ちやすいし、MacBook Air的なトラックパッドもMacほどスムースではないが一応使える。とにかく、3万円弱でパソコンで出来ることが一応出来るパソコン(しかも超軽くて、電池の持ちが抜群。その二つだけでも価値大)が買えるなんてね。タブレットなんてこれがあればもう要らないわ。何しろストレージがHDDでなくてメモリーなので起動が速い。電源オンしてからスタート画面になるまで30秒かからない(マイクロSDカード入れっぱなしで)かな。NEXUS7より速い。

あと、ネット上では使いにくいと書かれていたスタート画面だが、NEXUS7やiPodtouchで慣れているせいか、違和感まったくなしで使える。というよりむしろ便利かな。スタート画面はタイルの大小変えたり、配置を変えたり、新規にタイルを増やしたりと使いやすいように変えたので意外にこのタイル方式良いね。フリップボード、ニュース、天気、カレンダー、マネー、料理レシピなど使いやすい。

|

« 15年ぶりにガス風呂給湯器を交換。東京ガスの見積もりが40〜45万円だったのが、ネットで頼んだらなんと込み込みで14万5千円。しかも東京ガスの工事より丁寧できれい。東京ガスぼりすぎじゃないのか | トップページ | 長年愛した映画館「新宿ミラノ座」がついに閉館。最後に観た映画はあの大スクリーンにはぴったりの「インターステラー」になった »

コメント

我慢できずにポチってしまいました。
私も Mac Book Air 11 2012 を持ってます。
X205TA 大きさ、重さ、薄さ、バッテリーの持ち、価格が絶妙のバランスで買わなきゃいけない運命だと諦めました。

投稿: Yagi | 2014年12月30日 (火) 13時12分

YagiさんはMacBookoAirの11インチ所有ですか。
私も11インチなら当然にMacBookoAir欲しいですが、13インチ所有だし、価格も高いし、バッテリー持ちが13インチほどではないしで、
バッテリー持ちが仕様では11時間超えるX205TA発売知って、
これしかないかでした。

実機はほんまにバッテリーの持ちが良いです。OS8も意外に使いやすいです。MacBookoAirほどサクサクではないですが、XPと比較したら全然サクサクです。ちょっと出来の悪いのはマイクロSDカードのソケットですね。すぐ接触が悪くなるので、取り出し出来ないようにテープで固定してしまいました。マイクロSDカード64GBの半分ほどがiTunes用のMp3ファイルになっています。カードに保存する書類などの作成データはあとでUSBメモリーへコピーで対処します。

投稿: kabumasa | 2014年12月31日 (水) 23時04分

Mac Book Air はファンがありますしね。
X205TA の完全スピンドル無しの静穏性もけっこう重要ですね。

8.1 UI にはいまいち慣れませんが、ほとんど Chrome 上で生活してるので知らなくてもいいのかも。

このスペックで $199 2014 のスタンダードってことで参照されるでしょうね。

投稿: Yagi | 2015年1月 2日 (金) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/60882214

この記事へのトラックバック一覧です: 14年末最後の買い物は11インチノートパソコン「ASUS Eeebook X205TA」に。これでパソコンが7台に。アホかいな。しかし、製品は想定外に良いもので、満足度、コストパフォーマンス高いかな:

« 15年ぶりにガス風呂給湯器を交換。東京ガスの見積もりが40〜45万円だったのが、ネットで頼んだらなんと込み込みで14万5千円。しかも東京ガスの工事より丁寧できれい。東京ガスぼりすぎじゃないのか | トップページ | 長年愛した映画館「新宿ミラノ座」がついに閉館。最後に観た映画はあの大スクリーンにはぴったりの「インターステラー」になった »