« 「世に噛む日々」ブログ記事見てびっくり。今回の衆院選でネットで白紙投票推奨の意見広告するアホがいるらしい。何の意味もない。自民クサレ・カルト政権の支援でしかない | トップページ | 書籍広告で産経がSWCから恫喝される。従米一直線ユダ金の手先のような産経がその手の広告掲載の不思議だが。アホーアッソーが「日本中の給料が上がっている。上げられない経営者は無能」ってんだが、なら、景況悪化一直線のお前ら自民クサレ政権こそ無能なんだが »

2014年12月 1日 (月)

高倉健に続いて、東映やくざ映画のシンボル菅原文太が死亡。最近は平和志向の活動が光っていただけに残念、合掌。今年の流行語に「集団的自衛権」らしいが、アベは受賞辞退とか。そらそうだ、いくら馬鹿でも詐欺欺瞞で受賞は恥ずかしいよな

高倉健が亡くなって映画好きとしては寂しくなっていたんだが、なんとかつての東映やくざ映画の全盛期を代表したもう一人菅原文太が亡くなった。もう81歳になっていたんだ。最近はアホのアベシンゾー政権の戦争大好きキチガイぶりに戦争体験世代として講演や選挙支援などで平和志向活動が目立ち、まだまだ元気だと思っていたのに何とも残念。映画での競演はほとんどなかった健さんが「寂しいから話し相手に来いよ」と天国から呼んだかのようだ。合掌。

高倉健も菅原文太もそのスターとしての地位を確固としたものにしたのはあくまでも東映のやくざ映画。自分的には60年代末から70年代にかけて大学時代、社会人初期に京都の京一会館や東京の数多くの名画座で(新宿の昭和館なんて東映やくざ映画にぴったりの映画館だった)観たもんだな。あの耐えに耐えて最後のカタルシスに至るとくに高倉健の映画(今なら、アホのアベ・カルト組に池部良と二人で長ドス抱えて殴り込むってとこか)なんてご機嫌だったね。イタリアやフランス、ポーランドの芸術映画、アメリカのアクションものなども当然に大好きだったんだが、あのマンネリズム快感はほかにないものだった。しかし、芸術志向ばかりの映画評論家様などからは完全無視だったけどね。それが、 そのやくざ映画のシンボルだった高倉健が文化勲章だから時代も変わるけどね。

菅原文太のように80歳を超える戦争体験世代が戦争の悲惨を将来の日本人が再び味わってはならないとの思いから集団的自衛権やオスプレイ日本配備などに反対を表明して日本の未来を真摯に考えているのに反し、20歳以上も若く戦争を知らず、70年にわたり戦後日本の平和の礎となってきた日本国憲法コケにして、それを破壊(しかも先人の平和への熱い思いの集積する憲法解釈の基盤を独裁者であるテメエは自分勝手に解釈改憲できるぜとの傲慢さ振りまき)して、戦争やりたい病のキチガイでしかないアホのアベシンゾーは今日も息を吐くように嘘八百吐く本来的病癖満開して、自民クサレ党・カルト政権批判的報道は許さないぞという脅し文書ばらまいてすっかりビビりまくりのマスゴミ利用したり、全国に細菌をばらまくかのように遊説して詐欺言辞(デフレ下で増税する馬鹿して、結局経済破壊なのに経済順調でこの道しかないなんて、もう詐欺の典型)拡散してんだからどうしようもねえや。

で、「2014ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)なるものが1日発表されたそうで、大賞にアホのアベが狂いまくって行使を強引にやる「集団的自衛権」と、日本エレキテル連合なるお笑いコンビのギャグ「ダメよ~ダメダメ」が選ばれたんだとさ、どうでもいいけど。しかしね、「ダメよ~ダメダメ」ってのを全く知らないんだが、そんなに流行してたんかい。日本エレキテル連合ってのもこのニュースで初めて知った。まあ、テレビのバラエティ系などほぼ見ないしな。

ところで、「集団的自衛権」は受賞者が辞退とか。主催者は「受賞を打診した対象者は公表しない」というが、受賞者ってあの天性馬鹿しかいない訳で、選考委員を務めた「現代用語の基礎知識」の清水均編集長は、「昨年トップ10入りした『アベノミクス』でも辞退されたあの方の顔を拝見することができなかったのが心残り」と皮肉いっぱいのあいさつ。まあ、アベコベミクスにしても集団的自衛権にしても受賞辞退ってのは、それが日本国破壊・日本人騙しの詐欺でしかないってのをさすが馬鹿のアベシンゾーでもわかって、受賞すること自体に少しは恥を感じているのかもな。

まあ、現代用語の基礎知識という点から見ても、集団的自衛権を選考したのは当然に批判的視点からだろうし、選考委員の鳥越俊太郎は「特定秘密保護法から始まってアベノミクス、集団的自衛権、原発再稼働も、国民が反対しているにもかかわらず政府は少しずつ推し進めた。それに対して国民の気持ちを最もよく表すのが『ダメよ~ダメダメ』」とか。この選考で未来の歴史学では2014年に日本史上最悪の愚か極まる首相であったアベと言うユダ金と米の手先売国奴が日本破壊の第一歩となった「集団的自衛権」ごり押しを決めたとでも書くんだろうな。

|

« 「世に噛む日々」ブログ記事見てびっくり。今回の衆院選でネットで白紙投票推奨の意見広告するアホがいるらしい。何の意味もない。自民クサレ・カルト政権の支援でしかない | トップページ | 書籍広告で産経がSWCから恫喝される。従米一直線ユダ金の手先のような産経がその手の広告掲載の不思議だが。アホーアッソーが「日本中の給料が上がっている。上げられない経営者は無能」ってんだが、なら、景況悪化一直線のお前ら自民クサレ政権こそ無能なんだが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/60745972

この記事へのトラックバック一覧です: 高倉健に続いて、東映やくざ映画のシンボル菅原文太が死亡。最近は平和志向の活動が光っていただけに残念、合掌。今年の流行語に「集団的自衛権」らしいが、アベは受賞辞退とか。そらそうだ、いくら馬鹿でも詐欺欺瞞で受賞は恥ずかしいよな:

» 菅原文太さん死去〜相次いで〜 [虎哲徒然日記]
映画「仁義なき戦い」「トラック野郎」シリーズなどで知られる俳優の菅原文太(すがわら・ぶんた)さんが11月28日、肝がんのため死去した。81歳だった。葬儀は近親 ... [続きを読む]

受信: 2014年12月 2日 (火) 18時54分

« 「世に噛む日々」ブログ記事見てびっくり。今回の衆院選でネットで白紙投票推奨の意見広告するアホがいるらしい。何の意味もない。自民クサレ・カルト政権の支援でしかない | トップページ | 書籍広告で産経がSWCから恫喝される。従米一直線ユダ金の手先のような産経がその手の広告掲載の不思議だが。アホーアッソーが「日本中の給料が上がっている。上げられない経営者は無能」ってんだが、なら、景況悪化一直線のお前ら自民クサレ政権こそ無能なんだが »