« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月19日 (火)

基本的に大阪がどうなろうと関係なしの大阪都構想住民投票だったが、そのあり方すべてが将来の憲法破壊のための国民投票へのケーススタディになるってことで興味だったが、かろうじて反対派勝利で政界のクズハシゲがとりあえず消滅するってだけで良きことかな

ハシゲのような存在を長年にわたり知事、市長に祭り上げてきたお馬鹿極まる大阪市民が将来どうなろうと基本どうでも良いんだが、その大阪都構想なる詐欺モンに関わる住民投票のプロセスというか詐欺師の有権者騙しが、将来あり得るアホのアベシンゾーら従米隷属の売国奴がやらかすだろう日本国憲法破壊のための国民投票での国民騙しの戦術、テクニックの参考になるだろうなっていうことだけで、ちょっとの興味があった。

で、ユダ金の手先の竹中辺りから指示されたのかどうか、住民にとってはメリット皆無の大阪都構想なる詐欺モンなんだが、基本は府知事時代のアホ執政の負債を大阪市の税金をかっぱらって糊塗するってのがまずいの一番の目的だったろうし、市民のインフラそのものを民営化してユダ金に献上っていうまあ典型的な新自由主義的強奪含めて、一種の個人的私怨からきた大阪破壊でしかなかった訳で、それは国家・国民のことなど一切考慮になくすべてが大好きじいさんのための私怨から来る日本国憲法破壊願望でしか動いていない究極の売国奴アホのアベシンゾーとまあ共通するとこでもあるんだね。

そんなゲスなハシゲが幻想の敵を作っては攻撃パフォーマンスすることで大阪のお馬鹿さんどもを騙してきたうんざりするようなデジャヴなゴロツキ演説が今回も投票終盤に向けて展開され、それをハシゲ批判出来ずのへたれマスゴミがまたまた大仰に垂れ流していたので、事前調査では反対派が強いみたいなことになっていたが、以前の選挙の時のようにお馬鹿な大阪市民がころっとハシゲの煽動に騙されて、一挙に賛成派勝利じゃないかと危惧していた。

皆様の敵NHKが開票速報しているようなんで、見てみたら、危惧通りに事前調査とはまるで違っての賛成派リードで、やっぱりねの暗い気分に。例の開票マジックでも起動したんじゃねえのとも思える気分になり、憲法破壊時の国民投票もマスゴミ動員もさらに強引にされて、今回の住民投票の騙し方戦術も参考にされて、まんまと憲法破壊へ誘導されるんだろうなと、なんだか見続ける気分雲散霧消。

その後、結果だけでも確認しておくかとNHKをまた見てみれば、なんと、反対派が勝利してんじゃ。しかもわずか1万票程度の薄氷の差での勝利。最期の段階での毎度の女々しい限りのハシゲの「勝てなければ政治家引退」とかのお馬鹿相手の泣き落とし作戦が今回も奏功するだろうなと思っていたからね。まあ、事前調査とはまるで月とスッポンの薄氷差での勝利はある程度そのハシゲの女々しい芝居がかかった泣き落とし作戦がうまくいった証明でもあるんだろう。

これを見ても判るが、マスゴミ動員での洗脳・騙しがさらに執拗に全国的に展開されるだろう憲法破壊のための国民投票なんてのはアホのアベシンゾーあたりのクソゴロツキどもの巧い罠でしかないことが判る訳で、いまごろ、アホのアベシンゾーあたりのゴロツキどもは、国民投票でまんまと国民を騙せるなとうそぶいていることだろう。日本国憲法の中身もまともに理解していない(その典型が破壊を叫びまくるアホのアベシンゾー自体ってのがお笑いでしかないが)で自民クサレ党とそのお仲間マスゴミの洗脳に乗って改正に賛意の馬鹿ばかりの日本だからなおさらなのだ。

ところで、今回のまさにテメエの自己満足のためでしかない税金の無駄遣い(それにしてもハシゲってのは人権無視といじめだけは大得意の奴でしかないんだが、実に壮大なる自己満足だけの税金無駄遣いしてきたよな。それに知事、市長通じてまったく政策的成果ないってのもあまりに素晴らしすぎる。韓国や中国あたりなら市長辞めたあと逮捕に至っても不思議ではないほどだ)住民投票だが、ハシゲは今のままでは大阪は衰退する、だから行政をかえるんだとか喚いていたんだが、知事時代から7年以上も大阪の行政を牛耳ってきた(米大統領は最高やっても8年だ。それに相当するんだぜ)最高責任者のくせに何言ってんのこの馬鹿ってしかないよな。現状のままなら衰退って、その責任はお前ハシゲにあるってんだよね。自分の無能ぶりを棚に上げるってのもまあ資質はアホのアベシンゾーと同類だが。

まあこの無責任体質、他人への責任転嫁の女々しさは、ハシゲのあの敵を措定してはそれを攻撃して自分は絶対に正しいと言いくるめることに奔走するゲスな体質からくるとこなんだが、そんなミエミエの詐欺師まがい言動に簡単に7年以上もころっと騙されてきて、さらに今回も投票の半数程度がいまだにその騙されていることに気づいてもいなかったっていうのも実に悲しい現実なんだよね。それは大阪だけじゃなく、全国でも同じなんだろうね。いまだにコイズミに騙されたままがわんさかだし、現状では嘘八百吐き放題のアホのアベシンゾーに幻想を抱いて、憲法破壊が正しい方向であるかのように思い込まされている超絶馬鹿国民も山のようにいる訳だしな。

とにかくアホのアベシンゾーと並ぶ日本の害虫のひとつが政治の世界から消えることになる(と思っていいんだろうが、アホアベ以上に嘘が常態みたいなハシゲなんで唐突に政界に戻ってくることもあるかもな)ことは実に麗しきことだ。敗北会見のはずが、いやにニタニタと下卑た表情浮かべ、「民主主義は素晴しい」とか、これまでさんざん馬鹿にして攻撃してコケにしてきたマスゴミ賛美とかあまりの負け惜しみでしかないつまりはやはり女々しすぎるアホぶり満開に、こんな人間が7年以上にもわたり大阪を無茶苦茶にしてきたんだなと改めて、自覚なき1票の愚かさ、危険性を再認識できたってとこか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

大阪都構想ほどそれに賛否を示すことで、その人間のお馬鹿度が判るものはない訳で、戯言吐きまくるブタ箱に長くいたホリエが「都構想無理だったら橋下さんはいなくなっちゃうね。それでいいのかね?」の底抜け馬鹿ツイート。ハシゲ消滅しても誰も困らねえよ

嘘とでたらめデータでお馬鹿な大阪市民を大阪都構想にすると無駄な行政費が一気に削減できるとかかましているテメエの批判をしたジャーナリストを「抹殺してやる」と殺害公言する異常者ハシゲなんだが、その削減される総額に公共交通などの民営化まで含ませているってんだからもうお笑いコント。

しかもこの都構想だが、東京都が活況なのは都制度にある特別区があるからとかとにかく超トンでもでまかせまくしたててんだけど、その程度のお馬鹿説法でも「きもいハシゲ大好き馬鹿大阪市民」は騙されるんかな。まあ勝手に騙されて大阪どん底になって生活崩壊してください。今回の大阪都構想の住民投票ほど楽しめる新喜劇はない。結果でどこまで大阪市民ってのが馬鹿だったかと判明する訳で、都構想どころか、ゲス国家として日本から独立してくれると最高やな。

ところで、ツイッターを止めて、まるで見ていないので、やはり情報獲得の即効性には欠けるよね。まあ別にそれで得られる情報なんて基本的にはどうでも良いんだけどね。で、そのどうでも良いツイッターで流れた情報がブログ関係読んでいたら曝されていた。それは何かと言えば、ブタ箱に入っていたホリエブタの毎度のアホ極まる戯言だ。そのホリエが大阪都構想住民投票に関連して、あまりにお馬鹿な失笑もんのツイートをしていたのを知ることとなった。

ホリエはツイートで

堀江貴文(Takafumi Horie)認証済みアカウント

@takapon_jp

うーん、これで都構想無理だったら橋下さんはいなくなっちゃうね。それでいいのかね?

と吐いていたんだとさ。「橋下さんはいなくなっちゃうね」だとさ。「いなくなっちゃうね」というのは文脈から見れば、当然にハシゲが大阪の政治世界から消えてしまうのを残念がっているってことと理解していい訳だ。でもね、ハシゲなんてクズ野郎が政治の世界から、テレビの世界から消滅しようがこの世界で困るまともな人間なんて誰一人いねえだろうが。むしろ99・999%の人間が拍手喝采だわ。このブタ箱に長くいすぎて、ハシゲの本質も見えないような情けない頭脳に成り果てていたようで、御愁傷様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

アホアベの独裁者気取りはますます満開だし、大阪都構想、猿の「シャーロット」名付け騒動、世界遺産に向けての産業革命遺産のなかに松下村塾が入るとか、日本はアホ一直線です

年初から発症の身体中の発疹が快癒する感じまったくなく、相変わらず身体中がムズムズ痒くて気分最悪絶賛続行中というわけで、ネット徘徊する気分もブログ書く気分もなかなか湧かない。しかもアホのアベシンゾー政権はますます増長中だし、大阪では嘘八百のまあアホアベと類似の“批判したジャーナリストを抹殺すると公言した”政治屋まさにゴロツキそのものでしかないハシゲなるゲスが大阪都構想なる詐欺まがいの戯言で住民投票かまして元からお馬鹿の大阪住民(馬鹿でなければ知事、市長となんの成果も出せていない口からでまかせゲスを何回も選挙で当選させるわけないわな)をたぶらかそうとしてんだが、まああの大阪の有権者だ。勝手に自分たちの生活破壊する方向でしかない大阪都にでもすれば良い、ほんまどうでも良いわ。

どうでも良くないのは、この住民投票を横から見ていて、国民殺し・日本破壊のための日本国憲法破壊を陰険に画策するアホアベらが未来にある憲法改正の際の国民投票でいかに国民を騙せるかその方法を大阪の住民投票でお勉強ってことだな。

そのアホのアベシンゾーが独裁者気取り満開の見本みたいなものがあった。世界遺産に「明治日本の産業革命遺産」なるものをしようという話しなんだ、そのなかになんとアホアベのご当地山口県萩にある「松下村塾」が含まれているってことだ。このどこが「明治日本の産業革命遺産」なんだよというとこだ。だいたいアホアベの広報機関に堕している皆様の敵NHKで放送中の大河ドラマ自体がどこから見ても、アホアベ賛美の一環みたいなもんじゃないか。その大河ドラマの主人公に関係する「松下村塾」が産業革命遺産としてしまうごり押し。アホアベのやりたい放題だな。だいたい「松下村塾」なんてのはテロリスト養成機関でしかないわな。まあアホアベがユダ金、米のために日本人の命、資産を献上するだけの憲法破壊テロリストだしな。

憲法破壊=日本破壊しか思考にないアホアベを首相にしてしまうような選挙行動をする馬鹿有権者がわんさかいる訳で、大阪都構想にしてもアホアベの憲法破壊にも何の危機感も感じないような奴が多いようだし、まあ勝手に滅びの近未来へ突っ走ってくれとしかいえない。こちとらはその頃にはあの世だろうし、どうでも良いや。

まあその馬鹿国民ぶりを世界に曝してくれたアホ騒動もあったしね。なんなんだろうね、あのどこかの猿公園のサルに「シャーロット」と名付けたら、ヒステリックなまるで自身が英国王室の一員かと勘違いしたかのような過剰反応の批判騒ぎは。猿にどんな名前付けようがどうでも良いじゃん。ヒロヒトだろうがミチコだろうが勝手だわ。マスゴミもアホ騒ぎに乗って、英国王室にコメント求めるアホぶり。猿公園のご自由ですと回答するの当たり前だろうが。そんな取材自体が日本のマスゴミが笑い者になってんだろうな。なにしろ五輪誘致でのアホアベの世界に向けての「完全コントロール」なる大嘘を批判追及も出来ないへたれ日本マスゴミだしね。この騒ぎより、英国王室の誕生を毎日のように大騒ぎ報道の日本マスゴミにはあきれるんだけどね。自民クサレ党の汚いカネ議員問題など完全スルーのクソメディアのくせにな。

まあね、そのクソマスゴミでもゴミ中のゴミ産経なんてのは、ジャーナリズム精神なんて完全放棄でアホアベの尻舐め一途なんで、「憲法記念日『すべて安倍のせい』と護憲派が横浜でスパーク」なんていうアホ極まる悪意に満ちたタイトルで記事垂れ流すほど腐敗しているからな。その中で大江健三郎がアホアベを「アベ」とごく当然に呼び捨てにしたのを「安倍晋三首相を『安倍』と呼び捨てで批判」なんて書いてしまうんだからもうどうしようもない。アホアベなんてヒトラーかスターリンか毛沢東ほどの大物ではないが、それに類似の超小物悪党政治屋なんだから「さん」も「氏」なんてはなから不要のクズだよ。

全然関係ない話しなんだが、サイモン・ラトルが2018年でベルリンフィルの常任任期満了になるんだが、その後任指揮者に関して、ベルリン・フィルが5月11日に次期首席指揮者選考を団員投票を実施して決定のはずなんだが、誰になるんだろうね。クラシックファン以外には興味なしの話しだが、大阪都構想の住民投票より数十倍興味津々。

P,S,:ベルリンフィルの指揮者選考に関してはAFP通信が記事にしていて・・・ドイツのベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berlin Philharmonic)は11日、首席指揮者の選出を目指し11時間以上にわたって協議したが結論は出なかったと発表した。「今後1年以内」に再度協議する方針だという・・・ということらしく、結局選考は継続のようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

憲法破壊しか頭にないアベシンゾー政権らしく、憲法記念日もひどい状況だが、舞の海なんてのは日本人力士が弱いのは憲法前文のせいとアホ珍説披露してアホアベ応援するわ、皆様の敵NHKは憲法破壊支持の落語家の改憲落語をわざわざニュースにするアホアベの幇間一途

相も変わらず身体中の発疹がさっぱり快癒せず、痒くて痒くてイライラするばかり。まあ、株式でスットプ高で売却できたりすればそのイライラも少しは和らぐ。で、持ち株のNTTDIが2日連続でストップ高となりまあ少しは気分よし。

しかし、そのイライラ度はアホのアベシンゾーっていうクソの存在でますます高まる日々ってとこで、あまり熱心に見ていないネットなんだが、アホのアベシンゾー一派のアホぶりで笑わせてもらったのが自民クサレ党のアホアベの金魚の糞みたいなゴミ議員、山本ちびたがアホアベのツイッターアカウントでテメエのアカウントでのツイートと同じ内容、つまりは他人のパスワードで侵入してアホアベの公式ツイッターを乗っ取ってしまったお粗末事件。

Photo_5

ツイッターは昨年はじめに止めて、ツイートもほぼ読んでいないのでアホアベとか山本ちびたのツイッターなど見ることもないのだが、ネットで話題になっていたので知ることとなった。ちびたはネットを通じた首相の情報発信補佐の新設ポスト「総裁ネット戦略アドバイザー」(ナニコレ?)なるものに就任しているらしく、今回の訪米にも同行して税金を無駄遣いしていたらしい。それにしてもね、ネット戦略アドバイザーが笑わせる。その肩書き持っている奴がアホアベのツイッター自体がちびた本人(まあ本人がその能力があるかどうかは不明で、秘書とかバイトがやっているのかもね)が仕切って書いていたアホ臭い限りの中身がばれてしまったんだから大ちょんぼも良いとこ。しかし、コイツらに責任なんてのは無縁なのでどうでも良いんだろうけど。まあ、基本は国民を馬鹿にしてコケにしているってだけ。それにしてもね、ボスが先天的愚鈍なら、その尻舐め議員どもも同類の愚鈍ぞろいってだけか。

まあ、その愚鈍アホアベを支持するような奴にまともな知性を持つ人間なんて皆無なんだが、憲法記念日でも憲法破壊一派はアホがいっぱいだったようで。そのひとつ「美しい日本の憲法をつくる国民の会」なる集団の一員にもなって憲法破壊に熱心らしい元相撲取りの舞の海がその手のゲス集会でしゃべったらしく。なんと日本憲法前文のせいで日本人相撲取りが弱いとまあ筋肉脳らしい戯言吐いたとか。お仲間の産経新聞がうれしそうに記事にしていた。

 

…………

 

舞の海氏が新説「日本人力士の“甘さ”は前文に起因する」「反省しすぎて土俵際…」

2015.5.3 17:39

 元小結の舞の海秀平氏が3日、東京・平河町の砂防会館別館で開かれた公開憲法フォーラム「憲法改正、待ったなし!」で提言を行った。昨今の日本人力士の「甘さ」は憲法前文の影響だと持論を展開し、会場の笑いを誘った。提言の要旨は次の通り。

 日本の力士はとても正直に相撲をとる。「自分は真っ向勝負で戦うから相手も真っ向勝負で来てくれるだろう」と信じ込んでぶつかっていく。

 ところが相手は色々な戦略をしたたかに考えている。立ち会いからいきなり顔を張ってきたり、肘で相手の顎をめがけてノックダウンを奪いに来たり…。あまりにも今の日本の力士は相手を、人がいいのか信じすぎている。

 「これは何かに似ている」と思って考えてみたら憲法の前文、「諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」に行きついた。逆に「諸国民の信義」を疑わなければ勝てないのではないか。

 私たちは反省をさせられすぎて、いつの間にか思考が停止して、間違った歴史を世界に広められていって、気がつくとわが日本は国際社会という土俵の中でじりじり押されてもはや土俵際。俵に足がかかって、ギリギリの状態なのではないか。

 今こそしっかり踏ん張って、体勢を整え、足腰を鍛えて、色々な技を兼ね備えて、せめて土俵の中央までは押し返していかなければいけない。

 憲法改正を皆さんと一緒に考えて、いつかはわが国が強くて優しい、世界の中で真の勇者だといわれるような国になってほしいと願っている。

…………

あまりのアホぶりに失笑するしかないんだが、大マスゴミ様の洗脳でこんなアホ見解も憲法をまともに読み、勉強もしない多くの国民(その中の一人がアホのアベシンゾーで、憲法がろくでもないものと吐きながら、その中身には無知というアホらしさ。まあ、日本語もまともに使えず、英語も単語を紙見ながらボツボツと羅列読みしか出来ない馬鹿だしね)は信じ込んでしまうんだろうな。

まあね、アホアベが「アメリカは民主主義のチャンピオンを送ってくれた」なんて米議会で気持ち悪いばかりの米へのゴマスリしているくせに、「GHQの作った憲法」と憲法破壊狙いするんだが、民主主義のチャンピオンが作った憲法ならそれこそ大事に大事にしなければならないだろうが、ボケナス。

テメエ勝手の御都合主義のクズ、アホのアベシンゾーの独裁者気取り、開き直りは限界なしの状況だしな。米議会で安保法制を期限を明言して成立させるとか、完全に日本の国会を舐め切った発言をして、それを批判されても、平気の平左であり、大マスゴミ様もそういうアホのアベシンゾーの傲慢開き直りを批判することもなし。アホのアベシンゾーは「選挙に勝った政権は何を実施するのも何の問題もないぜ」と、選挙が独裁権力を与えられたのと動議をあの空ろな脳みそで理解しているんだろう。だいたい先回の衆議院選挙なんてのは消費税率を10%にするのをちょいと延期する(そもそも10%にすると決めたのはアホアベテメエだろ)とか、まさにマッチポンプ的詐欺選挙であり、原発再稼働、TPP、解釈改憲でのテメエ勝手な集団的自衛権なんてどれも選挙で国民は認めてもいない。

しかもその消費税率10%への引き上げに関しても、その時の経済情勢がどんだけ悲惨でも実施をするっていう、国民生活のことなど微塵も考えていず、ただただ湯炊きんと財界、そしてテメエらの司令塔官僚様のことだけしか頭にない証明なんだが、そんな日本破壊しか頭にない売国奴異常者をアベコベミクスかなんだか知らないが経済活性化(実態はその真逆で国民は日常品物価の高騰でヒーヒー状態)のお手柄政治屋みたいに持ち上げ、国民を騙し洗脳しているのが大マスゴミなんでどんな悪でもやり放題ってとこか。自民クサレ党のクソ議員ならドリルで証拠破壊の女議員はじめどいつもこいつも、自民クサレ党のお仲間である検察がすべてお見逃しってのが、その悪業なんでもやり放題の顕著な見本みたいなものか。

憲法記念日のこともうひとう。憲法を遵守すべき義務を負う政府がアホのアベシンゾーなる賢婦破壊屋をボスに戴き、戦後70年の平和の基礎であり、世界にも誇れる平和憲法を亡きモノにしようと謀っているんだからもうどうしようもないクソ国家に陥ってしまってんだが、そのキチガイ政治屋どもの尻舐めになっているのが大メディアで、毎日のようにアホのアベシンゾーらゴロツキどものために国民洗脳に励んでんだからもう絶望だね。そのマスゴミの中でも最も積極的にアホのアベシンゾーの幇間と化してしまっているのが皆様の敵NHK。そのジャーナリズム精神完全放棄の政権翼賛ゴロツキメディアがニュースとしてその憲法記念日に垂れ流していたものにはあきれ果てるしかない。

それはこのニュース。

 

…………

 

落語で憲法改正の必要性訴える

 

5月3日 18時48分

落語で笑いを交えながら憲法の問題点を述べ、憲法改正の必要性を訴える催しが高知市で開かれました。

落語家の桂福若さんは1年前から憲法改正を訴える創作落語に取り組んでいて、3日は高知市で開かれた憲法の改正を求める集会で披露しました。

落語は、主人公が物知りの「ご隠居」に憲法について質問する形で構成され、笑いを交えながら今の憲法の問題点を述べていきます。主人公が「娘の担任の教師が憲法の前文がすぐれた文章である『名文』だと言っているが、どうなのか」と聞くと、「ご隠居」は「『めいぶん』と言っても、迷う文と書く『迷文』で、きれいごとだけを並べた文章だ」などと答えます。そして、「戦争反対を唱えるだけでなく、強い軍事力で日本を守ることができて初めて平和だと言える。憲法の前文は、これが日本人だということを世界に示すような文章にするべきだ」と語りました。

桂福若さんは「憲法というと難しいイメージを持たれますが、親しみやすい落語を通じて今の憲法の問題を理解してもらい、憲法改正の必要性について考えてもらいたいと思います」と話していました。

…………

おいおい、お前らの存在があるのは日本国憲法があってこそ。その平和、人権、民主主義の牙城である憲法を破壊して、戦争が出来る国にして、日本国民を犬死にさせて不幸のどん底に陥れようと画策するアホのアベシンゾーら憲法破壊主義者を支援するような活動をしているゴロツキ落語家野郎をわざわざ取り上げるってどこまでお前らはアホのアベシンゾーのクソ舐め野郎どもなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

年初から発症の発疹が未だ全快せずイライラ度ますます昂進。アホのアベシンゾーは米議会での演説で超稚拙な英語演説して従米隷属の売国奴ぶり満開さらし

ブログもしばらく書いてないな。とにかく年初から発症した身体中の発疹がなかなか全快とならず、小康状態になったり、また悪化したりとイライラするばかり。ちょっと改善したので、4月19日午後に東京を出発して、昨年10月以来のドライブ旅行へ。東北がまあ雪解けというのもあるけど、3回の脊髄手術後に残っている手足のしびれがきつくなってドライブする気分にもならなかったのだが、それも少しましになり、発疹も小康状態になったので湯治主体の東北ドライブとなった。

一気に大好きな青森辺りまで走ろうかと出発したが、走行中に腰の調子など今一の感じで、結局鳴子温泉のいつもの宿に途中で5連泊の予約を入れて、道の駅での2泊を含めて7泊8日のドライブ旅行となった。身体の調子もなんだかなので、温泉巡りもせずに宿泊した旅館の湯にのんびり入浴した以外は、奥会津のお好みの共同浴場に1カ所入浴しただけで東京へ戻ってしまった。以前なら一日で5〜6カ所ぐらいの温泉の日帰り入浴を旅行中にしていたのにね。やはり身体の調子が良くないね。発疹も医者から温泉はあまり良くないとも言われていたんだが、どうも戻ってから発疹がぶり返してしまったようで、痒みがまたうんざりするほどになってしまい、ほんま鬱陶しいばかりだ。これまでこんな発疹経験はないし、原因も判らず、身体いったいどうなってしまったのやら。

皮膚疾患はどうも原因の判明しないのが多いようだし、長引くことも多いようで、嫌だね。痒みで集中力がさっぱりだし、ネットサーフィンなんかあまりやる気も起きないし、ブログなんてのも書く気も起きないし、アホのアベシンゾー一派のゴロツキ政治屋どもがますます国民殺しの憲法破壊政治を絶賛繰り広げているのももうどうでも良いやの気分だ。

なにしろ、これだけ国民無視の大企業向けだけの従米隷属の売国政治やっているのに、地方選挙でも自民クサレ党に独走させているんだから、生活破壊の結果になってもそれで良いんだろうしね。まあ、アベの尻なめゴロでしかない存在に堕ちた大マスゴミが国民洗脳に励んでんだから仕方ないわな。

そんな鬱陶しい気分を吹き飛ばしてくれるのは、株式売買でうまく儲けた時か。16年前に会社辞めて以来、趣味だったのが唯一の生計費稼ぎの手段(脊髄手術を3回もしてしまい、歩くのもステッキ使用なほど脚の調子も悪いんで、パソコンだけで稼げる株式売買は実に良いやね)となった株式売買でうまく売却できた時はほんま気分最高やね。今日なんて540円ほども平均株価は大幅下落したんだが、そんな中で割に多めに持っていた銘柄で、NTTDIなんていうのが、寄り付きから突然に強い買いが入って、時間が経つほどに上昇へ。この銘柄は1月から2月初めにかけて買い集め、結局平均買値1024円3500株にまでなっていた。うち1000株は3月中旬に1100円程度で売却して2500株になっていた。 ただ、その後動きが悪く、旅行中になんと下方修正、無配(配当と言っても低率のゴミみたいなものだったが。こんな低配当銘柄が持ち株だったから今年の3月配当は少なくなったんだよな)転落を発表して1000円近くにまで下落していた。まあ気長に持つかと思っていたが、どうもマイナンバー関係のIR発表に反応したようで、突然の上昇となったようだ。買い始めてから、買いは失敗だったかなとの思いも少しはあったので、上昇に連れて少しずつ売却へ。

後場に入ってからは、値がつかずに買い気配がどんどん上がり、結局終値は300円ストップ高の1335円にと、今日の上昇率1位に。ただ、前場に1700株を売り上がってしまったので、残りは800株に。明日は判らないってことで、うち500株を1335円で売却(ストップ高での売却はまさに快感)し、残りは一気に減って300株だけに。どこまで行くかトコトン付いて行くのも面白いかな。

そんな波乱の東京市場だったが、同じ日に従米隷属の日本破壊しか頭にないクソ野郎アホのアベシンゾーが米連邦議会の上下両院合同会議で日本の首相として初めて合同会議で演説していたそうだ。どうせ自衛隊を米軍の鉄砲玉に献呈する憲法破壊の集団的自衛権や日本経済破壊でしかないTPP交渉推進などオバマのまさに尻舐めお追従羅列の日本の首相としての矜持放棄の実に情けないもの。しかも、植民地の首相を自認してんのか英語での演説と来た。日本の首相なんだから堂々と日本語でやれよ、売国奴が。

元から日本語でさえまともに駆使できない馬鹿のくせに。低脳らしく、その英語の悲惨なこと。発音も曖昧(warなんてウーとしか聞こえない)で、呂律があやふやで英単語をたどたどしく異常にゆっくりと(45分間だったそうだが、あのスピードじゃな)並べて行くだけで、リズム感も皆無でまるで英語の初心者がへたくそな発音で単語練習しているかのようだ。スタンディングオベーションがあったっていうんだが、そらそうだよな、戦争の代行を積極的にして、日本資産を献上するってのをご主人様のところまで来てわざわざ表明する馬鹿なんだから、議会での演説もさせてやるし、超稚拙な英語の原稿棒読みでも歓迎(内心ではトコトン馬鹿にしてんだろうな)するわな。それにしてもね、ネット上にあった演説写真見ると。でかい字の英文の中に日本語で「顔上げ、拍手促す、静まるのを待ち」とか官僚様の指示が書いてあるなど馬鹿らしさの極み。こんな馬鹿がいまだに首相に居座る日本の不幸ってとこか。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »