« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月29日 (月)

今日の東証は久しぶりに大暴落の買い日和。沖縄の新聞はぶっつぶせのマッチョ気取りのネットウヨ様自称作家百田某は女々しい言い訳やりまくりの変なおっさんぶり満開

今日は東証はギリシャリスク再燃で久しぶりに大暴落、一時は平均株価が600円以上の下落場面もあり、持ち株も全滅状態で下落。まあ、平均株価が2万円を越えてからは持ち株をかなり売却していて、先週末時点での投資資金に占める持ち株の時価総額は11%弱と、自分的には相当に少なくなっていた。持ち株の銘柄数も19銘柄で、そのうち10銘柄はわりに安く仕込んでいて、売る予定が当分ない優待狙いで単位株数だけ持つモノだから、実質的には9銘柄。多いものでは6000株持っていたりするが、わりに安値圏で仕込んでいるつもりでも今日はすべて下落だ。

まあ、ほぼすべてが下落のこういう日は仕方なし。無職なんでフルインベストメントなんて危険なことはしないし、信用取り引きもしないので今日みたいな大暴落でも、株は上下するものなんであまり動揺もない。何しろ株式売買始めて36年ぐらいになる(といってもまだ会社員だった20年ぐらいは額も少なく趣味だったが、無職になってからは生計費稼ぎが株だけなので、趣味だけどわりに真剣)し、あのブラックマンデーなんて経験しているんで、今日の600円ぐらいの下落は屁みたいなもの。

持ち株比率がここ数年で一番高くなったのが、ここは買うしかないぜと買いまくった2012年の春から秋にかけてで、40%を越えた時もある。とにかく、株式をやるにはある程度常に持ち株を持っていないと感覚が鈍るし、良いと思って買っている銘柄は下がれば買い下がるのも躊躇しないで出来る訳だ。という訳で、平均株価で500円下落が見られたあと、買い増しするかといくつかにナンピン買い増しの指値注文。2銘柄合計3300株の買い約定があったが、いずれも買値よりさらにちょっと下がって終わったね。まあ仕方ないわ。だいたい、ここ数年うざい限りの問題だったギリシャ問題、日本にとってはどうでも良い問題なのだが、株式的には先物売りの材料にされちゃうんだよな。今日もその先物主導の売りで、追証回避などでの売りが売りを呼んだってことかな。こういう日に慌てて売るのが一番馬鹿を見るんだけどね。

ところで、自民党のことやカルト党のことなどブログに書くときにはコイツらがあまりにヘドロ的ゲスどもなので、そいつらに合わせてつい言葉が荒っぽくなりがちだ。で、このブログをわざわざ読んでくれている人からアホとか馬鹿はあまり使用しない方が良いのではないでしょうかという非公開コメントをいただいた。まあね、アベシンゾー(何しろまともに日本語も理解できない、破壊しようとしている憲法にも無知のくせに、ほとんどの憲法研究者が集団的自衛権は違憲としているのに、違憲ではないと国会で吐くって凄いよね、まさに無知で無恥のなせる技)や自民党のゴロツキ議員連中とか百田某なんぞはアホとかバカと丁寧に書かなくてもアホや馬鹿のゲス野郎ってことはもうあまりに自明のことなので書く必要ないんだけどね。まあそういうことで柔らかい表現に出来るだけしようかなと思う今日この頃。どうでもいいけどね。

で、自称作家の百田某は、相も変わらず女々しい限りの言い訳三昧を全国にばらまきのようで、情けなさも極まれりのマッチョ気取りのネットウヨ様です。28日には大阪府泉大津市で講演で、自民党の基本的人権無視の憲法破壊主義議員たちの勉強会での「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」との自らの発言を「その時は冗談口調だったが、今はもう本気でつぶれたらいいと思う」とさ。沖縄県民のほとんどが読む2県紙を「つぶさないと駄目」と単なる恫喝を冗談という思考時点で日本語理解能力欠如(心酔するアベシンゾー最高権力者様の同類としてはお似合いだが)の作家失格だし、「普天間飛行場、元は田んぼで何もなかった」「基地の地主はみんな年収何千万円」などの発言がまったくの嘘八百だったことの説明もしないわけで、すべての言動にまったく責任を取らないアベシンゾーとその無責任体質が実に似ている。

この自称作家百田某だが、その講演では、自分のツイッターに「私が本当につぶれてほしいと思っているのは、朝日新聞と毎日新聞と東京新聞」と投稿したとも話したんだとさ。ほんまに墓穴を掘り続けるばかりの知性がまるでない変なおっさんではある。この発言を裏読みすると、朝日、毎日、東京はまだ少しはましってことで、アベシンゾーとお友達であられる百田某なんだから当然にアベシンゾーの意向を呈している訳で、ゴミウリ、日経、産経はアベシンゾーの広報応援チラシと自民議員様の勉強会で講演を依頼される先生様認定ってことでチャンチャン。

また、この変なネットウヨおっさんだが、自民のお勉強会での発言について「報道陣が出た後の公開されていない内輪の席での会話をドア越しに盗み聴きされ報道された」みたいな文句言ってんだが、問題の戦争法案絡みの政治屋の集会があり、公開されないならドア越しで聞き耳たてて取材するのは普通やね。それに、飲み屋でしゃべっているようなものとのアホらしい言い訳もしている。しかしね、政治屋のお勉強集会に先生役に呼ばれて、そこでした話しが「飲み屋でしゃべったようなもの」ときては、とことん自民の先生たちをコケにして馬鹿にしてんだが、自民の先生たちはその程度のものと見られているのに怒らないのかね。所詮その程度の政治屋か。

それにしてもね、この百田某の今回の愚か過ぎる発言騒動で、なんと百田にも表現の自由があると百田擁護している奇特な知能があまり発達していない偉いお方もいるようで。どこから見ても知性の欠片もないあの何とか大阪知事とか言うゴロツキ維新の幹部とか、花田紀凱とかいうのがそういうけったいなおっさんたちです。百田某は自民のお勉強会では思い切り表現の自由を謳歌しているし、その後もあらゆる場面で言い訳三昧で表現の自由を満喫してんだけどね。それって、日本国憲法のおかげだね。で、その表現の自由を謳歌しての発言が、その発言の場や状況で批判されているだけなんだけどね。で、表現の自由って言っても、そら何発言しても勝手だけど、「殺してやる」とか「ぶっつぶしてやる」なんてのは表現の自由の範疇には入らないで公序良俗に反するし、犯罪構成要件に該当するわけで、今回の百田某の発言はそういうことなんだけど、大阪知事やっている奴とか花田某は表現の自由っていう概念自体をはき違えていてもう失笑するしかないんだが、そんな奴らが知事や何とか雑誌の編集とかやっているってのも日本の知性の崩壊の一種かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月27日 (土)

アホアベ政権に反するメディアは叩き潰す発言満載の自民クサレ党のクソ集会で、沖縄の基地問題で沖縄県民を思い切り貶める発言しまくった百田某の発言が沖縄タイムスの検証記事で嘘八百が暴露。嘘八百吐き放題のアホアベのシンパらしい訳で

アホアベ政権様に逆らうメディアは叩き潰せ的発言でにぎわった自民クサレ党のアホアベの子分たちの集会に“先生”として呼ばれたんだが、クソ議員どもよりさらにアホな暴言吐きまくった自称作家の百田某はその後女々しい言い訳ばかりして醜態を晒しまくっているが、アホアベ大好き馬鹿のお仲間である 産經新聞が必死の擁護的記事です。

 

・・・・・・・・・

 

百田尚樹氏がFBで釈明 「私的な集まりの軽口にすぎない」「報道陣がガラス越しに盗み聞き」

2015.6.27 00:05

 作家の百田尚樹氏は26日夜、自民党若手の勉強会で「沖縄の2紙は潰さないといけない」などと発言し、民主党などから批判されている問題について、自らのフェイスブック(FB)で「私的な集まりで軽口で言ったにすぎない」と釈明した。全文は以下の通り。

 昨日の懇話会での発言が世間では大問題になってるらしい。

 沖縄の二紙がつぶれたらいいのに、と言ったのは事実だ。

 ただ、それは講演が終わった後の質疑応答という雑談での一言だ。誰かが「沖縄の二紙はやっかいですね」と言った言葉を受けて、「ほんまや、つぶれたらいいのに」と軽口で言ったにすぎない。部屋の中は笑いが起こり、その話題はそれっきりで、すぐに別の話題に移った。

 それより、私がむかつくのは、報道陣がいたのは、最初の2分だけ、あとは部屋から出て行って、シャットアウト、つまりその後の講演も質疑応答もクローズな場所での発言なのに、それを盗み聞きして報道されたことだ。... 

部屋から退出しても一部の記者はドアのガラスに耳をくっつけて、盗み聞きしていたのだ。部屋の内側からガラスに耳がくっついているのが見えたときは笑ってしまった。

 私はラジオやテレビで不特定多数に向けて発言したわけではない。あくまで私的な集まりの場において話したにすぎない。内輪の席での発言だ。

 そういう場で口にした軽口が、大々的に報道され、あるいは国会で問題にされるようなことだろうか。

しかも、私は議員でもなければNHK経営委員でもない。一私人である。

 ちなみに、質疑応答のとき、ある人が私に「偏向報道をするマスコミを、スポンサーに圧力かけて、こらしめるのはどうか?」という質問をされた。

 私は即座に「それはしてはいけない!」と答えた。出版社や新聞社に対して、権力や他の力をもって圧力をかけることは、絶対にしてはならないと考えているからだ。

 ドアのガラスに耳をくっつけていた記者も、この私の言葉を聞いているはずだが、こういうことは報道してくれない。(了)

・・・・・・・・・

「民主党などから批判されている問題」といかにも産経らしい誘導、洗脳の書き方やな。民主党だけじゃねえよ、まともな神経を持っている基本的人権を大切に思っている国民すべてだろうが。こんなアホな女の腐ったような逃げ回るチキンな言い訳をしつこくするぐらいなら、常識を弁えて最初からクソ暴言吐くなってだけなんだが、そんなクソ野郎の女々しい限りの言い訳をさも正論のごとくに扱う産経の記者も悲惨やな。

アホのアベシンゾーの幇間仲間として支援がんばらなきゃという思いなのか、さらに産経がまたまた百田某の擁護記事掲載で必死です。

 

・・・・・・・・

 

 作家の百田尚樹氏は27日、講師を務めた自民党若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」での発言が安全保障関連法案の審議に影響するとの見方について「野党は僕の発言をうまく利用している。一民間人の軽口の一言だけ取り出して大騒ぎするのは、非常に卑劣で、きたないやり方だ」と語った。福岡市内で記者団の質問に答えた。

 百田氏は25日に自民党本部で開かれた勉強会で「沖縄の2つの新聞は潰さないといけない」などと発言。出席した議員からも安保法案に批判的な報道機関に圧力をかけるような意見が相次いだ。

 これに民主党など野党が一斉に反発し、国会で安倍晋三首相(自民党総裁)らを厳しく追及。また、沖縄の有力紙「沖縄タイムス」「琉球新報」は共同で「政権の意に沿わない報道は許さないという“言論弾圧”の発想そのもの」とする抗議声明を発表するなど、波紋が広がっている。

 百田氏は、「あきれている。僕は国家権力を使った言論弾圧はだめだと言っている」と強調した。

 これに先立ち、百田氏は福岡市内で講演し、自身の発言について「テレビなどで不特定多数の人に向けて言ったら軽口や冗談でも通用しないが、内輪の私的な会合での発言だった」と説明した。

・・・・・・・・

自称作家の毎度暴言大好きおっさんだが、同類のアホのアベシンゾーと同じでマッチョな発言する割には女々しい限りの言い訳ばかりやな。言い訳はするが、なんやかんや屁理屈ばかり並べ立てて。絶対に謝罪はしないとこなんてほんまアホアベそっくりや。

ところで、その自民クサレ党の究極のゴロツキ馬鹿どもの「文化芸術懇話会」出席者は

<衆院>堀井学(2)(北海道9区)▽簗和生(2)(栃木3区)▽薗浦健太郎(3)(千葉5区)▽白須賀貴樹(2)(千葉13区)▽大西英男(2)(東京16区)▽松本洋平(3)(東京19区)▽萩生田光一(4)(東京24区)▽坂井学(3)(神奈川5区)▽星野剛士(2)(神奈川12区)▽高鳥修一(3)(新潟6区)▽田畑裕明(2)(富山1区)▽佐々木紀(2)(石川2区)▽宮沢博行(2)(静岡3区)▽熊田裕通(2)(愛知1区)▽大岡敏孝(2)(滋賀1区)▽武藤貴也(2)(滋賀4区)▽宗清皇一(1)(大阪13区)▽山田賢司(2)(兵庫7区)▽山下貴司(2)(岡山2区)▽加藤勝信(5)(岡山5区)▽井上貴博(2)(福岡1区)▽鬼木誠(2)(福岡2区)▽木原稔(3)(熊本1区)▽前田一男(2)(比例北海道)▽藤原崇(2)(比例東北)▽石川昭政(2)(比例北関東)▽今野智博(2)(比例北関東)▽宮川典子(2)(比例南関東)▽青山周平(2)(比例東海)▽池田佳隆(2)(比例東海)▽大西宏幸(1)(比例近畿)▽岡下昌平(1)(比例近畿)▽谷川とむ(1)(比例近畿)▽長尾敬(2)(比例近畿)

<参院>滝波宏文(1)(福井)▽長峯誠(1)(宮崎)▽宮本周司(1)(比例)

だそうで。ゴロツキ議員どものリストです。このクズどものホームページやらなんやらを一覧にした便利なサイトが作られている。

女々しい言い訳ばかりしている自称作家百田某だが、自民クサレ党の馬鹿集会での発言「普天間飛行場、元は田んぼで何もなかった」「基地の地主はみんな年収何千万円」とかいろいろ吐いていたんだが、沖縄タイムスの記事で

 

・・・・・・・・

百田氏発言「普天間飛行場、元は田んぼ」「地主年収、何千万円」を検証する

2015年6月27日 11:56

■普天間飛行場、もとは田んぼ→戦前は9千人超生活

 百田尚樹氏が「田んぼで、何もなかった」とする米軍普天間飛行場が建設された場所は沖縄戦の前、宜野湾村の集落があった。宜野湾市史によると、1925年は現在の飛行場に10の字があり、9077人が住んでいた。宜野湾や神山、新城は住居が集まった集落がほぼ飛行場内にあり、大山などは飛行場敷地に隣接する形で住宅があった。

 最も大きかった宜野湾は村役場や宜野湾国民学校、南北には宜野湾並松と呼ばれた街道が走り、生活の中心地だった。

 飛行場は、まだ沖縄戦が終結していない45年6月、住民が収容所に入っているうちに、米軍が土地を占領して建設を始めた。住民は10月以降に順次、帰村が許されたが、多くの地域は元の集落に戻れず、米軍に割り当てられた飛行場周辺の土地で、集落の再編を余儀なくされた。

 市立博物館の担当者は百田氏の発言に「人々が戦争で追い出され、何もなくなるまでの過程が抜け落ちている」として認識不足を指摘した。

■地主の年収 何千万円→100万円未満が半数超

 百田尚樹氏は「基地の地主はみんな年収何千万円」と発言した。しかし、地主の75%は200万円未満の軍用地料しか得ておらず、実態は百田氏の発言した内容と大きくかけ離れている。

 沖縄防衛局が発表した2011年度の軍用地料の支払額別所有者数(米軍・自衛隊基地)によると、地主4万3025人のうち100万円未満の地主が全体の54・2%に当たる2万3339人で最も多い。

 次いで100万円以上~200万円未満が8969人で20・8%を占め、200万円未満の割合が75%にのぼった。

 500万円以上は3378人で7・9%だった。

 軍用地料は国が市町村含む地主と賃貸借契約を結び、米軍と自衛隊に土地を提供する。地主に支払われる賃貸料は自衛隊基地を含み11年度は918億円だった。

・・・・・・・

自称作家という奴の発言とは事実はまったく違いますね。作家だからフィクションで沖縄県民を陥れる発言してもこのネットウヨ並み頭脳のおっさんには問題じゃないようです。なにしろテメエのむちゃくちゃ発言も言い訳するだけで、謝罪なんてする気一切なしですからね。まったくアホアベの同類なだけわある。こんなのが皆様の敵NHKの経営委員やっていたんだから世も末だわ。ああそうか、この馬鹿をその椅子に座らせたのがアホのアベシンゾーだったんだでまあ納得だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

アホアベに批判的な沖縄の2県紙を「潰してしまえ」と暴言の自称作家百田某が「冗談で言った」と情けない限りの言い訳。そんなクズを講師に招きお勉強の自民クサレ議員の超劣化。沖縄2紙が百田暴言で抗議の共同声明

アホのアベシンゾーのお仲間として、アホアベが先日の沖縄訪問で批判の罵声を浴びせられたことによほど頭に来たのか、自称作家の百田某なる奴が、その同類である人間のクズ集団自民クサレ党のアホ集会で暴言を吐きまくり、沖縄の2県紙「琉球新報」「沖縄タイムス」を『私の大事な大事なシンゾー様』に逆らうメディアと見ているようで、名指しで、「つぶしてしまえ」と表現の自由なんてそんなもんシンゾー様に逆らう奴は関係ねえとばかりに暴言を吐いた訳で、まさにアホのアベシンゾーの同類らしい訳だ。

なんとこのクズ野郎が26日、テメエのツイッターを更新して、前日25日に自民党の若手議員が党本部で開いた憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」の初会合に講師として招かれ、「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」などと発言したことについて「講演で言ったものではない。講演の後の質疑応答の雑談の中で、冗談として言ったものだ」と何とも情けない限りのまさに女の腐ったような釈明だとさ。その潰してしまえだけじゃなく、このクズはその講演で沖縄をコケにしまくっている。しかも嘘八百満載で。沖縄に行ったら沖縄県民に集団リンチ(知性ある沖縄県民がする訳もないが)されても文句も言えないほどの暴言ばかりだ。

それが、何?冗談でしただって。コイツほんまに作家なのか。テメエの言葉に責任もないのかよ。作家なら言葉はまさに言霊みたいなもんだろうが、しかも酒場での与太話じゃない、国会議員の集会に呼ばれての講演だろうが。冗談でも言って良いことと悪いことがあるってのもコイツは理解できない馬鹿か。アホのアベシンゾーの懇ろ仲間らしいや。それにしてもね、こんなゲスなクズ野郎を講師に招いて拝聴してお勉強する自民クサレ党の議員どもの下劣劣化ぶりも凄まじいものがある。ツイッター見ないので、「晴天とら日和」ブログで知った愚鈍自民クサレ党議員のあまりにアホすぎるツイートなんだが、その木原みのるなるゲス議員が「ベストセラー作家から、あらためて言葉の大切さを学びました」とツイートしてんだが、知性皆無の暴言ばかりの自称作家野郎から言葉の大切を学べるってコイツは痴呆なのか。まあ親分のアホアベが先天性痴呆だから仕方なしか。

Photo

権力とくに従米隷属の売国奴集団でしかないアベ政権サイドから、「つぶしてしまえ」と言われるほど攻撃されるってことはジャーナリズムとしては最高の勲章やね。偉そうに公平な報道とか不偏不党とか吐くだけで、テメエらの既得権益を潰そうとした小沢一郎には魔女狩り攻撃報道しまくり、その反対に幹部が税金での酒席接待で籠絡されてしまってアホアベ批判もまともに出来ずにアベの尻舐めに堕してしまっているほかの大マスゴミ様は沖縄の2紙を見習えよ。で、その沖縄の2紙が抗議の共同声明を出している。

・・・・・・・

百田氏発言をめぐる沖縄2新聞社の共同抗議声明

2015年6月26日 20:27

百田尚樹氏の「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」という発言は、政権の意に沿わない報道は許さないという“言論弾圧”の発想そのものであり、民主主義の根幹である表現の自由、報道の自由を否定する暴論にほかならない。 

 百田氏の発言は自由だが、政権与党である自民党の国会議員が党本部で開いた会合の席上であり、むしろ出席した議員側が沖縄の地元紙への批判を展開し、百田氏の発言を引き出している。その経緯も含め、看過できるものではない。

 さらに「(米軍普天間飛行場は)もともと田んぼの中にあった。基地の周りに行けば商売になるということで人が住みだした」とも述べた。戦前の宜野湾村役場は現在の滑走路近くにあり、琉球王国以来、地域の中心地だった。沖縄の基地問題をめぐる最たる誤解が自民党内で振りまかれたことは重大だ。その訂正も求めたい。

 戦後、沖縄の新聞は戦争に加担した新聞人の反省から出発した。戦争につながるような報道は二度としないという考えが、報道姿勢のベースにある。

 政府に批判的な報道は、権力監視の役割を担うメディアにとって当然であり、批判的な報道ができる社会こそが健全だと考える。にもかかわらず、批判的だからつぶすべきだ―という短絡的な発想は極めて危険であり、沖縄の2つの新聞に限らず、いずれ全国のマスコミに向けられる恐れのある危険きわまりないものだと思う。沖縄タイムス・琉球新報は、今後も言論の自由、表現の自由を弾圧するかのような動きには断固として反対する。

 沖縄タイムス編集局長・武富和彦、琉球新報編集局長・潮平芳和

・・・・・・・

沖縄2紙のことを他人事のようにスルーして、いまさらにアホのアベシンゾーの尻なめ継続なら日本メディア完全崩壊だね。もうほとんど崩壊しているし、どうでもいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自民・アベ批判の歌を歌ったアイドルグループを叩き、沖縄の新聞2紙が反自民なのでぶっつぶすなんて妄言が議員集会で吐かれるなど「自由」「民主」を放棄したただの反憲法・反日・従米隷属のゴロツキ集団と化した自民クサレ党

出自と周囲にたむろする馬鹿どもの神輿担ぎだけで政治屋になり、首相にまで祭り上げられた中身完全ナッシング、考えることは戦前の軍部独裁みたいな軍事国家にするために平和憲法を破壊することのみのヘドロでしかない生き物アホのアベシンゾーなんだが、その周囲に寄生する政治屋にもろくな奴がいない訳で、コイツらが政権握る限り日本は終了だなとしか思えない情けない話ばかり噴出。

名前しか知らない存在なんだが、「制服向上委員会」っていう女の子たちのアイドルグループがあるんだが、神奈川県の大和市での護憲集会でステージに立って歌を披露したそうなんだが、その歌詞がアホアベや自民党批判的なもの(アイドルグループでそういう内容の歌を歌うって根性と知性ある女の子たちやな)だったそうで、大和市と市教委が同イベントに出していた後援名義を取り消す方向で検討してんだってさ。

護憲集会を自治体が後援するってのは至極まともなこと(というより護憲は公務員の義務だろうが)なのにどうしてそんな異常な事態になったのか。やはりというか、アホのアベシンゾーの尻なめゲスである大和市の自民クサレ市議から大和市に横やりがあったんだとさ。その腐れゴキブリ(護憲精神もない奴が市議やるなっての)市議、小田博士なる奴が言うことにゃ、「一番問題だったのは本気で『自民党を倒しましょう』と替え歌で歌っていること。これは政治運動、倒閣運動、反政府運動ですから。運動するのは構わないですけど、それを市が、行政が後援するのはおかしいのではないか」とさ。憲法をもっとも遵守すべきである首相自身が憲法の中身も完璧無知のくせにコケにして破壊すると喚き散らしていることこそ、完全に憲法違反であり、首相の座を即降りるべきなんだぞ。そのウルトラ売国奴ヘドロ馬鹿、その馬鹿の尻舐めしか出来ない自民クサレ議員どもこそまさに反日そのものの逆賊どものくせに、なにが倒閣運動だよアホか。

しかし、アホのアベシンゾーにしてもその取り巻きのゴロツキ議員どももとにかくヘタレしかいないんだな。若い女の子のアイドルグループのちょっとした批判にもピピリまくってんのかよ。よほどテメエらのやっていることがまともじゃないと心では思ってんのかな。まあ、ゴロツキ集団のボスであるアホのアベシンゾーなんてのはあまりにアホすぎて批判の意味さえ理解できないだろうが。

そんなケツの穴の小さいチンピラ政治屋どもに対して、グループの16歳の女の子の発言がネットにあった。「こういう思いがあって、それを歌にして伝えてるわけでだからそれに対して私達にどういうふうに思っても表現の自由だから全然私達はそんなに気にはしないんですけど」とね。

それにしても、大和市の役人どものヘタレぶりも相当なもんだ。まあこういう奴らみたいなのが、戦前の軍部独裁体制に加担していったんだろうが。まあこういう役人どもの事なかれ主義がアホのアベシンゾーみたいなヘドロゴロツキがのさばる元凶でもあるんだが。

もうひとつ、自民クサレ議員どものゴロツキゴキブリぶり開陳の出来事があった。メディアの記事を並べて、読んでいくだけで自民クサレ党がすでに「自由」「民主」の名前とは極北の地にある日本破壊狙いの愚民集団でしかないのが判る訳で、まずは朝日新聞の記事で

 

・・・・・・・

 

「経団連に働きかけ、マスコミ懲らしめを」 自民勉強会

2015年6月25日22時56分

 安倍政権と考え方が近い文化人を通し、発信力の強化を目指そうと、安倍晋三首相に近い若手議員が立ち上げた勉強会「文化芸術懇話会」(代表=木原稔・党青年局長)の初会合が25日、自民党本部であった。出席議員からは、広告を出す企業やテレビ番組のスポンサーに働きかけて、メディア規制をすべきだとの声が上がった。

 出席者によると、議員からは「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番。経団連に働きかけて欲しい」「悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」など、政権に批判的な報道を規制すべきだという意見が出た。

 初会合には37人が参加した。官邸からは加藤勝信官房副長官が出席し、講師役に首相と親しい作家の百田尚樹氏が招かれた。同会は作家の大江健三郎氏が呼びかけ人に名を連ねる「九条の会」などリベラル派に対抗するのが狙い。憲法改正の国民投票まで活動を続けたい考えだという。

・・・・・・・

それにしても大笑いなのは、本来は完全な自由な思考あってこその文化、芸術を名乗って、憲法の保障する基本的人権を蹂躙することしか頭にない集団というお粗末さ。そしてその思考のあまりのゲスぶりに吐き気しかない。

で、もうひとつ朝日新聞の記事で

 

・・・・・・・

「沖縄の地元紙、左翼に乗っ取られている」 自民勉強会

2015年6月26日11時38分

安倍晋三首相に近い自民党の若手議員が立ち上げた勉強会「文化芸術懇話会」(代表=木原稔・党青年局長)の25日の初会合で、出席議員が、沖縄の地元紙について「左翼勢力に完全に乗っ取られている。沖縄の世論のゆがみ方を正しい方向に持っていく」と発言していたことが分かった。

 出席議員は米軍普天間飛行場の移設問題で政権に批判的な沖縄タイムスと琉球新報をあげて「沖縄の特殊なメディア構造を作ったのは戦後保守の堕落だ。左翼勢力に完全に乗っ取られている」などと批判した。

 出席者などによると、講師役として招かれた、首相と親しい作家の百田尚樹氏は「もともと普天間基地は田んぼの中にあった。そこを選んで住んだのは誰やねん」「沖縄は本当に被害者やったのか。そうじゃない」などと答えたという。

 このほか、政権に批判的なメディアに関し「マスコミをこらしめるためには広告料収入がなくなるのが一番」などの声も出た。

 これに対し、民主、維新、共産の野党3党は26日、安全保障関連法案を審議する衆院特別委の理事会で、若手議員の発言を問題視して抗議した。

 自民の谷垣禎一幹事長は26日の記者会見で「血の気の多い人たちが、血の気が多くなりすぎて発言が右であり左であることは時々ある。クールマインドでやっていただきたい」と話した。

・・・・・・・・

テメエらの従米隷属の売国姿勢にあわないものはなんでも「左翼」ってことか、コイツら頭大丈夫か。天皇皇后に面と向かって「あんたら左翼だ」と言っているのと同じなんだよな。しかも「世論のゆがみ方を正しい方向に持っていく」とはなんと傲慢な発言か。この姿勢が教育で洗脳しようとしてんだね。

自称作家のゴロツキから潰してしまえと吐かれた当の沖縄タイムスの記事で

 

・・・・・・・

百田尚樹氏「沖縄の新聞はつぶせ」自民勉強会で暴言連発

2015年6月26日 05:26

 作家の百田尚樹氏は25日、市街地に囲まれ世界一危険とされる米軍普天間飛行場の成り立ちを「もともと田んぼの中にあり、周りは何もなかった。基地の周りに行けば商売になると、みんな何十年もかかって基地の周りに住みだした」と述べ、基地の近隣住民がカネ目当てで移り住んできたとの認識を示した。安倍晋三首相に近い自民党の若手国会議員ら約40人が、党本部で開いた憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」で発言した。

 実際には現在の普天間飛行場内に戦前、役場や小学校のほか、五つの集落が存在していた。沖縄戦で住民は土地を強制的に接収され、人口増加に伴い、基地の周辺に住まざるを得なくなった経緯がある。

 勉強会は冒頭以外、非公開。関係者によると、百田氏は「基地の地主さんは年収何千万円なんですよ、みんな」と発言。「ですからその基地の地主さんが、六本木ヒルズとかに住んでいる。大金持ちなんですよ」などと持論を展開したという。

 普天間飛行場の周辺住民約2千人が、米軍機の騒音で精神的苦痛を受けたと訴え、那覇地裁沖縄支部が約7億5400万円の支払いを命じた判決に触れ、「うるさいのは分かるが、そこを選んで住んだのは誰だと言いたい」と、自己責任だとの見解を示したという。

 「基地の地主は大金持ち。基地が出て行くとお金がなくなるから困る。沖縄は本当に被害者なのか」とも述べたという。

 議員から沖縄の地元紙が政府に批判的だとの意見が出たのに対し、百田氏は「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と主張した。

 出席議員からは、安保法案を批判する報道に関し「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働きかけてほしい」との声が上がったほか、「沖縄は戦後、予算漬けだ。地元紙の牙城でゆがんだ世論をどう正すか」などの批判もあった。

 勉強会は自民党の木原稔青年局長が代表で、首相側近の加藤勝信官房副長官や、萩生田光一・党総裁特別補佐も参加した。

・・・・・・・・

あまりに冷静な記事なんで、沖縄タイムスの記者の記事ではなく、共同通信配信のものかもしれないが、淡々とした筆致でかえって自民クサレ議員どもや自称作家の奴らの知性の劣化が際立ってくるね。

そして、その件でアホのアベシンゾーが衆院委員会で発言。時事通信の記事で

 

・・・・・・・・

自民の報道規制論に批判=安倍首相「事実なら遺憾」

 自民党若手が開いた会合で報道規制を求める声が上がったとして党内外から26日、懸念や批判が相次いだ。安倍晋三首相は衆院平和安全法制特別委員会で「事実なら大変遺憾だ」と答弁。石破茂地方創生担当相は記者会見で、「われわれは政権の側におり、権力を持っている。言論の弾圧と受け取られかねないようなことには、心していかなければならない」と語り、苦言を呈した。

 問題の会合は、首相を支持する若手・中堅議員が25日に開いた「文化芸術懇話会」(代表・木原稔党青年局長)。出席した議員から「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなることが一番。経団連に働き掛けてほしい」との声が上がったほか、講師として招かれた作家の百田尚樹氏が「(政権に批判的な)沖縄の二つの新聞はつぶさなあかん」などと発言した。

 これに関して26日の衆院特別委で、民主党の寺田学氏が事実関係を追及。浜田靖一委員長(自民)が「確認したところ、そういう趣旨の発言があった。甚だ遺憾だ」と述べた。首相も「報道の自由は民主主義の根幹をなすものだ。尊重するのは当然だ」と答弁した。寺田氏は首相の謝罪も求めたが、首相は「その場にいないのに、勝手におわびはできない」と拒否した。

 自民党の谷垣禎一幹事長は「クールマインドでやっていただきたい」と自制を促した。公明党の井上義久幹事長は「スポンサーをどう選ぶかは企業の選択。政治が直接働き掛けることがあってはならない」と強い不快感を示した。

 維新の党の今井雅人政調会長は「大変由々しき問題。(自民党は)言論統制する独裁政党と言わざるを得ない」と批判した。 (2015/06/26-13:35)

・・・・・・・・

はいはい毎度のこの馬鹿のどうでも良い発言。しかも、謝罪も求めたが、アホアベは「その場にいないのに、勝手におわびはできない」と拒否のこの馬鹿の絶対俺は悪くない満開のアホ爆発。その場にいない限りお詫びもしないなら、自民クサレ議員どもの犯した犯罪などでも謝罪はしない訳だ。コイツほんま底なしのアホやな。

ほかメディアの記事によると、アホアベは「報道が事実なら大変遺憾だ。(勉強会は)党の正式会合ではない。有志の会合だ。発言がどのように報道されたかは確認する必要がある」とテメエで何を言っているかがまったく理解できていない発言までしているな。つまりは内輪の会合の発言内容が漏れたんだから、漏らした人間を捜し出してやると言っているのと同義なんだが、自民クサレ党が現状は不自由極まる独裁体制に堕してしまっているのを白状したみたいなものか。この馬鹿はいつも言うよな「ワタクチュが最高権力者でありましゅ」とか、まるで腹話術人形の人形が喋ってるかのように口を動かしてね。しかしそれに付随する最終責任者ということがこの馬鹿にはいまだに理解できないようだ。テメエの子分が晒した問題の最終責任は党首・首相であるテメエが取るってことなんだが、こいつはいつも逆ギレでガキそのままに逃げまくる。そして、テメエの問題でも素直に謝罪したこと一切ないから、今回の件でも謝罪なんてこの先天性馬鹿には微塵も考えられないわけだ。

それにしてもね、沖縄の2紙だけが自民クサレ党の意向に反する記事も書いて本来のジャーナリズム精神を発揮した存在であることが、今回の自民クサレどもらによって証明されたようなもんなんだが、ほかのメディアは恥を感じないのだろうか。つまりは沖縄のメディア以外は自民クサレ党、アホのアベシンゾーの批判も出来ず、単なる政権の御用機関でしかないと言われているようなもんだぜ。まあ実際その通りで、大マスゴミの幹部が税金でのアベとの酒席をともにして、癒着しまくっている訳だしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月25日 (木)

23日の行きたくもなかった沖縄訪問では県民の正当なる怒りを全身に浴びて気分最悪となった先天性痴呆アホのアベシンゾー。憂さ晴らしで24日の夜は早速、税金で籠絡のお仲間のゴロツキマスゴミ記者と税金で豪華な密会です

24日夜は沖縄から戻ってアホのアベシンゾーは毎度のマスゴミのゴミ対策の税金無駄遣いです。午後7時19分から2時間ほど、東京・銀座の日本料理店「銀座あさみ」で朝日新聞の曽我豪編集委員、毎日新聞の山田孝男特別編集委員、読売新聞の小田尚論説主幹、日本経済新聞の石川一郎専務、NHKの島田敏男解説副委員長、日本テレビの粕谷賢之メディア戦略局長、時事通信の田崎史郎解説委員と密会です。

その料亭のホームページによると、ディナーは

「17:00〜23:00、ラストオーダー 21:30

13,000円〜20,000円(税別) 要予約

サービス料別途

ご予約はお電話で受付けております

03-5565-1606」

とのことだね。年金や生活保護など庶民のわずかな収入さえ減額して国民いじめばかりしているくせに、テメエとその薄汚い売国奴仲間には金使いまくり。イヤー実に国民に優しい素晴らしい最高権力者様とその尻舐めゴキブリ記者たちではある。このゴキブリたちはどんな「おもたせ」(いわゆるお土産)もらって帰宅したんでしょうね。カネたっぷりあるお方はこの銀座の料亭を予約して、アホアベの密会での食事を体験してみては。

結構なことだね、大腸も元気で動いているのかな、日本国民からは税金ぼったくり放題、社会保障などは削減しまくりのくせに、テメエのいい格好だけしたいために税金莫大に使いまくっての豪華外遊での貴重な日本資産の垂れ流しで、さらにテメエの尻舐めマスゴミとの毎度の薄汚い密会かい。この売国奴野郎と一対何回税金で密会すれば気がすむのやらジャーナリズム精神皆無のゴロツキ記者どもは。アホのアベみたいな先天性痴呆と話する意味なんてナッシング。密会するまでなく、それほどこの痴呆の話を聴きたければ会見で堂々と質問すれば良いだけだろうが。ほんま世界の恥さらしでしかない唾棄するしかないクズ記者どもだ。それにしてもこういう会にアベの幇間メディア産経のゴミ記者がいない場合多いよな。あまりに部数少なくて無視か、それとも別の密会で「おぬしも悪よな」的接待されてんのかね、どうでも良いけど。

まあ、行きたくもなかった(心の中では基地問題でガタガタうるさい県民どもだよとしか思考していないのがミエミエだしね)沖縄でいわゆる“ヤジ”(実質はあまりに当たり前な正当なる沖縄県民の従米隷属の売国奴アベへの怒り)を浴びて、気分最悪なもんで、汚いゴロツキ仲間と税金メシ食って憂さ晴らしでもしたかったんだろうね、ウルトラアホは。それにしてもこの手の恥ずかしい限りの権力との癒着を断ち切れないマスゴミのゴミどもって、ほんまゴミとしか言えないよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

沖縄・糸満市で開催の沖縄全戦没者追悼式で戦争やりたい病末期がんのアホのアベシンゾーが偉そうに平和とか吐いて、ヤジ飛ばされたそう。海外メディアが流してんね。そのヤジを批判するナイーブでのんきな愚鈍人間がいる摩訶不思議

今日は激烈な戦闘があった沖縄戦が終わった日から70年で、沖縄・糸満市の平和祈念公園で開催の沖縄全戦没者追悼式に戦争始めたくてウズウズしまくって平和憲法破壊しか頭にない先天性知能崩壊のクズゴロツキアホのアベシンゾーもこの感受性皆無の馬鹿らしく(沖縄県民の心もまったく理解できずに従米隷属の売国戦争推進策ばかりに狂ったように邁進中のクズ)羞恥心も感じないでのうのうと参加して、官僚が書いたルビだらけの文章を毎度の棒読みして会場をしらけさせたそうだ。

まあ、ジャーナリズム精神放棄でアホのアベシンゾーの尻舐めゴキブリ状態の日本マスゴミは会場に満ちるアベ嫌悪の様子なんて書かないだろう、だが、海外のメディアはばっちり書いているね。皆様の敵、アベの忠犬NHKなんて午後7時のニュースでのそのアベの原稿棒読みシーンでは会場の音声を大カットのクソ編集していたね。

AFP通信の記事で

 

…………

 

安倍首相、「慰霊の日」式典でやじ浴びる 沖縄戦70年

2015年06月23日 16:41 発信地:糸満/沖縄

【6月23日 AFP】太平洋戦争末期に住民を巻き込み多大な犠牲者を出した沖縄戦の終結から70年に合わせ、沖縄・糸満市の平和祈念公園で23日に行われた沖縄全戦没者追悼式で、あいさつのため登壇した安倍晋三(Shinzo Abe)首相が参列者からやじを浴びせられる一幕があった。

 米軍の沖縄駐留に不満を持つ地元住民らが、檀上にあがった安倍首相に「帰れ」などのやじを飛ばした。日本で首相が直接市民からやじられることはまれだ。

 安倍首相はあいさつの中で「沖縄の人々には、米軍基地の集中など長きにわたり、安全保障上の大きな負担を担っていただいている」と述べたうえで、「沖縄の基地負担軽減に全力を尽くす」と語った。

 一方、翁長雄志(Takeshi Onaga)沖縄県知事は、米軍施設の73.8%が日本の国土面積の0.6%を占めるに過ぎない沖縄に集中し、県民に負担を強いていると訴え、参列者の温かい拍手に迎えられた。(c)AFP/Alastair HIMMER

…………

まあ、表現は柔らかいがいかにアホのアベシンゾーが沖縄県民から(沖縄県民だけじゃないがね。私なんてこれまでコイズミ以上に忌み嫌ってきた政治屋はいなかったが、アホのアベシンゾーがどう間違ったか、自民クサレ・カルト政権で2回目の首相に祭り上げられて以来、これほど忌み嫌うというか唾棄するしかないヘドロのような生き物はこれまでにない訳だ。アベに比べたら、コイズミの方が100倍ましなほどだ)忌み嫌われているかの証明なんだが、テメエで日本の最高権力者だから憲法解釈で集団的自衛権行使で戦争も勝手にできると豪語してしまうキチガイのアベには人の心はまあ永遠に理解できない訳で、沖縄県民の哀しみなどこのヘドロゴロツキには無縁だろう。

ところで、ネット徘徊していたら、このヘドロゴロツキアベに向けて野次が飛んだことをツイートなどで批判している人間もいるんだとか。しかし、のんきな奴らだね。とことん奴隷根性がインプットされてんだね。日本国民に対してこれまで独裁者気取りで非礼の限りをやってきているのがユダ金の鉄砲玉売国野郎アベだぜ。アホのアベシンゾーは日本の戦後70年の平和の礎だった日本国憲法を破壊して、戦争できる体制にして、日本国民を犬死にさせようとしてんだぜ。しかも、それはユダ金、米の軍事マフィアが驚喜するだけの政策だ。そんな戦争やって日本人を犬死にさせることにキチガイ丸出しで邁進中で、しかも基地問題で沖縄県民をコケにし続けるゴロツキ政治屋がやってきて、偉そうに平和を吐くなんて気味悪く耐えられないだろうが。ヤジ程度ですむのがおとなしすぎる日本でアベなんて幸せってもんだ。

P.S.: この記事書いたあと、さらにネット見ていたら、野次を飛ばした(ヤジじゃないよな。憲法破壊狙いの売国極悪人に対する正当なる沖縄県民の哀しみと怒りの表現だよ)人が会場から排除されたそうな。なんだこの国は北朝鮮かい。まあ、基本的人権なんて興味ナッシングのアベだから批判抹殺は当然か。

さらにP.S.: 24日の産経朝刊は一面トップでデカデカと沖縄追悼式を掲載してんだが、コイツらには実はこの式にはまったく興味なしのはず、なにしろアホのアベシンゾーの尻舐めメディアの象徴みたいなもんであり、沖縄県民の哀しみや怒りなど屁みたいに思っているクズ記者どもだ。1面トップに掲載したのはその記事構成を見れば判るが、あくまでテメエらの大事なゴロツキボスアホアベにまっとうで正当な怒りの声が飛んだことで狂いまくっている訳だ。その証明が記事の見出しに馬鹿でかく「飛ぶ怒号 慰霊どこへ」だってさ。アホのアベシンゾーなる腐敗生物そのものが沖縄県民コケにしまくって慰霊のかけらもないのに、なにが「慰霊どこへ」だよ、失笑もん記事の典型。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだかブログなんて書く気もなかなか起きない悲惨な日本の現状。戦争やりたい病末期がんのアホのアベシンゾーらの平和憲法破壊への変態キチガイ行動満開にも批判も出来ず尻舐めするばかりのマスゴミなんだし、もうどうでも良いやの気分でしかない

年初から継続している身体中の痒みだが、なかなか快癒しないね。一体どうなったんだろうね私の身体。絶賛放射能放出汚染の影響でもあるんかいな。どうでもいいけど。とりあえず、ステロイド剤など含めて薬を飲んでいるんだけど、少しは良くなっては来たが、まだ痒みが残っていて、体調もいまいちなんだよな。酒も飲まない状況続いているし、6月初めに青森までドライブしたんだけど、温泉にもほとんど入らなかった(温泉入ると痒み増すしね)しで、なんだかなあ。

とにかく戦争やって国民殺しをしたいだけの究極のサディスト売国奴アホのアベシンゾーなどゴロツキばかりの集団自民クサレ・カルトのキチガイ政治屋どもが平和憲法を亡きモノにして、ユダ金の戦争屋どもに貢献したいうす汚い意欲ばかりが充満している政治状況にはほんま吐き気するだけだし、そんなキチガイどもを批判することも出来ずにジャーナリズム精神完全放棄のマスメディアには完全幻滅だし、ネットをブラブラしていても株で儲けが出れば良いだけのクソ株式ブロガーなんてのがそのほとんどがアホのアベシンゾー支持みたいだし、そのクソどもが憲法破壊反対する人間を左翼呼ばわりのレッテル張りをして、アホのアベシンゾー並の低脳を曝しているのがわんさかだし、国民もまあ憲法なんてアホのアベシンゾー並にまともに読んだこともないだろうから憲法破壊=戦争への道の危機感も希薄だしで、ますます体調悪くなるばかりや。まあ、もうこの日本なんてどうでも良いやの気分にしかならないわ。

だいたい、党首討論なんてのも、アホのアベシンゾーはあまりに頭が悪すぎて、質問にはまったく答えてもいないで、てめえの馬鹿な思い込みだけを喚き散らすばかりなんだが、それでもアホのアベシンゾーには汚いカネで幹部が籠絡されているマスゴミ様は一切批判も攻撃もなし、まるで戦前の軍部独裁時代そのままんや。

なにしろ、ほぼすべての憲法学者が集団的自衛権の行使を可能とする安全保障関連法案について「憲法違反」との見解を示し、その怒りを会見までして表明していて、その会見では小林節慶大名誉教授(憲法改正派の右寄り学者だよ)でさえ「憲法を無視した政治を行おうとする以上、独裁の始まりだ」とまでアホのアベ政権を批判してんだから、どこまでアホのアベシンゾー一派の戦争やりたい病末期がんの自民クサレ・カルトのゴロツキ政治屋どもが狂いまくったキチガイでしかないの証明だわな。

自民クサレのゴロツキ政治屋がどんだけ法律違反行為をしていても問題ナッシングと吐きまくるわ、山崎拓や亀井静香など元自民党のまともな時代の幹部だった人間が安全保障法制の整備について反対の姿勢を表明しても「もうすでに現役を辞められ、(国会議員の)バッジを外されている方で、それぞれ個人の意見表明だ。(国会審議への影響についても)全く影響ない」と先輩の意見さえ完璧に無視し、敬意のかけらも示せないクソそのものでしかない傲慢発揮(つまりはまともな先輩政治家の声、学者のほとんどの意見さえ無視なんだから、当然のことに国民の声なんて聴く耳一切持つ訳ない)のスガ官房長官なんてのはまさに自民クサレ・カルト政権の傲慢増長の象徴みたいなもんだな。

かつてのまともな時代の自民党で、わずかでもジャーナリズム精神が残っていた時代のメディアならば、これだけ国民をコケにした発言、行動をやりまくるキチガイやくざ同然のゴロツキ政治屋どもはとっくの昔に政界から追放なんだろうが、そうならずにそういうキチガイゴロツキがのさばり、国民を戦争で犬死にさせることだけに狂喜邁進の趣で憲法破壊しか頭にない政治を繰り広げる日本の悲劇なんだが、まあどうでもいいや。何しろ憲法もその平和憲法樹立の元となったポツダム宣言も読んだこともない(まともに日本語自体を理解できないウルトラノータリンのアベなんだから難しい文章を読めるわけないしな)アホのアベシンゾーが偉そうに憲法愚弄するアホらしさなんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »