« パソコン環境改善その2,Mac miniに外付けSSDを常時接続で起動など快適に | トップページ | パソコン環境改善その4、稼働パソコンがほぼすべてSSD化出来たので、さらなる快適化のために無線LANルーターをac規格のものに。無線スピードが一気に爆速に。日本語入力をGoogle日本語入力に統一 »

2015年9月30日 (水)

パソコン環境改善その3,Windowsノートパソコンの内蔵HDDを換装してSSD化して爆速に

アップルのパソコン3台以外には株式売買主体に利用のためにWindowsノートパソコンを3台、2001年に購入の富士通のMEのパソコンNE6-700B、2005年購入のHPのXPノート、2年前に購入のLenovoのOS7のG580(Celeronで4万円弱の安物。10年以上使用していたエプソンのXPノートの代替)使用中。

MEにしてもXPノートにしても長持ちしているよね。ほぼ株式売買にしか使用していないので、古くてもまあ良いかって感じだけど、セキリュティ面などではまずいのかな。というわけで、昨年末には3万円弱で11.5インチのノートパソコン「ASUS X205TA」(ドライブ旅行などの時のモバイル用が主体)を買い、さらに6月には同じくASUSの13インチのChromebookをASUSアウトレットで19800円の激安でゲット。

この激安のChromebookが実に快適なブラウジングができるご機嫌なパソコンだ。メモリー2GB,ストレージ16GB eMMCという貧弱なパソコンなのだが、入っているのが、GoogleChromeだけというシンプルさのために、起動、ブラウジングなど超快適で、MacBookAirより早いんじゃないかと思えるほど。しかも、激安のくせに無線LANがac規格なのだ。

あまりに快適なパソコンなので、8月に同じASUSアウトレットに11インチのASUS Chromebook C200MAがなんと14800円で出ていたので、速攻でゲット。ASUSアウトレットは箱が汚れているとかなんとか書いてあるが、まったくそんなことはなく、ピカピカの新品で、もちろん1年間の保証付き。この11インチ版は企業向けに販売していたようで、存在さえ知らなかったもの。しかし、ノートパソコンが15000円で、しかも無線LANがac規格(購入当初はgn規格なのだが、プログラム更新をするとなぜかac対応になっていた)なのはあまりの激安。しかもこの14800円販売はわずか2日間ほどだけだったようで、すぐに24800円になり、最近はまた下がって19800円になっているよう。それでも安いから超おすすめ。13インチより200グラムほど軽い1・1キロの軽さも良い。

これで、2階の自室ではLenovoのCeleronノートパソコン(21インチのFHDディスプレイをつなげてデュアルディスプレイ)、13インチChromebookで前場の株式売買。MEノートは一応引退へ。後場の株式売買は1階の居間でMac mini(23インチのFHDディスプレイ接続)とMacBookAir、11インチChromebook体制となっている。自室も居間も一応ディスプレイは3画面になるが、契約しているネット証券が3社なのでちょうどいい。

ところで、Celeronノートの起動など購入時に比べて異常に遅くなっているので、つい先日、内蔵HDDをSSDに換装してしまった。その手のパソコン知識には疎いので、ネットで換装方法など情報ゲット(YouTubeに換装方法がわかりやすいものがあった)して、換装のためのソフトもフリーソフトの「EaseUS Todo Backup」でクローン化するのが無難とわかり、ネット情報通りに実行。実に簡単にクローン化が出来て、換装も実に簡単だった。Lenovoのノートパソコンはこの手の作業がやりやすい作りになっているんだね。換装してそのあまりの効果にごきげん。120GBSSDなら7000円ほどの費用で済むSSD換装は最高のコストパフォーマンスだね。取り出した内蔵HDDはケースに入れて、外付けHDDとして普通に使用できる。

1階居間で使用のHPのXPノートだが、最近起動などがとろすぎて苛々するようになってきたので、これも引退ということに。しかし、1階居間にもWindows機は必要なので、代替機として最近LenovoのThinkPad E-450を購入してしまった。一度ThinkPadを使ってみたかったのもあり、Lenovoの通販サイトで激安クーポンになるのをチェックしていたら、9月中旬に40%オフがあり、プロセッサーがCore i5-5200U プロセッサー (2.20GHz, 3MB)、Windows10,メモリー8GB,ストレージがSSHD (500GB HDD 5400rpm + 8GB NAND型キャッシュ)、無線LANがac規格とかなり高水準のものが53000円ほどで購入できた。ディスプレイが光沢無しなのも気に入った。日本メーカーのものなら同水準で10万円を軽く超えるんじゃないだろうか。さらにだ、春に発売された時から欲しかったASUSのパソコン「TransBook T90Chi」があり、かつて愛用していたNECのモバイルギアに似た形態の小ささが魅力。で、最近ASUSアウトレットで激安の34800円でずっと出ていたんだが、もう少し安くならないかと様子見していたが、ならないまま経過、結局つい最近買ってしまった。届いたモノのは物欲を満足させる逸品。小さなショルダーバッグにも入る。しかし、何台パソコン買ってんだってとこか。

|

« パソコン環境改善その2,Mac miniに外付けSSDを常時接続で起動など快適に | トップページ | パソコン環境改善その4、稼働パソコンがほぼすべてSSD化出来たので、さらなる快適化のために無線LANルーターをac規格のものに。無線スピードが一気に爆速に。日本語入力をGoogle日本語入力に統一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/62379993

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン環境改善その3,Windowsノートパソコンの内蔵HDDを換装してSSD化して爆速に:

« パソコン環境改善その2,Mac miniに外付けSSDを常時接続で起動など快適に | トップページ | パソコン環境改善その4、稼働パソコンがほぼすべてSSD化出来たので、さらなる快適化のために無線LANルーターをac規格のものに。無線スピードが一気に爆速に。日本語入力をGoogle日本語入力に統一 »