« 2年前にやめたツイッターだが、情報の速さを再認識して、昨年末から新アカウントを作って読むだけはするように。で、株式関係ツイートで有名ブロガーが収賄大臣アマリを「たった数百万円ごときで重要ポストをすげ替えるマスコミと国民にはウンザリする」と情けない限りのツイート | トップページ | 米フォードが日本市場から今年いっぱいで完全撤退とか。まあ、なんの魅力もない車だらけだし、撤退するのは経費削減で正解だね »

2016年1月26日 (火)

毎日新聞の山田孝男なるお偉い記者様が「風知草」ってコラムで、アマリ経済破壊担当デージンの汚いカネ問題を書き、なんと山東ババアや高村ボケ老人のアマリ擁護の戯言に賛意表明みたいなアホクサ。まあ、このお偉い記者様は例のアベシンゾー首領様の寿司友の常連の一匹だから納得のクソコラムだけどね

汚いカネ疑惑まみれのアマリ経済破壊担当デージンだが、国会答弁では自白同然のしどろもどろの醜態晒したくせに、ユダ金の世界中のカネ強奪談合ダボス会議から帰国しての会見では、「週刊文春」の記事をめぐり、金銭を渡した人物について「最初から隠し録音をしたり、写真をとったりすることを目的にした人たちですから、こちらは慎重になっている」とさ。おいおい、最初から隠し撮りとかを目的にするってね、あんたは追っかけされているアイドルかよ。だいたいだよ、賄賂を政治家しかも賄賂もらい慣れているしたたかで卑怯な奴の多い自民クサレの議員に渡す方は、賄賂の成果がほんとうにあるのかどうかの確認のためにも将来の担保ぐらいするだろうが。カネだけいただきそのまま知らん顔でトンズラなんて政治家多いだろうしな。

でだ、そういう賄賂を渡し慣れたような人物ってのは普通の感覚では相当に胡散臭いよな。そういう種類の人物と執務室とかで会ったっていうんだろう。執務室まで入れるってのは相当の知り合いだろう。そういう人物からカネを受け取るって普通では何か裏の目的がなければありえないだろう。なんのメリットもないのに政治家にカネなんか渡すか。つまりはそういう阿吽の呼吸のもとでカネの受け渡しがあったわけで、それを記憶が無いとか、調査するとか、慎重になっている(一体何を慎重になっているのや、摩訶不思議)とか意味不明。普通のまともな人間ならそんなわけのわからない汚いカネは渡そうとされても受け取らないわな。それを受け取ったのは賄賂と認識して、まさかバレることはねえだろうと思ってだろう。このキューピー野郎だが、なにを被害者ぶってんだよ。まあ、ここまで図々しくなきゃ腐敗臭団自民の中では生きていけないんだろうが。

<p>ところで、この件に関して毎日新聞の山田孝男って毎日内でのお偉い記者様がいかにもしたり顔の上から目線丸出しのコラムを25日付で書いている。

 

◆◆◆◆◆◆◆

 

風知草

ゲスの極み=山田孝男

 甘利明・経済再生担当相(66)と秘書に、計1200万円のワイロが流れたという「週刊文春」(1月28日号)の特報だ。

 違法な金銭授受は間違いなさそうだが、その意味と背景について、正確に見定める必要がある。

     ◇

 −−山東昭子

 といえば、元参院副議長で、自民党山東派の会長である。当選7回、73歳。その山東が、「週刊文春」発売日の21日、同派の定例総会でこう言った。

 「ゲスの極みというような感じで、まさに、両成敗でただしていかなければならない気がする」

 この発言の含みを理解するには、最新の歌謡芸能情報の知識が要る。

 「ゲスの極み乙女。」は紅白歌合戦にも出場した人気バンドの名。その通称「ゲス乙女」が最近、「両成敗でいいじゃない」という新曲を出している。

 ワイロは、もらう側も渡す側も、どだいゲス(下種(げす)=心卑しき者)の極み。だから両成敗……。

 いかにも芸能界出身の山東らしい機知だ。

 ネット上では「政権の疑惑を隠す暴言」などと批判を浴びているが、告発側も疑え−−という山東の指摘は傾聴に値する。

 なぜなら、一見、捨て身と見える告発者の所属企業は実態不明、あらかじめ紙幣番号を複写した札束を渡すなど、暴露を前提にした仕掛けにあざとい印象を受けるからである。

     ◇

 告発者は言う。

 都市再生機構(UR)との補償交渉などを有利に運ぶため、2013年から14年にかけて甘利本人に2回会い、現金50万円ずつ計100万円渡した。それとは別に公設第1秘書に計600万円渡している。

秘書への飲ませ食わせを含め累計1200万円貢いだが、口利きは一部しか奏功せず、それが不満で暴露した−−という。

 これが事実とすれば、甘利と秘書は、あっせん利得罪に問われる(直接の職務権限がないので、収賄罪には当たらない)。

 政治資金規正法(収支報告書への記載義務)違反は言わずもがなだ。

 戦後の日本政治は、高度経済成長の過程で金権政治家を輩出した。官僚主導の経済政策をゆがめる利権屋を特捜検察が逮捕し、マスコミが糾弾した。

 経済成長が終わり、政治改革を越え、一般的には金権政治は去った。

 この間、自白調書偏重による検察の暴走、取材不足によるマスコミの虚報も痛切な反省を迫られ、今日に至っている。

 甘利自ら現金を受け取ったとすれば、申し開きの余地はない。受け取っておらず、秘書がカネをくすねたのだとしても監督責任は免れないが、悪質さの評価は事実関係による。

 政治家・甘利の実態は果たして旧態依然の利権屋なのかどうか−−。

     ◇

 甘利は「ゲス乙女」といささか因縁がある。

 昨年5月、記者会見でマイナンバー(社会保障と税の共通番号)制度のPRに挑戦。コカ・コーラのCMに使われた「ゲス乙女」のヒット曲「私以外私じゃないの」を口ずさみ、動画が話題になった。

 ♪冴(さ)えない顔で泣いちゃった夜を重ねて……

 で始まるこの歌は、鏡を見て自問自答しつつ、自らを確かめる−−というメッセージだ。甘利が公約した調査結果の説明期限は28日である。(敬称略)

◆◆◆◆◆◆◆

何なのこのクソコラム。「意味と背景について、正確に見定める必要がある」なんて言うほどの内容か。あまりに内容薄すぎで、こんなアホ書いていてお偉い記者稼業できるってさすが記者クラブ制度と官房機密費で甘い生活の奴らしい。しかもこの山田って奴だが、例のアベシンゾー首領様との税金強奪の超高額お食事談合会合の常連のクズだよ。だからこその納得のコラム。分かりやすすぎて失笑モンや。読めば読むほどコラム筆者の品性下劣が匂い立ち、吐気がするわ。それにしても、政界事情だけでなく、歌謡界情報にもお詳しいようで(笑)

だからこそ「告発側も疑え−−という山東の指摘は傾聴に値する。なぜなら、一見、捨て身と見える告発者の所属企業は実態不明、あらかじめ紙幣番号を複写した札束を渡すなど、暴露を前提にした仕掛けにあざとい印象を受けるからである」なんて、ゴロツキ文章が書けるわけだ。山東ババアや高村ボケ老人のたわ言に同意するようなまさに絵に描いたような自民の翼賛幇間的愚か極まる態度を取れるわけだ。あまりにも分かりやすすぎるアベシンゾーの寿司友ってか。まあ、毎日新聞の安給料では高額食堂にはなかなか行けないものな。政界もそうだが、マスゴミもまさにゲス記者がわんさかの見本みたいなもんか。ネット徘徊したら、このお偉い記者様は安保法案に関して、昨年の同じコラム欄で「政権が軍事国家を目指しているという断定は不当な極論である」なんて断定してたんだってさ。どこまでもアベシンゾー首領様のの尻舐めに徹しているゲスの極み記者様ではある。

|

« 2年前にやめたツイッターだが、情報の速さを再認識して、昨年末から新アカウントを作って読むだけはするように。で、株式関係ツイートで有名ブロガーが収賄大臣アマリを「たった数百万円ごときで重要ポストをすげ替えるマスコミと国民にはウンザリする」と情けない限りのツイート | トップページ | 米フォードが日本市場から今年いっぱいで完全撤退とか。まあ、なんの魅力もない車だらけだし、撤退するのは経費削減で正解だね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/63122654

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞の山田孝男なるお偉い記者様が「風知草」ってコラムで、アマリ経済破壊担当デージンの汚いカネ問題を書き、なんと山東ババアや高村ボケ老人のアマリ擁護の戯言に賛意表明みたいなアホクサ。まあ、このお偉い記者様は例のアベシンゾー首領様の寿司友の常連の一匹だから納得のクソコラムだけどね:

« 2年前にやめたツイッターだが、情報の速さを再認識して、昨年末から新アカウントを作って読むだけはするように。で、株式関係ツイートで有名ブロガーが収賄大臣アマリを「たった数百万円ごときで重要ポストをすげ替えるマスコミと国民にはウンザリする」と情けない限りのツイート | トップページ | 米フォードが日本市場から今年いっぱいで完全撤退とか。まあ、なんの魅力もない車だらけだし、撤退するのは経費削減で正解だね »