« 株式関係ブログ徘徊していたら、汚いカネいただき辞任のアマリの会見見て、「正直な、人間的な賢さのある人」などと絶賛する人間もいる不思議日本 | トップページ | 馬鹿な国民のおかげか絶対権力にあぐらをかき、図に乗りすぎているアベシンゾー首領様とそのゴロツキ仲間たち。その典型の一つが国会答弁で「アベ政権に逆らう報道などした放送局は電波停止だぞ」と事実上の恫喝宣言をした高市ゾンビババア総務相 »

2016年1月30日 (土)

アマリ賄賂事件でますます鮮明に見えてきたマスゴミ記者のアベ政権べったり、ジャーナリズム精神喪失の腑抜け状態。朝日新聞の記事でも閣僚辞任だけで終了させようとの腐敗臭紛々

アマリの汚いカネいただき事件だが、マスゴミの記者どもって28日夕方の会見でもまったく追及の姿勢なく、小沢魔女狩り時とはまるで違うやる気なし。相当に官房機密費など税金が腹に垂れ込まれているんだろうな。

そのやる気なしというかアベシンゾーの完璧なまでの尻舐め犬に堕した姿が朝日新聞の記事にも鮮明に出ていて、記者どもが閣僚辞任で終わりにしてしまって、アベにゴマすりしようとのイヤーな雰囲気満開。

で、その朝日の記事だが、29日の「甘利氏問題、どこまで法令違反? 口利き実態は依然不明」なるタイトルの記事。もう見出しから事件を有耶無耶にしたい気分爆発。

  アマリの会見時の都合のいい言い分を書いてやり、犯罪があまりに鮮明な事案なのに実に優しい。小沢魔女狩り時に執拗に喚いていた「政治とカネ」なるアホスローガンは自民相手には封印ってことかい。

そして、記事の最後に「甘利氏の説明通りであれば、政治資金の処理としては法令違反とまでは問われないとの見方が多い。甘利氏は会見で、このずれについて、実態に合うよう収支報告書を訂正する意向を示した」だとさ。この見方が多いって言葉だが、どうやってどこで調べたんだよ。この記者がまとわりついている自民の政治屋どもの見方だろ。朝日でこの程度の体たらくだし、もうアマリの捜査なんてないね。この国は自民・カルトのクサレ政治屋、利権追求と売国一途の官僚(腐敗しきった司法官僚もな)、こいつらの尻舐めマスゴミが組んで日本破壊に勤しんでいるわけだ。

その朝日新聞に談話が載っていたのだが、小池晃・共産党政策委員長

◆◆◆◆◆◆◆

 (甘利明・前経済再生相の「いい人だけ付き合っているだけでは選挙に落ちてしまう」との発言に)びっくりしました。いい人じゃない人もどんどん事務所に来るんですか。大臣室まで来るってことですか。しかも甘利さんは「小選挙区制だから」と言っているが、ではなんで千葉の人が来るのか。本当にたがが緩みきっているというか、安倍自民党政治のおごりが表れている。(記者会見で)

◆◆◆◆◆◆◆

まったくですわ。そもそも選挙のためには悪いやつとも付き合うとかなんとかって発言自体が、すでに人間として終わっているんだが、そのアホな言い訳も意味ないわな。なにしろ大臣室まで招き入れて、カネいただいたのが選挙区とは関係ない人間だ。

ところで、産経サイトに出ていたのだが、

 

◆◆◆◆◆◆◆

「甘利氏を嵌めた週刊文春『禁じ手』スクープに屋山太郎がモノ申す!」…オピニオンサイト「iRONNA」が、週刊誌報道に端を発した閣僚辞任の背景に迫ります

 1月28日に経済再生担当相を辞任した甘利明氏の現金授受問題について、オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」編集部が、政治評論家の屋山太郎氏にインタビューしています。

 「はっきり言って、今回の週刊文春のやり方は感心しない…はじめから甘利氏を罠に嵌めて『事件』にしてやろうという魂胆が見え見えだ」

 屋山氏は、「週刊文春」のスクープに端を発したこのスキャンダルについて、違った視点から背景を読み解いています。

◆◆◆◆◆◆◆

なんてのがあった。テメエらでインタビューしたんじゃなくて、ほかのサイトの記事を引用してまで、アマリ擁護をやりたいのか産経は。それにしてもね、やり方が感心しないだって、偉そうに言うなこいつはいつものことだが。ならばおとり捜査の導入とか、スピード違反検挙、監視カメラなど全て否定しろよ。お仲間にだけは優しいことで。ならば、真っ白明白だった小沢魔女狩り時に「検察のやり方は感心しない」とか一言でも発したか。

まあこの屋山ってのは、時事通信の政治部出身で、審議会委員なんてして甘い汁を吸っていた一種の政治ゴロみたいなもので、アベの税金で高額宴会の仲間の一人であるテレビでコメント屋して稼いでいる時事通信政治部記者の田崎の同類、というよりこいつもつい先日アベと税金使っての豪華宴会に参加していたクズだ。「禁じ手」とか上から目線でよく言うよ。元から自民のスキャンダルなんて暴く気なんてゼロで、つまりはジャーナリズム精神皆無のテメエのバカを晒しているだけなんだが、よほどアベシンゾー大事なんだね。税金でごちそうになるのがよほど嬉しいのか。ほんまこんなクズばかりがウジ虫のごとくに涌いているのが日本マスゴミの政治部。で、そのクズ仲間の田崎はテレビで今回の件でもニタニタと薄ら笑いでコメント屋稼業のようで、「ひるおび」とかのクズ番組で「甘利さんの会見の話を聞きながら、なるほど、なるほど、と思って聞いていた」とさ。アホすぎて萎えるしかない。さすが、アベのスシ友だけはあるな。

P.S.:アマリ事件の週刊文春の第2弾「甘利大臣事務所の嘘と「告発」の理由」の記事が「阿修羅」サイトに載っている。実に生々しい賄賂授受現場の模様。これもで自民クサレ政治屋のお仲間腐敗の極みのゲス集団検察は捜査しないんだろうね。小沢一郎とは違い官僚組織利権温存の優しい自民クサレ党の味方だもんね。

|

« 株式関係ブログ徘徊していたら、汚いカネいただき辞任のアマリの会見見て、「正直な、人間的な賢さのある人」などと絶賛する人間もいる不思議日本 | トップページ | 馬鹿な国民のおかげか絶対権力にあぐらをかき、図に乗りすぎているアベシンゾー首領様とそのゴロツキ仲間たち。その典型の一つが国会答弁で「アベ政権に逆らう報道などした放送局は電波停止だぞ」と事実上の恫喝宣言をした高市ゾンビババア総務相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/63139619

この記事へのトラックバック一覧です: アマリ賄賂事件でますます鮮明に見えてきたマスゴミ記者のアベ政権べったり、ジャーナリズム精神喪失の腑抜け状態。朝日新聞の記事でも閣僚辞任だけで終了させようとの腐敗臭紛々:

« 株式関係ブログ徘徊していたら、汚いカネいただき辞任のアマリの会見見て、「正直な、人間的な賢さのある人」などと絶賛する人間もいる不思議日本 | トップページ | 馬鹿な国民のおかげか絶対権力にあぐらをかき、図に乗りすぎているアベシンゾー首領様とそのゴロツキ仲間たち。その典型の一つが国会答弁で「アベ政権に逆らう報道などした放送局は電波停止だぞ」と事実上の恫喝宣言をした高市ゾンビババア総務相 »