« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月19日 (金)

個人投資家殺しが趣味の日本の三大証券が平均株価の今年末の予想株価を揃って引き下げたそうで。ほんま適当な奴らや。ならば買いかもね

今年に入ってからの東証の値動きの激しさは、パソコンで株価ボードを見ているだけでほんまジェットコースターに乗っているかのようで、疲れますわ。ただ、株式好きとしては実に楽しいんだけどね。

で、証券の雑談を。この証券業界には株式評論家や証券アナリスト(アホリストともいう)とかストラテジストとかの個人投資家騙しのためだけのいかにも専門家風情の肩書のどうでもいいサラリーマンがわんさかいる。株式評論家では貧乏くさい顔つきの北浜なんとかなんてのは、もう何の役にも立たない予想外ればかりの戯言を毎日のように垂れ流してんだが、それでもラジオNIKKEIに出演して偉そうに吐いたりしてんだが、まあ株式業界ってのはこの程度のやつばかり。自分の吐いた予想などがどれほど外れようが、一切責任も負わないし、完全スルーで知らんぷりの超適当なお仕事。利用方法としては反面教師とするのが適当。そんなに証券の動きを予想できるのなら、他人に教えずに自分で売買して大儲けすれば良いだけなんだがね。

証券会社系でもっとも当たらない、逆神的存在が元ドイツ証券のムシャ某で、ラジオNIKKEIで時々聞くその「まあ___、まあ・・・、まあ、、、」と「まあ」だらけの鬱陶しい話しぶりが頭の悪さを示しているが、これまでこいつが株式の見通しで当てた記憶が自分の長い株式売買の中でも無い。最近はドイツ証券辞めて、独立してやっているようだが、そこらじゅうでなんだかえらい強気ばかり吐いていたので、株式の動きにはかなり気をつけていたのだが、やはり逆神というか今年に入っての大暴落。逆神ぶり満開。でも、このおっさん、テメエの超強気発言になんの責任感も感じていないようで、最近は弱気に転向みたいで、お気楽ぶりには失笑。

まあ、この程度の人物ばかり(それでも現状のクソゴロツキばかりの売国アホのアベシンゾー首領様支配の自民クサレ党議員よりはなんぼかましかもね)が証券業界なので、自称評論家やアホリストなどのたわ言をマジに聞くのは大損の元。その胴元みたいな存在である日経新聞なんてのも基本的には株式売買で儲けるには不要だしね。バカ高い購読料払って読みたい人はまあ好きにすればいいけど、無駄だが。全て自分で判断しかないのが究極の自己責任の世界である株式売買ってことか。

午前9時から午後3時までの間はパソコンで株価ボード見ながら売買してんだが、基本は音楽聴きながら(ほんま適当だね)ってのが多いが、ラジオNIKKEIを聞くことも多い。その株式番組は女子アナが基本MCで、ラジオNIKKEIの男性記者3人や評論家などが入れ替わり解説役みたいに喋ってんだが、前場を5日間担当する岸田アナはよく勉強しているね。岸田アナ一人でやってくれる方がなんぼか良い。解説役の男子記者は基本要らねえって気分。ラジオNIKKEIの解説役の男性記者は3人いるんだが、和島ってのはとにかくしゃべりが下手くそ。「ええと、ええと」を一体何回繰り返すんだよ、しゃべりの勉強をしろよ。また、今野ってのはしゃべりがせかせかしすぎでイライライする。まあ。和島もせかせかだが。あと一人の鎌田ってのがひどい。クセなのか気持ち悪い含み笑いを出演中ずっとだし、そのダミ声がヒトラーマンセーのアホアッソーのコピーまがいで、そのイラつくダミ声で役にも立たないどうでもいい話をダラダラしゃべり、それを「記憶しておきましょう」とくる。記憶しても意味ねえよ。女子アナでは叶内アナってのが「癒やしの声」とかプロフィールに書いてあるが、わざとらしいぶりっ子しゃべりがキモい。出演の解説者の一人桜井某ってのもまあどうでもいい存在の見本みたいなもんか。

というわけで、ラジオNIKKEIなんてのを聞いてもそれほど役にも立たないってことなんだけど、株式やるにはとにかく会社四季報を愛読書にして熟読玩味、ネットであまたある株式関係ブログなどから具体的に売買銘柄や売買時期、株価などを書いている儲けていそうなベテラン系のブログなどを参考に(その売買銘柄と同じものを買う必要は全くない)して、お勉強するしかない。株式関係ブログなどでもデイトレード系のものは「今日はいろいろガチャガチャいじって、100万ゲット」みたいなものばかりで、ほんま売買の参考には一切ならないが、暇つぶしの読み物にはなる。

ひまにまかせてダラダラ書いたが、18日夜のテレ東WBSで日本の証券大手3社が今年末の予想平均株価をこれまでの予想株価から一斉に引き下げたってのを流していたので、それを書くだけのつもりがつい長話に。大手3社とは野村、日興、大和で、このところの大幅下落で一気に総弱気に。だいたい銘柄の格付けもそうだが、上昇すれば強気になり、下落すると弱気と馬鹿でもできるのが証券業界のお仕事。ということで、恒例の新年の年末株価予想でも当たることがほとんどない証券専門家だし、その元締みたいな三大証券が超弱気になった(このところの大幅下落で強気一辺倒だった逆神ムシャが弱気に転じているしね)ということは、個人投資家としてはその逆を行ったほうが良いってことかもね。なにしろ三大証券は個人投資家に儲けさせようなんて微塵も思考にないからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

ネットで知ったラーメン「二郎」を毎日食べ続けている人物のツイッター。しかし、そのツイッターを知ったのは、体を壊したかどうか、二郎巡りをできなくなったとのツイートで。それにしてもブタの餌のようなラーメンをよく毎日食えるよな

食べ物って言うと基本的にはあっさりで淡白だけど旨味のあるものが好きで、麺類では京都生まれの京都育ちってことで、何よりも京都風のうどん、特に刻みきつねうどんなんてのが一番好き。うどんはさぬきうどんが有名なんだが、コシがかなりあるうどんだよね。ところが、京都のうどんはまったくコシなしのヘタレうどん。でもそれが美味いんだよね、甘みのきいた出汁の染みた刻みきつねと絶妙のコラボ。京都ではまあ町中のどのうどん屋で食っても一応美味いけど、雰囲気も味わいたければ値段もそれほど高くない祇園の「ひさご」なんてのが良いよね。通っていた中学校がすぐ近くだったし、まあ地元の普通の店だけど、料理評論家の記事などで異常に有名になったけどね。

というわけで、その手のあっさり系うどん大好きなんだが、京都ってなぜか知らないが、ラーメンはコッテリ系が意外に多いようだ。全国展開で有名な「天下一品」なんてのがそうだし、ほかにも有名な地元密着系があるらしいけど、あんまりコッテリ系好きじゃない(天下一品は一回食って二度と食う気失せた)からさっぱり知らないけど。

ところで、そのコッテリ系ラーメンで有名なのに「二郎」ってのがあるらしい。ネット徘徊しているとよく出てくる名前だ。しかし、これまで一回も食べたことはない。その二郎ラーメンを毎日のように食べて、ツイートしている人物を今日はじめてネットで知った。

ところが、知ったのはその人物が、ラーメン二郎巡りをできなくなったと13日にツイートしたってのが話題になっていたので知ったわけで、そのツイートは

 

habomaijiro ‏@habomaijiro  2月13日

 

アクシデント発生の為、二郎巡りが困難な状況となりました。このお報せを以って更新を終了します。ありがとうございました。

 

ってものだ。

毎日のようにラーメン二郎を食べ続けていたっていうんだが、13日ツイートが上記のもので、体を壊したかどうか二郎通いができなくなったのでツイッター辞めたっていうもの。で、これまで二郎のラーメンってのを食ったことがないので、このアカウントを見ていると、毎日違う二郎の店(二郎の店ってそんなにたくさんあるのか?)でラーメン食っていて、その写真が載っているのだが、写真見ただけで食う気ゼロ状態に。超絶に不味そうだよ。こんなブタの餌みたいなのをよく毎日食っていたよな。病気になって早死の自殺願望そのもの。

というより、ようわかんないけど、ラーメンってそんなに毎日食いたいものか。池袋へ映画見に行くと、その時にでかい書店「ジュンク堂」に必ず立ち寄るんだが、ジュンク堂の道挟んで向かい側の角地にあるラーメン屋がいつも長い列ができているんだが、列に並んでまでラーメンを食いたいのかなといつも思うんだけど、そのジュンク堂前のラーメンってそんなに美味いのかな。いまだに並んでまで食う気がおこらないので、確認できず状態。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

1月下旬からのまるで雪崩のような株価大暴落にはほんままいりましたね。買い増しを進めていたので、今日なんて持ち株超悲惨。まあ、ゲット予定配当金だけは増加ですが

ほんままいりましたね。今年に入ってからの株式市場の大騒乱状況は1980年頃から株式売買やっている自分としても、これほど短期間にたいしたリバウンドも殆ど無く、まさに雪崩のごとくに大暴落してしまうのはちょっと未体験で、持ち株も悲惨で、特に今日は悲惨すぎて涙もちょちょぎれますわ。まあ、ネット上での株式ブログなんか見てもいずれも阿鼻叫喚の様子。自分的には個別株の下落の大きさの強烈さは、感覚的にはあの87年10月のブラックマンデーの時以来かな。

業績的にはそれほど悪くもなく、配当もわりに高配当で、低PBRの銘柄が追証などによる投げなんだろうけど、理由もなくぶん投げられていて、パソコンで株価ボード見ていると、「なんじゃこれはっ!!!」ていう呆け状態に。なにしろ今日の新安値銘柄数がなんと994とか。ふつう新安値が500銘柄程度になれば底値圏とされるんだが、1月20日頃にも700を超えていたし、それをさらに上回ってんだからもう完全に想定外。ファンダ的にもテクニカル的にも無視した動きであり、先物主導でのヘッジファンドなどが大暴れてして、大笑いしているのが目に浮かぶ。

外資主導で日本の証券会社がさっぱり力のない日本株式市場の情けなさ大爆発ってとこか。売国戦争大好きキチガイアベシンゾー首領様や財務省の無責任野郎で日銀総裁に天下りのニヤケ野郎など、こういう時に限って、責任回避発言ばかり。アベシンゾー首領様なんてのは、株価上昇時にはアベコベミクスの成果みたいにほざいていたんだが、下がるときにはテメエには関係なしってか。それより、このウスラバカは実体経済の指標すべてが悪化なのに、消費税は予定通りにどうしても10%にするって言明してんだからアホ極まる。よほどユダ金あたりから命令されてんだろうが。現状では消費税は増税よりも、5%いやゼロにしてもいいぐらいだ。それにしてようやく消費喚起もできるんだが、テメエの出身校の校名さえまともに書けない先天性痴呆に経済のケの字もわかるわけもなく、財務省の売国官僚の意のままってか。

まあ、アベコベミクスなんてインチキと実体の企業活動とは関係ない。企業は経済活動を止めるわけなく、人間活動が続く限り、日本の企業活動は拡大する。今回のような大暴落時には買うしかないやと、1月20日頃から買い増しや欲しかった銘柄の新規買いなどをかなりやっていて、年末には投資資金のうち18%前後を株式投資していたが、この一連の下げの過程で、特に今週はかなり買い進んで、銘柄数も20銘柄ほどから43銘柄に増え、投資資金に占める比率も18%から37%ほど(下げの過程で評価額激減でゲンナリ)までに膨らんでしまった。

これほどの比率で買い進んだのは2012年春から初秋にかけて以来。しかし、2012年当時は「今こそ買い」という感覚があったのだが、現時点ではちょっと不安感のほうが多く、今日の強烈な下げでその不安はさらに大きくなり、評価損が激増で、今回の買い増しは失敗だったかなとも。じっくり塩漬けですな。

その買い増しのせいか、ゲット予定の配当金が約150万円に膨らんではいるが。配当金は2012年が130万円ほど、2013年が145万円ほどあったが、買ったもののわりに短期で売却することが多くなった2014年は80万円、昨年は42万円と減少していたので、今年は配当金を多めにゲットしようと、買い増しを進めたのもあるので、まあ仕方ないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

馬鹿な国民のおかげか絶対権力にあぐらをかき、図に乗りすぎているアベシンゾー首領様とそのゴロツキ仲間たち。その典型の一つが国会答弁で「アベ政権に逆らう報道などした放送局は電波停止だぞ」と事実上の恫喝宣言をした高市ゾンビババア総務相

昨年の年初から発症した発疹だが、最近またちょっと悪化気味で痒くてイライラする。ほんまどうなってしまったのかね私の体は。そのイライラをさらに倍加させるのが、憲法破壊して戦争できる国にして国民を戦争に駆り出して犬死させることだけが生きがいのキチガイ野郎先天性アホアベシンゾーなる生き物が支配する自民クサレ党のこれまた腐敗臭しか漂ってこないゴロツキ議員どもが毎日繰り広げる悪の醜態。

それをさっぱり批判することもなく、スルーするばかりのアベの尻舐め犬マスゴミの気持ち悪さ。その気持ち悪さは、マスゴミが繰り出す国民だましと洗脳でしかない世論調査というアベ翼賛捏造報道がある。物価は上昇するわ給料は上がらないわ、社会保障関係は削減されるわと生活が厳しくなるばかりのアベコベミクスなのに、アベの尻舐めマスゴミは既得利権を失いたくないばかりにアベのゴマすりでしかないアベ内閣支持率上昇というあまりにミエミエの嘘八百世論調査を垂れ流すばかりのまさに世紀末そのもの。

国民の生活がどうなろうが、従米隷属(そのくせに米が日本にプレゼント=憲法そのものをくれたわけじゃなくて、日本人が民主憲法を作るきっかけをくれたってことね=した最高の宝物日本国憲法だけは忌み嫌うまさにキチガイの典型アベシンゾー)の悪徳官僚と政治屋どもが税金泥棒に励むばかりなんだが、その腐敗をえぐり出すべき活動をすべきメディアがアベの尻舐め犬に堕してしまって、テメエらの瑣末な既得利権死守しか頭にないっていう体たらく。まあ国民も、ブッシュの前で犬踊りをして世界に恥をさらしたコイズミの米で躾けられた馬鹿ガキにキャーキャーしているんだからどうしようもないけどね。

それにしても、権力にあぐらをかきすぎて、自民クサレ・カルト談合政権は図に乗りすぎているよな。その典型の一つが、今日の話題となっているテレビで顔を見るだけでゾンビに憑依されてしまいそうなキモババア高市総務相が8日の衆院予算委員会で、放送局が政治的な公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、放送法4条違反を理由に、電波法76条に基づいて電波停止を命じる可能性に言及したってことだよな。「行政指導してもまったく改善されず、公共の電波を使って繰り返される場合、それに対して何の対応もしないと約束するわけにいかない」とさ。

まあ、アベシンゾーの手先として送り込まれたゴロツキが会長をしている皆様の敵、NHKなんてのは会長自身が堂々と「政権の意向と反対のことは報道できない」とかなんとか、NHKはジャーナリズム精神なんてない単なるアベ売国キチガイ政権の宣伝機関とすでに宣言してんだから、アベ売国政権のマスゴミへの脅しはすでに完璧に実現しているわけだし、他のマスゴミも幹部が連日のごとくにアベシンゾー首領様と税金横領の超高額宴会でケツの毛まで抜かれてんだからどうしようもないわけだ。

こんなゾンビババアの恫喝を国会でされても萎縮して何にもできないのかよ金玉抜かれた日本のマスゴミどもは。まあ、アベが、政権批判をまともにしているのは日刊ゲンダイだけだ、と他の大メディアを徹底的に愚弄する答弁を国会で薄ら笑い浮かべてしても、反論さえしない日本のマスゴミにすでに存在の意味自体無いんだがね。

そのどうしようもない状況をさらに国会の答弁で強化して、マスゴミに脅しをかけたのが今回のゾンビババア高市の国民を舐めきった答弁ってことだ。だいたい放送法なんてのは憲法の保証する思想・報道の自由を担保するものであり、その根本の憲法を無視しまくって蹂躙しまくっているのがアベ売国キチガイ政権なんであって、その憲法違反政権が放送法で電波停止もありうるなんて御託をほざくなら、このアベ売国キチガイ政権自体がすでに憲法規定により即刻機能停止、内閣全員内乱罪で逮捕だぜ。

この売国政権が国民を舐めきっている例証がまたまたあった。沖縄のよく知らないがアイドルグループの一人だったらしい女を自民クサレから出馬させるんだとさ。沖縄の心をレイプしまくる自民クサレ党から出馬するってのも、凄まじきものだが、沖縄の裏切り者として一生生きていってくれ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »