« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月14日 (木)

熊本で震度7の地震発生、九電の原発は大丈夫かいな。アベ極右ゴロツキ政権のめくらまし鉄砲玉・田母神俊雄が公選法違反で逮捕。アベ政権の道具としての役目が終わったってとこかな

ネットでニュースチェックしていたら、午後9時半頃熊本などで震度7の地震が発生か。九電の鹿児島県薩摩川内市の福島原発の教訓も無視して強硬稼働した川内原子力発電所は大丈夫なのか。今回の地震は阿蘇噴火の前兆なのかな。それならますます原発の危険性増加なんだけどね。

閑話休題。 2014年2月に行われた東京都知事選で陣営の運動員らに現金を配ったとして、東京地検特捜部が14日、公選法違反(運動員買収)容疑で元航空幕僚長の田母神俊雄と選対事務局長をやっていたこれも自衛隊仲間らしい島本順光を逮捕したとさ。

基本的にどうでもいいおっさんなんだが、このおっさんの支離滅裂知性皆無の極右行動・発言をお仲間であるアベシンゾー売国政権が巧く利用していたもんな。このアホなおっさんの過激発言がカタリストとなって、アベシンゾー首領様らゴロツキ極右政治屋の発言や行動がその危険なものであるとの認識が緩和されてしまう国民洗脳の道具になっていたんだよな。同様の道具が大阪のハシゲらのゴロツキ政治屋なんだけどね。今回の逮捕は田母神がすでに道具としての役目が終了したってことなんだろうね、どうでも良いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

為替や株式の動き予想なんてやること自体無駄の極致なんだが、株式アホリストなどはその無駄をして投資家を惑わす。その予想外しの逆神の象徴、武者某が7日に「日本売りが始まった」と宣言したとたんに強烈な3連騰

2月19日のブログで株式のことを駄べって、株式評論家などのアホぶりを書いたんだが、その中で ・・・・・・証券会社系でもっとも当たらない、逆神的存在が元ドイツ証券のムシャ某で、ラジオNIKKEIで時々聞くその「まあ___、まあ・・・、まあ、、、」と「まあ」だらけの鬱陶しい話しぶりが頭の悪さを示しているが、これまでこいつが株式の見通しで当てた記憶が自分の長い株式売買の中でも無い。最近はドイツ証券辞めて、独立してやっているようだが、そこらじゅうでなんだかえらい強気ばかり吐いていたので、株式の動きにはかなり気をつけていたのだが、やはり逆神というか今年に入っての大暴落。逆神ぶり満開。でも、このおっさん、テメエの超強気発言になんの責任感も感じていないようで、最近は弱気に転向みたいで、お気楽ぶりには失笑・・・・・・なんてのを書いていた。

これまでのムダに長い私の投資歴の中で、常に逆神の象徴と観ているのが、元ドイツ証券のアホリストとして、投資家を儲けさせるためではなく、常に証券会社がぼろ儲けするだけの予想などを吐いていた武者某。会社を儲けさせるのに貢献したからこそ出世もしたんだろう。とにかく過去の経験ではこのおっさんの予想予言は外れまくり。株式やる上では絶対に信じちゃいけないシンボルみたいなもん。ほかにもその手の人物は何人もいるけどね。

で、その逆神である武者某のサイト「武者リサーチ」で無料で読める「ストラテジーブレティン」ってのがあって、その4月7日第158号は「株式市場、年度初めの日本株独歩安をどうみるか」なのだが、その中で武者某が

◆◆◆◆◆◆◆

武者:やや断定的に言ってしまえば、日本売りが始まったという可能性があり得ると思います。日本売りと言うと極端ですが、日本売りの仕掛けがトライアル・アンド・エラーで始められた可能性があると思います。やはり円買いというのは日本売りの象徴です。日本が改革できずデフレが続けば円高になり、円高は更なる株価下落をもたらす悪循環を引き起こします。円買い円高は日本売りの象徴としての投資ポジションです。今やドル安政策が世界の金融安定の為に必要だということで、ドル安の結果円高になったというのが少し前までの観測でしたが、今起こっているのはドル安というよりは、円だけが日本売りという目的の為に買われると言わんばかりに投機的な円買いが起こり、それが原因となって日本株が売られるということが起こっています。

◆◆◆◆◆◆◆

と、御高説を吐かれているんだが、そのとたんに今週に入っての爆騰の連続。この御高説を信じて速攻で売却行動に出てしまった投資家は地団駄踏んでんだろうな。「日本売りが始まったという可能性があり得る」と断言したとたんに、178円、452円、529円の3連騰。このおっさんの予想信じてビビりまくって速攻で売却しないで良かったよ。というか、これを読んだときに、これで上昇に転じる可能性かもなと思ったぐらいだけどね。

まあ、株式の儲けの一番の要諦は我慢だから、買ってからちょっと下がると株式売買で重要なのは損切りと吐く(まったく儲けることが出来ない素人同然なのに3万ほどの超高額株式セミナーを開いてしまう)さっぱり意味不明な自称バリュー投資家角山某のマネなんかしていたら、永遠に株で儲け無しだしね。損切りじゃなくて、買い増しが私のこれまでのやり方。というわけで、このところの急な下落過程で買い増したりしたものを今日かなり売却して、キャッシュ増加。で、全売却したある1銘柄は毎度のことながら、売却した途端に急騰でがっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

平日の通常営業中の箱根ターンパイクで自動車評論家がポルシェの試験運転で爆走して自爆死。他人を巻き込まなかっただけ不幸中の幸いな自業自得

11日午後2時55分ごろ、神奈川県小田原市石橋の有料道路「ターンパイク箱根」で自動車評論家の森野恭行なる人物の運転する乗用車が反対車線のガードレールを突き破り、道路脇の木に衝突して死亡したとか。どんな事故か知りたくて、ニュースサイト見たら、日本テレビのニュースで破壊したポルシェの写真が出ていたので、その破壊の凄まじさがわかる。

◆◆◆◆◆◆◆

ポルシェが木に激突 自動車評論家が死亡

 11日、神奈川県小田原市の有料道路で、自動車評論家の男性が運転するポルシェが、ガードレールを突き破って木に激突し、男性は死亡した。

 11日午後3時頃、小田原市の有料道路「MAZDAターンパイク箱根」で、自動車評論家の森野恭行さん(53)が運転するポルシェが反対車線のガードレールを突き破り、道路脇の木に激突した。森野さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 現場は片側一車線の下り坂で、ゆるやかなカーブだったという。「かなりのスピードを出してぶつかっていった」という目撃情報もあるということで、警察は詳しい事故原因を調べている。

 森野さんは「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考委員を務めていて、ポルシェは出版社から借りていたものだという。

◆◆◆◆◆◆◆

ポルシェでこの破壊ぶりは相当なスピードが出ていないかぎりありえないわけで、しかもニュースで流れていた緩やかな下り坂カーブで反対車線に飛び出て、頑丈なガードレールを破壊して飛び出すってのは暴走族かい。

ポルシェを試乗中だったそうだから、運転技術過信して限界試してたのか。しかしね、他のニュースを見てみると、道路を貸し切っての走行テストではなく、ターンパイクは通常営業で、他の一般車両も通行していたそうで、事故後に3時間ほども通行止めになったとか。ということは、他人を事故に巻き込まなかっただけ不幸中の幸いだっただけ。

ターンパイクって馬鹿な運転する奴も多い道路だし、この手の走行試験関連もよくやっているようだけど、有料道路といっても60キロ制限とかだろうし、カーブなんかではもっと制限速度低くなるだろう。それを貸し切りでもない状態で爆走していたって、どんだけ遵法精神のない奴だよ。しかも、自動車評論家なら一般車両も走っている道路ではより安全運転をすべきだろう。まさに典型的な自業自得。そんなに限界運転したければサーキットでやれってことでしかない。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

TPP交渉過程を一切秘密にし、黒塗り文書一部開示で国民を舐めきっているアベ政権だが、そのTPP特別委の西川委員長が交渉暴露本を出版予定のくせに、「中身分からない」のアホ言辞。審議中断中だが、貪欲グローバル企業のためだけのTPPなんて要らねえよ

衆院のTPP特別委では、同委の西川公也委員長(自民)が出版する予定だったとされるTPP交渉の内幕本をめぐっての政府答弁や議事進行で野党側が講義して退席、審議が中断だってさ。どうでも良いけど。大体、交渉過程が全て秘密、知っているのはユダ金と米の使い走り売国官僚(政治屋なんてのは官僚任せだろう)だけってんだからそもそも審議すること自体が茶番。交渉過程文書開示にも真っ黒け黒塗りを一部公開するだけと国民を舐めきってんだから。だいたいいくら外交でもすべてを秘密にする必要があるようなものにまともなモノがあるわけ無いだろう。

TPPなんてのは、農業作物の関税問題なんて基本どうでもいいわけで、ユダ金関連のグローバル企業が国内法からの治外法権的権益を獲得して、環境、医療、保険など公益事業に係る規制をコケにして、莫大な利益をふんだくるための道具。その象徴がISDS条項で、それらの国内規制が企業の利益に反すると判断した場合は、その企業が損失賠償請求訴訟ができちゃうという貪欲グローバル企業のメリットだけしかない。国民皆保険なんてのも攻撃材料にされるだろうし、日本語でさえ攻撃材料になるかもな。なにしろTPPの正式文書の言語には日本語はないからな。

だからこそ、交渉過程を含めて議論の必要があるのに、それを一切公表せず、国民を愚弄し、舐めきっているのが売国アベ政権なわけだ。

で、産経の記事で

 

◆◆◆◆◆◆◆

 

2016.4.8 11:20

 

菅官房長官「国民の関心はTPPの中身」 民進党退席を牽制

 

 菅義偉官房長官は8日午前の記者会見で、衆院の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)特別委員会で民進党が政府の情報開示姿勢を批判し、途中退席したことに対し「国民の皆さんにとって関心があるのはTPPの中身だ。国会で堂々と出てきて審議を行い、TPPの状況を明らかにするのが与野党問わず役割ではないのか」と述べ、民進党の動きを牽制(けんせい)した。西川公也委員長が出版予定の著書に関しては「まだ本として出る前で、内容もわからない。私個人的にはそのことでどうして審議に影響が出るのかなと思う」と話した。

 一方、TPP交渉過程の開示要求について、菅氏は「どんな外交交渉でも相手国との信頼関係があるのだから、他の国との交渉過程を出せというのは無理ではないか」と反論した。

◆◆◆◆◆◆◆

「国民の関心はTPPの中身」ね、そらそうだ。しかし、もっとも重要なISDSなんてのはほとんど言及もしたことがなく、国民を騙すだけにしかならない農産物関税ばかりが話題になるわけ。まあマスゴミも仲間なんでTPPの危険性なんてまるでまともに報じないけどね。

それにしても笑えるのは、西川委員長が出版予定のテメエの著書に関して「まだ本として出る前で、内容もわからない」って吐いていること。おいおい、テメエの著書じゃないのか。どんだけ馬鹿なんだよ。つまりは官僚の某かがゴーストって白状かい。アホすぎ。だいたい国会審議の場に真っ黒けで塗りつぶし文書しか出さないわけだから、当然に一介の国会議員の著書に交渉過程が出てくることは不可能で、その本の交渉過程が出てくる部分は真っ黒けに黒塗りになっているはず。なかなかに珍しい本だろうね

この件では、公明党の大口国対委員長が、審議拒否の民進党を「理由なきサボタージュもここまでいくと、ルールなき国会になってしまう。われわれは民進党に対して正常な形で、ルールに基づいてやっていただくよう強く求める」と批判ってんだが、そもそもだ、国の基本中の基本である日本国憲法をルール無視でアベシンゾー首領様が蹂躙レイプして、政権そのものの正当性自体疑問な自民クサレ・カルトゴロツキ政権のくせによく言うよ。

ところで、そのTPPに関する西川委員長が出版する予定とかのTPP交渉の内幕本が、インターネットでの購入予約が削除されてんだってさ。アホ臭。今日もマスゴミは超マイナーどうでもいいスポーツ「バドミントン」(なめも知らない)選手のカジノ遊び問題を超大問題のごとくに大騒ぎして狂いまくってます。

P.S.:国会審議をみなさまの敵、アベの広報機関NHKはどう報道してんのかと、久しぶりに午後7時のニュース見てみたら、なんとトップニュースが基本どうもでいいバドミントン選手のカジノ遊び問題。それを長々と5分間ほども垂れ流し。NHKの報道機関としての存在価値完全に終わってるね。知らなかったが、とっちゃん坊やアナの隣りにいる女性アナが変わってんだね。これもどうでも良いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙公約にもし、TPP交渉にも参加しないと明言していたくせに、アベシンゾーは国会答弁で「私自身はTPP断固反対と言ったことは一回も、ただの一回もございません」だとさ、さすが先天性詐欺師だわ

アベシンゾー首領様は7日の衆院TPP特別委員会で民進党の質問に「私自身はTPP断固反対と言ったことは一回も、ただの一回もございませんから、まるで私が言ったかのごとくの発言は謹んで貰いたい」とさ。さらに黒つぶしで内容一切わからないTPP交渉記録を一部開示して、国民を舐めきっているゴロツキアベだが、その件でもさらなるTPP記録開示要求を拒否して、「出せぬものは出せんわい」と俺様ぶりをますます増長させて独裁者気取りがすっかり馬鹿な脳細胞に浸透してしまったようだ。

しかしね、このバカはほんまテメエの発した日本語をまったく理解していないようで、以前に

◆◆◆◆◆◆◆

私は選挙を通じて「聖域なき関税撤廃」を前提とするTPPには参加しないと国民の皆様にお約束をし、そして今回のオバマ大統領との会談により、TPPでは「聖域なき関税撤廃」が前提ではないことが明確になりました。

◆◆◆◆◆◆◆

などと吐いてんだがね。まあ、息をするようにウソを吐き出す生粋の詐欺師であるこの売国野郎には罪の意識とか倫理観とか責任感などというまともな精神を求めること自体が無駄なんだろうな。日本国民もとことん悪質極まるゴロツキ詐欺師を首相に戴いたものだ。

それにしても、呆れるしかないんだが、選挙ではTPP反対が公約だっただろうが。「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」とかのスローガンとかポスターを全国にばらまいていただろが。まあ、単に政権に復帰するためのアベシンゾー自民クサレ党のウソが服を着ているDNAの発露でしかないが、そんな程度のミエミエのウソにも簡単に騙されるってのが日本の有権者の低能ぶりなんだが。

「日本を取り戻す」とかなんたらかんたらの公約みたいな詐欺文書の中で「私たちの暮らしを脅かす『TPP』を断固阻止する!」と堂々と宣言してたんだがな。どこまでこの売国奴ゴロツキは国民をなめてんだよ。まあ、テメエがエスカレーターで卒業したかどうかしらん学園の名前さえ正確に書けない先天性痴呆の脳みそしか持っていない奴だからそもそも記憶能力自体無いのかも、悲惨すぎる生き物だ。

それを、国会で、選挙での公約を「おれさまはそんなことは一切言ってないぜ」かい。公約ってのはこいつには国民を騙すためだけのものでしかないってか。政権を馬鹿な国民を騙してもぎ取ってしまえば、売国官僚の操縦の元、憲法破壊、戦争やって国民殺し、税金爆上げ、社会保障関係削減とか俺様の思い通りにやりたい放題ってわけだ。こんな悪質な詐欺師でも、税金で籠絡した大マスゴミ(ガソリンに関する問題でも一切追及も批判もしないが、野党議員だけは喜々として攻撃。当然だわね、国会質疑でアホアベのバカを晒した山尾議員だもんな)、法の守護者であるべき検察や裁判官も完全にアベの守護隊になってんだからもうどうしようもないわ。

ネット上にあった写真

Tpp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

野党の開示要請で公開されたTPP関連文書が表題のみしかわからず、中身真っ黒けで塗りつぶし。とことん国民を舐めきっているアベ売国政権と売国官僚

ネットでニュースサイト流し読みしていたら、政府がTPP交渉文書を公開したって記事があった。

交渉過程の開示を求めていた野党側に応じた形で公開されたらしいが、文書は表題を除いて黒く塗りつぶされ、内容は分からない状態だったってさ。そもそもこんな黒塗りばかりの文書公開すること自体がアベ売国政権(その裏で操っている売国官僚)がいかに国民を舐めきっているかの証明だな。

国民主権も国会も完全に無視、従米隷属の売国官僚のやりたい放題の見本だな。まるで焚書坑儒まがいだわ。まあ、アベシンゾーなんていう詐欺師はテメエで勝手気ままに日本国憲法を解釈して(あまりの馬鹿なので憲法自体読めないし、解釈なんて完璧無理だが)破壊運用できると独裁者気取りでいるそのゴロツキ政権の 実態をよく示しているけどね。

しかも、その交渉でタフネゴシエーターとかで活躍したと自民クサレ政権とグダグダのマスゴミが喧伝した自民のお仲間検察が捜査も起訴もしない(小沢魔女狩りとのあまりの違い)犯罪者アマリなんてゴロツキは逃げまわってんだから、どんだけいかがわしい内容かがあまりに明白なTPPってことか。お前らクソ国民はアベシンゾー首領様のやることに文句言うんじゃねえよってことだ。

Tpp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマゾンがなんでも無料配送取りやめ発表でがっくり。株式市場も崩壊だし暗い年度初めだね。あらゆる経済指標悪化なのに、失敗認めたくない官僚上がりクロダ日銀総裁は国会答弁でGDPなどの調査否定して居直りの醜態

アベコベミクスで、国民の生活は破壊されまくり、ますます貧乏化している日本で。入ってくるカネは縮小化していくばかりなのに物価は上がるばかりなので当たり前だよな。あらゆる経済指標も悪化一途。でも、テメエの失敗を一切認める気がない従米隷属売国奴アベシンゾーや財務省の鉄砲玉脳なしの日銀総裁などは居直りを決めて国民をコケにしまくり。まあ、国民が不幸になること、貧乏化すること、平和憲法破壊して戦争に国民駆り出して殺しまくるのが趣味の異常者先天性痴呆アベシンゾー首領様の願望だから、現状の国民の不幸ぶりは内面嬉々としていることだろう。民進党なる裏切り者が跋扈する集団が野党のトップで、政権奪取なんて意思まるでない官僚上がりの自民紛いのクズイオンのバカが代表で居座っているんだから自民クサレ政権としてはまあ笑いが止まらないだろうし、国民の不幸指数はますます上昇するしかないか。

で、今日も株式市場は下落の惨状で、1月下旬から2月にかけてちょっと持ち株を増やした(投資資金のうち持ち株は20%弱に維持していたのを配当金狙いもあって38%ほどに)のが失敗だったようで、まあ、年間受け取り予定配当金が150万円を越しているんだが、3月の配当落後の下落が想定外に大きく厳しいね。まあいいか。それにしてもね、円安になれば株高というパブロフの犬みたいな反応はうんざりだ。だいたい円安ってのは日本が売られているわけで、日本資産の下落なわけだ。円安でメリットあるのは自民クサレ政権と懇ろで献金などしている輸出系の大企業ばかりで、ほとんどの企業は円高と原油安がメリットだし、国民も海外旅行をはじめ円高がご機嫌だ。

株式市場なんてのも、円高がメリットとなる銘柄も山のようにあるのだが、円高の動きで売られるのに合わせて、そういう銘柄まで一緒に叩き売られていて、お手上げだわ。しかもゼロ金利の現状で、配当利回り4%を軽く超え、財務状況も抜群の銘柄まで叩き売りなんだからほんまどうしようもない。

厳しい経済状況の中で、買い物は少しでも安くしたいってわけで、ネットでの買い物、とくにアマゾンでの買い物が急増してんだが、そのアマゾンが今日がっくりする発表をしていた。いつからかは知らないが、ほぼすべての商品の配送料が無料ということがアマゾンでの買い物の大メリットになってきた。しかも、マニアックなモノの品揃えの良さはどんな大規模量販店もかなわないわけで、パソコン、カメラ、オーディオ中心の電機品、日用品など最近はほとんどがアマゾン購入。数百円の小物(ほとんどアマゾンでしか入手できないものが多い)でも無料だしね。それがなんと、その無料配送を取りやめとか。

以前は確か1500円以上の買い物(小物ならまとめ買いになる)から無料だった記憶があるんだが、今回の発表では2000円以上の買い物から無料とか。欲しい小物があっても2000円以上になるようにする必要があり、ちょっとがっくりだね。まあ配送業者の負担も異常に大きかっただろうから、仕方ないけどね。ただ、配送がアマゾンでないものに関しては例外も多いので、注文の時には注意が必要だね。そして、現状ではアマゾンに対抗してすべて配送を無料にしているヨドバシ・ドット・コムが追随するかもね。

そんなわけで、ますます出費の方ばかりが増加の勢いが実体経済なんだが、財務省の天下り脳なし元官僚、日銀のクロダって奴が、テメエの失敗を絶対認めない官僚の悪しきDNAを爆発させて、5日の衆院財務金融委員会で、「消費が弱いのは事実だが、家計調査や国内総生産(GDP)が示すほどではない」と述べ、GDPで利用される家計調査はサンプルに偏りがある点をあげ、家計調査やGDPが示すほど弱くはないとさ。おいおい、ならばこれまで利用してきたその種の統計、調査をすべて否定ってことで、これまでそれらの統計数値でテメエの都合のいい時には成果を自画自賛していたくせに、どこまでこいつは詐欺師なんだ。まあ、嘘が息を吐くように口から吐き出る売国奴アベシンゾーのゴロツキ仲間らしいってことでチャンちゃん。ほんまこいつら政治屋やクソ官僚はどんだけ景況が悪化しようが、テメエらの給料だけは上昇オンリーってわけで、真性の売国奴、国民の敵だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

イオンオカダの「消費税増税」に関する時事通信の記事に民進党が抗議だってよ。国会質問で消費税増税をぶちかましたノダブタを追放もせずに、基本は消費税増税の民進党のくせにアホすぎる抗議

どうでもいい新党なんだが、小沢魔女狩りなどに悪乗りしたり、消費税増税を公約に反してアホカンが言い出したりと愚者揃いの民主党政権の中でも極め付きの愚者として党を崩壊に導いたイオンオカダなんてクズ野郎が党代表にまた居座ってしまった民進党なる集団にはほんま愛想が尽きるばかりだね。

その思考硬直・国民生活無視の官僚上がりのイオンのバカが日本テレビで消費税増税問題に関して発言したのを時事通信が記事にしたんで、先日やはりイオンオカダはバカでしかない証明とかのブログ記事にしたんだが、ネットみていたら、その記事に関して、民進党が時事通信に抗議文を出したらしい。

その中で「(オカダが)現時点において消費税引き上げの前提が満たされていない旨指摘しており」云々と抗議の文句を垂れているんだが、イオンオカダはその前提条件が整えば消費税増税はすべきとしてんだから、正真正銘の消費税増税推進じゃん。しかもその前提条件が整ったらってね、その前提条件完全実現を一体誰がどう判断するっての。つまりは財務省のゴロツキ官僚の判断をお前ら政治屋が鵜呑みにするだけだろう。その前提条件を考えれば、現状の経済状況はスタグフレーションに近いじゃん。むしろ消費税は減税いやむしろ廃止にすべき状況だろうが。その現状の経済状況も把握出来ないのがイオンのバカや他の民進党のアホ幹部ってことだ。

財務省官僚に洗脳・操縦されたノダブタが自民クサレ党のトロイの木馬として、解散する必要もない解散を積極的にやってまで自民売国政権を実現させる卑劣な裏切り行為をしたわけだ。しかも、そのノダブタは先日の国会質問でも出てくる必要もないのに、質問にしゃしゃり出てきて、消費税増税をアベシンゾーに迫っていたじゃん。つまりは質問にわざわざ党を代表して出てきたってのは、民進党(旧民主党)の意向ってことじゃないか。そんな党破壊の裏切り者卑劣漢ノダブタを追放もせずに飼っているってのが消費増税マンセーの証拠じゃん。しかも消費税増税に反対の野党との共闘も尻込みして出来ないイオンのバカが党首なんだから、あまりにアホすぎる抗議文でしかない。

そのノダブタの存在などをこの抗議文では無視して、基本的には消費税増税を前提にしているわけで、国民にとってはまったく無意味な政党が民進党。消費税は増税ではなく減税、あるいは消費税廃止とまで言及しなければ自民政権に対抗する意味ないわな。財政巨大赤字なんていう財務省官僚の詐欺言辞にいつまでナイーブに騙され続けてんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極右のゾンビーババア高市早苗の経歴に関して、以前から疑惑指摘の「米議会立法調査官」なる肩書を、ゾンビー事務所では「造語」だってさ。それを詐称っていうんだが

日刊ゲンダイのサイト観ていたら、顔見るだけで吐き気が襲ってくる極右ゾンビババア高市早苗の経歴に関する記事があった。

 

◆◆◆◆◆◆◆

 

ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

 

2016年3月31日

 

 「経歴詐称」でコメンテーター辞任に追い込まれたショーンK。テンプル大卒も、パリ第1大留学も、ハーバードMBAも、すべてウソだったというのだから、今までバレなかったのが不思議なくらいだ。恐らく、海外の経歴なら誰も調べないと高をくくっていたのだろう。

 今「ショーンKと同じように経歴を詐称しているのではないか」と、高市早苗総務大臣(55)に経歴詐称疑惑が浮上している。

 

高市大臣は「議会立法調査官」として、アメリカ議会で働いていたことを最大のセールスポイントにしているが、「議会立法調査官なんて聞いたことがない」「官職名をデッチ上げているのではないか」と、疑惑の目を向けられているのだ。

 きっかけはジャーナリスト、鳥越俊太郎氏の発言だ。先月29日、ジャーナリスト有志が、高市大臣の「電波停止」発言に抗議する記者会見を開いた。

 この時、鳥越氏はこう発言したのだ。

「趣旨から少し外れるんだけど、これ言っておかないといけないかなって。高市早苗さんは、議会立法調査官をやっていたという触れ込みで日本に帰ってきて、田原さんの“朝まで生テレビ!”に出たんですよ」「ところが、彼女は見習い待遇で、無給で、未契約のフェロー、つまりコピー取り程度、お茶くみ程度のことしかやっていない」「だから、経歴詐称だよね、僕に言わせれば。経歴詐称」

 鳥越氏はよほど発言に自信があるのか、「もし、これで私が名誉毀損で訴えられるなら、受けて立ちます」とも話している。実際、高市大臣がアメリカの議会に採用されたという記録は見つからないようだ。それどころか「議会立法調査官」という名称さえ見当たらない。

 高市大臣は、本当に「議会立法調査官」としてアメリカ議会に採用されていたのか。もし、虚偽だったら議員を辞めざるを得ないのではないか。高市大臣の事務所はこう言う。

「高市がコングレッショナルフェロー(議会研究員)をしていたのは事実です。確かに議会から報酬は出ていませんが、松下政経塾のアメリカの研究所が高市のスポンサーとなり、議員事務所で働いていたのです。コングレッショナルフェローには、選ばれた人しかなれません。ただし、“議会立法調査官”は造語です。現在は、誤解を招くので、その名称は使っていません」

 “造語”って、勝手に肩書を作ったってことではないのか。経歴詐称なのかどうか、国会できちんと明らかにした方がよさそうだ。

◆◆◆◆◆◆◆

「造語」ってね、あんた、それは実体ないものを偽るための詐称行為やっているのをごまかしているってことで、捏造、詐欺なんだよ。捏造、詐欺で議員の座を国民から騙しとったってことかい。まあ、口から息を吐くように嘘を吐き出すクズ野郎が首相をしている自民腐れ政権らしいゴロツキババアだな。

まあ、アベシンゾー首領様はじめアホーアッソーの留学、最底辺のお馬鹿大学しか行けなかったウルトラアホのくせにアメリカではなぜか超名門大学大学院へ行けてしまった「アメリカだけでは何故か優秀な頭脳になってしまった」コイズミのバカガキ、テレ東のニュースキャスターやっていたババアとかもう学歴経歴疑惑満載のゴロツキがウヨウヨの自民クサレ党だから、ゾンビババア高市の経歴詐称なんてのも、売国無罪ってことで、お仲間の大マスゴミ様の華麗なる権益ゴチスルーで問題にもされず、国民を舐め切って税金食い放題を続けるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »