« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月30日 (金)

リテラが年末企画でまとめたアホのアベシンゾーの詐欺師ぶり晒し

で、リテラのアベシンゾーのアホぶり、詐欺師ぶり晒の次はこの1年この売国奴野郎がどんだけ嘘つきまくって、国民さらには天皇さえコケにしまくってきたかのまとめで、

「なぜここまで平気で嘘をつけるのか? 2016年安倍首相がついた大嘘ワースト10!」なる年末特別企画。

◆◆◆◆◆◆◆

年末特別企画 リテラの2016年振り返り

なぜここまで平気で嘘をつけるのか? 2016年安倍首相がついた大嘘ワースト10! 強行採決、TPP、ガリガリ君…

 話のすり替えに逆ギレ、ごまかしなど、今年も安定の姑息な言動を繰り返した安倍首相。しかし、2016年はとくに思い上がりに磨きがかかり、誰の目にもあきらかな「大嘘」を連発。ついには「ホラッチョ安倍」と呼ばれるにいたった。

 そこで今回は、安倍首相が今年ついた嘘のなかから厳選した「10の大嘘」を振り返りたい。これが、「美しい日本」の総理大臣による絶句必至の虚言の数々だ!

●大嘘1

「そもそもですね、我が党において、いままで結党以来ですね、強行採決をしようと考えたことはないわけであります」

10月17日、衆院TPP特別委員会

「じゃあ去年の安保法制強行採決は何だったんだよ!」というツッコミをせざるを得ないが、驚くことにこの10日後にも同じ発言を繰り返した。そして、審議をないがしろにしたままTPP法案に年金カット法案、カジノ法案と立て続けに強行採決……。結果、「強行採決をすることしか考えていない」ということを自ら堂々と証明してみせた。この、自分がついた嘘をやはり嘘なのだとすぐさま実証してみせるという常人ならざる倒錯ぶりは、もはや「変態」と呼ぶべきだろう。

●大嘘2

「私自身は、TPP断固反対と言ったことは一回も、ただの一回もございませんから」

4月7日、衆院TPP特別委員会

安倍首相がこう言い放ったとき、目の前にはあの2012年総選挙時の「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」という自民党ポスターが証拠として掲げられていた。そうやってブツを突きつけられても「言ったことねーし」とシラを切ってしまう、この恥知らずっぷりには感嘆せずにはおれない。ちなみに、2013年2月23日の記者会見で安倍首相は「オバマ大統領には『選挙でTPP交渉参加に反対という公約を掲げて政権に復帰した』と説明した」と話しており、これはいまでも官邸HPで動画が公開されている

●大嘘3

「世界経済はリーマンショック前に似ている」

5月27日、伊勢志摩サミット

国際会議での突然のこのぶっ込みには、G7の首脳も海外メディアも目がテンに。メルケル首相は「世界経済はそこそこ安定した成長を維持している」と言い、フランスの高級紙「ル・モンド」も「安倍晋三の無根拠なお騒がせ発言がG7を仰天させた」と見出しにして報道した。もちろん、安倍首相がこんなことを言い出したのは増税延期のための布石だったが、世界に発信されるG7の席上でさえホラを吹くとは。しかも、その後には「私がリーマンショック前の状況に似ているとの認識を示したとの報道があるが、まったくの誤りである」と言い出す始末。「世界中のメディアが嘘の報道をした!」って、もうあなたの嘘は国辱なんですけど……。

●大嘘4

「「株価下落により、年金積立金に5兆円の損失が発生しており、年金額が減る」といった、選挙目当てのデマが流されています。しかし、年金額が減るなどということは、ありえません」

6月27日、Facebook

ご存じの通り、これはデマでもなんでもなく、7月29日には政府も約5兆3000万円の運用損を出したことを公表。しかも例年は前年度の運用成績の発表は7月上旬なのに、今年は参院選後の7月下旬に遅れさせるという手に出た。ようするに、「5兆円損失はデマだ!」と選挙目的でデマを流したのは、安倍首相だったのだ。総理がデマ発信源になるという尋常じゃない低俗さには言葉を失うが、もうひとつ、強行採決の末に成立した年金カット法案によって年金額が減らされることになったという事実も忘れてはいけない。

●大嘘5

「私が申し上げていることが真実であることはバッジをかけて申し上げます。私の言っていることが違っていたら、私は辞めますよ。国会議員を辞めますよ」

1月12日、衆院予算委員会

「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)元副代表の蓮池透氏の著書について問われ、こう声を荒らげた安倍首相。だが、本サイトがおこなった蓮池氏へのインタビュー(前編/後編)や『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)でもあきらかなように、安倍首相が言っていることは嘘ばかり。たとえば、安倍首相は北朝鮮から一時帰国した拉致被害者たちを“体を張って止めたのは自分”だとしてきたが、蓮池氏は安倍が実際は「弟たちを一度たりとも止めようとしなかった」「安倍首相は拉致被害者の帰国後、むしろ一貫して、彼らを北朝鮮に戻すことを既定路線として主張していた」と証言。嘘の武勇伝で拉致被害者を政治利用してきたことの恥がまるでないこの総理には、とっとと国会議員バッジを外していただきたいものだ。

●大嘘6

「妻のパート月収25万円」「日本はかなり裕福な国だ」

1月8日、参院予算委員会/1月18日、同委員会

実質賃金の減少率の高さを指摘された際、「景気が回復し、そして雇用が増加する過程においてパートで働く人が増えれば、一人当たりの平均賃金が低く出ることになるわけであります」と言い、そのたとえ話として飛び出した「妻のパート月収25万円」発言。「景気も上向きだしパートに出ようかしら」などと呑気な理由で働きに出るという設定自体がボンボンの発想すぎて唖然とさせられるが、そのパート月給の現実離れした金額に「いまの世の中、パートで25万も稼げるわけないだろ!」と怒りの声が殺到した(ちなみに当時の直近データではパート労働者の平均月収は8万4000円)。このように実態とは大きくかけ離れたデタラメ話を安倍首相は並べ立てるが、その最たるものが「日本はかなり裕福」発言だ。OCDE(経済協力開発機構)の統計でも日本の相対的貧困率はワースト6位と出ているのに、自分にとって都合の悪い現実には絶対に目を向けない。庶民の生活など、眼中にないのである。

●大嘘7

「我が国が核兵器を保有することはありえず、保有を検討することもありえない」

8月6日、広島での記者会見

発言自体は素晴らしいものだが、はっきりいって「お前が言うな」である。この発言から約10日後に米・ワシントンポストがオバマ大統領の「核兵器の先制不使用宣言」をめぐって安倍首相がハリス米太平洋軍指令官に反対の意向を示していたことをスッパ抜いたが、10月には国連の「核兵器禁止条約」に向けた交渉を2017年にスタートさせる決議で日本は世界で唯一の被爆国であるにもかかわらず反対。また、安倍首相は2006年に「核兵器であっても、自衛のための必要最小限度にとどまれば、保有は必ずしも憲法の禁止するところではない」と答弁書に記し、官房副長官時代の02年には「憲法上は原子爆弾だって問題ではないですからね、憲法上は」と語っている。こうしたことからも安倍首相が積極的な核武装肯定論者であることは疑いの余地がないが、しかし安倍首相はワシントンポストの報道も「発言してない」と否定。記事を否定するのであれば核兵器の先制不使用に対する自身の考えをあきらかにするべきだが、それさえしていないという事実が何を意味するか、わたしたちは考えなくてはいけないだろう。

●大嘘8

「国民の信任を得た」「(自民党改憲案を)実現していくのは総裁としての責務」

7月11日、参院選の結果を受けて

数ある安倍首相の今年の嘘のなかでも、もっとも悪質なのは参院選後の発言だ。安倍首相は7月の参院選の遊説において、ただの一度も憲法改正のケの字も出さなかった。なのに、いざ選挙が終わると、ケロッと「信任を得た」と胸を張り、まるで改憲の是非が選挙の争点であったかのように述べては「実現していくのは責務」などと言い出したのである。これは国民を騙し討ちしたとしか言いようがなく、完全な背信行為だ。

●大嘘9

「私が自民党憲法改正草案を出したと言うが、どこに出したんですか? 世に出したのは私ではありません。谷垣総裁のときに出されたわけでありまして」

10月3日、衆院予算委員会

争点隠しをおこなって改憲勢力の3分の2議席以上を確保した安倍首相だが、国会で自民党憲法改正草案が俎上に載せられ、基本的人権について定めた97条が削除されていることなどについて説明を求められると「俺が草案を出したんじゃない!」といういつものキレ芸を披露。これがとんだ大嘘であることは既報の通りだが、そもそもこの憲法改正草案は安倍首相の側近である礒崎陽輔が原案を執筆。しかも原案では自衛隊を「自衛軍」としていたものも安倍が「自衛軍などという恥ずかしい名称はやめて国防軍とすべきだ」と主張した結果、12年4月に公表された憲法改正草案では「国防軍」に改められたという経緯がある。どう考えても「安倍様の、安倍様による、安倍様のための憲法改正草案」なのだ。来年もこの調子で、ペテンによって改憲の危険な本質を隠そうとするだろうが、こんな見え透いた嘘に騙されてはいけない。

●大嘘10

「そんなもの政治資金で買いませんよ!」

6月24日、『NEWS23』(TBS)党首討論で

安倍首相が今年、いちばんのパニック&大ギレ状態で繰り出したのが、このケチくささ全開の嘘だ。発端は、生活の党の山本太郎議員が「ガリガリ君を政治活動費で支出していますよね?」と指摘したことだが、安倍首相は目を泳がせながら「全然知らない」と狼狽。さらに山本議員が追及を続けると、「そんなもの政治資金で買いませんよ!」と声を荒げたのだ。だが、政治資金でガリガリ君を2本買ったことは、実際に日刊ゲンダイが問題の領収書そのものを公開しているように、安倍首相の資金団体が領収書を出したことで発覚した正真正銘の事実だ。小学生でさえお小遣いから自腹をきって買っているものを領収書で落とし、さらには「買ってないもん!」と癇癪を起こす。恥ずかしすぎて耐えきれないが、これが日本の総理大臣の姿なのである。

 ──どうだろう。この1年、安倍首相が国民に投げかけた真心を尽くした言葉たちは。もはや安倍首相は嘘をつくことに慣れすぎて、「公人は嘘を言ってはいけない」という正常な感覚さえ失ってしまっているとしか思えないが、最大の問題は、こんなミエミエの嘘を次から次へと吐き続けているのに、メディアが責任追及もせず黙認していることだ。

 そうしたメディアの機能不全によって、安倍首相は今年、嘘のみならず聞くに堪えないトンチキな発言も連発した。この「安倍首相アホ発言集」については、追ってお送りしたいと思う。

◆◆◆◆◆◆◆

なんとも素晴らしい、どこまでも底抜けの詐欺師であり、白痴である。まあ、息をするように嘘を吐くやつだしね、まさに道徳教育の見本になる人物ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハワイで不戦の誓いをしたのも即忘却で戦争賛美の館ヤスクニ詣でして宗主国米の顔に泥塗るアホなメガネ右翼ババア。そのアホども閣僚などのトップがさらなる馬鹿な日本の悲惨。リテラがアベシンゾーなる生き物のアホぶりをまとめてます

体調も悪いのに、旅行や外出しないときには毎日楽しくやっている株式だが、今年の相場は今日で終了。来年は4日からだが、退屈になるな。年末年始なんてテレビも観る番組(ウィーンニューイヤーコンサートしか観る予定なし)もないし、酒チビチビやりながらのビデオと言うかブルーレイで録画したオペラや映画を観、LPやCDでの音楽鑑賞三昧か。

それにしてもね、来年も先天痴呆の売国奴で、憲法破壊して日本国民殺し狙いのゲスで下等なアベシンゾーなる生き物を首領様と崇めるキチガイ揃いの自民カルト政権がのさばり続けるのかと思うと気分暗くなり吐き気がするばかりだわ。ハワイまでアホの首領様のケツ舐めで税金無駄遣いで付いていったメガネ右翼ババアなんてのは、舌の根も乾かないうちってのがピッタリのように、無辜の国民を殺しまくった戦争犯罪者どもを祀り上げる戦争賛美の恐怖の館ヤスクニに防衛大臣の立場で戦争カルトの祝詞を捧げに行き、中韓ばかりかアメリカ様のご機嫌も損ねていて、そのあまりの外交音痴のバカぶりに失笑するしかないウルトラトンマなアベ内閣のゴロツキぶりってことで、チャンチャンの16年の終わりかな。

ところで、リテラっていうサイトに楽しく実に的確なアホのアベシンゾー晒が掲載されていた。まあ、このブログでもうんざりするほど書いているアホのアベシンゾーのバカぶり、詐欺師ぶりをまとめてあるわけだ。それにしてもね、アベシンゾーなる生き物は日本の勉強大嫌いなゴロツキ同然の若者には大きな希望を与えてるんだろうな。なにしろ、勉強もしなくて、てめえの一応出たことになっている学校の一文字「成」程度さえまともに書けない国語能力皆無のバカでも、ジジイが従米売国の首相だったという出自だけあれば、首相に2回も祭り上げられてしまうなんともアホらしい、勉学などに努力なんて無駄ってのが実によくわかる日本ってのがわかったからな。

で、リテラの年末特集で、アホのアベシンゾーのアホぶり晒。

◆◆◆◆◆◆◆

年末特別企画 リテラの2016年振り返り

開き直り、陰謀論、逆ギレ、詭弁…安倍首相が発した2016年「アホすぎて茫然」の発言集!

今年、安倍首相が吐いた「大嘘ワースト10」に続いて、今度は2016年に飛び出した「ベスト・オブ・アホ発言」をお送りしよう。

 マスコミを完全封殺した結果、不都合な事実が伝えられず高支持率を維持することに成功した安倍政権だが、そのことで図に乗った総理が今年はさらに大暴走。背筋が凍るような開き直りに、妄想、陰謀論、トンチキな詭弁、逆ギレ……そんな安倍首相の醜態を厳選して詰め合わせた、リテラからの御歳暮だ。

 え? そんなものいらない? まあまあそう言わず。来年こそは返品できるよう、いまは絶望のアホっぷりをとくと噛みしめていただきたい。

◎誰か教科書持ってきてあげて!

「私は立法府、立法府の長であります」

5月16日、衆院予算委員会

いや、あんたは行政府の長だから! 誰か三権分立を説明してあげて! と悲鳴をあげたくなった一言(姑息なことに、議事録ではこの発言をこっそり修正)。ただ、何度も同じ間違いを繰り返し、さらには強行採決を連発する姿勢からは、本気で立法府は自分の思い通りになるものだと信じ込んでいる可能性も……。

◎萎縮してないの、ソコくらいでしょ…

「きょう、帰りにでも日刊ゲンダイを読んでみてくださいよ(笑)。これがですね、萎縮している姿ですか?」

2月4日、衆院予算委員会

キャスター降板が相次ぐなど言論機関の萎縮を問われ、その返事がコレ。いつから日刊ゲンダイは日本を代表する言論機関になったんだよ!(ゲンダイさんごめんなさい!)と言いたいが、このあと調子づいた安倍首相は「安倍政権を弁護する立場の言論のほうはですね、なかなか貫き通しにくい雰囲気すらあるという人もいるわけで」などとネトウヨ陰謀論を開陳。それこそ、ワイドショーや産経や読売をみてくださいよ(笑)。

◎頭の中、大丈夫?

「(国会でのヤジは)独り言だったんですが、独り言(の声)が大きくなった」

5月1日、『ワイドナショー』(フジテレビ)

審議中についつい「日教組!」って独り言を言っちゃってる、とな。ヤ、ヤバい、完全に頭の中を陰謀論に支配されていて、勝手に口が……。

◎期待裏切らない!イライラキャラ炸裂

「ちょっと6時に出なきゃいけないんだよ、飛行機の問題があるから!」

6月21日、『報道ステーション』(テレビ朝日)

参院選前の党首討論の収録で、さんざん「簡潔に申し上げます」と言って野党の追及に割って入っては長々と話した挙げ句、最後にはイライラした様子で腕時計を指さして、この「俺は忙しいんだアピール」。時事通信によれば、安倍首相は収録後も「(収録は午後)6時までって言ったじゃないですか。びっしりなんですから、日程が」と司会者に詰め寄ったらしいが、収録が終わったのは6時1分……。文句をがなり立てる時間があるならさっさと空港行こうよ!

◎むしろクッパに徴兵されたクリボーでしょ?

「安倍晋三です。マリオではありません。でも、マリオのように闘い続けています」

9月21日、NY・金融関係者向け会合で

絶対言うと思った発言その1。そこまで安倍マリオをお気に召したのならヒゲを伸ばしてみたらいかがかと思うが、そんなことをしたら、海外メディアはマリオじゃなくヒトラーと重ね合わせること必至だしねえ。

◎そのヨイショを自慢げに語る感覚がスゴイ

「(トランプに)こんなキュートなPPAPは初めて見たと言ったら本当に喜んでくれた」

12月20日、講演会で

絶対言うと思った発言その2。トランプもかわいい孫を褒められたらそりゃ喜ぶよね、としか。というより、たんなるヨイショ話を外交成果のように誇らしげに語るって、すでに従属っぷりがすごいんですが。

◎ニューヨークでも「保守速報」脳

「日本はいわゆる侍の国として、非常に保守的な国でもあります」

9月2日、NY・男女平等イベントでのスピーチ

男女平等を語る場で「日本は侍の国で保守的」と胸を張るって、どういうこと??  しかも安倍首相はこの言葉のあと「日本が変われば世界が変わると聞いています」と続けたが、一体、誰に聞いたの? 「日本はサムライ」「日本はスゴイ」って、そこ、日本会議の集会じゃないですから!

◎日本語が不自由すぎる首相官邸

「日本政府を代表して、キューバ政府及び同国国民、ご遺族の皆様に対し、ご冥福をお祈りします」

11月26日、首相官邸Facebookでのカストロ議長哀悼メッセージ

いやいや、政府と国民と遺族に「ご冥福をお祈り」するって、失礼すぎるよ! その後、首相官邸は文面を修正したが、「日本の伝統を守る」だの「美しい国」だのと言っている人間とその取り巻きがこれなのだから、呆れるほかなし。 

◎待機児童対策がコレだそうです

「叙勲において、保育士や介護職員を積極的に評価していくことについても検討していきたい」

3月14日、参院予算委員会

「バカ発言」というより「バカにするな発言」と言うべきか。待機児童問題の背景にある保育士などの“待遇改善”の一環が勲章などの栄典を授与って、給与水準のアップが先決なのは当然。ちなみに、賞勲局によれば勲章を含む栄典全体の予算額はおよそ28億から30億円、そのほとんどは勲章や褒章の製造費とのこと(06〜10年まで。栗原俊雄・著『勲章 知られざる素顔』岩波書店より)。本気で待機児童問題に取り組むつもりなら、この予算をすべて回してください!

◎「TPP断固反対」で政権奪取したのにね

「(TPPは)決して終わっていない」

「いま、我が国こそが早期発効を主導せねばならない」

11月14日、参院TPP特別委員会

トランプとの会談を控えてこう息巻いたのはいいものの、会談後トランプはあっさり「就任初日に離脱通告するから」と宣言。目も当てられない状態に。しかも“重要5品目などの「聖域」が確保できないなら脱退”という国会決議も守られていない状態で12月9日には強行採決で可決、成立させちゃったのだから、これはあきらかな政権の大暴走だ。

◎もはや、ツッコむ気にもなれない無責任

「憲法について論評はできるが、答える義務はない」

10月12日、衆院予算委員会

参院選の遊説では憲法改正のケの字も出さず、選挙が終わると「信任を得た」と言って改憲まっしぐらだったのに、いざ国会で憲法改正草案について追及されるとダンマリを決め込むようになった安倍首相。で、この発言である。論評っていってもどうせ「押し付け憲法だ」の一点張りで「芦部信喜? 誰それ」などと不勉強が露呈するだけだろうが、改憲の旗振り役なのに「答える義務はない」とは、あまりに無責任だ。

◎映画の取材協力者はあなたの嫌いな枝野&百合子だけど

「『シン・ゴジラ』でも自衛隊が大活躍していると聞いています」

9月12日、自衛隊幹部との懇親会で

この時点では「まだ観ていない」ということだったが、そりゃあ安倍首相にとっては早くしたくてしたくてたまらない「防衛出動」が描かれているのだから、喜ばしい作品であることはたしか。こうした『シン・ゴジラ』ブーム=「自衛隊が国民に支持されている!」と気をよくした結果か、ついには次のようなパフォーマンスまで披露したのだ。

◎ヒトラーですか? それとも金正恩ですか?

「(命を賭けている自衛隊に)いまこの場所から、心からの敬意を表そうではありませんか」

9月26日、衆院本会議での所信表明演説

安倍首相がそう言うと、自民党議員らが次々に立ち上がって拍手……。戦後はじまって以来のファシズムを想起させる国会パフォーマンスに、野党や一部メディアからも「まるで北朝鮮や中国共産党の党大会だ」「言論の府にふさわしくない」という批判の声が上がった。しかも恐ろしいのは、安倍首相が “起立して拍手”を促す際、「海上保安庁、警察、自衛隊に敬意を表す」という大義名分を掲げていたこと。つまり、あらかじめ自衛隊員の“英雄化”をはかっておくことで、駆けつけ警護で殉職者が出た場合の反発を最小限に押さえ込もうとした可能性があるということだ。そして、駆けつけ警護の危険性を指摘されたときに発したのが、次の言葉である。

◎命がかかった問題なのに、この軽さ

「南スーダンは、たとえば我々がいまいる永田町と比べればはるかに危険」

10月12日、衆院予算委員会

なに言っちゃってるの? という感じだが、安倍首相は「永田町よりは危険だろうが、それくらいでなぜ『駆けつけ警護』をやめる必要があるんだ」と言いたかったらしい。あまりにふざけた答弁だが、これは安倍首相がいかに自衛隊員の命を軽んじているかの証拠だろう。そして、自衛隊の活動地域であるジュバの治安悪化が次々と伝えられても、政権は「戦闘状態ではなく衝突」「状況は安定している」と詭弁を弄し、ついに自衛隊員を送り出してしまった。この罪深い判断を絶対に忘れてはいけない。

 

……とまあ、このように茫然とするような発言が相も変わらず総理から飛び出した2016年。ただ、失笑しているだけではいけない。最後にも触れたように、安倍首相は今年、こうした呆れた発言を繰り返しながら、あきらかな戦闘地域である南スーダンへ自衛隊員を送り、沖縄に対しては危険を甘んじろと言わんばかりに圧政を敷いたのだから。

 権力の暴走を監視するという役割をメディアが放棄しているいま、安倍首相のひとつひとつの言動をチェックし、責任の追及をおこなっていくこと。来年も本サイトではそうした「当たり前」を続けていきたいと思う。 (編集部)

◆◆◆◆◆◆◆

ここまで馬鹿な首相も空前絶後の日本の恥さらしだが、そのバカを賢い連中が揃っているはずのマスゴミが尻舐め状態でジャーナリズムとしての矜持を完全に放棄している現状ってのはほんま絶望しかないわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

ただの税金無駄遣いの避寒バケーションでしかない真珠湾訪問でアメリカヨイショのアベシンゾーだが、ならば戦後70年の平和を維持できる基盤となった平和憲法を持てたことを米に最大に感謝するべきだろう、ボケナス野郎が

体調イマイチがこのところ継続で、ネット徘徊なんてのも面倒くさいし、なおさらブログなんて書く気も起きない。なにしろ、平和憲法破壊して戦争惹起して国民殺しが最大の願望の売国の先天性愚鈍野郎のアベシンゾーなる下劣でゲスな生物がアホな国民からだまし取った政権の座に居座り続けて、アメリカ様と献金などでお世話になる大企業様、そしてテメエの司令塔である官僚様らだけにメリットをもたらすベクトルで独裁者気取りで憲法無視、天皇さえコケにする日本破壊政治をやらかしてんだが、それを監視する立場にある大メディアがジャーナリズム精神を完全に放棄してのアベの尻舐め、ヨイショしかしねえんだからどうしようもない絶望領域だ。とりわけアベの税金ちょろまかしての豪華宴席仲間のゴロツキ自称ジャーナリスト様などはまさにアベのウンコにたかるハエか蛆虫同然の情けなさ。ああイヤダイヤダ。

今回のアベシンゾーのただただテメエがええカッコシイをしたいだけで、日本は寒いから温暖なハワイへ遊びに行きたくなっての真珠湾訪問にしても、アベの尻舐めマスゴミは政府の言いなりに「現職で真珠湾訪問はアベシンゾーが史上初」なんてデタラメを垂れ流しての国民騙しに精出してのアホらしさ。日本のマスゴミはテメエらの間違いは認めるのは嫌なんで、なんと「米大統領と一緒の訪問は初」なんてアホなごまかしでどこまでも日本国民を舐めきっているわけだ。

まあ、どんだけ生まれながらの愚鈍詐欺師野郎アベシンゾーに騙されても、怒ることもせず、年金削減、社会保障破壊、消費税上げ(財源がないからって理由なのに、アベのクソ野郎はテメエの司令塔である官僚様共の給料などは絶対下げないし、意味まるで無しの無意味極まる多数の外遊しては海外にまるで税金がテメエの自由にできる小遣いのように莫大なバラマキをしてはええカッこしい)など愚鈍野郎アベシンゾーのやりたい放題。

だいたい、この愚鈍野郎が外交でうまくやっているとかマスゴミは国民騙しするが、外交で成功なんてこの愚鈍野郎に一つもなし。ハワイでのアベのアメリカヨイショには気味悪いばかりだが、ならば戦争を反省して、アメリカ様のおかげで戦後70年の平和を維持できる基盤となった平和憲法を持てたことを最大に感謝するべきだろうが。その憲法を破壊したいくせに、なにが「戦争の惨禍は、二度と繰り返してはならない。戦後70年間に及ぶ平和国家としての歩みに静かな誇りを感じながら、この不動の方針を貫いていく」と不戦の決意を表明だよ。あまりに空々しくて吐気がするわ。あのたるみ切った精神を象徴する詐欺師顔を見るだけで体調さらに悪化するだけだ。

さらになんの政策も実質的にはゼロだったアベコベミクスなる口先だけ嘘八百も、日銀の無理無理金融緩和とアメリカ様のためだけの円安誘導での大企業だけが恩恵受けるだけの株価無理やり維持があっただけ。とにかくこの愚鈍下劣な生物のただひとつの狙いは平和憲法破壊。戦後70年の平和を支えた礎なんてのも無視のくせに、その破壊したい憲法の中身さえまともに理解していないというアホなんだが、そんなクソが破壊しようとしている憲法なのに、憲法学者が本気でアベの徹底的批判、糾弾もしないってのも日本の悲惨さだ。まあ、マスゴミがまったく憲法を尊重しようともしていないし、戦前の軍部独裁みたいな気味の悪い国にしたいんだろうな。ところで、天皇が新年の感想をとりやめたそうで、負担軽減のためとかだそうだが、どこが負担だよ。天皇が平和憲法護持の発言多いから、天皇をどこまでもコケにしているアベの口封じだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »