« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月30日 (火)

国民監視奴隷化のための共謀罪の参院審議が始まった国会の場で、国会・国民を完璧に馬鹿にしたかのように醜い大あくびをかくアベでんでんシンゾーの度し難いまでに増長傲慢の終末崩壊姿

低劣下劣ゲス低能の下等生き物、戦犯爺ら(+栄作、親父)の21光とコネだけで生きてきた脳なしアベでんでんシンゾーが、森友学園、加計学園の2大国家私物化というテメエの犯罪行為を隠蔽するために国会をかき回している国民監視奴隷化のための共謀罪だが、衆院での強行採決に続いて30日から参院での審議入りになったが、その審議模様の写真見ると、財務官僚出身の共謀罪完璧無知のアホ法務相カネダが答弁している隣で、愚劣の極みを証明するかのように醜い弛みきった顔を歪めまくって大あくびをしている(このクズにとっては共謀罪なんてのはこの程度のモノなんだということだ。そんなに退屈なら速攻で首相・議員辞めろやクズ野郎)下等生き物でんでんシンゾーが生息していて反吐が出るばかり。

ちょっと前に審議中に勝手に席を外し、戻ってくる時に場所もわきまえずに、だらしなくズボンを引き上げ、両手を上に挙げて背伸びをしながら答弁席の前を傍若無人にのし歩いた、あの国会、国民を馬鹿にしコケにした傲慢な姿(わざと意識的にやって独裁者気取りなんだろう)とかぶる卑しすぎるゴロツキクズの終末型だな。それにしても毎日新聞のカメラマンはGJだ。1枚の写真がこの売国ゴロツキ低能クズ野郎の本性を端的に示している。カネダっていうやつも、ほんまは共謀罪なんて通したくもないので、痴呆演技でもしてんのかなと好意的に見てやりたいんだが、元財務省官僚としての矜持があるなら、ここは「こんな憲法違反の共謀罪なんて日本には不要。クソのアベのもとで法務相なんてやってられね」と辞任でもすれば歴史に残る国士になれるのにな。そして、痴呆の売国奴アベでんでんシンゾーなんてクズはほんまは唾棄したいほど嫌悪しているまともな知性の官僚もここで第2,第3の前川前事務次官になるのが日本を思う官僚の本領発揮だよ。逆賊アベを葬ることこそ日本救国だぜ。

Photo

Photo_2

ところで、アベでんでんシンゾーの尻舐めヨイショ屋で、元TBS記者の山口敬之ナントカに「レイプされた」とする女性が29日、霞が関の司法記者クラブで会見して、逮捕寸前まで行きながらでんでんシンゾーお仲間ってことで、警察官僚(当時の警視庁刑事部長が逮捕取りやめ指示)の忖度で逮捕免れ、書類送検された山口を不起訴処分とした東京地検の判断を不服として、検察審査会に審査を申し立てたことを明らかにしたんだが、なんだかアベマンセーのネットウヨなどがネット上でこの女性を誹謗中傷して貶めようと必死のようで、メディアも準強姦をなんだか強姦手前のような表現で山口の肩を持つ(つまりはアベのために忖度)アホぶり晒したりしてんだが、準強姦ってのは強姦と同じだからね。例えば意識不明の女性を強姦したりすることだから、むしろ犯行実態はより悪質なんだぜ。しかし、アホアベの「そもそも」発言に関して、閣議決定とかやっちまうキチガイ集団のアベでんでん内閣だから、「準強姦は問題なし」なんて閣議決定するかもな。なにしろ、アベの思い通りに勝手に憲法解釈までも捻じ曲げ、閣議決定が法理より上のように思い上がっている糞どもだ。だいたいこれまで、閣僚の犯罪行為あってもスガが官房長官会見で「問題なし」と犯罪隠蔽一筋のゴロツキ集団だしな、まあ何でもありだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

23年ぶりに乗り換えた新車「シャトル」での初の長距離ドライブは津軽まで。やはりオートマチック車は楽ちんでした

40年間マニュアル車オンリーだったのを、脊椎手術3回実施による足、手のしびれ、感覚鈍化もあって危険回避のためにオートマチック車に初めて買い替えたんだが、その買い替えたばかりの新車ホンダのシャトルが4月末に納車されたんで、さっそく5月連休開け後に10日間ほど津軽までの温泉めぐり長距離ドライブをしてきたんだが、まあ、毎度走るコースも似たようなもんだし、書くのも億劫だったんだが、自己の備忘録に簡単に。

車に乗り始めて40年で初のオートマチック車になったホンダのシャトルだが、スタイルはこれまた初めてのステーションワゴン。複雑系になって故障率上昇のハイブリッドは嫌いなので、当然にガソリン車。でも、現状はホンダはハイブリッド優先でガソリン車は最安価の1車種のみで、車両価格は170万円ほど。買い替えたいのは5ナンバーに限定していたので、いちばん候補だったマツダのアクセラセダンは車幅が広すぎて結局悩んで却下。4輪ディスクブレーキなど性能面、デザインではお気に入りだったけどね。それで、結局長期ドライブでのたまの車中泊にも余裕で対処でき、デザインもそれほど悪くはないんじゃないということで、シャトルに。

装備面では高額になるハイブリッドタイプとそれほど遜色なく、自分的には十分な装備。なにしろ1994年秋に購入して以来乗り続けてきたランティス(最高のお気に入りデザインで、性能面でも十分すぎた)はオーディオはカセットテープ(購入以来一度も使用せず)だし、エアバッグはもちろんないし、ドリンクホルダーなんてのもナッシング。それに対して一応、シャトルにはエアバッグ、ドリンクホルダーなんかもあるし、オプションになるが、カーナビゲーションつければテレビも見られるし、DVDも再生できるし、USB接続、SDカード利用もできるわで実に便利になりました。それで、結局購入総額は190万円ちょいに。何よりオートマチックにしてよかったかな。クラッチ操作の楽しみはなくなったが、長距離ドライブでの足の楽チン度が全く違う。左足のしびれがきつかったので、右足だけで、しかもブレーキとアクセルを踏むだけの操作になったから、渋滞時(東北ドライブではめったに起きないが)にも楽だ。それに、シャトル初のドライブになった今回の走行距離は1770キロほどになったが、燃費は平均して22キロ弱とかなり良かった。ランティスでは最高に良くても16キロちょっとだったしね。

というわけで、シャトル初の東北湯治ドライブは8泊9日に。津軽方面まで日本海沿いを走り、八幡平経由で毎度おなじみの鳴子温泉郷は川渡温泉の「高東旅館」に4連泊してのんびりしてきた。あとは道の駅の秋田県湯沢市の「雄勝」、青森県の「碇ヶ関」、岩手県雫石町の「雫石」、福島県金山町の「金山」と4回車中泊利用してきた。車中泊もランティスでも頻繁にしていたが、リアシートに横になるというかなり窮屈なものだったが、シャトルはリアシートを倒せばあっという間に真っ平らのシングルベッドより大きめの平面が出現、持参したスポンジシートや布団を敷けば即ベッド状態に。しかも、座っても天井に頭がつかえず居心地満点。車中泊もまったく疲れなく熟睡できてしまった。車長440センチでこの広さは実際使用してみて実感で、ホンダのガソリンタンク床下配置の車体設計が効いているんだろうね。クルマ利用は基本的には温泉巡りドライブだけだからシャトル買ったのは自分的には正解だったかな。

今回のドライブ旅行は東京を早朝出発して、国道4号から国道294号、国道49号でまずは道の駅「喜多の郷」へ行き、そこから米沢経由国道13号を北上して、午後7時過ぎのまだほの明るい時間に道の駅「雄勝」に。初日の走行距離は468キロになった。

雄勝からは角館経由で国道105号、鷹巣から国道7号、101号に出て、大好きな五能線沿いのコースを北上して深浦、弘前(アップルロードがご機嫌)経由で夕方には2日目の車中泊地道の駅「碇ヶ関」に到着。途中、鰺ヶ沢町の日帰り温泉施設「海のしずく」(ご機嫌な温泉が堪能できる。施設も清潔)で入浴、350円。2日目の走行距離は378キロ。

3日目は道の駅「碇ヶ関」から国道7号から国道282号に入り、小坂町、鹿角市経由で国道341号から乳頭温泉郷へ。乳頭温泉郷では昨年鶴の湯温泉に宿泊した時に購入の温泉巡り手帳利用して、「黒湯温泉」「黒湯温泉」「乳頭温泉休暇村」の3ヵ所入浴。途中で4日目からの4連泊を高東旅館に電話して確保。3ヶ所入浴後は3日目の車中泊地の道の駅「雫石」へ午後5時半頃到着。3日目の走行距離は172キロ。

今回は天気が今一つで、4日目は雨。午前7時半に道の駅「雫石」を出発して、いつものコースである鶯宿温泉から県道1号線で湯田温泉駅経由で横手から国道13号、雄勝から国道108号で鳴子温泉へ一直線。昼前には鳴子温泉に到着して、東鳴子温泉にある薬王堂で4泊中の食材やアルコールなどを調達して、昼過ぎには高東旅館にチェックイン。4日目の走行距離は189キロ。宿ではWIFIが昨年から利用できるようになったので、風呂に入りながら株式売買。この日の売買で今回の旅行費用はゲットできた。夕食は毎度の焼肉屋「八兆」で、4泊のうち3泊の夕食は八兆で夕食となった。あと昼飯と1回だけの夕食は東鳴子温泉にある「氏家鯉店」で購入の鯉のアライとうま煮を主体にしたヘルシー食に。鯉と焼肉(八兆では肉だけでなく魚類などもバラエティあって飽きない)食って、濃厚な温泉三昧して、株式売買したり、読書したりとこれほどの贅沢はないね。

高東旅館4連泊のチェックアウトした8日目は、まずはこのところ東北方面へドライブすると必ず寄る大石田町の「最上千本だんご」へ。今回は意外に空いていてすぐに購入できた。毎度のことながら普通のだんごにかかるあんこの3倍ぐらいの量のずんだやあんこがかかっただんごはここだけの絶品。ここのだんご食べると他のだんごは買う気がしなくなる。基本的には豆腐屋さんなので豆腐も旨いし、豆乳が濃厚で激旨。その後は1日目に走ったコースをほぼたどり南下して、米沢、会津若松、会津坂下経由で午後6時前にに、最近東京への帰宅時に車中泊で頻繁に利用している道の駅「金山」に到着して、車中泊。8日目の走行距離は255キロ。

最後の9日目は午前7時半頃道の駅「金山」を出発して、まずは、最近フルリニューアルした共同浴場「大塩温泉」でのんびり入浴、新装後入浴は2回目かな300円。只見から国道289号、121号で午前11時30分には道の駅「湯の香しおばら」に。そこからは一気に東京へ向かい、午後5時には帰宅。9日目の走行距離は290キロほどで今回の全走行距離は1770キロほどになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

あまりのゲス下劣卑劣、憲法・法律無視、権力私物化、天皇さえコケにして独裁者気取りで増長しまくるアベでんでんシンゾーとそのゴロツキ手下のスガ某らのゲスども。それらに反旗を翻した真の国民の公僕、前川前文科省事務次官

このところ体調悪く(足や手のしびれ、そしてなかなか快癒しない皮膚疾患)て、ネットも見るの面倒くさいし、ブログなんて書く気も起きないでいたら、もう2ヶ月近くもブログ書いていないなと。このブログを始めたのは2005年10月からなんだが、これまでに書いた記事本数が3560本ほどになっている。それなのに2ヶ月も書いていないなんて初めてだな。まあ、株式売買楽しんで、好きな音楽や映画楽しんで、パソコンやカメラで遊んで、ドライブで温泉めぐり楽しんでいるんで、どうでも良いけどね。

買い替えたばかりの新車シャトルが4月末に納車されたんで、さっそく5月連休開け後に10日間ほど津軽までの温泉めぐり長距離ドライブ(1780キロほど走った)してきた。40年間マニュアル車オンリーだったのを、足のしびれもあってオートマに初めてしたんだが、実に楽ちんだった。まあ、運転の楽しさ自体は激減だが。それに燃費が22キロ弱と最近のクルマはすごいねと納得。

なにしろゲス下劣クソゴロツキの集団でしかないアベでんでんシンゾー売国内閣があまりに愚劣過ぎて呆れ果て、このゴロツキどもに関するニュース見るだけで反吐が出るばかりで気分悪くなるからな。そして、その下劣野郎どもの太鼓持ちに堕してしまったマスゴミの悲惨さ。

権力私物化そのものである森友学園問題、それ以上に大規模な権力私物化の象徴である加計学園問題でも低能生き物でんでんシンゾーのアホ極まる開き直り満開でも、それを徹底的に批判し、権力の腐敗を暴くこともできず、テメエらの保身に汲々とするだけのジャーナリズム精神なきマスゴミ、国民のための公僕であることも放棄した官僚と日本崩壊まっしぐら。それにしても、破壊したい日本国憲法の中身にも無知の低能ゲスな生き物でんでんシンゾーにマスゴミはどうしてこれほどまでに羞恥心もなく拝跪してしまったのか。実に摩訶不思議。息を吐くように嘘をつきまくり、なにかあるとそれは私の責任と軽々に言うが、一度もその責任を全うしたこともなく、ちょっと批判されるとキチガイのように喚き狂うだけの倫理観も道徳心も皆無のでんでんシンゾーほどの人間のクズ廃棄物はいないんだが、そのゴロツキゴキブリの本性も見抜けないほど馬鹿ばかりなんだろうか。なにしろ、ゴミ売りなんてのはアベでんでんシンゾーに、国会答弁のかわりに「俺の言いたいことはゴミウリを読め」と、アベの広報御用ゴミ紙扱いされてもだんまりの馬鹿一直線だからな。

加計学園問題でも実にこのでんでんシンゾー、それに手下たちのゲスぶりは度し難いまでに増長しまくり、国民なんて奴隷扱いだし、天皇さえテメエの部下扱いの非礼ぶりなんだが、どうして愛国心あるはずの右翼はこのゴロツキゴキブリを放置なのか。まあ真性の愛国右翼なんてのは消滅したってことなんだろうな。どうでも良いけどね。

だいたいだ、あの文科省の天下り問題で事務次官などまで辞めさせられたのが実に不可解だった。あの程度の天下りなんて日常茶飯事じゃん。それがどうしてでんでんシンゾークソ内閣は必死で処分したのか。その疑問が最近の前川前事務次官の騒ぎで氷解した。事務次官までクビにした理由は、なんのこっちゃ、不必要だと長年認可されなかった獣医学部新設に関して、でんでんシンゾーの「バクシン」の薄汚い金亡者が経営する加計学園の獣医学部新設に文科省が反対したからってだけの、いかにもでんでんシンゾーらしい意趣返しだったってわけだ。それにしても、セコすぎる金玉マイクロすぎるゲスでチンケな生き物でんでんシンゾーらしいや。こんな低能クソ野郎が5年も首相に居座れるのもマスゴミ、官僚の腐敗、野党とくに民進党(小沢などを追放して、残るのはその民主党破壊の自民まがいのクズばかり)の情けなさもあるけどね。

学部新設強要が総理とか官邸のトップレベルの意向であると明示された文書の存在、その信用性(最高責任者の事務次官であった前川前事務次官が記者会見で正々堂々と表明)がはっきりしても、文科省大臣は調査して存在は確認できない、再調査は必要ないと国民をコケにした発言をかまし、自民カルト党のゴロツキ議員がどれだけ犯罪をしていても毎度毎度「問題ない」と国民を馬鹿にする官房長官やっているスガ某というクズが、“怪文書の類”と切って捨てるばかりか、真摯な会見をした前川前事務次官を薄ら笑い浮かべて冷笑するその下品下劣さは耐え難いまでの軽薄さを露呈している。しかも、このゲス野郎スガ某は妄想の人格攻撃で前川前事務次官を貶めようという最低のゲスクズぶりを開陳。テメエやその仲間議員の薄汚い実態を糊塗してよくも言えるよなの究極の卑劣漢を証明してしまった。でんでんシンゾーモスガ某もこの政権は人間のクズ廃棄物の集合体であり、ほんま墓穴を掘るばかりのでんでんシンゾー売国ゲス下劣キチガイ政権だわ。

そのスガ某が馬鹿にしてコケにした前川前事務次官だが、あの真摯な会見を見て、どちらがまともかよほどの馬鹿でない限り(まあ、今のでんでんシンゾー並のアホ揃いのマスゴミ=前川前事務次官の問題ナッシングをスキャンダル化するキチガイ記事書いたゴミ売りとかな=は曲解してでんでんシンゾーをテメエらの私益のために守りたいんだろうな。アホな神輿ほど担ぎやすいからな)わかるわな。まあ、ゴミ売りなんてのは印刷部数世界一だけが自慢のまさにゴミだしな。このスガ某っていうクズだが、テメエらの仲間の議員がパンツ泥棒野郎でも「問題ない」ってヘラヘラしていたクソなのに、なんの問題もない前川前事務次官をよくまあ冤罪陥れの会見できるわな。どこまで地獄に落ちてんだよこのクズは。

その前川前事務次官こそ本来の国民のための公僕としての官僚なんだと、最近のネットを見ているとわかる。人格者で実に慕われている人物で、評判すこぶる良いのだ。だからこそ国民のために獣医学部新設にでんでんシンゾーらゴロツキの脅しにも屈せず反対をしたってことだな。だからこそ、官邸サイドやゴミ売などでんでんシンゾーの尻舐めイヌが前川前事務次官を陥れる策を弄すれば弄するほどでんでんシンゾー真っ黒ってのがにじみ出てくるってことだ。北朝鮮の脅威説や共謀罪強引可決などもこの2学園に関する権力乱用私物化隠蔽に必死のためってことがわかるわけだ。森友学園の籠池をでんでんシンゾーを侮辱したという理由で証人喚問したんだが、それならそれ以上にでんでんシンゾーを侮辱して(犯罪者扱いかな)いる前川前事務次官も証人喚問しないとおかしいのだが、ゴロツキ政権はビビりまくりで証人喚問拒否のアホらしさ。馬鹿でんでんをもっと露骨に侮辱しないとだめなんだな。育ちが良く、知性あふれる前川前事務次官には卑しすぎる精神モロ出しのスガ某みたいなそんな下品なことはできないけどね。しかしね、その証人喚問拒否だけで前川前事務次官の会見内容が真実だとテメエらで実証しているようなもんだが、でんでんシンゾー並のウスラバカ揃いの政権だけあるわ。

小心の売国奴馬鹿でしかないでんでんシンゾーはつまりはビビりまくっているのだ。バカ嫁と揃って自殺でもしてくれれば日本も救われるし、経済も復活するだろう。自殺でも辞任でも何でもいいが、でんでんシンゾーが首相の座を降りるときが実に楽しみ。そのときにはアホなアベコベミクスをいまだに信奉するようなアホが株式を売ってくるので株式相場が相当に下落なんだが、その時は粛々と買いまくるのが儲けの秘訣。でんでんシンゾーの経済無策で株式が上昇したんじゃないからな。まあそういうこと。

ところで、前川前事務次官に関して、ネット見ていたら、文部科学省を辞任後、NPO法人キッズドアで、低所得の子どもたちのためにボランティアを素性を明かさずにしていたなんてのを紹介するブログ記事が、そのキッズドア代表が書いている。ますます、前川前事務次官こそ真性の国民のための官僚だったって証明だ。あの森友学園問題の国会審議で書類は廃棄したとか嘘八百並べてでんでんシンゾーの尻舐めに徹していた小心クソ役人の象徴みたいな佐川理財局長とかとはまるで雲泥の差。でんでんシンゾーみたいなゲス下劣嘘だけで人生送ってきたゴロツキゴキブリの周りにはスガ某みたいな現状の内閣閣僚や税金泥棒でしかない官僚、ナントカスシローみたいなゲスマスゴミ人がウンコにたかるハエのように集まってくるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »