« 教育勅語を教材で用いること否定せずとでんでんシンゾーゴロツキ政府が答弁書。遵法精神皆無のこれほどの無法政権は空前絶後 | トップページ | 23年ぶりに乗り換えた新車「シャトル」での初の長距離ドライブは津軽まで。やはりオートマチック車は楽ちんでした »

2017年5月28日 (日)

あまりのゲス下劣卑劣、憲法・法律無視、権力私物化、天皇さえコケにして独裁者気取りで増長しまくるアベでんでんシンゾーとそのゴロツキ手下のスガ某らのゲスども。それらに反旗を翻した真の国民の公僕、前川前文科省事務次官

このところ体調悪く(足や手のしびれ、そしてなかなか快癒しない皮膚疾患)て、ネットも見るの面倒くさいし、ブログなんて書く気も起きないでいたら、もう2ヶ月近くもブログ書いていないなと。このブログを始めたのは2005年10月からなんだが、これまでに書いた記事本数が3560本ほどになっている。それなのに2ヶ月も書いていないなんて初めてだな。まあ、株式売買楽しんで、好きな音楽や映画楽しんで、パソコンやカメラで遊んで、ドライブで温泉めぐり楽しんでいるんで、どうでも良いけどね。

買い替えたばかりの新車シャトルが4月末に納車されたんで、さっそく5月連休開け後に10日間ほど津軽までの温泉めぐり長距離ドライブ(1780キロほど走った)してきた。40年間マニュアル車オンリーだったのを、足のしびれもあってオートマに初めてしたんだが、実に楽ちんだった。まあ、運転の楽しさ自体は激減だが。それに燃費が22キロ弱と最近のクルマはすごいねと納得。

なにしろゲス下劣クソゴロツキの集団でしかないアベでんでんシンゾー売国内閣があまりに愚劣過ぎて呆れ果て、このゴロツキどもに関するニュース見るだけで反吐が出るばかりで気分悪くなるからな。そして、その下劣野郎どもの太鼓持ちに堕してしまったマスゴミの悲惨さ。

権力私物化そのものである森友学園問題、それ以上に大規模な権力私物化の象徴である加計学園問題でも低能生き物でんでんシンゾーのアホ極まる開き直り満開でも、それを徹底的に批判し、権力の腐敗を暴くこともできず、テメエらの保身に汲々とするだけのジャーナリズム精神なきマスゴミ、国民のための公僕であることも放棄した官僚と日本崩壊まっしぐら。それにしても、破壊したい日本国憲法の中身にも無知の低能ゲスな生き物でんでんシンゾーにマスゴミはどうしてこれほどまでに羞恥心もなく拝跪してしまったのか。実に摩訶不思議。息を吐くように嘘をつきまくり、なにかあるとそれは私の責任と軽々に言うが、一度もその責任を全うしたこともなく、ちょっと批判されるとキチガイのように喚き狂うだけの倫理観も道徳心も皆無のでんでんシンゾーほどの人間のクズ廃棄物はいないんだが、そのゴロツキゴキブリの本性も見抜けないほど馬鹿ばかりなんだろうか。なにしろ、ゴミ売りなんてのはアベでんでんシンゾーに、国会答弁のかわりに「俺の言いたいことはゴミウリを読め」と、アベの広報御用ゴミ紙扱いされてもだんまりの馬鹿一直線だからな。

加計学園問題でも実にこのでんでんシンゾー、それに手下たちのゲスぶりは度し難いまでに増長しまくり、国民なんて奴隷扱いだし、天皇さえテメエの部下扱いの非礼ぶりなんだが、どうして愛国心あるはずの右翼はこのゴロツキゴキブリを放置なのか。まあ真性の愛国右翼なんてのは消滅したってことなんだろうな。どうでも良いけどね。

だいたいだ、あの文科省の天下り問題で事務次官などまで辞めさせられたのが実に不可解だった。あの程度の天下りなんて日常茶飯事じゃん。それがどうしてでんでんシンゾークソ内閣は必死で処分したのか。その疑問が最近の前川前事務次官の騒ぎで氷解した。事務次官までクビにした理由は、なんのこっちゃ、不必要だと長年認可されなかった獣医学部新設に関して、でんでんシンゾーの「バクシン」の薄汚い金亡者が経営する加計学園の獣医学部新設に文科省が反対したからってだけの、いかにもでんでんシンゾーらしい意趣返しだったってわけだ。それにしても、セコすぎる金玉マイクロすぎるゲスでチンケな生き物でんでんシンゾーらしいや。こんな低能クソ野郎が5年も首相に居座れるのもマスゴミ、官僚の腐敗、野党とくに民進党(小沢などを追放して、残るのはその民主党破壊の自民まがいのクズばかり)の情けなさもあるけどね。

学部新設強要が総理とか官邸のトップレベルの意向であると明示された文書の存在、その信用性(最高責任者の事務次官であった前川前事務次官が記者会見で正々堂々と表明)がはっきりしても、文科省大臣は調査して存在は確認できない、再調査は必要ないと国民をコケにした発言をかまし、自民カルト党のゴロツキ議員がどれだけ犯罪をしていても毎度毎度「問題ない」と国民を馬鹿にする官房長官やっているスガ某というクズが、“怪文書の類”と切って捨てるばかりか、真摯な会見をした前川前事務次官を薄ら笑い浮かべて冷笑するその下品下劣さは耐え難いまでの軽薄さを露呈している。しかも、このゲス野郎スガ某は妄想の人格攻撃で前川前事務次官を貶めようという最低のゲスクズぶりを開陳。テメエやその仲間議員の薄汚い実態を糊塗してよくも言えるよなの究極の卑劣漢を証明してしまった。でんでんシンゾーモスガ某もこの政権は人間のクズ廃棄物の集合体であり、ほんま墓穴を掘るばかりのでんでんシンゾー売国ゲス下劣キチガイ政権だわ。

そのスガ某が馬鹿にしてコケにした前川前事務次官だが、あの真摯な会見を見て、どちらがまともかよほどの馬鹿でない限り(まあ、今のでんでんシンゾー並のアホ揃いのマスゴミ=前川前事務次官の問題ナッシングをスキャンダル化するキチガイ記事書いたゴミ売りとかな=は曲解してでんでんシンゾーをテメエらの私益のために守りたいんだろうな。アホな神輿ほど担ぎやすいからな)わかるわな。まあ、ゴミ売りなんてのは印刷部数世界一だけが自慢のまさにゴミだしな。このスガ某っていうクズだが、テメエらの仲間の議員がパンツ泥棒野郎でも「問題ない」ってヘラヘラしていたクソなのに、なんの問題もない前川前事務次官をよくまあ冤罪陥れの会見できるわな。どこまで地獄に落ちてんだよこのクズは。

その前川前事務次官こそ本来の国民のための公僕としての官僚なんだと、最近のネットを見ているとわかる。人格者で実に慕われている人物で、評判すこぶる良いのだ。だからこそ国民のために獣医学部新設にでんでんシンゾーらゴロツキの脅しにも屈せず反対をしたってことだな。だからこそ、官邸サイドやゴミ売などでんでんシンゾーの尻舐めイヌが前川前事務次官を陥れる策を弄すれば弄するほどでんでんシンゾー真っ黒ってのがにじみ出てくるってことだ。北朝鮮の脅威説や共謀罪強引可決などもこの2学園に関する権力乱用私物化隠蔽に必死のためってことがわかるわけだ。森友学園の籠池をでんでんシンゾーを侮辱したという理由で証人喚問したんだが、それならそれ以上にでんでんシンゾーを侮辱して(犯罪者扱いかな)いる前川前事務次官も証人喚問しないとおかしいのだが、ゴロツキ政権はビビりまくりで証人喚問拒否のアホらしさ。馬鹿でんでんをもっと露骨に侮辱しないとだめなんだな。育ちが良く、知性あふれる前川前事務次官には卑しすぎる精神モロ出しのスガ某みたいなそんな下品なことはできないけどね。しかしね、その証人喚問拒否だけで前川前事務次官の会見内容が真実だとテメエらで実証しているようなもんだが、でんでんシンゾー並のウスラバカ揃いの政権だけあるわ。

小心の売国奴馬鹿でしかないでんでんシンゾーはつまりはビビりまくっているのだ。バカ嫁と揃って自殺でもしてくれれば日本も救われるし、経済も復活するだろう。自殺でも辞任でも何でもいいが、でんでんシンゾーが首相の座を降りるときが実に楽しみ。そのときにはアホなアベコベミクスをいまだに信奉するようなアホが株式を売ってくるので株式相場が相当に下落なんだが、その時は粛々と買いまくるのが儲けの秘訣。でんでんシンゾーの経済無策で株式が上昇したんじゃないからな。まあそういうこと。

ところで、前川前事務次官に関して、ネット見ていたら、文部科学省を辞任後、NPO法人キッズドアで、低所得の子どもたちのためにボランティアを素性を明かさずにしていたなんてのを紹介するブログ記事が、そのキッズドア代表が書いている。ますます、前川前事務次官こそ真性の国民のための官僚だったって証明だ。あの森友学園問題の国会審議で書類は廃棄したとか嘘八百並べてでんでんシンゾーの尻舐めに徹していた小心クソ役人の象徴みたいな佐川理財局長とかとはまるで雲泥の差。でんでんシンゾーみたいなゲス下劣嘘だけで人生送ってきたゴロツキゴキブリの周りにはスガ某みたいな現状の内閣閣僚や税金泥棒でしかない官僚、ナントカスシローみたいなゲスマスゴミ人がウンコにたかるハエのように集まってくるんだろうな。

|

« 教育勅語を教材で用いること否定せずとでんでんシンゾーゴロツキ政府が答弁書。遵法精神皆無のこれほどの無法政権は空前絶後 | トップページ | 23年ぶりに乗り換えた新車「シャトル」での初の長距離ドライブは津軽まで。やはりオートマチック車は楽ちんでした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/65341030

この記事へのトラックバック一覧です: あまりのゲス下劣卑劣、憲法・法律無視、権力私物化、天皇さえコケにして独裁者気取りで増長しまくるアベでんでんシンゾーとそのゴロツキ手下のスガ某らのゲスども。それらに反旗を翻した真の国民の公僕、前川前文科省事務次官:

« 教育勅語を教材で用いること否定せずとでんでんシンゾーゴロツキ政府が答弁書。遵法精神皆無のこれほどの無法政権は空前絶後 | トップページ | 23年ぶりに乗り換えた新車「シャトル」での初の長距離ドライブは津軽まで。やはりオートマチック車は楽ちんでした »