« 2017年5月 | トップページ

2017年6月24日 (土)

暑いのでブログ記事書くのも面倒くさいので、流し読みしていたツイッターで見つけたツイートで代行

今日は土曜日、東京はえらく蒸し暑くて、暑さに弱いからゲンナリだ。それに楽しい株式市場が開いていないから極めて退屈。で、2月から3月の2ヶ月間だけクレジット会社経由でほぼ無料で契約していたWOWOWでバンバン録画しておいた映画(ほぼ80本ぐらいあり、まだほとんど観ていない)を芋焼酎やりながら観てんだけど、その合間(つまらない映画では)にちょこちょことパソコン覗いている。暑いし、ブログ記事書くのも面倒くさいので、流し読みしていたツイッターで見つけたツイートで代行。で、昨日都議選が告示されたが、ナイーブな都民様は極右のコイケユリコにまんまと騙されて、都知事ファースト党に投票するんかな、アホらしすぎる日本。

Photo_16

Photo

この平和憲法・日本破壊、日本国民皆殺し狙いの陰険野郎らしい表情だわ。まさに沖縄を破壊狙いのテロリストだな。この写真でゲス野郎のゲロ顔の右直下の女の子の表情が恐怖と軽蔑に満ちているね。で、この沖縄のあとは都議選告示後の東京へ戻らずになんと関西だとさ。よほど都議選の応援要請がないんだろうな。沖縄からも都議選候補からも嫌われ良かったね。しかも、24日もまだ関西をウロウロしてんだってさこのウスラバカ。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

この地元沖縄の悲劇にも無知のアベでんでんシンゾー並の脳細胞スカスカ姉ちゃんだが、「批判なき選挙」「批判なき政治」の意味することわかっていないようで、それって、ほぼ現時点で日本マスゴミが陥っているアベ尻舐め状況の独裁政治ってものなんだが。あまりにアホすぎて脱力するしかない。

Photo_6

Photo_7

Photo_11

テメエとテメエの薄ら馬鹿亭主にかかっている大疑惑から逃げ回っているくせによく言うよ、この馬鹿嫁。逃亡しまくっているくせにテメエのアホ支持者の翼賛集会だけには出席して、国民をコケにするこの発言かい。ゴロツキぶりと居直りぶりは低能亭主以上か。世界に恥を晒し続ける厚顔無恥痴呆売国夫婦ってとこで、まともな国なら今頃チャウシェスク夫婦並みの最後を迎えていただろうな。

Photo_13

Photo_8

Photo_17

Photo_18

Photo_19

Photo_20

この低能売国野郎、完全に狂ってきたのかな。全国に設置を認めるってね、それは特区の意味自体を完全否定することだし、テメエの一存で決めるとはそれって独裁者気取りかよ。テメエが言ったこと自体も記憶にないのかこのバカ。テメエの犯行を糊塗することしかもう現状では思考できなくなっているようだ。悲惨極まる卑劣愚劣な醜悪な下等生き物だわ。それよりこんなキチガイが首相に居座っている事自体が今そこにある最大の危機だよ。速攻にこいつを精神病院に隔離しろ。

Photo_9

Photo_21

このタサキスシローって自称ジャーナリスト、その実態は稀代の売国奴のノータリンアベでんでんシンゾーの尻舐めして老後の生活費をちまちま稼ぐしか能のない政界ゴロツキゴキブリ。しかし、羞恥心ってものがこの卑しい限りの薄ら笑い野郎にはないのかな。家族がいるなら「お父さんもう世間にこれ以上恥をさらすのは止めてください」とでも言われてんじゃないのか。

Photo_10

Photo_15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

アベでんでんシンゾーの「バクシンの友」加計学園事件に絡み、前川前文科省事務次官が23日に日本記者クラブで会見。強烈なメディア批判開陳

どうでもいいんだけど、昨日大騒ぎになった秘書を暴言・暴行しまくりの狂気の「このハゲー!!!」絶叫の豊田真由子議員だが、なんだか速攻で自民クサレ党に離党届を出したとさ。その上、検察に犯罪をスルーしてもらい入院逃亡したアマリと同様にこのババアも入院したとさ。ならさっさと議員辞任しろや。国民のこと、殴った被害者の元秘書に公の場で謝罪をすることじゃなくて、党に迷惑かけるから離党ってね、まあこんなもんでしょうクソ議員は。

なにしろ天皇陛下が「戦後、連合国の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って、今日の日本を築きました。戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時の我が国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています」とあくまでも平和憲法遵守の基本的立場(当たり前だが)を表明ししているが、それに対して、憲法遵守義務も無視し、あまりに馬鹿すぎる(まあまともに勉強したこともないだろうから、難しい漢字だらけの日本国憲法は読んだこともないだろう)アベでんでんシンゾーは「みっともない憲法ですよ、はっきり言って。それは、日本人が作ったんじゃないですから」と、その無知無能ぶりを表明しているわけで、そんな下劣バカがトップのゴロツキ集団にろくな奴がいるわけないか。このバカが覚えたてであまりに嬉しくてよく使う言葉の一つに「岩盤規制」なるものがあるが、このバカにとっては憲法の3原則などもその岩盤規制なんだろうな。

ところで、前川前文科省事務次官の会見が23日午後4時半から日本記者クラブ(耄碌爺たちの仲良しクラブ)であった。でも、全くテレビ中継なし。日本の政治の根本的な腐敗が問題になっている加計学園事件絡みなんだが、一芸能人の妻死亡では大騒ぎして、海老蔵の会見を延々と生中継し、その後のニュース枠でのまるで天地がひっくり返ったかのような大報道なのに、前川前事務次官の会見は完璧スルーする日本のマスゴミはまさにゴミの証明。日本、その国民、皇室でさえコケにし続ける究極の売国奴のアホな下等生物アベでんでんシンゾーの尻舐めをどこまでし続けるんだよ。で、その前川前事務次官の会見はパソコンでIWJウェブでの生中継でバッチリ拝見したよ。日本の大マスゴミはテメエらに都合の悪い情報は隠蔽できると、20年前の感覚にあるようだ。

ネットで会見の要点を文字化しているのがあったので、それも参考にして会見模様を。日本記者クラブが前川前事務次官に会見を申し入れたそうで、(1)加計学園問題の重要性。時の首相の親しい友人が結果的に特別扱いされた。行政がゆがめられた可能性がある。(2)この問題を解明する場がない。最もこの問題に精通した官僚が発言の場がないのは残念なので、日本記者クラブが場を設けたいとうことだそうで。

まず前川前事務次官が発言。「一部のもののために国の権力が使われることが、もしあれば、国民の手で正されなければならない。そのためには事実を、国民が知らなければならない。そういう問題意識だ」「(文書の)内容は、多くの場合、内閣府や総理官邸をめぐるもの。事実関係については、官邸・内閣府は事実関係を認めようとしていない状況。私から見れば不誠実と言わざるを得ない。真相解明から逃げようとしていると評価せざるを得ない」

「官邸の最高レベルの言っていること」「総理のご意向」については「素直に読めば何を指しているか、今治市の獣医学部の開設時期を平成30年4月にしてほしいということは、文書を読めば明らか。これは加計学園のことだということは、関係者の共通理解だった」と語り、「国家戦略特区は特定の主体に特別の利益を与えるものなので、特に公平・公正な検討が必要。それが十分なされていないのではないか。加計学園は、閣議決定された4条件を満たしているのか。ライバルとの間で十分な比較がなされたのか」などの問題を指摘。さらに国家戦略特区諮問会議民間議員の「規制改革のプロセスに一点の曇りもない」発言については「これは客観的な事実ではなくて、民間委員の方から見て、曇りが見えなかったか、見ていないか、あるいは見ないようにしていたのでは」と辛辣だ。

国家権力とメディアとの関係については「私に対する個人攻撃だと思われる記事が、5月22日の読売新聞に掲載された。この背後に何があったか、メディア関係者の中で、検証されるべきだ。個人的には官邸の関与があったと思っている」とズバリ指摘し、「この問題について、私に最初にインタビューしたのはNHKですが、その映像はいまだに放映されていません。9月26日付の文書(官邸の最高レベル)というものを、朝日新聞が報じる前の晩にNHKは報じた。しかし、肝心の部分は黒塗りだった。テレビのコメンテーターの中には、いかなる情報が出てきても官邸の擁護しかしない人もいる。森友問題で官邸擁護をし続けたというコメンテーターの中には、ご本人の性犯罪がもみ消された疑惑がある方もいる」と、強烈なアベマンセー国営放送批判とタサキスシローや強姦逮捕免除のゴロツキ元TBS記者などにも名前は出さないが、言及し、「国家権力とメディアの関係に非常に不安を覚えている。国家権力と第四の権力とまで言われるメディアとの関係を問い直す必要がある。メディアの中で自浄作用が生まれることを期待したいと思っています。もしこういうことが、私以外の人にも起きているとするならば、それは大変なことだと思います。監視社会化とか、警察国家化が進行する危険性がある。権力が私物化され、第四の権力であるメディアまで私物化されるということになるとすれば、日本の民主主義は死んでしまう。その入り口に立っているんじゃないかという危機感を持ったんです」と理路整然と開陳。

Photo

その後、司会役のどこかの爺さん記者の代表質問、若手記者も含めての質問にも丁寧に答え、2時間を軽く超えた。しかし、質問がまるで面白くなく、特にサンケイ(ネタ元を明かしてほしい的なアホ極まる失格記者)、ニッケイ、NHK(アベの尻舐め女、岩田明子の手下か)などの記者の質問には失笑するしかない情けなさ。その中でこの加計学園事件の黒幕的な存在として名前が出てきたのが和泉総理補佐官という奴かな。例のスダレ官房長官会見でスダレを怒らせた東京新聞社会部の望月記者も質問し「総理周辺を取材すればするほど、贈収賄の疑惑さえ浮かんでくるが前川さんは、どのような方法で追求すればいいのか考えているか」と、それに対して「今は名案は思い浮かばないが、一番のキーパーソン加計孝太郎氏を捕まえるのが先ではないか」と肝心要の人物の取材を、アベでんでんシンゾーに忖度して一切取材しないメディアを皮肉る余裕ぶり。

会見終了後に前川前事務次官が色紙に書いた言葉は「個人の尊厳」と「国民主権」。最後に司会者に「今後、どうされるんですか」と問われて「う〜ん。天下りはしないと思います」と、知性とユーモアに溢れる人物だね。テメエに都合の悪い質問が出ると国会審議で「印象操作」とかアホの一つ覚えをまくし立ててヒステリー症状を起こすアベでんでんシンゾーとはあまりに違いすぎるな。アベでんでんシンゾーの国会閉会後の会見についても書こうかなと思っていたが、あまりにアホらしすぎるし、日刊ゲンダイのコラムにちょうどいいのがあった。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市川海老蔵の奥さんが死亡の大騒ぎに見える日本マスゴミの下劣極まるハイエナぶりに反吐

市川海老蔵の奥さんがガン闘病の末昨夜亡くなったそうで、メディアは大騒動が起きたかなような報道ぶり。まあ、馬鹿な国民を騙してアベでんでんシンゾーの「モリカケ大疑獄」事件から一時的にも目をそらせることのできる絶好の機会だからね。しかしね、日本がどうこうなるとか、そんなものとは全く関係ない一芸能人家族の悲しみでしかない。

しかもだ、海老蔵の奥さん麻央さんの病状経過はすでにメディアが喜々として山のように報じていて、乳がんが各所に転移しての末期ガン状態だったわけで、いくら歌舞伎界の人気者であっても静かに見守ってあげるのがまともな人間だろう。しかも、海老蔵が自身のブログで、23日午前7時54分に「人生で一番泣いた日です。マスコミの方々もお察しください。改めてご報告させていただきますので、近隣の方々のご迷惑になるのでひとまずおかえりくださいませ、宜しくお願い致します」と更新し、しかも事務所サイドから詳細については海老蔵が午後2時半から公演中の劇場で会見するとしている。それがどうだ、視聴率だけが命のマスゴミはそんな海老蔵の悲しみの頼みも無視して、自宅前にまさにハイエナとして集まり大騒ぎしたそうな。そんなに暇があるなら、日本国家・国民の命運が危機にさらされているモリカケ大疑獄のキーマン加計学園のアベでんでんシンゾーの「バクシンの友」である、疑惑発覚以来一切姿を見せず逃げまくっている(すでにこの世にいない可能性も否定出来ないけどね。なにしろこれまで不審死があまた発生のでんでん政権だ)カネだけが命のトップ野郎の自宅とか潜伏先を追えよ、ハイエナどもが。まあこいつらは死を悼んでいるような面して、内心では視聴率上げるにはもっと騒がなきゃなとかほくそ笑んでいることだろう。

ところで、この海老蔵の奥さん麻央さん死亡に絡んで、海老蔵が悲しみの中、舞台を務め、さらにその舞台の合間の休憩時間に会見をしたのを芸能人の鑑で素晴らしいみたいな自己妄想をネット徘徊していたら多数見たが、日本人らしいね。海老蔵としたら本来なら亡き妻のそばにずっといたいだろう。私ならどれほど重要な仕事を抱えていようが、亡き妻のそばにいたい。

その思いを吹っ切って舞台を優先したのは、キャンセルするとチケット代返却など興行関係で迷惑をかけることもあるし、興行収入も消えるってこともあるし、様々な事情があるからだろう。それを無邪気に海老蔵を絶賛するってね。それより、本当の海老蔵のファンなら舞台をキャンセルされてもチケット代返却などケチなこと考えないで、「海老蔵さん、舞台なんか良いから麻央さんのそばに居てあげて、会見なんかする必要もない、悲しみはわかりすぎるんだから」と大声を上げるときじゃないのか。それがなんだ、23日の12時の公演のときも観客はそのまま舞台を見ていたってね。その程度のファンなんだよ、あほらし。

 でだ、視聴率だけが命のテレビ屋どもは喜々として午後2時30分からの海老蔵の会見を生中継したんだが、日本のアホ首相の疑獄に絡む前川前文科省事務次官の会見は完璧スルーってわけか。午後5時のアベマンセー国営放送も海老蔵妻死亡を長々とやって、前川会見は無視。どこまで腐敗してんだよ日本マスゴミ。愛妻の死で悲しみに沈む一家をどこまで弄べば良いんだよ。

P.S.:今日も昼間はあまりテレビを見ていなかったので。一応テレビマスゴミが今日をどう報道するかなと、午後7時のアベマンセー国民洗脳国営放送のニュースを見てみたら、想定通りに海老蔵妻死亡をトップに垂れ流し。アホというか、まあ他の重要事案を隠蔽するために必要なんだろうな。どこまでも国民を馬鹿にするマスゴミです。あまりに馬鹿らしくて途中で見るのを止めたが、巻頭での流す予定ニュースに前川前事務次官の会見はなかったので、まあアベ忖度メディアとしては流すことなどできないわけだ。

P.S.2:23日の午後7時のアベマンセー国民洗脳国営放送のニュースを途中で見るのをやめたからわからないが、ネット見ていたらどうも最後の方でちょっとだけ流したみたいかな。どうでも良いけど。で、この海老蔵の会見も生では見ていなかったのを一部をニュース枠で見たら、涙流してのまるで歌舞伎舞台での見得を切る演技みたいだったし、麻央さんの最後の言葉が「愛してる」か。ガン転移だらけ状態でそんな言葉言えるのかな。痛みもすごいはずだし、意識ももうろう状態だろう。まあどうでも良いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

自称評論家の板垣英憲がブログで「安倍晋三首相は、慶応大病院で精密検査、『肺ガンの末期(ステージ4)、リンパ節、脳幹に転移、余命3か月』と告知される」なんていう楽しい記事をアップ

ネット徘徊していたら「安倍晋三首相は、慶応大病院で精密検査、『肺ガンの末期(ステージ4)、リンパ節、脳幹に転移、余命3か月』と告知される」なんてブログ記事があった。まあ、飛ばし記事だらけで信頼性極薄の自称評論家の板垣英憲のブログ「マスコミに出ない政治経済の裏話」の記事なんだが、まあ、楽しい限りの記事だわ。ほんまなら提灯行列だけどね。でも、この自称評論家様のブログ記事ってまともに当たったことないからな。平和の礎である日本国憲法を破壊して、戦争できる国にして、宗主様たちのために日本国民の命を捧げることしか頭にない史上空前の売国ゴロツキバカ、アベでんでんシンゾーがこの世からきれいに消滅するってんだから、日本国が破滅の寸前に救済されるってことだ。さっさと売国ウンコ野郎がクタバルのを祈るばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アベでんでんウンコにたかるカルト党が公式ツイッターで共産党を罵倒するゲス極まりないツイート。それ以上に北朝鮮へのヘイトぶりが政権与党として考えられない異常さ

ツイッターでフォローのTLを眺めていたら、カルト党(公明党)の凄まじいばかりの劣化とアベでんでんウンコにたかる現状の腐敗ぶりを象徴するようなツイートを党の公式ツイッターアカウントで晒しているのを知った。治安維持法の弾圧下の戦前に初代会長が特高に逮捕され獄死させられた過去のある創価学会の理念を政治に反映させるはずのカルト党が、その過去の悲劇も忘却して、腐敗政権にたかるだけのウンコのハエに堕したまさに凄まじきばかりの姿だね。共産党を誹謗するだけでなく、政権与党としては北朝鮮へのヘイト感情丸出しで、どこが平和を求める党だよ、アホすぎる。そのツイートを。で、それに関連するツイートも。

Photo

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アベでんでんシンゾー、そのウンコにたかるハエや蛆虫の醜態を毎日見ていると吐き気ばかり。で、でんでんチルドレンの一匹、豊田真由子議員ってのが秘書に強烈なパワハラだ、と週刊新潮が大特集

アベでんでんシンゾー、それにまとわりついているウンコ議員などのゲス、下品、傲慢、道徳心倫理観皆無のゴロツキ振りを毎日のように見せられるとほんまうんざりするばかりで、吐き気しかない。まあ、そんなウンコ生物どもをのさばらせているのはゴミウリをはじめとする大メディア様のアベの尻舐め状態でしかないのだが、ウンコども、それにたかるハエメディアはまあ日本を破壊したいだけなんだろう、どうでもいいけど。森友学園事件、加計学園事件、TBS元記者強姦事件もみ消しと汚れきった売国奴、日本語もまともに理解出来ないアホ、アベでんでんシンゾーをトップに担ぎ上げて、国家私物化、税金ちょろまかしに精出す自民カルト腐敗政権の醜悪な暴走を見るとこいつらに天誅が下るのは必至だろが、それまでに日本破壊がどこまで進んでしまうのか考えるだけでげんなりや。で、ブログも放置状態。

4月末に24年ぶりに買い替えた新車が納車されて、GW明けに津軽までの9日間の東北ドライブ、6月はじめに1泊2日で草津温泉へ行き、走行距離が2200キロ超えになっていたが、6月中旬に6日間のこれまた大好きな東北ドライブして、3500キロ超えになった。車乗り始めて40年だが、初めてのオートマチック(足のしびれと感覚鈍化でクラッチ操作が素早くできなくなって、まだまだ調子よくデザインお気に入りだった前車ランティスを断念して、ホンダのシャトルへ)に買い替えて、やはりオートマチックはあまり面白くはないが、運転はたしかに楽チンで、ついドライブに行きたくなる。5000キロ点検まで1500キロなので、下北半島辺りまで走って一気に5000キロ超えにしようと思うんだが、梅雨だしねと思案中。

ゲスで下劣な下等生き物アベでんでんが、強行採決やらない、丁寧に国民に説明するなど毎度の口からでまかせを証明するかのように、まともな委員会審議もスルーして参院で共謀罪を強行採決してしまって、さっさと「もりかかけ疑惑」から逃走(こいつのカスカスの脳細胞の中では馬鹿な国民はすぐに忘却するってのがDNA)するために国会閉会して、19日には内容皆無の自画自賛居直り会見する相も変わらずのゴロツキクズぶり満開。しかもだ、その直後に森友学園強制捜査っていう凄まじいばかりのテメエの犯行隠蔽ぶりだ。まあ、権力の手先でしかない検察になんの期待もできない情けない現状で、ゴロツキ政権のやりたい放題ってとこか。

嘘八百が信条のアベでんでんがトップに居るためか、まあその周辺に集まるのもウソで欺瞞に満ちたゴロツキばかりなわけで、文部省関連文書関連でもハギュウダとかいうデブのゴロツキがその醜悪さを発揮してお笑い状態。加計学園のアベでんでんのお陰で税金多額ちょろまかしのゴロツキトップとは全く知り合いではないと公言するも、そのゴロツキトップとアベでんでんと仲良くバーベキューパーティのハギュウダのウソの証明写真。

Photo_2

そして、今日発売の「週刊新潮」をネットでパラパラ読んで(ドコモのdマガジンってのを契約しているから月400円ちょっとで160誌ほどを読み放題)いたら、いわゆるアベでんでんチルドレンとかのアベでんでんウンコにたかる蛆虫の一匹である官僚出身の豊田真由子なる議員が自分の秘書に暴言・暴力の限りのパワハラの楽しいお話が掲載されていた。いやーすごいね、アベでんでんのウンコにたかるハエや蛆虫まがいの生き物たちってのは。官僚出身政治家の最も醜悪な形を体現するこのバカ議員だが、アベでんでんウンコにたかるゴロツキはどんな犯罪を犯そうが、警察・検察が「アベでんでんウンコにたかるクズ無罪」の原則で放置なんだろうな。しかしね、国会閉会後仲良し小好しの刈り上げブタの北朝鮮がおもちゃロケット発射してくれないから、そのかわりのモリカケ疑惑そらしかもな。なにしろアベ仲間のような新潮が記事にしてんだよ。

01

02

P.S.:この狂乱議員のパワハラに関して、かつて政権交代のときに自民カルト党の官房長官やっていて、官房機密費を持ち逃げしたクズ野郎、河村某ってやつがこのパワハラ議員を屁理屈こいて擁護してやんの。「彼女が最初に選挙に出た時、私は選挙対策委員長だったので、彼女がいかに頑張っていたかを知っているので、 ちょっとかわいそうだなと思って見ている。秘書が、やり取りを録音して外に出すということは、何か意図がなければありえない。いくらパワハラがあったと言っても、選挙を戦う者とすれば、あのようなことは起こる。 たまたま彼女が女性だからこうしたことになっているが、あんな男の代議士はいっぱいいる」とな。さすが税金こそ泥してしまうクズらしい。「何か意図がなければありえない」ってね、それほど暴言・暴行がひどかったってことだろうが。しかも、「あんな男の代議士はいっぱいいる」とくると、テメエで仲間の犯行暴露しているのがわかっていないようだ。ならば、そのいっぱいいるパワハラ議員は、当然に自民離党か。で、自民カルト党のアベでんでんシンゾーはじめ殆どが自民カルト党から離党か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

ラジオニッケイの「ザ・マネー視界良好!杉村商店」番組のMC、株式評論家杉村富生某が前川前事務次官は嘘つきで信用できない、それを担いでアベ降ろしを図っている朝日新聞や民進党、とアベマンセーの愚かさ発揮

ネット徘徊していれば、よく分かるのだが、株式関係のサイトやその関係者の愚かさはお笑い領域に達していて、アベでんでんシンゾーマンセー野郎がでんでんシンゾーの下痢便にたかるハエのように湧いている。その一つの典型例が今日のラジオニッケイの午後3時台の「ザ・マネー視界良好!杉村商店」だった。株式売買やるときはたいてい音楽聴きながらが多いんだが、たまにradikoでラジオニッケイ流す。今日も午後2時半頃からラジオニッケイ流して、後場終わってもそのままにしていたら、その杉村の声が流れてきた。

その番組でMCとして喋っているのが大昔から株式評論家とかの肩書でどうでもいい内容で株式をグダグダ喋っている杉村富生って耄碌爺だ。

そのジジイが、なんだか突然に前川前事務次官の問題を喋り始めて、前川前事務次官のことをウソ喋りまくっているような人でまるで信用出来ない。それを持ち上げているのは朝日新聞とTBSだけ、民進党や外国のアベシンゾー陥れの陰謀だみたいなことをまくし立てていた。良くも恥ずかしくもなく、前川前事務次官を誹謗中傷し、国会答弁だけ見ても明白な誠実さ皆無ウソを並べ立てて、批判には怒りまくって「印象操作だ」と喚きまくる人間のクズアベをマンセーできるものだ。まあこの程度のアベ並の知性の持ち主を使うのもニッケイの小会社らしいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

アベでんでんシンゾーは相も変わらず国会審議ではまともに質問に応えることもできず、毎度のごとくにアホの一つ覚えの「印象操作だ」と喚くは、ヤジは止めろと言うくせに直後にテメエで下品下劣なヤジ吐きまくるアホ満開

上野の都美術館で開催中の「バベルの塔」展覧会のチケット2枚を口座のある銀行からゲットしたので、ヨメはんと都バスに乗って久しぶりに上野へ行ってきた。混んでいるかなと思ったら意外に空いていて、のんびりと鑑賞できた。日本で開催のこの手の展覧会は混んでいる場合が多いのであまり行かないのだが、今回は無料券もあるし、大昔から何より大好きなブリューゲルとボスなんで行かざるを得ないよね。「バベルの塔」はやはりすごいし、版画類がまた良い。ボスの2枚の油彩もボスの感性爆発でじっくりと楽しめた。上野に来たついでなので、65歳以上は無料で通常展は鑑賞できるので国立西洋美術館でも鑑賞。こういうのを観ていると、ゲスで愚劣な腐敗生物アベでんでんシンゾーらクズどものことも忘れるわ。まあ、ボスやブリューゲルの描く異形な怪物のような生き物の中にはアベでんでんシンゾーやヒョットコあっそーのような愚物もわんさか描かれていたけどね。

その愚物の象徴である売国奴アベでんでんシンゾーだが、昨日の国会審議でもあの愚物らしいアホさらしを爆発させていたようで、ほんまこれほどの愚劣で下劣で驕慢で誠実さも責任感も謙虚さも真摯な対応も皆無のクズが首相にのさばり続けているってことが日本人として情けない限りや。この戦後政治最悪の愚物の汚物だが、質問に毎度のごとくにまともに応えること一切なく(まああまりの馬鹿で質問の日本語が理解できないんだろうが、哀れなクズや)、アホの一つ覚えの「印象操作だ」と喚きまくり、委員長からは「質問に答えてください」と注意されるアホガキ状態。

また、「めくら判」との言葉まで吐く、常軌を逸した興奮状態を晒すわ、 大したヤジでもないのに、答弁中にヤジを飛ばさないでくれと野党席に偉そうに喚くくせに、そのヤジを止めろと吐いた直後には総理の席から腕振り上げ、薄汚い弛んだ顔歪めてヤジをテメエで飛ばしてんだから、どうしようもないクソ馬鹿。全く学習効果がないんだろうなこのクズは。それより、これほどヤジを気にする首相ってのも空前絶後で。とにかく気が小さいんだろうな。だいたい答弁席からのヤジってのは基本ご法度だってのがこの馬鹿には理解できないんだろうな。まあどこまでも国会軽視(つまりは国民を馬鹿にしているってこと〕で、テメエを立法府の長と宣うほど憲法も全く理解できていないアホだしな。しかもそのヤジが「違う!いい加減なことばかり言ってるんじゃ無いよ」とかの下品低劣さ。委員長から「不規則発言は止めてください」と注意されるほどの異常さ。こいつ元から馬鹿なんだが、森友・加計疑惑で相当精神切れ切れ状態なんじゃないか。拘束して精神病院に投げ込んだほうが良いんじゃないか。どこから診ても狂いまくっている。

声がひっくり返り、ろれつも回らず早口で「みなさん落ち着いてくださいね。良いですか、落ち着きました?あのですね、あのですね、私がですね、私が、加計学園の事にですね、ことにですね、いかにも関与したかのごとくですね、印象操作をですね、印象操作をする、のは止めましょうよ」なんていう首相がこれまで存在したか?落ち着いて、きちんと質問に応えるべきなのはお前でんでんシンゾーだよアホが。それにしてもね、政府専用機で外遊時に“バクシンの友”加計を同乗させるっていう究極の公私混同国家私物化やってんだが、それに関しても、運賃支払ってもらっているから問題無しと開き直り。ならばその運賃ってのはどう計算して、支払いの証拠はあるのか。それに、その計算された運賃(だいたい政府専用機だから運賃計算なんて不可能だわ)支払えば誰でも同乗させなきゃお前の開き直り言い訳は毎度の嘘ってことだな。

で、ツイッター眺めていて、納得のツイートをいくつか。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

5日発売の週刊プレイボーイがアベ下痢便政権の腐敗を加速させるメディアのジャーナリズム精神放棄の「忖度」ぶりを4ページで特集のGJ

森友学園事件、加計学園事件、TBS元記者強姦事件もみ消しと汚れきった売国奴、日本語もまともに理解出来ないアホ、アベでんでんシンゾーをトップに担ぎ上げて、国家私物化、税金ちょろまかしに精出す自民カルト腐敗政権の醜悪な暴走が止まらず、まさに日本破壊しか目的がないような状況だが、そんな戦後最悪最凶の政治状況を醸成してしまったのはジャーナリズムとしての本来の任務である政権監視・批判を完全に忘却して、幹部が毎日のようにアベでんでんと税金泥棒の贅沢宴会三昧でアベらと共謀して政権腐敗を加速させていることなんだが、そんなメディアの政権との癒着、尻舐め状況を週刊プレイボーイが6月5日発売の6月19日号で4ページで特集している。週刊プレ実にGJだ。共謀罪に絡んで国連さえコケにしまくるアベ腐敗下痢便政権の傲慢ぶりも4ページで特集していてそれも必読。読むのが一番なので、メディアの呆れた忖度ぶりをスクショ。

06191

06192

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

1泊2日の草津温泉ドライブ旅行から帰宅して、アホのでんでんシンゾーがラジオ番組で前川前事務次官を攻撃する戯言吐いて、テメエで犯行自白も同然のアホこいているのを知って大笑い

新車で買ってからあまりにお気に入りで24年乗り続けてきた「ランティス」なんだが、足のしびれや感覚鈍化でマニュアルのクラッチ操作が素早くできなくなってきたのもあり、安全のためのクルマに乗り出して40年で初めてオートマ車に乗り換え、4月末にその新車ホンダ「シャトル」がやってきて、5月連休明けに10日間ほどの津軽までの東北温泉ドライブに行って、オートマ車は楽ちんだわと認識、ドライブにどんどん行かなきゃなと、6月2日から3日に1泊で昨年10月以来となる草津温泉へ行ってきた。強酸性の草津の湯ってのはやはり肌に良いのかな、調子イマイチの皮膚がなんとなく良い感じになる。で、往復で420キロほど走って、シャトルの走行距離は2250キロほどに。先月末に購入後1000キロ点検済ましたが、5000キロ点検ってのもさっさと済ませるには下北・津軽まで走ってブラブラするのが良いかな。そしてもう一度草津へ行くと、5000キロ超えちゃうな。というわけで、新車にしてドライブ行くことばかり計画中。

3日夜にドライブ旅行から帰宅して、ネット見ていたら、面白い朝日新聞の記事があった

 

◆◆◆◆◆◆◆

 

「印象操作」首相が連呼 野党「どこで覚えたのか」

 

仲村和代、田玉恵美2017年6月3日05時02分

 

 安倍晋三首相が、国会で加計(かけ)学園(岡山市)の獣医学部新設計画などをめぐり野党から追及を受け、反論する際に「印象操作」を連呼している。この言葉が国会で使われるようになったのは最近。首相が多用することに違和感を示す人もいる。

 5月30日の参院法務委員会。友人の加計孝太郎氏が理事長を務める加計学園との関係を野党議員に問われ、首相が反論した。「1年間に14万円の報酬を受けたことはございます。しかしこれは印象操作であって、まるで私が友人のために便宜を図ったかのごとく議論をしておりますが恣意(しい)的な議論だと思います」

 首相は「印象操作」を今国会でたびたび使う。「忖度(そんたく)した事実がないのに、まるで事実があるかとのことを言うのは典型的な印象操作なんですよ」「我々がまるでうそをついているかのごとく、そういう印象操作をするのはやめていただきたい」

 インターネットの国会の会議録で「印象操作」という言葉で検索をかけると、初登場は2015年3月。同年は4回、16年は8回使われた。今国会(2日夕時点の公開分)、首相は16回発言している。

 「印象操作」と言われた共産党の小池晃書記局長は取材に「事実関係を確認しようと質問しているのに、それに答えず『印象操作だ』と応じるのでは議論にならない。聞く耳を持たないという意志の表れだ。あんな言葉、どこで覚えたんですかね?」と話した。

 本来の意味とはズレた使い方を…

(有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。)

◆◆◆◆◆◆◆

続きは有料なのでちょっと残念だが、これだけの巻頭記事でもアベでんでんシンゾーがいかに馬鹿のウスノロ野郎かが浮かび上がる。この馬鹿は、国会で質問されるだけで、アホの一つ覚えのように「印象操作」ってのを使うんだが、それじゃ何も質問もできやしない。しかも、この馬鹿はその印象操作なる言葉を使うたびにそれに絡む事実にテメエが真っ黒けに絡んでいるって白状しているみたいなもんだが、あまり頭が悪すぎてまるで認識できていないのが哀れでもあるんだが。

それにしても、頭脳明晰な共産党の小池議員の「あんな言葉、どこで覚えたんですかね?」という言葉には思い切りに馬鹿にするニュアンスが溢れ笑ってしまう。まあ、「云々」をでんでんと読んでしまうなど、官僚にルビ入りで書いてもらった答弁書でさえまともに読むことができないほど日本語が不自由な低能痴呆野郎だしな。ほんま、新たに誰かに教えてもらった四字熟語が、これまでまともに国語でさえ勉強したこともないアホには嬉しくて仕方ないんだろうね。ほんま哀れすぎるアホだ。

その哀れすぎるアホのでんでんシンゾーなんだが、大疑獄事件加計学園問題でこれまた頭脳明晰人格高潔な前川前事務次官がメディアのインタビューに積極的に応じて、でんでんシンゾーがお仲間に税金を垂れ流す強要をしたと同然の汚い動きをしていたのをばらしているんだが、もうそのことで発狂寸前(というよりもとから発狂しているクソか)のでんでんシンゾーは、前川前事務次官を冤罪陥れのゴロツキ記事を書いたゴミ売には社会部長を起用してさらなるウスラバカ攻撃をさせるわ、さらにテメエの尻舐めの一人、スダナントカってクズがやっているラジオ番組に出演して、前川前事務次官を「私の意向かどうかは、確かめようと思えば確かめられる。次官であれば『どうなんですか』と大臣と一緒に私のところに来ればいい。なんでそこで反対しなかったか、不思議でしようがない」と、これまたアホすぎる脳なしらしい愚か極まる喚き散らしをやらかしたそうな。

これってよくも言えるよな。一官僚が、総理それもテメエ自身で「ワタクチュが最高権力者、立法府の長」とアホの証明しているような独裁者気取りの歩く木偶の坊に「今回の加計学園の件は総理の意向ですか、私は行政の規律を守るためにも反対です」なんて直接言えるわけねえだろうが。その場で即解任になって終わりや。だいたいや、この独裁者気取りの虚ろで腐敗した脳細胞の愚劣な生き物は戦争法、共謀罪、沖縄の基地問題等々あらゆることに関して、国民の真摯な声に一度でも耳を傾けたことがあるか。声を聞くどころか、嘘を吐くばかりで、騙すだけの詐欺師まがいじゃん。まあ、戦後の政治世界でも国家私物化、税金を仲間でこそ泥三昧のこれほどの卑劣な汚物はなかったね。

しかもやこのでんでんシンゾーの馬鹿の戯言だが、「なんで反対しなかったか」ってね、それってテメエで補佐官かなんだか知らないがテメエの意向を強制するために前川前事務次官のところへテメエの指示で使いにやったってのを白状しているもんなんだが、あまりにアホすぎてテメエで言っていることさえ理解できていないようだ。ここまで明白な犯罪にどっぷりで、それが様々な形で顕在化しても居直り、開き直り、居座り続ける首相ってのも空前絶後やな。まあ、汚いカネで籠絡された薄汚いメディアのゴロツキどもが必死で守ってくれてほんまよかったねゲスで下劣で醜悪な低能でんでん首領様。とにかくこの生ける屍ウスラバカやその取り巻きのゴロツキどもを一斉逮捕して檻に閉じ込めるしか日本を救う道はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

ゲスの極みのスガ官房長官が、前川前事務次官が出会いバーに通っていたことを「強い違和感覚えた」と印象操作したんだが、その出会いバーで前川前事務次官とつきあった女性の証言が週刊文春に掲載された

6月1日発売の週刊文春に、ゲスの極みのスガなる自民カルトの議員どもクソの犯罪に関してはすべて「問題なし」と吐く官房長官やっているクズから、前川前文科省事務次官が出会いバーに通っていたことを「さすがに強い違和感を覚えた」と下品で陰険な冷笑浮かべて、アホのアベでんでんシンゾーが批判されると即発する「印象操作」をしたんだが、その出会いバーで前川前事務次官と出会っっていた女性たちの前川評が掲載されていた。

前川前事務次官のバー通いが、女性たちにバー通いの経緯、家族の悩み、就職のアドバイスなどをして、親身な相談をしていた実態が書かれている。そして、女性たちは前川前事務次官に感謝までしているのだ。退官後も夜間中学の教師をボランティアでしたり、まさに文部官僚として国民のために生きているそのままの姿なのだ。

その人物を、国家私物化の重大犯罪犯しているアベでんでんシンゾーをどこまでも匿い、犯罪を隠蔽することしか頭にないアベの同類手下スガは、国会の証人喚問に応じるという前川前事務次官なのに、証人喚問する必要ない(それほど問題ないなら堂々と証人喚問すればいいだけなのに、喚問拒否すればするほどアベ真っ黒ってことだ)と一蹴し、政権幹部としてはあり得ない個人攻撃の恥知らずぶりで、そのゲス下劣な本性を剥き出しているお笑い。

それにしても、政権に敵対する官僚さえそのスキャンダルをでっち上げるために、警察などを使って秘密裏の監視をしていたのが、ゴミ売に情報をリークしてでっち上げ冤罪記事(あの愚劣な記事を掲載したことでゴミ売はただのアベ売国政権の広報誌であることを宣言し、本来のジャーナリズムを捨てた)を書かせるというなんとも吐き気がするばかりの薄ら寒いゲス政権を露呈したんだが、こんなクソ政権が強引に作ろうとしている共謀罪もそら想像そのものの禍々しさってことだ。官僚トップらは常にスガゲシュタポに監視されているってのがわかったわけだけどね、まあ、人を陥れようとして墓穴を掘ったバカどもなんだが。

で、「dマガジン」契約(1ヶ月にわずか400円ちょっと))しているので、早速その週刊文春の記事を書店に立ち読みに行くこともなく、パソコンで読んだ。しかし、ほんま最低の低劣ゲス政権だわ。

Maekawa01 Maekawa02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とにかく「違和感ありまくり」に尽きるアベでんでんシンゾー国家私物化政権。ああ一度はなりたや「アベでんでんの尻舐め仲間」ってとこか

森友学園事件、それをさらに拡大深刻化した加計学園事件、そして、アベでんでんの尻舐めヨイショ記者の強姦事件、さらにはこれまで頻発のアベ政権に絡む閣僚や議員のパンティ泥棒をはじめとする犯罪行為など見てくると、事件の真相を究明すること一切なく、証拠は隠蔽し、スガなるゲス陰険な官房長官がボケ官邸記者に常になんの説明もすることなく「問題なし」等々の傲慢発言してもまともな質問もできずにヨイショ記事書いて、世論調査と称する国民騙し・誘導で補強し、一方では政権に対峙する関係者は誹謗中傷・メディアを動員しての陥れ陰謀と、ここまで政権・メディアが腐敗した時代はないなとゲンナリするしかない絶望状況。とにかくこの政権は「違和感ありまくり」に尽きる。

その腐敗政権を倒すべき第一野党の民進党自体が自民カルトのトロイの木馬でしかないノダ豚を幹事長にしてしまうおろか極まるアホ女が党首だし、ほんまどうしようもないしね。一連のアベの国家私物化鮮明な事件、憲法違反の共謀罪強行では徹底した審議拒否などあらゆる手段を取るべきなのにあまりにヘタレな対応ばかりで何やってんだよという状況だし、まあ、北朝鮮脅威煽りにも簡単に騙される国民だし、この程度の愚劣極まるカルト政権を持つのも仕方ないのかな、どうでもいいけど。

それにしても、国民・国家のことなどなんの興味もない売国一途の愚鈍野郎アベでんでんシンゾーのお友達っていうか、カネなど薄汚い関係でアベの尻舐めやっているとなんともごきげんな浮世を満喫できるんだね。莫大な額の国有地なんかもタダ同然と懐にしてしまえる(その対価として当然にアベでんでんには相当の汚いキャッシュか。でなきゃ犯罪行為に手を染めてまでお尻あいに便宜図ることないわな)し、強姦なんて凶悪犯罪犯してもアベのお仲間警察官僚がもみ消してくれるわ、全く犯罪の犯し放題やな。閣僚がパンティ泥棒とか収賄やっていても「問題なし」だもんな。良いなあ、良いなあ、一度はなりたい憲法破壊願望の売国奴アベでんでんシンゾーの尻舐めお仲間。

まさに「アベでんでんやりたい放題政権」ってか。日本だけじゃないか、海外でも同じか。五輪誘致では「フクチュマゲンパチュは完全コントロール」なんて世紀の大嘘吐いて(まあ、これだけじゃなくて、この愚劣野郎は息をするように嘘を吐くわけで、これまで真実を吐いたことがなく、その嘘を吐くこと自体になんの痛痒も責任も感じることがない素晴らしい空虚頭脳)世界を騙すわ、その嘘吐き放題は日本人の貴重な税金をまるでテメエの小遣いのように世界中でばらまいて糊塗する悪辣ぶり。

まあ、「権力の長期化は必然的に絶対に腐敗・堕落していく」っていうもんだが、このアベゴロツキ政権ってのはスタート時点以前からウソと欺瞞に満ちた腐敗臭を漂わせていたんだけどね。ここまで傲岸不遜・厚顔無恥の集団ってのも戦後70数年のなかでも唯一無二なんだけど、このゴロツキ野郎の無能でんでんをトップに据えて、アホに睥睨し続ける自民カルトの議員どもはプライドも何もないのかい。かつての自民党政権にあった先達は天国で嘆き悲しんでいるだろうね。

河野洋平元衆院議長(元自民党総裁)が5月31日、東京都内の講演で憲法改正について語ったそうなんだが、朝日新聞によると

 

◆◆◆◆◆◆◆

 

 安倍(晋三)さんは「自民党は一貫して改憲をめざしている政党だ」という。しかし、これは間違いだ。自由民主党は自由党と民主党が合併してできた党だ。合併するときの自由党は吉田(茂)さんがリーダーで、いわば護憲政党だ。民主党は鳩山(一郎)さんがリーダーで、改憲を主張する人が多く集まっていた。護憲党と改憲党が一緒になって改憲党になるとは思えない。合併してできた自由民主党は一貫して改憲を主張する政党だなんて言うことは、明らかにスタートから認識が間違っている。

 突如としてああいうこと(9条改正)をおっしゃる安倍さんの言い方に、私はまったく驚いている。理解のしようもない。私は9条はさわるべきではないと思う。このままでも国民の皆さんは納得しておられるのだから、このままでいい。人によっては軍隊というべき自衛隊の存在がある以上書くべきだという人もいるが、それは間違っている。

 憲法は現実に合わせて変えていくのではなくて、現実を憲法に合わせる努力をまずしてみることが先ではないか。「事実上はこうだから憲法をこう変えましょう」と、憲法が現実を後から追っかけて歩いているなんて、憲法にはひとかけらも理想がないのかと言いたくなる。憲法には一つの国家の理想がこめられていなければならない。

 しかも、安倍政権のもとで憲法問題をやるなんて、あり得ないことだ。おそらく最近の日本の政治の中で、もっともこれまでの方向と違う方向をさしている政治の中で憲法を変えるということは、日本の歴代内閣がやってきた方向ではない。安倍(政権)という不思議な政権ができて、その人が指さす方向に憲法を変えていくなんて、私は到底納得できない。それに費やす政治的エネルギーは、他にもっと使わなければならないことがたくさんある。憲法(改正)について、私は同意できない。

◆◆◆◆◆◆◆

とか。今頃言うのも遅すぎだし、自分のガキ(河野太郎)がまるきりアベ尻舐め状態をまず解消してからにしてほしい。それにしてもね「日本の歴代内閣がやってきた方向ではない。安倍(政権)という不思議な政権ができて、その人が指さす方向に憲法を変えていくなんて、私は到底納得できない」とまで言わざるをえないほど現状の売国アベ政権が異常すぎるってことだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ