« 日刊ゲンダイに掲載のアベ政権にノーを突きつける2つのコラム | トップページ | 新車でドライブ楽しむためにまたまた東北ドライブ中。それにしても暑いわ。その暑さを倍加させるアベシンゾーの気持ち悪さ。文科省のアベ忖度たっぷりで加計学園に異例の補助金支給だとさ »

2017年7月 8日 (土)

ちょっと前ネットで見つけた文章なんだが、アベシンゾーの小学生時代の同級生だった女医さんが書いたもので、なかなか面白い

ネットでアベでんでんシンゾーの小学校4年から6年生時に同級生だったという女医さんの「うんこよりも嫌われ者の安倍くんは同級生」なる文章をちょっと前にネットで見つけていたんだが、ますますキチガイ度、増長ぶり、傲慢ぶり、小心さを見せつけるゲスな売国生き物アベシンゾーの生来変わらぬ、反省も勉強もしない度し難い資質がよく分かる。

◆◆◆◆◆◆◆

うんこよりも嫌われ者の安倍くんは、同級生

2017/05/17 11:00 AM

ぴょんぴょん先生は、小・中・高まであべぴょんと同じ成蹊に通い、なんと小学校4年生から6年生までは同じクラスだったとのこと!日本の中でもあべぴょんの本質をよく知っている一人と言えると思います。ぴょんぴょん先生の目に写っている等身大のあべぴょんが興味深く、少し哀れにも思えてきました…。(編集長)

――――――――――――――――――――――――

「うんこよりも嫌われ者の安倍くんは、同級生」

共謀罪が強行採決されたら、不敬罪でつかまると思うので、今のうちに言いたいことを言っておこうと思います。

国会の答弁を見ていても、「どうせ共謀罪が実行されるんだから、言いたいことが言えるのも今のうちさっ」って感じのふてぶてしい安倍くん。 国会中に席をはずし、ズボンを上げながら戻ってくる安倍くん。 人の話を、せせら笑うような顔で聞いている安倍くん。 質問者が質問しても、別の話を持ちだして流れを変え、肝心の答は絶対に言わないよう訓練をされた安倍くん。 「自分が関与してたら総理大臣を辞めます」と言ってたのに、一向にやめる気配のないウソつきの安倍くん。

不正選挙で勝ち取った過半数や、これまた情報操作された支持率を、錦の御旗のように掲げて、読売新聞を読めという安倍くん。 何をしてもボクちゃんはトップだから、というアホ丸出しの安倍くん。 ネットではサイコパスと呼ばれ、最低な人間、歴代最低の総理なんて言われてる安倍くん。 なんて奴だ! あんたにはひとの心がないのか?! と叫ばせてしまう安倍くん。 哀れなヤツだ、こんなヤツじゃなかったのに、と嘆かせる安倍くん。

4年生から6年生まで同じクラス

恥を忍んで言いますが、安倍くんと私は、ともに成蹊小学校で4年生から6年生まで同じクラスでした。

安倍くん、覚えていますか? 担任のN先生のことを。 私はあの先生に出会ったおかげで、今の自分があると思っています。

宮沢賢治がお好きで、授業でも賢治のことを話してくださり、そのおかげで私も賢治のファンになりました。 不作と言われる小学校の先生の中でも、ピカイチの人格者でした。 問題児がいても、その子の人格を認めながら上手に導いておられました。 いつも笑顔で、クラス全員を平等に見てくださっていました。 子供には、そういうことはすぐにわかります。

教室にゴミが落ちていると、ご自分が真っ先に拾う。そういう先生の姿勢を目撃したときから、生徒たちもそれをまねるようになりました。

N先生が生きておられたら、安倍くんの現状を見てどう思われるでしょうか。 心が柔らかい時代に、あのような人格者と出会ったことが、あなたにはまったく影響を与えなかったのですね。

安倍くんは目立たない、おとなしい子供でした。 私は安倍くんとは、ほとんど話をしたことはありません。 ただ今思えば、立っている時はよく手を後ろに組んで、偉そうだったのを思い出します。 でも、今のようなサイコパスではなかったし、品もあったし、友達もいて、けっして感じの悪い子ではありませんでした。

夏休み明けに、教室で安倍くんが話していたのを覚えています。 ハスキーですが、通る声で、「軽井沢の、おじいちゃまの別荘に行っていた」と言っていました。子供なので軽井沢を知りませんでしたが、別荘地のあるセレブな避暑地らしいことは感じました。

母は、ミーハーでしたから、PTAから帰ると、「今日は安倍くんのお母さんが見えてたわよ。きれいな人だったわ。あの方が岸さんのお嬢さんなのよねえ。で、安倍くんのお父さんは養子みたいなもの」という話も耳に残っています。

小学校卒業のサイン帳、今でも小学生がそういうことをするのか知りませんが、あの当時は卒業前に親しい友人にひとこと書いてもらうノートをサイン帳と呼んでいました。 友人が安倍くんに書いてもらったのを、見せてもらいました。 「将来、総理大臣になるから、そのときは云々(でんでんじゃないよ!安倍くん!)してあげる」という内容でした。まさか現実になるとは、冗談で終われば良かったのにと思います。

成蹊学園の校風

成蹊学園は、中村春二という創立者が、三菱の岩崎弥太郎から資金を援助されてできた学校です。初めは旧制高校でしたが、新しい学校制度の元、現在のように小学校、中学校、高校ができました。大学ができたのは比較的新しく、私が小学校6年くらいのときでした。

東京では私立というと、慶応、成城、学習院、雙葉・・と有名校がたくさんありますが、成蹊は立地が23区ではないので、私が入学した当時は一段ランクが低かったと思います。 その証拠かどうかわかりませんが、23区内の私立校ではみな革靴をはいていましたが、私たちは運動靴でした。

しかも、創立者が非常にストイックな人だったらしく、旧制高校時代はかなりのスパルタ校だったそうです。創立者の作った、心力歌(しんりょくか)というお経みたいなものがあって、その中で、心の力こそが一番大事というようなことが書かれていたと記憶しています。

毎朝、冬の寒い中でも朝礼は屋外で、ゴーンと大きなリンをならすと共に、先生も生徒もいっせいに立ったまま、凝念(ぎょうねん)という瞑想のようなことをしました。今思えば、脊髄のムーラダーラ・チャクラのムドラーですが、そういう形に手を組んで数分間目をつぶるのです。 中学まで毎朝やらされたのに、私は未だに瞑想が苦手なのは、なんでだ?

遠足というと、よその学校はみな工場見学とか楽しそうなのに、私たちはいつも山登りでした。 苦しかった~!だから今でも山登りが大嫌いです。臨海学校では2キロの遠泳、冬は長距離のマラソンや、24キロの歩きとか、そんなのばっかりで、体育会系でない私にはトラウマになりそうでした。 いわゆる、精神修養ということに重きをおく学校でした。

しかし一方、小学校から大学までというエスカレーター校の良さもありました。 受験勉強に時間を取られることもなく、自由な校風の中で自分の趣味を開花させた人たちも多く見られます。 医大に行って、受験勉強だけを生きがいにしてきた人たちと机を並べてみて、成蹊がいかに温室だったのかを知りました。

温室育ちの安倍くん、中身は弱々で自信がない

どんなに精神修養が重んじられたとしても、世間から見れば温室に違いはありません。 そういう中で大学までぬくぬくと育ち、おじいちゃまから洗脳を受けながら大きくなった安倍くん。きっとおじいちゃまは、自分の培ってきた悪知恵を、安倍くんの脳みそにらくらくと書き込むことができたことでしょうね。 自分を含め、成蹊にはそういう自我の乏しい、良く言えば素直な、悪く言えば染められやすい子が多かったなあと思うのです。

たぶん、どう見ても今さら、まともな安倍くんは戻らないでしょう。 が、どんなにモンスターに見えても、かつてはふつうの子供だったのです。 そして、最近のふてぶてしい答弁を見ていると、いっぱい権力を握り、回りも固められて、立派なよろいはつけているけど、中身は弱々で自信がないんだろうなあと思います。

アメリカから、「6月に首相の座を降りろ」と言われた時など、そうとうにビビったのではないでしょうか。そういう小心者なのですが、なんとかに刃物が一番コワいので、早く降りて欲しいと切に切に願っています。国民のためにも、日本のためにも、世界のためにも!

以上

ぴょんぴょん

Writer:白木 るい子(ぴょんぴょん先生)

1955年、大阪生まれ。うお座。
幼少期から学生時代を東京で過ごす。1979年東京女子医大卒業。
1985年、大分県別府市に移住。
1988年、別府市で、はくちょう会クリニックを開業。
以後26年半、主に漢方診療に携わった。
2014年11月末、クリニック閉院。
現在、豊後高田市で、田舎暮らしをエンジョイしている。
体癖7-3。エニアグラム4番(芸術家)

|

« 日刊ゲンダイに掲載のアベ政権にノーを突きつける2つのコラム | トップページ | 新車でドライブ楽しむためにまたまた東北ドライブ中。それにしても暑いわ。その暑さを倍加させるアベシンゾーの気持ち悪さ。文科省のアベ忖度たっぷりで加計学園に異例の補助金支給だとさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/65508277

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと前ネットで見つけた文章なんだが、アベシンゾーの小学生時代の同級生だった女医さんが書いたもので、なかなか面白い:

« 日刊ゲンダイに掲載のアベ政権にノーを突きつける2つのコラム | トップページ | 新車でドライブ楽しむためにまたまた東北ドライブ中。それにしても暑いわ。その暑さを倍加させるアベシンゾーの気持ち悪さ。文科省のアベ忖度たっぷりで加計学園に異例の補助金支給だとさ »