« 2018年6月 | トップページ

2018年7月13日 (金)

日本・日本国民・平和憲法破壊派の売国奴アベデンデンシンゾーの西日本大水害時の棄民行動を糊塗するためのアリバイ作りだけの超短時間のイヤイヤの被災地訪問の記者クラブとの捏造工作をフリー記者田中龍作が暴露

保守派でも愛国者とかそんなものでなく、日本・日本国民・平和憲法「破壊派」でしかないユダ菌の手先の売国奴アベデンデンシンゾーの西日本大水害時の棄民行動を糊塗するためのアリバイ作りだけのための超短時間のイヤイヤの被災地訪問のアベのケツ舐めマスゴミの記者クラブ(アベ専属広報国民洗脳クラブとも言う)との捏造工作をフリー記者田中龍作が暴露してます。

 

その記事は「安倍首相の『ヤラセ被災地訪問』 田中は記者クラブに見つからないように息を潜めた

 

2018年7月13日 12:34」というもので、その内容は

 

◆◆◆◆◆◆◆

Photo

 住民やボランティアが復旧作業に懸命の汗を流す倉敷市真備町。避難所に充てられた岡田小学校体育館に着くと、「総理被災地訪問」のIDを首からブラ下げた内閣府の役人や警察関係者がウヨウヨいた。

 体育館の中に入ると、ニヤニヤした顔で避難住民に話しかける安倍首相の姿があった。

 マスコミがステージの上で鈴なりになっていた。マスコミとは記者クラブのことである。田中と助手の倉持は体育館の中を這うようにして取材を続けた。記者クラブに見つかると、当局にチクられて排除されるからだ。

 「取材者と気づかれないようにして首相に近づき、住民との会話内容を聞いてくれ」と倉持に指示を出した。

 田中はやや離れた場所から首相を撮影した。ファインダーの中には避難住民を労うフリをする安倍晋三がいた。目に全く温かみがない。災難にあえぐ住民の気持ちなんぞ気にも留めていないことを、その目は物語っていた。田中は数カット撮る度にカメラを隠した。

 ステージ上に群がるマスコミを撮影するのは、最後にすることとした。マスコミにカメラを向けるのは、自分の居場所をマスコミに教えるようなものだからだ。

Photo_2

 10分くらい経っただろうか。防災服を着た小太りの中年男がトコトコと近づいてきた。特徴のある頭髪と顔つきで佐伯耕三・首相秘書官であることが瞬時に分かった。衆院予算委員会(4月11日)で質問中の玉城雄一郎議員にヤジを飛ばしたことで一躍有名になった御仁だ。

 佐伯秘書官は「メディアの方でしたらステージの方に行って下さい」と告げて来た。田中と倉持はとりあえず体育館から外に出ることにした。

 ケガの功名とはこのことだった。体育館の玄関付近からステージの方を見ると、まるで映画のセットのような光景があった。安倍首相側は「慰問の絵」を作り、マスコミは官邸の意向に沿って撮影、報道していた。田中は映画のセットを写真におさめた。

 やるべき仕事がまだあった。安倍首相への直撃インタビューだ。記者クラブは権力者の嫌がることを質問しない。

 

体育館の玄関で息を潜めて待った。吐く息、吸う息の音さえ気づかれたくなかった。見つかればまた排除されるからだ。倉持にカメラを持たせ、田中は地元住民を装った。

 しばらくすると首相は玄関に出てきた。靴を履き終えたところで、田中は質問をぶつけた。内容は前稿に記した通りだ。

 官邸は首相の「やってる感」を演出するために記者クラブを利用する。新聞・テレビ報道は忠実に応える。フリージャーナリストが権力の実態をあばくには、記者クラブの目を かい潜ら なければならなかった。

Photo_3

◆◆◆◆◆◆◆

なんともとゲスな政権だ、ほんまあまりの鬼畜ぶりに呆然とするしかない。被災地での被災者との対応する姿を取材させるのはテメエの悪口は一切書かない官房機密費で幹部を籠絡しているマスゴミの記者クラブだけというセコすぎる小心さとゲスぶりの鬼畜野郎アベデンデンにはもう失笑しかないわけで、そんな鬼畜野郎の広宣機関に成り下がっている現状のマスゴミの下劣さ。まあ、アベ放送局NHKなんていう視聴料金ふんだくり自民広報局はアベデンデンの翼賛報道のみしかせずに、どんだけ政権の不祥事満載でも支持率上昇だもんな。あほくさすぎるわ。こいつらアベ専属翼賛広報国民洗脳クラブは被災者までクラブ独占取材対象らしい。どこまでつけあがってんだよ。

Photo_4

Photo_5

Photo_6

このクソひげ野郎のアベのケツ舐め度の下劣さ満開だな。海外には兆円単位の金をばらまくが、日本国民が塗炭の苦しみ状態のときに日本国民を守るべき自衛隊様がコンビニの商売のお手伝いかよ。選挙で落選したあとに、コンビニ業界で雇ってもらうための税金使ってのヨイショかよ。最低クズだな、このひげ野郎。とことん狂いきったゴロツキ政権だな。はいそうですか、ひげのクソさん、「安倍総理のリーダーシップです」って何寝言こいてるんや。まるで金デブ国家みたいな言い草だね、全ては売国奴デンデンフューラー様のためなんやな。お前なんのために政治屋になったんや。恥ずかしくないのか。アベ売国一味にとっては被災国民も自己責任ってことやな。コンビニで買うカネないなら勝手にくたばれってことやな。それより、アベクソ政権にはコンビニ業界から多額の献金が約束されてんのか、クソどもよ。

Photo_8

Photo_7

この桂春蝶なる自称落語屋だが、以前からこの手のアベマンセーのアホツイートをやりまくっているクズだが、ここまでアホになれるとはほとんどアベと同じ鬼畜道まっしぐらやな。

Photo_9

どんな問題が発生しようが、アベデンデンの不利になる質問に対してはこのバカは「何ら問題ない」「指摘は当たらない」の言語しか発声できないアベデンデン忖度のみのロボットクズだしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

今回の西日本大水害でのアベデンデン政権の対応に見えるデンデンシンゾーら人間のクズどものますます鮮明になるゲスぶり、鬼畜ぶりに反吐が出るばかり

戦後70年の平和の礎となった日本国憲法を「みっともない」と、テメエの究極の「みっともない」先天性痴呆症頭脳でコケにし貶めるアホを吐いた日本語もまともに理解できないアベデンデンシンゾーなんで、そいつが日本国民の幸福を考えているなんてのはありえないわけで、デンデンの究極の願望は憲法破壊して戦争起こして日本国民を地獄の苦しみに陥れることなんだわな。だから、これまでの自然災害のたびにデンデンが取ってきた行動を見れば一目瞭然なわけで、国民の生活が破壊され、命が失われようがそんなことはデンデンにとってはどうでもいいこと。

そういうわかりきったアベデンデンの鬼畜ぶりが今回の西日本豪雨で一層鮮明になったというだけで、それでもアベのケツ舐めマスゴミがさっぱりそのデンデンの鬼畜ぶりを報道しないで、国民騙しの報道ばかりなんで、ますます気分悪くなるばかりなんやな。

アベデンデンのゴロツキ子分の稲田朋美なんてのは「国民の生活が大事なんて政治は間違っている」とアホ吐いたクズ女だし、アベ子分の中でも最悪最低のクズ西田昌司なんていうクソ野郎は、「国民に主権があるのはおかしい」っていうキチガイだし、そんな人間のクズ集団である現状の自民カルト政権のゴロツキ政治屋どもが国民の生活と命を守るために動くなんてのはありえないってわけだ。

でだ、5日の午後2時に気象庁が緊急会見して、記録的大雨、大災害の注意喚起をしているにもかかわらずに、「わたくちゅが最高責任者、立法府の長でありマチュ」と口先だけの「みっともない」バカのアベデンデン以下自民の人間のクズ連中が集まってその夜、西日本では歴史的な豪雨被害になっている中でどんちゃん騒ぎを繰り広げたってわけだ。しかも、翌日の6日はマスゴミに事前通告してまでのオウムカルト7人の実質的には公開連続処刑の世界に恥さらしのゲスぶり。その処刑執行の責任者である法務大臣もどんちゃん騒ぎ宴会に出席しての死刑前祝いの愚劣さ。

国民の不幸を祝うかのような自民カルトのゴロツキの大宴会。

Photo

Photo_2

二日酔いのだらしない膿だらけの汚らわしい顔面さらし会議の人間のクズデンデン。リーダーシップをまず発揮すべきなのは「最高責任者はワタクチュでちゅ」と毎度言葉だけで、これまでその責任を一度もとったことのないお前だろうがクソが。

Photo_3

デンデンの広報洗脳機関の一つ、不治テレビでは公開処刑を嬉々として垂れ流し。

Photo_4

平成になってからは最大の水害被害にもかかわらずに、人間のクズデンデンは速攻で対策本部も作らず、宴会やってどんちゃん騒ぎで酔っ払い、売国じいちゃんクリソツのお母ちゃんの待つ自宅に飛んで帰り災害も忘却してのんびり過ごすという鬼畜ぶり満開。だいたいやな、テメエが責任者になる災害対策本部を作ると税金を大量に無駄遣いのおフランスほかへのバカ嫁持参の海外お遊び漫遊ができなくなるから、対策本部設置も遅れに遅れてイヤイヤ外遊取りやめての8日になってから。ほんま国民の命なんぞなんとも思っていない鬼畜野郎の真骨頂発揮だ。まあ、このデンデン鬼畜野郎はこれまでの大災害時にはまいどゴルフなんやと国民の命無視だったから今回も定番通りの鬼畜道一筋。この鬼畜には国民のために政治をするっていう思想は皆無で、ユダ菌米産軍複合体のために日本の税金を大量に垂れ流し、テメエのゴロツキ仲間で税金をがっぽり懐に入れるっていうゲスな盗人根性だけの持ち主。

まあ今回の水害もデンデンが治山治水の基本を忘れ、インフラ整備にカネを使わず(つまりは日本国民のためにはカネは出し惜しみ)、バカ嫁持参の海外漫遊時のテメエの自己満足だけの多額の税金バラマキ、税金を上げては役人の給料だけは上昇させるが国民の社会保障関係は削減っていう日本政治史上最凶最悪最低の政治屋アベデンデンの国民の生命軽視無視の姿勢がより鮮明に出ただけの話。

この鬼畜政権にヒルのごとくに吸い付いているカルト党のゴロツキがやっている国土交通大臣ってのもひでえもんだ。この大水害発生時に国民の不幸につながるだけのカジノ審議にご執心で水害氾濫を「昼間のニュースで知った」と答弁するアホぶり。治山治水の責任者である国交大臣が河川の氾濫をテレビニュースで初めて知るって、それなら国交大臣なんてものは無用だろうが。国民無視もここまで極まればあまりの素晴らしさに唖然とするしかない。まあ、国民の水害被害には興味もないが、国民が不幸になるだけの奴隷化法やユダ菌外資に儲けさせるためだけの種子法廃止や世界の潮流に反する水道民営化なんていうゴロツキ悪法もまあ国民の命なんて屁とも思わないデンデンゴロツキ一味らしいもんなんだが、マスゴミに洗脳誘導されてすでに奴隷状態の多くの国民は「ハイル、デンデン」に近いんだろうな。で、今回のデンデン一味のゲスぶりでも、デンデンらが毎度の開き直り居直りで「問題ない」と片付けてチャンチャンだろうな。現状のマスゴミはまあ単なるゴミでしかないしね。

Photo_8

アリバイ証明だけのために被災地を超短時間、マスゴミの国民洗脳騙しのための写真捏造のために被災地を訪問のデンデンだが、訪問も最悪被災の地には行かず、訪問先には前もって国民騙しのためにエアコン、風呂設置させての毎度のゲス野郎らしいやり方。

Photo_5

マスゴミの連中は恥ってものもすでにないんだろうな。

Photo_7

デンデンの鬼畜そのもののカメラ目線には吐き気しかない。

ところで、ネットでさらされていたんだが、立川志らくっていう面白くもなんともない、最近ではワイドショーでのコメント屋で小銭稼ぎしているらしい自称落語屋がいるんだが、『ひるおび!』っていうデンデン広報番組で、今回の大水害で政府の初動を批判を攻撃し、アホ極まる政権擁護を吐きまくったんだってさ。で、その発言は「ただ、酒を飲んだことを非難してもしょうがなくて、なぜ自民党の人が呑気に酒を飲むような状況になってしまったのか、もっとこういう被害になるっていうことは、あらかじめ、もっともっと推測できなかったのか、その問題を解明、究明しないと意味がないですよね。『なんだ!酒を飲んで!このやろう!』って感情だけで怒っててもね。もっと早くに、これだけの雨が降ったんだから、自民党の人たちだって国民の命を無視してこうやって飲むわけがないですから。そこらへんをちゃんと究明しないと。ただただけしからんって周りが怒っても。野党の人たちなんかも『国民を無視してる、冗談じゃない!』って言うけどいまそんなときじゃない。みんな一緒になって、与党も野党も一緒になって災害対策する、今後の復旧・復興を考えなきゃいけないのに、揚げ足をとっている場合ではないですね」とさ。ここまで来るとアホすぎてダップンだ。落語家としてのセンスの欠片もない。師匠の談志があの世で嘆いているかもな、というよりこのバカは談志のクソDNAの真正の継承者かもな。談志ってそんなにおもろかったか。奇矯な言動だけが売りの過大評価の落語屋さんじゃん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ