« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月11日 (金)

NHK日曜討論で辺野古問題でミエミエの嘘吐きまくったアベデンデンは生出演だと思っていたら、なんとまあその放送時間帯は山口県へ逃亡中だったというアホくさ。しかもその嘘八百の追及逃れでまたまた外遊で税金無駄費消

久しぶりに株式研究掲示板(現在は草笛さんだけの掲示板)を覗いたら、寄り前の気配値について書かれていた。自分もだいぶ前から同じこと考えていたんだよね。つまり、株式売買していて、寄り付き前の板情報で気配値を見て、9時から始まる株式市場の準備をするのだが、その気配値が最近と言っても随分前からだが、気配値が信用出来ないんだよな。チェックしている銘柄は最近はかなり絞って、それでも100銘柄を軽く超えるんだが、それらの気配値を信用して寄り前に成り行きで売りでも買いでも注文を出したりするととんでもないことになるんだよな。

機関や外資のふざけきった奴らなんだろうが、ストップ高やストップ安の気配値が並ぶことがある。しかし、それらを絶対信用したらだめなんだよな。個人投資家にフェイントを掛けて騙そうとしているだけ。例えば買いたい銘柄でべらぼうに安い値段で売り気配になっていて、その気配値あたりで買い注文を出しても完全に無駄。寄りになると別に前日の株価とそれほど変わらない株価でしれっと取引が始まる。もし、成り行き買いなどでも注文だしたら、そいつらの格好の餌食となるだけ。大昔から基本的には売買注文ではよほどのことがない限り(場中で猛烈な買いが殺到したときなどは成行売りもある)成行売買はしないで、基本指値なんで、そのだまし気配の餌食になったことはなく、指値注文がただ無駄だっただけなんだが、それにしても腹が立つことが何度もあった。今朝もそんなふざけた気配があった。東証は取引を監視しているはずだが、外資とかはスルーかい。それにしてもびっくりしたのは、あれだけ株式フリークだった草笛さんが個別株式買いはやめたと書かれていることだ。まあ、10月から年末にかけての超絶のバク下げ相場にはほんま株式売買するのがアホらしくなったものな。

まあ、株式売買に興味のない人にはどうでもいい話でした。ところで、1月6日に放送された皆様の敵、アベデンデンセェゴ野郎の広報国民洗脳、視聴料金強奪機関NHKの「日曜討論」とかの不自由非民主カルト党の宣伝番組で、アベデンデンセェゴ野郎が辺野古への移設に伴う埋め立て問題で、「土砂投入に当たって、あそこのサンゴは移植した。砂浜の絶滅危惧種の生物は別の砂浜に移した」とかのあまりにもあからさまなアホすぎる、まあこの息を吐くように嘘をつくのが生来のDNAになっている売国異常者アベデンデンセェゴ野郎らしい嘘といえば言えるわけだが。

日曜討論なんていう番組にはもうずいぶん昔に見るだけアホらしくなるばかりと見ること自体完全にやめて(というより視聴料金強奪のアベデンデンセェゴマンセーのNHK、特に政治番組など見るだけで気分悪くなるわ)いて、当然見ていなくて、アベデンデンセェゴ野郎の今回のアホ極まる嘘八百もネット上で知ったわけで、見ていないので、その番組に当然のことにアベデンデンセェゴ野郎は生出演していると思っていた。

ところがどうだ、首相動静見たら、その日6日はこの売国クソ野郎はなんと山口県に売国爺にクリソツのお母ちゃんと、バカ嫁と一緒に行って遊んでいたんだよな。なんじゃらほい、討論との番組名がつくくせに、肝心の首相は討論なんて臨機応変にできるわけないので出演から逃げて(まさにこのクズらしいんだが)、番組の大半をテメエの自画自賛アホ演説していたわけで、野党サイドが反論できるはずもなく、NHKのバカ記者が生質問もできないってことだったアホくさ。ツイッター見てもそのへんを書くツイートがあった。ネット上ではNHKはなぜあの馬鹿演説(討論会に出ていないのだから単にバカの言いたい放題演説だわな)を垂れ流したかの声があるが、基本は討論会なのだから政治家に勝手に発言させる場だ。NHKがやるべきはまともな報道機関と思うなら、あの発言全て嘘八百を暴く番組を作ることだが、デンデン尻舐め広報機関では何も出来ないかい、情けない放送局や。しかし、デンデン尻舐めNHKがデンデンの嘘八百を垂れ流したからこそ、デンデンのさらなる嘘吐きDNAがさらされたわけで。首相の嘘を検証し、その嘘を暴き、真実を報道するのが真の報道機関。それをやる気ゼロだからこそのデンデン広報に堕落したのがNHK。まあ、他のマスゴミも同じようなもんだが。

で、デンデンはテメエのあまりにひどすぎる嘘八百を追及されたくないのでさっさとまたまた無駄に税金を多量消費しての海外遊山に逃亡だったとさ。そのイギリスとオランダでもバカが相も変わらずの無知無恥の醜態晒したそうで。で、その嘘八百に関して東京新聞の女性記者がスダレに質したら、毎度のこの薄ら馬鹿職務放棄官房長官は「問題なし」と等価のアホ答弁の腐敗臭丸出しだったとさ。まあ、デンデン、アホーあっそー、スダレらゴロツキ内閣のクズども発言は全てウソと思っていればいいだけわ。

Photo

Hk

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

20190111_204002

日本国民を貧乏にし、不幸にして、憲法破壊して戦争無理やりやって国民殺しを図り、日本経済を破棄するのが使命のアベデンデンセェゴ野郎だもの。

20190111_205524

来年の東京五輪なんて利権にたかる野郎どもだけにメリットが有るもんだろう。なにしろアベデンデンセェゴ野郎が「福島原発はアンダーコントリョーるしてマチュ」と世界を騙して誘致した恥そのものの五輪だ。なんでシラミの脳みそのシンキロウや財務省の能無し官僚あがりどもが高額ギャラでのさばり、国民には無給ボランティアを強制するクソ大会。それにバカガキが皇族自称のバカウヨまがいのクズっていうのが、JOC会長。以前からこいつのうす汚いカネまみれの体質はいろいろ喧伝されてんじゃん。なんでこんなやつが偉そうにのさばってんだよ。どうでもいい話だが、マスゴミがアホ騒ぎしているやつだが、純烈ってなんなの?今日はじめて聞いたんだけど。ほんまどうでもいいや。

20190113_184000

なんやこれ、自称皇族のネットウヨバカガキがオヤジの贈賄の犯行動機を暴露してんだけど、頭大丈夫か。デンデンの周辺っていうのはこんなやつばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

沖縄の辺野古問題で嘘つくことがDNAのアベデンデンセェゴ野郎が「サンゴは移した。絶滅危惧種の生物は砂浜をさらって別の浜に移した」とあまりのアカラサマな嘘をテレビで堂々と吐いたとさ。さすが世紀のゲス野郎

アベデンデンセェゴ野郎のための広報国民洗脳機関NHKのデンデン尻舐め番組に日曜討論なるやつがあるんだが、あの気味悪い顔、気持ち悪い何を喋っているのかも不明なキモい喋りのアベデンデンセェゴ野郎を観るだけで吐き気がし、一日が台無しになるので見ることもないクズ番組なんだが、その6日放送分でアベデンデンセェゴ野郎に一人喋りのアホ満開をさせたそうで、このバカのクソキモい憲法破壊願望を開陳させたり、まさに嘘八百のこのクズ野郎の真正クズぶりを新年早々から発揮したそうなんだが、辺野古問題を巡ってはまさに究極嘘八百をつきまくったそうなんだが、デンデン尻舐めのNHKの記者なんかはツッコミも入れなかったそうであまりのアホくさに反吐ばかり。ツイッター上ではそのアホぶり、嘘がDNAのクソぶりに皆さんげんなりです。

その番組での一人放談でアベデンデンセェゴ野郎は「土砂を投入していくにあたってですね、あそこのサンゴについては、これは移しております。絶滅危惧種が砂浜に存在していたんですが、これは砂をさらってですね、他の海に移してるところです」と来たとさ。周辺にはマスゴミと住民がわんさかいるわけで、衆人環視状態だ。その中でこんなありえない作業をしたら即分かるがな。しかも、テメエの自画自賛しかない馬鹿だよ。そいういう作業をしたならゴミ売やKKKを起用して大宣伝するだろうが。だいたいや、庭の木1本を植え替えるだけでも大変や。それが特殊な生態系の中でしか生きられない動物などを他に移せばかえって死なすだけだし、砂をさらってどんだけ生息しているかもわからない無数の生物を移すってあまりのアホくさ。サンゴは移したって、お前はどこまでクソバカなんだよ。恥ってものがないのかよ。ここまですべてが嘘をテレビで堂々と開陳する異常性は驚天動地や。

あまりのミエミエのどんだけのバカでもそれが嘘だとわかるわけなんだが、この先天性痴呆野郎にはもう吐く言辞すべてが嘘であってもテメエの薄ら馬鹿脳ではもはや嘘とほんまの区別もつかなくなっているんじゃないか。完全に異常者、病気であり即刻拘束して病院の隔離病棟に閉塞すべき状態だ。まあ、このバカはどう批判されようが、「ワタクチュはなにしろ最高権力者、立法府の長でちゅよ、嘘をつくはずないじゃないでちゅか」とか吐くんだろうな。職務放棄のスダレ官房長官はどうでもいい定例記者会見でこの発言をつかれたら、まあ「発言通り、問題ない」ときっとアホ発言カマスんだろうが、完璧にこの内閣は腐敗の極致だね。

Photo

Photo_3

ペンギンマンら野党の連中も伊勢神宮まで行って何やってんだよアホか。だいたいや、立憲と党名につけていて、政教分離の憲法規定違反しているってお前ら安倍並のアホか。

20190107_222740

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

正月から楽しいニュース、東北道で成金バカのフェラーリが無謀危険運転で自爆事故、ドライバーが死ななかったのだけが残念。皆様の敵、デンデンの広報洗脳機関NHKが小泉バカガキを持ち上げるアホフェイクニュース

ネットなんとなく見ていたら、テレビのニュースで楽しいのがありました。

 

◆◆◆◆◆◆◆

フェラーリ事故の瞬間 東北道でまさかの車載映像![2019/01/02 18:01]

 2日午前、東北道でフェラーリが中央分離帯に衝突する事故がありました。事故を起こす直前、このフェラーリが別の車と競い合うように走る様子がドライブレコーダーに映っていました。

 警察によりますと、午前9時ごろ、東北道下りの蓮田サービスエリア付近で「事故を起こし、一番右側の車線に止まってしまった」とフェラーリの運転手から通報がありました。フェラーリは中央分離帯に衝突し、道路をふさぐ形で停車しました。テレビ朝日の映像投稿サイトには、事故の様子を捉えた映像が送られてきました。映像には黒いフェラーリが別の赤いスポーツカーと競い合うように走る様子が映っていて、直後にフェラーリがスピンして中央分離帯に激突しています。警察によりますと、目撃者が当時、赤いフェラーリが現場に停車していたと話しているということです。事故の影響で一時、東北道は約12キロの渋滞が発生しました。

◆◆◆◆◆◆◆

ニュース映像には事故の模様が出ているが。赤とこの事故のフェラーリだが、正月の高速道路でサーキットと勘違いのおバカレースでもしていたようで、まあ成金バカの運転ヘタクソ野郎なんだろうが、合流車線もある地点でのこの事故、まかり間違えば悲惨な大事故になっていた可能性もあるもので、自損事故でよかった(本人が死んでいればなおさら良かった。将来に渡りバカ運転するやつがひとり減るからね)んだが、渋滞などこの事故で生じた損害をとことん賠償させ、危険運転で逮捕するべき重大事案だ。赤の車のクソも即刻逮捕な。

NHKといえば、もう全国民に既知だろうが、アベデンデンセェゴ野郎の単なる広報洗脳機関にしか過ぎない存在で、その垂れ流す政治などのニュースはほぼフェイクニュースで不自由非民主カルト党の宣伝でしかないわけなんだが、下記のツイートニュースもどこがニュースなんだよと100回ぐらい突っ込みたくなるクソ情報。なんで山のようにいる議員の中から、この口先だけバカ野郎のことを取り上げてやる必要があるんだよ。NHKなんて例えばビールのラベルが見えるだけで隠蔽する偽善集団のくせに、この世襲バカ議員をわざわざ宣伝してやる必要があるんだよ。企業との扱いのあまりの違いにお前らの偽善ぶりに反吐が出るわ。

Photo_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さいと思う日本も縦に長いのを実感する北の国の降雪風景と晴れて穏やかな東京の差。ツイッターには今日もアベデンデンセェゴ野郎などのゲスぶりがわんさか晒されています

春から秋にかけてのドライブ旅行は基本的には東北6県と途中にある栃木県の温泉湯治兼ねてのものだが、たまには草津、四万など好きな温泉地のある群馬県で、そして冬にはごくたまに伊豆半島へ。冬になるとより感じるのだが、小さく見えて日本ってのは縦に長いってこと。東京の正月はおだやかに晴れているんだが、北海道や東北特に日本海側はかなりの降雪になっている。大好きな青森方面へ行くときには会津から国道13号を北上し、秋田市から日本海側を北上することが多いのだが、冬はその地帯は豪雪地帯が多い。最も好きな温泉が集積している鹿角市から田沢湖方面へ抜ける国道341号なんて冬季は一部閉鎖だもんね。ほんまそんなときにも行きたいが、昔は毎週のように行っていたスキーもずいぶん前に止めたし、足のしびれでステッキついて歩いているぐらいだしやはり無理だね。それに雪道ドライブは自分で気をつけていても、車間距離を詰めるバカが多いなど事故の可能性が急増するしね。

というわけで、今日も酒飲みながら、ビデオで映画、オペラ鑑賞三昧です。天気が良いのでブロック塀の壊れている部分のモルタル修復の左官作業をしたいんだが、ちょっと風があるので別の日かな。風があるとモルタルの粉が飛んでわやですから。

自分ではツイートはせずに、50アカウントほどだけをフォローしてROMしているツイッターだが、わずかなアカウントフォローだけでもリツイート熱心なアカウントも多く、ニュース見なくてもいろいろと分かって役立つね。いくつかのツイートを。

Photo

Photo_7

Photo_8

小さいが志ある書店ではデンデン批判やまともな歴史書を特集展示したりしているのもあるのに、恥ずかしくないのかね紀伊國屋書店は。儲かれば良いだけか。しかし、アベデンデンセェゴ野郎だが、正月はゴルフで遊んで、もう税金浪費して財界のクソどもと宴会かい。紀伊國屋書店の社長もクソ仲間か、紀伊國屋書店で書籍購入は絶対ダメ決定やな。みんなデンデンマンセーのクソ書店紀伊国屋では本買うなよ。さっさと倒産しろや。まあ今世紀入ってからはあの古いビルの狭苦しい紀伊國屋書店なんか行ったこともないからどうでも良いけど。最近行く大きな書店は池袋のジュンク堂だし、品揃えも良いからね。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Nhk

20190103_173916

山本太郎とアベデンデンセェゴ野郎を比較すること自体が無駄。人として議員として国民のために精一杯の努力と勉強をして頑張る山本がまっとうな人間としたら、アベデンデンセェゴ野郎はクズ仲間とともに貴重な税金にたかり収奪するしか能のないゲスの極みの人間のクズ、そもそも人間の価値もなく、ゴキブリ同然か。

Zozo

Photo_6

ZOZOなんていう企業は社長が金を使えば使うほど金持ちになっていくとほざき、成金ぶりを自慢する(月旅行だったかのロケット予約したそうなんだが、月に行って帰還しなくていいよ)アホだし、その幹部らしい田端とかいうのはヘイト思想丸出し開陳だし、それにしてもすげーゲス企業だわ。まあ、経団連会長らしい日立のやつは金儲けに結局ならなかったから原発はやめだとほざくやつだしね、原発に危険性視点ではなく、金儲けの手段としか考えられないゲスが日本財界の代表とはアホ過ぎる。

20190103_174942

そもそもなんだが、落合ナンチャラっていうガキ物書きだが、そいつの本っていうのをブックオフの100円コーナーで1冊買って読んでみたことあるが、中身完璧までにゼロ。言葉遊びしているだけの偏差値バカでしかなかった。こんなアホを重用しているらしい筑波大学だったかな狂ってんじゃないの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

リテラが「新年特別企画◎安倍政権御用ジャーナリスト大賞」っていうの発表だが、ジャーナリストってほとんどいないし、ほんまアベデンデンセェゴ野郎の周辺ってのはどんだけ荒んでゲスで腐敗臭漂う魔界なんだよ

株式市場がないので暇でしょうがない。まあよほど株式売買が好きなんだろうな。麻雀もパチンコも公営博打も宝くじも一切しない(パチンコだけかな2〜3度ぐらいしたのは、まあそれも小学生時代の京都の夜店でだが)のに、株式売買だけはもう1980年以来飽きないんだよね。まあ、暇なので今日も酒飲みながら、ブルーレイレコーダーに録画しておいた映画やオペラ、クラシック演奏会をダラダラと楽しんでます。酒に趣味の音楽、映画と愉悦のひとときですね。

ところで、リテラが「新年特別企画◎安倍政権御用ジャーナリスト大賞」っていうの発表してます。その前編は「安倍サマをかばいまくった御用ジャーナリスト大賞発表! 10位から6位に有働由美子、立川志らくなど新顔が続々」で、

10位から

10位●有働由美子(日本テレビ『news zero』キャスター)

ニュース感覚zero」の忖度体質キャスター、爆誕

9位●野村修也(弁護士)

金曜『報ステ』忖度リニューアルで“政権代弁マシーン”が

8位●北村晴男(弁護士)

改ざん問題で「朝日は証拠出せ!」と喚きネトウヨ番組レギュラーに

7位●岩田明子(NHK政治部記者、解説委員)

外交の安倍総理!」誇大広告解説でアシストし続けた“喜び組”

8位●立川志らく(落語家)

なんでも「野党ガー」にすり替える“権力者目線”落語家

その後編にあたる「新年特別企画◎安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)

 

では

5位●小松靖(テレビ朝日『ワイド!スクランブル』MC)

驚愕の「ネトウヨ思考」局アナが地上波情報番組のMCに!

4位●八代英輝(弁護士)

共演者からも「権力に従順な、長いものに巻かれた男」の称号が

3位●松本人志(芸人)

文書改ざんで「安倍さんの足を引っ張るため」と失笑陰謀論を披露

2位●三浦瑠麗 (国際政治学者)

「スリーパーセル」のデマ煽動! その裏では自民党からカネも…

そして、「御用ジャーナリスト大賞」に輝いたのは誰だ? 田崎史郎と三浦瑠麗“自民党から高額講演料”の二人の戦いに」の企画の栄光の1位(まあアベデンデンセェゴ野郎の尻舐めクソのトップという羞恥と汚濁の象徴みたいなもんか)に輝いたのが、ニヤケ顔で気持ち悪い限りのアベデンデンセェゴ野郎マンセーをテレビで吐きまくる(といっても、このクズのしゃべるキモい姿をテレビで観たのは2度だけだけどね。基本的に昼間のアホワイドショーなどの時間帯はテレビを見ないしね)田崎スシローシャブ漬けという日本のマスゴミ界の腐敗を代表するクズでした。

 

◆◆◆◆◆◆◆

1位●田崎史郎(政治ジャーナリスト)

政権の代弁者”であることを自ら認め、森友加計でフル回転!

 第1位はやはりこの人だろう。2016年、2017年と続けて御用ジャーナリスト大賞1位に輝くなど本サイトでは長らくその御用ぶりを批判し続けてきたが、安倍御用ジャーナリストの代表格として知れ渡ったようだ。 今年2月には「週刊文春」(文藝春秋)がおこなった「嫌いなキャスター&コメンテーター」で、「ジャーナリストとしての信念を感じない」「政権広報が必要なら与党政治家を呼べ」という意見が集まり見事ワースト2位にランクイン。

 さらに6月末に時事通信社から契約が切られたが、時事通信の労働組合のひとつ「時事通信労働者委員会」のレポートによると、田崎の報道姿勢に苦情が大量に寄せられていたらしく、労働者委としても「マスコミの役割は権力のチェックであり、政権にあまりにも近い会社だと言われることは報道機関として致命的だ」として社に田崎との関係を速やかに解消するよう要求してきたという。

 しかし、こうしたジャーナリストとしての姿勢を問う声があがっても、当の“田崎スシロー”はどこ吹く風。森友文書改ざん問題では「理財局の暴走」「理財局による組織防衛」「(改ざんは)大臣も官邸も自民党も知らなかった」などと主張。さすがにあまりにも無理がありすぎる擁護だが、これには同じく安倍応援団の八代英輝弁護士も「それを田崎さんが言っても説得力ないって、なっちゃうんだと思うんですよ」と合いの手を入れ、スタジオは笑いに包まれた。

 ようするに、“政権を必死に擁護する人”としてすっかりお茶の間にまで認知され、それで笑いがとれるまで進化してしまっているのである。

 実際、田崎本人も“政権の代弁者”“安倍応援団”であることを隠そうとさえしない。

 『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)で 「首相案件」文書を扱った際、加計学園関係者や愛媛県職員らが柳瀬首相秘書官と面談していたかどうかについて、「僕でさえ、本当は会ってると思う」と発言。ようするに、“安倍応援団のボクでさえ”とコメントしたのだ。これにはMCの羽鳥慎一も「田崎さんが僕で“さえ”って、言ってしまう」とつっこみ、田崎自身、自分の発言がウケたことに気を良くしてか、なんだかうれしそうに一緒に笑っていたのだった。

 また、先日12月26日、田崎はほかの新聞社やテレビ局の幹部たちとともに安倍首相としゃぶしゃぶを囲んだばかりだが、翌朝の『モーニングショー』では捕鯨問題に絡んで玉川徹が「鯨の本当においしい部分は議員さんとかが食べるとこに行く」「田崎さんも食べてるかもしれない」などと皮肉った。しかし田崎はまんざらでもない様子で否定さえしなかったのだ。

 いや、もっと露骨に開き直ったのが、1月8日の東京新聞に掲載されたインタビューだ。

 「総理の本音を知ることは、安倍一強とされる政治を知る上で重要な要素だ。政権べったりと批判を受けても悪いと思わない」

「今も利用されていると感じているが、利用されるかどうかはこちらの判断。『いずれ書くぞ』というのが、最大の良心でありプライドだ。言いなりの記者には視聴者の目も厳しい」

「いずれ書くぞ」って、第二次安倍政権6年間のあいだに一体どれだけのことが起きてきたことか。権力を監視するどころかバックアップしてきたことの罪を、何一つとして感じていないらしい。

 

 どうか今年は、ジャーナリストではなく“政権ヨイショ芸人”としてさらなる磨きをかけていただき、たんに失笑される人として消費尽くされることを祈るばかりである。

◆◆◆◆◆◆◆

この企画では御用ジャーナリストってことになっているが、いわゆるジャーナリストに当たるのはデンデン喜び組の変な女岩田と政治記者を一応やっていた田崎スシローシャブ漬けだけじゃん。あとは面白くもない芸人や落語家、ただのアナウンサー2人、わけのわからん弁護士3人、そしてエセ学者もどきってわけで、ただのテレビでのアベデンデンセェゴ野郎マンセーで金稼ぎしか頭にないクズばかり。こんな奴らしかアベデンデンセェゴ野郎の周辺にはいないってわけで、どんだけ荒んだゲスな腐臭漂う首相界隈なんだよ。それにしても、田崎スシローシャブ漬けだげ、これほどゲスな恥知らずな姿をテレビで晒し続けていて、よくも公道を歩けるものだし、このゲスの家族もどんな気持ちなんだろうな。まあ、とりあえずテレビとかでアベデンデンセェゴ野郎の尻舐めして老後資金をセコく稼げれば良いんだろうけど、そこまで人としての挟持、誇りを捨ててまでアベデンデンセェゴ野郎の尻舐めに精出すってのもよほど借金でもあるのかと心配になってやるよ。どうでもいいけど。

Photo

Photo_2

こんな素晴らしい姿こそ日本の真の夜明け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

新しい年が始まりました。まるでテメエが王様気分丸出しのアベデンデンセェゴ野郎の年頭所感に反吐が出るばかり。コイツが収監された時が真の新年か

別になんの変化もない(あるとすれば死期が少し近づいたことか)のだが、とりあえず1月1日になって新しい年、2019年が始まりました。特にめでたくもなく、アベデンデンセェゴ売国バカ野郎や水道民営化推進など売国一筋に励む唇ひん曲がりひょっとこバカアホーアッソー、劣化するばかりのしゃくれ顎のキモ肌おっさんコーニョなどゲス野郎が日本と日本人を足蹴にするばかりで、むしろ暗い陰鬱な年になる予感しかない鬱陶しいばかりの元旦です。そんな鬱な気分を吹き飛ばすために、大好きなアクション映画4本立てをビデオで観ながら酒三昧で、合間に天気も良いので、壊れた車出入り口の伸縮ドアの交換工事が来週にあるので、その地盤や近辺のコンクリートやブロックの補修をアマゾンで購入してあったモルタルなどでDIYです。コテを使っての左官作業もたまには楽しいかな。

ところで、時事通信の記事によると

 

◆◆◆◆◆◆◆

 

果断に戦後外交総決算=安倍首相が年頭所感

 

2019年01月01日00時33分

 安倍晋三首相は1日、2019年の年頭所感を発表した。首相は「本年は外交面で大きな課題に挑戦する。大きな転機が訪れる中で、戦後日本外交の総決算を果断に進めていく」として、北方領土問題や日本人拉致問題の解決、日中関係の発展に全力を挙げる考えを示した。

 首相は皇位継承に触れ、「歴史の大きな転換点を迎える。平成の、その先の時代に向かって、日本のあすを切り開く1年とする。その先頭に立つ決意だ」と表明した。

 今年11月には首相の在職日数が歴代最長となることを念頭に「継続を力とし、これまでの積み重ね、国民の信任を大きな力として、残された任期、全身全霊で挑戦していく覚悟だ」と強調した。(2019/01/01-00:33)

◆◆◆◆◆◆◆

この薄ら馬鹿野郎だが、毎度毎度言うことに事欠いて、「果断に」とか「戦後総決算」とか「日本の明日を切り開く」とか、まるでテメエだけがこれまでの政治家にない政治を展開できるみたいなアホこいてんだが、このバカの言葉はすべて嘘八百ってのがすでにまともな国民には周知の事実なんで、テメエのあらゆる言辞が信用できない詐欺言辞ってことなんだよ。天皇が交代することにも殆ど触れず、まるでテメエが王様気分丸出しの年頭所感っていうモノに反吐が出るばかり。だいたいだ、コイツの偉そうなアホ言辞では、これまでの戦後の自民党の首相が馬鹿にされコケにされてんだが、自民のバカ議員共それで良いのかよ。それよりも日本に未来があるとすれば、テメエとテメエの税金こそ泥仲間、その犯罪隠蔽・改ざんに加担した政治屋、官僚、検察官、裁判官などすべてが検挙され、とにもかくにも小菅刑務所に収監されるときなんだわ。

ツイッター流し読みしていたら、働く人間の気持ちもまるで斟酌せずに、アホな取り締まりをやって経済停滞のお手伝いをしているアホたちにげんなり。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »