« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月27日 (木)

コロナウィルス対策に見えるアベ政権の国民の命のためには税金は使わない、イベント中止などは民間負担、国民の自己責任で勝手にがんばれ、病院には死ぬまで行くな、家でくたばれのふざけきったゴテゴテ対応。さらに伝染拡大にしかならない3月2日からの全国小中高校休校要請のアホくさ。国民は毎日満員電車で通勤してんだけど。どこまでも国民騙しのやってる感出すパフォーマンスだけ

コロナウィルス対策見ていると、ほんまアベデンデンゴロツキ内閣は日本人の命のことなど微塵も思っていないってことが明白だ。まあ、もちろんアベデンデンなる無能生物は知能皆無で難しい漢字だらけの日本国憲法などはまったく読めもしないし、当然理解も出来ない。その典型的な証明が国会答弁で「わたくちゅが立法府の長でありまちゅ」と、小学生でも「お前もうちょっと社会科の勉強したほうが良いぜと」言うだろうバカを晒してんだよな。まあ、この空虚な脳しか持ち合わせていない生き物は、それでも、理解も出来ていない憲法を破壊して戦争やりたくて仕方ない馬鹿の極み。つまりは平和なんか興味なし、戦争やって国民を殺すのが趣味なわけで、まあ狂っている。そんなクソが日本人の命を守るために本気でコロナウィルス対策やるわけがない。

すべてがゴテゴテだ。クルーズ船の検疫、伝染防止対策もバカしかいない厚労省の危機感まるでなしの対応で伝染拡散隔離船にしてしまったんだが、その対策に当たる厚労省の職員は伝染防止対策もしていなかったので伝染はするわ、検疫検査も手抜きだらけで全国へ汚染を拡散させてしまっているようなアホくさ。なのに、厚労省は検査の迅速化、拡散化を全くしないわけで、伝染者まで出た厚労省の担当者の検査もしないってふざけきった対応をとってきた。今頃になって厚労省の担当者の検査をやるなんて言ってんだが、遅すぎるんだよ。

アホマスゴミはアベゴロツキ内閣のアホ対応はほとんどスルーするくせに、韓国の伝染患者が毎日のように増えているとか喚いてんだが、そらそうだろう。韓国は大統領が震源地と言われる場所にまで自ら赴き、陣頭指揮を取り、検査数も日本の何十倍も速攻で実施してんだから伝染患者が増えるのも当然じゃん。それに反して、でくのぼうの象徴のようなカトーナントカというアホ厚労相は検査を急ぐとか、まあ口先だけのやってる感出すだけのアベデンデン見習って実際の検査はさっぱり進まず、海外から来た検査キットも死蔵状態とか。とにかく、コイツラゴロツキ内閣のクズどもには日本国民の命を死力を尽くして守るなんて覚悟はなし。こんな緊急事態時にもアベデンデンは対策会議には短時間だけマスゴミの撮影用に出る程度で、夜は毎度の贅沢宴会三昧。日経のトップ二人(コイツラに恥って概念はないようだ)と長時間の宴会したんだが、その後の日経の国民騙しのファイク世論調査では内閣支持率が40数%の素晴らしさ。税金でのフェイク報道拡散依頼が効いたようで。


 アホくさの極みが25日発表の「新型コロナウイルスの基本指針」っていう他人事のような方針。つまりは「症状があっても直ぐに病院には行くな、自宅にこもっていろ。4日ほどで熱が下がらないなら、医療機関へ行けばいいんだよ」ってことで、伝染して死のうが自己責任や、病院にわんさか行って国に負担かけるんじゃねえよ、ってことやな。こんな国民の命無視の国は他にはあまりないだろうね。さすが、国民の命、幸福にはなんの興味もなく、テメエのカケらクズ仲間と謀って税金をこそ泥することだけ。スダレ官房長官も相も変わらず、自分たちに失態はない、あらゆる手段を先手で取っているみたいな毎度の嘘八百会見。アベのケツ舐めしかできないマスゴミのクズ記者は政権の言うままを垂れ流すだけの呆けぶり。

このところ、様々なイベントが中止や野球や競馬のように観客ゼロで開催とか、アホじゃねえのかというデンデンを忖度したかのような、まさに戦前並みの「みんなで頑張ればなんとかなる」アホくさが進行中。そんなイベント中止したり、縮小したりしてなにか意味あるのか。毎日職場に通うために混んだ通勤電車に詰め込まれている国民がわんさかいるんだぜ。カトーナントカという厚労相がさすが馬鹿らしく、「飲み会なども遠慮してほしい」みたいなこと吐いていたが、ならば、テメエの愚鈍ボスのデンデンに言ってやれよ。「夜の税金泥棒宴会は完全に自粛しろ」とな。イベントなどの中止等で、その切符代とか諸々のキャンセル代とか、莫大な損害が出るんだが、デンデンはそこは財務省あたりのゴロツキ官僚の悪知恵で強制ではなく、自粛要請なんで、負担はすべて民間持ちかい。アベデンデンは毎度この手の口先だけで、あとは知らんわで、投入税金もごくわずか。とにかくこのゴロツキ野郎は国民のためには税金を使わない、使うのはテメエとその仲間、提灯持ち官僚にだけ。役にも立たない米のポンコツ兵器には兆円単位で費消するんだけどね。まあ、それでも騙され続ける情けないナイーブな奴隷根性の国民ばかりだけどね。


今日になって、デンデンが3月2日から春休みまで全国の小中高校は休校にするのを要請するとかあまりに唐突なこの薄ら馬鹿らしいアホかましました。このバカの毎度のやってる感出すだけのアホの極みの迷惑至極なパフォーマンスでしかない。休校にしてなんの意味があるんだよ。かえって危険だよ。毎日学校もなければ子供は遊びまくるわけで、家で一人じっとしているわけねえじゃん。それより、共稼ぎ家庭は困るし、テレビニュースでもやっていたが、母親の看護師が病院に来られなくなって病院機能が不全状態とか。学校でしっかりと手洗いなど徹底して学校サイドが健康管理をやるほうがよほど安全だ。しかも、社会や家庭に大きな混乱を生じさせること必至なんだが、デンデン野郎はその責任を取る気もまったくないはず。これまでこのクソがテメエの失態などで謝罪、責任を取ったことなど一度もないからな。この混乱で生じた経済的消失をデンデンはどう補填するのかも考えてねえだろうな。なにしろ、自分でまともに思考すること出来ず、答弁はじめすべてが官僚らが総ルビ付きで書いた作文を簡単な漢字も間違いながら必死に棒読みするだけの馬鹿だもんな。それより、税金垂れ流し、クジラの脳みそなどの利権のためだけでしかないトーキョー五輪なんてさっさと中止でいいよ。PS:午後10時からのBS東京のニュースのトップでアベが全国の小中高校休校要請をやっていたが、そのアベの映像見たら笑ったわ。デンデンはなんと「休校」を「休業」と吐いてんじゃん。あまりに簡単な漢字なので官僚がルビつけるの忘れたのかな。キャスターのおばちゃんもそういう点をつつけや。まあ、デンデンの宴会仲間がトップの新聞が親会社の放送では無理か。メガネの日経の解説委員かなんかのおっさんだが、全校休校を良い措置だみたいだと吐いてんだが、さすがデンデンケツ舐めの仲間。

 

20200227-212014

 

20200227-212033

 

20200227-212725

 

20200227-212740

 

薄ら馬鹿の売国奴クズ、アベデンデンより数百倍まともな舛添要一です。

 

20200227-224326

20200227-225349

| | コメント (0)

2020年2月20日 (木)

桜を見る会の国会審議でアベデンデンの嘘しか吐けない先天的病質体質が爆発して、その支離滅裂ぶりは悲しきお笑いでしかない。もとから国民の命に興味もないデンデンなんで、新ウィルス対応もグダグダ状況で、その無責任体質炸裂

桜を見るアベ翼賛大会の件での国会審議でアベデンデンの嘘しか吐けない先天的病質体質が爆発して、その支離滅裂、テメエ自身がオノレが吐いている言葉自体がまったく理解できていないあまりの愚かさ、脳なしぶりに吐き気がするしかないんだが、そのバカの犯罪を隠蔽するために不自由非民主カルト党のゴロツキ議員、ゴロツキ官僚が法治国家崩壊をさらに促進させているんだからどうしようもねえな。

 

そんななか、モリカケ疑獄事件の当事者の一人で、アベデンデンの悪質さを暴露した勇気ある籠池泰典おっさんは300日も不当拘留された上に懲役5年の実刑判決だよ。そのアベデンデンの犯罪に絡み、アベのために犯罪の証拠隠蔽、隠匿、廃棄などあらゆる犯罪を犯した財務省などの数多くの極悪犯罪官僚は起訴もされず放置、まあ首謀者のアベデンデンとそのゴロツキ仲間がどんな犯罪を犯そうが、検察がその機能を完全放棄して、法の正義をアベのために捻じ曲げてんだからもう日本は完全に無法国家状態。どこから見ても収賄罪のクズ野郎、甘利明なんていうゲスでさえ捜査も起訴もされねえんだからすごい無法国家ぶりだわ。しかし、アベとは無関係の国民は微罪でも逮捕されるは、重税化されて、社会保障も削減だ。なにしろ、「わたちゅが国家だ。わたくちゅが立法府の長でチュ」と独裁者気取りで、その発言がどんだけアホなのかも理解出来ない究極のバカのクズが首相っていう日本の悲惨さだもんな。

 

日本のメディアの中でも屈指のゴロツキクズ集団月刊『Hanada』なんていうのは、編集部が=【仕事をしない野党議員】「サクラガー」「ホテルガー」で大騒ぎの野党。昨日、辻元先生は「重大な局面だ」と強調しておられましたが「どこが…?」でしょうか。新型肺炎への対応、中国への「忖度」こそが、重大な局面であるはず。重箱の隅をつつくだけでお金がもらえる、野党はおいしい仕事です…。=なんていう、お前らどんだけ馬鹿なんだよと言うしかないツイートしてんだが、こういうクズバカどもがのさばる素晴らしき無法アベデンデンセェゴ政権ってか。

 

アホ言ってんじゃねえよ「桜を見るクズどもの会」を国会でやっているのがまるで野党の無責任みたいに言うアホが居るんだが、このクズどもの会の追及はどこまでもあまりに明白独善的なアベデンデンの政治資金規正法違反、公職選挙法違反追及であり、徹底してやる必要のあるものだ。コロナウィルス問題を国会でやれとか、的外れ言うゴロツキネットウヨなどもいるんだが、野党は当然にその問題も追求してんだが、バカはそれも理解できていないだけ。

 

それよりも、緊急事態のはずのコロナウィルス問題なのに、アベゴロツキアホ政権のグダグダ対応は凄まじいほどに愚かすぎ。クルーズ船の汚染調査でさえ、遅れに遅れたし、調査に入った厚労省の担当者がアホすぎて感染してしまう始末だし、一切の危機感なし。その危機感無しは当然に閣僚もであり、バカガキ小泉、おんなの法務大臣、教育担当にはもっとも向かない利権だけのデブ野郎文科相などが政府の対策会議を放置して、選挙区で選挙対策の無能さ。まあ、コイツラの無能さはとっくに暴露されてんで驚きもないが。クルーズ船で調査した神戸大学のかなり優秀な専門家が政府批判的な対応したら、担当の橋本ナンチャラとかいう典型的なバカ世襲議員がその大学の先生が船内に勝手に侵入したかのようなまるで犯罪者扱い発言で、とにかくアベゴロツキ政権に都合の悪いことはすべて攻撃材料にするっていう完全に狂った政権だ

 

まあ、戦後70年以上の平和を維持できた基である日本国憲法を「みっともないもの」と猛言暴言を吐きながら、憲法の中身をまったく理解できていない(なにしろ首相でありながら、国会答弁でわたくちゅが立法府の長でチュとアホ吐く、小学生以下の知能の持ち主)くにせ憲法破壊しか頭になく、憲法破壊して戦争やって国民を駆り出して殺すのが趣味のアベデンデンなんだから、国民の命なんてなんの興味もなしで、今回のコロナウィルス騒動でも危機状況の中で政府の対策会議にはちょっとだけ顔を出しただけで、毎度の夜の宴会には長時間日参のふざけきった対応でウィルス対策なんてなんの興味もないのを露呈しているアホくさ。まあ、アベデンデンの本質ってのは日本・日本国民を破壊、殺すのが使命のようなテロリストみたいなもんだしな。

 

小沢一郎のツイートがすべてを示している。

Photo_20200220184401 Photo_20200220184402 その他ツイッターで拾ったアホアベ。 Photo_20200220184501 Photo_20200220184601 Photo_20200220184602 Photo_20200220184603 Photo_20200220184604 Photo_20200220184701 Photo_20200220184801 Photo_20200220184802 Photo_20200220184803 Photo_20200220184804 Photo_20200220184901 Photo_20200220184902

 

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

Windows7のサポート終了で、廃棄するか思案していたWindows7パソコン「セレロンのLenovoG580」にLinux系の「Zorin OS 15 Core」をインストールしてLinux化。想定外に使いやすくお気に入りに

1月14日だったかな、Windows 7のサポートが終了となった。発売以来10年以上使われてきたOSで、わりに使いやすかっただけにちょっと残念。私的にもWindows7のノートパソコンを株式売買がメインだが、デュアルモニターにして使っていた。そのパソコンをどうするかが問題になった。そのパソコンは2013年に株式売買主体なので安くていいやと買ったLenovoのセレロンのG580というダサすぎて重い15インチパソコンなのだが、自分の部屋で前場の株式売買のメインとして電源繋ぎっぱなし、21インチのモニターつなげてデュアルモニターで使っていた。そのデュアルモニター以外に、前場の株式売買ではクロームブック1台を使って3画面で売買していた。

 

そのG580は、メモリーは4GBだが、まあ、困ることはない。ストレージはオリジナルは300GBのHDDだったが、起動などあまりにとろいので買ってすぐに、フリーアプリでSSDのクローンを作り、それに換装して使ってきて、まったく問題なくサクサク動いてきた。SSDクローンは最初は120GBのものを使っていたが、どうも容量が少なくなり、240GBのSSDクローンに変えた。買った値段も39000円弱のセレロン(7年前のセレロンだが、意外にサクサク動く)の安物だったので、サポート切れれば廃棄しようと考えていた。

 

そのために、すでに昨年夏にLenovoウェブでIdeaPad S540(15インチFHD、8GBメモリー、258GBSSD)を68000円弱で購入済みで、G580を代替して快適に使用中。アルミ製でデザインも良いし、薄くて軽いし、起動など爆速。これと同じ程度の性能、機能、デザインの国産メーカー製だと10万円を軽く超えるわけで、日本のパソコンメーカーが中国・台湾・韓国に敗北したのも当然か。

 

まあ、サポートが終了したとしても、使おうと思えばそのまま使えるんだが、サポート対象外と脅しが表示されるので気分が悪い。昔と比べてパソコンも激安(なにしろWindows98の低機能パソコンを買ったときで18万円。それ以前の91年頃から4台も買ったネットもできないマッキントッシュパソコンは軽く20万円超えで購入していた)だし、さっさと新機種を買えばいいだけだ。昨年は株式の配当金・分配金が税込みでこれまでで最高額の260万円(うち、配当金は200万円弱で1月下旬にさっさと確定申告したら、2月7日には速攻で銀行口座に配当控除による還付金が30万円ちょい振り込まれていて、結局源泉徴収された配当の所得税分15%は全額還付に。リートの分配金は分配金控除などなし)ほどになったし、カネは使わなくちゃね。

 

というわけで、Windows10パソコンは15年夏にこれまたLenovoウェブで買ったThinkPadE450(Corei5,500GB+8GBのハイブリッドタイプだが、SSDに比べ起動などかなり遅い、8GBメモリー)、旅行など用に同じく15年に買った8インチタブレットPC「ASUS TransBook T90CHI-64GS」がすでにあり、さらにS540が増えたわけだが、もとからオーディオ、カメラなどハードを買うのが趣味なんで、パソコンもすぐに欲しくなるわけで、前からデザイン的に興味のあったLenovoのYOGA920を1月末に追加購入してしまい、Windows10パソコンがなんと4台にもなった。

 

YOGA920は発売当初は20万円近くした機種で、最近でも12万円ほどになってはいたが、その値段で買うなら、MacBook Airの新機種を買うわけ(現在Macは13年秋に購入のMacBook Airがメイン機で、まだ快調に動いているので、駄目になれば新しいMacBook Airに買い替え予定。そして、居間で株式売買を後場にするときのメインが15年購入のMac miniで、E450とで株式売買。この2台はその他多方面で活用中)なんだが、Lenovoのアウトレット見ていたら、未開封のキャンセル品(完全新品で当然に1年保証)が68000円ちょいで売られていたので速攻で注文した。8000円近くするアクティブペンも標準付属で、手書きでメモ書きやお絵描きもできてなかなか面白いパソコンだ。そして、時計バンドのようなヒンジなどデザインもお気に入り。

 

というわけで、Windows7のG580が放置状態なんだが、240GBSSDで動きも快調だし、捨てるのももったいないなと思い、活用法ないものかと思案していたら、LinuxOSを入れて遊ぶのもありかなと。その時、たまたま覗いた鳴子温泉でのお知り合い、Yasiroさん(現在は仙台居住)が2月10日のツイートで「モバイル用とかノートPCに関係なくWindows7やWindowsXPのPCあるのなら無料のZorin OS 15 Coreインストールすれば古いPC活用できますね。いろいろあるLinuxの中でもWindowsに似ているし使いやすいかも。モバイル用の古いノートパソコン(2GB)にZorin os 15coreインストール。特別軽くなったわけではありませんがwifiもすぐ繋がったし日本語もすぐ使えたしこうしてTwitterもできます。10年前Ubuntu試した時は日本語化面倒で無線LANもうまく繋がらず断念しました」なんてのがあって、そうなの、Zorinなんてのがあるんだねと。

 

LinuxOSのものはかつて、一度は使ってみるかと思ったが、面倒くさくなってやめたことがある。LinuxOSベースのものって、UbuntuやMintなどいろいろなものがあるんだよね。それで余計にわからなくなるわけなんだが、今回はYasiroさんが導入したというし、とりわけ「Zorin」っていうOS名が気にいった。このZorinというのは、ロジャー・ムーアの007映画の中でももっとも出来の良いものだった85年の「美しき獲物たち」のなかで悪役だったクリストファー・ウォーケンの役名が「Max Zorin」なのだ。OSの製作者たちがその映画から名付けたかどうかは知らないが、カッコいいし、呼びやすいやね。(P.S.:ネットで調べてみたら、開発チームの中心人物の名前からOS名を付けたみたいだ)

 

そこで、G580にその「ZorinOS」を導入することに決定して、お勉強のためにYouTubeでいくつか見てみた。ほかのLinux系OSのインストール動画も見てみたが、インストール自体はほとんどすべて同じような仕様。デスクトップデザインもZorinはスッキリしていて気にいった。パソコンの仕組み自体には詳しくないので、ネックとなるのは、インストール用にUSBメモリーにOSのISOイメージを焼くっていう今ひとつよくわかならないこと。とりあえず、E450で「Zorin OS15 Core」をサイトからダウンロード。そのダウンロードしたISOイメージをインストール用USBメモリーにコピーするためにYouTubeで見て参考にした動画から「Win32DiskImager」ってのをダウンロードしてみたんだが、起動してもZorinのISOイメージをまったく読めない。諦めてそれは削除して、別のYouTube動画で紹介されていた「Balena Etcher」っていうアプリをダウンロード。これを起動するとZorinのISOイメージを読み込んでいますがな。動画でされていた通りにやると無事にUSBメモリーにインストール完了。

 

それからもう一つネックが。G580にUSBメモリーからどういうプロセスでインストールするかだ。G580にUSBメモリーを刺して、とりあえず起動しながら「F2」を連打。それからはよくわからないがなんとなく操作しているうちに、YouTubeで見ていたZorinOSのインストール画面に無事到着。それからはまあ難しいこともなく、20分間ほどでインストールが完了して、待ってましたの「ZorinOS」が無事に起動。FirefoxやLibreOfficeなどが最初から含まれているし、動きもなめらかだし、デザイン的にもおしゃれです。Firefoxもすべてのパソコンで使っているが、基本的にブラウザはChrome(なにしろクロームブックが大好きで4台所有。4台といっても4台の購入総額はたった81000円ほどだけどね。とにかく一度使えばChromebookお気に入りになるね。昨年買った最新Chromebookが23000円ちょいのLenovoの300eChromebook)なんで、Zorin化したG580にも早速Chromeをインストールした。Zorinをいじっていると、Windowsは不要なんじゃないかと思うほどよく出来ている。ただ、さらなるお好みはあくまでもMacだけどね。

 

ところで、14年末に1キロを切るノートパソコンってことでAsusのWindows8.1ノートパソコンEeebookX205TAを3万円弱で買っているんだが、購入当初は快調に動いていたが、使い続けているうちにChromeの更新さえストレージの容量不足(なにしろストレージの容量がeMMCの32GBで、メモリーが2GB)で出来ない状態になっていて、ほとんど廃棄寸前だった。これもLinux系入れれば使えるんじゃないかと、いじっているうちに工場出荷状態に戻せることが出来て、設定すると、空き容量が11GBもでき、しばらく使用していると8GBを切ってきたが、とにかくインストールしたChromeが普通に使用できるようになった。Windows8.1はサポートがまだ3年以上あるようなので、とりあえず使用し続けることにしたんだが、このパソコンにもZorinOSを入れようかなと思案中。この非力パソコンは32ビットなので、インストールするにしても、32ビット版の「Zorin OS 15Lite」なんだが。

| | コメント (0)

国会審議始まって以来のアベデンデンのあまりのバカ晒しぶりにはうんざりだが、そんな薄ら馬鹿だからこそ、自由自在に操れるゲス官僚にとってはテメエらで国民の貴重な税金を私物化やり放題の最高のアホ政権なんだなと改めて納得

映画大好き人間にとっては2月はじめの米アカデミー賞発表は自分の予想が当たるかなと楽しみでもあり、ここ数年は2月、3月だけWOWOW契約をしてそのアカデミー賞発表をライブで見てきたんだが、今年は結局WOWOW契約してなくて、ネットのアカデミー賞サイトなどで確認していた。今年は「ジョーカー」や「1917」なんかが作品、監督賞行くかなと思っていたら、意外や意外、韓国映画「パラサイト半地下の家族」が作品、監督、脚本、外国映画賞と主要4部門を独占受賞の奇跡的な快挙を達成。韓国映画には面白いものがこれまでいっぱいあるし、アメリカ至上主義のアカデミー会員が投票せざるを得ないほど評価が高かったということだろう。「グエムル」や「殺人の記憶」などの監督なんだが、格差社会がテーマみたいなんで時代にもあったということなんだろうね。まあ、それほど是非観たいと思うほどの映画でもないし、受賞でしばらくは混むだろうし、急いで観る必要もないか。

 

ところで、「翔んで埼玉」っていう映画が、これから発表の日本アカデミー賞(ほとんど意味のないどうでもいい映画業界のお祭り騒ぎ)で12部門で候補になっているし、ネットでも面白いと昨年春公開時にあったんだが、先日どこかの地上波で放送され録画しておいたので、ようやく観てみたのだが、10分ほど過ぎたあたりで、あまりのつまらなさに観るのを断念してしまった。映画を途中で観るのをやめるってのは殆どないのだが、なんなんだこのクソ作品は、こんなのを面白いとか言っていたり、日本アカデミー賞で多部門で候補にされたりとか、やはり日本の映画が崩壊してんだろうね、なにしろ薄ら馬鹿の痴呆アベデンデンが長年首相に居座り続けて、憲法、法律を蹂躙し続けているのも放置の国民だもんな、「翔んで埼玉」あたりでぴったりなのかもしれない、どうでもいいけど。

 

その薄ら馬鹿のアベデンデンだが、国会始まっての答弁や態度の悪さは相も変わらずでその資質の悪質さ、下劣ぶりを晒し続けているんだが、デンデンのケツ舐めしかできないジャーナリズム精神欠如のマスゴミの忖度垂れ流し、アベデンデンの悪質さを一切報道しないおかげで新聞・テレビしか見ず、それらをナイーブに信じる騙されやすい国民だらけのおかげで国会でもバカアホ晒し続けても、皆様の敵・デンデンの広報機関NHKがフェイク報道ばかりなんで、薄ら馬鹿の同類双璧のクズ野郎アホーアッソー、その他の能無しクズ閣僚とともにふんぞり返って、野党の質問にはまともに答えることもせず(というかまともに日本語が理解できないので、質問が理解できないのだが)、ゲスな野次を飛ばしては世界にその知性皆無のアホぶりを喧伝して恥を晒してんだが、あまりのアホなので、そのテメエのアホさ加減も理解出来ないという無知無恥の壁ってことで、アホくさすぎるわ。

 

その無知無恥の薄ら馬鹿をのさばらせている元凶のマスゴミがますます腐敗の極みを邁進中なんだからもうどうしようもないってことや。例えば、朝日新聞がアベデンデン野郎とマスゴミの幹部や記者どもが会食するのを批判されていることに関して、記者名入りの情けない限りの一体何を言いたいのやらさっぱりのまるでデンデンの支離滅裂な国会答弁並みの言い訳記事=(Media Times)首相と会食、権力との距離は 記者ら、飲食ともにする「懇談」=を垂れ流していた。こんなクズ記事でもなんと有料記事で巻頭部分しか読めないんだが、無料会員登録しているので、1日に数本は読めるんで、ログインして読んでみたわけだ。まあ、あまりに情けないクズ記者どもってのがわかっただけの時間の無駄だったけどね。

 

その朝日新聞もどうしようないんだが、アベデンデンとの会食懇談に参加しなかったとか自慢たらしく書いていた毎日新聞もどうしようもないってことで、厳しい経営状況がこんなんじゃますます加速するしかないわなとなった。それは、どんな重大問題が起きようが、アベデンデンの不利になることなら「なんら問題ない」とか会見で韜晦回答しまくるこれも能無しの典型・スダレ官房長官の会見で一人問題追及質問で頑張る東京新聞の望月記者の内閣記者会の腐敗ぶりを指摘するツイートに反論する形で、毎日新聞のナントカ記者がその望月記者をディスるしかないアホ記事を書いて、「官房長官もお忙しいから」と10分弱の会見で良しとして、まさにスダレとお仲間でしかないことをゲロっているゲス極まる記事出してんだから、ほんま日本のマスゴミの連中は終わっている。朝日も毎日も偉そうな態度だけはするが、実質は記者クラブ制度なる甘い構造の中で高額給与もらって、それを死守するしか頭になく、「権力の監視者」としてのジャーナリズム精神を完全に放棄してしまってんだよな。まあ、どの閣議後の会見見ればわかるが、鋭い質問が出ることもなく、予定調和の事前質問に答える回答をどの記者もノートパソコンのキーを叩いているだけのほぼキーパンチャー状態。会見の意味がないんだよな。回答をコピーして配れば済む話。

 

現職総理による大掛かりな疑獄事件であるモリカケ事件も、桜の会なる犯罪集会も正義の砦であるはずの検察が捜査もしないで放置している異常状況や、それらに絡む財務省や総務省の悪質なゲス官僚が国民の貴重な税金を私物化してんだが、その犯罪官僚ども(甘利の収賄疑惑を不起訴にしたゲスの極みの検察官黒川某なんてのが出世街道まっしぐら、レイプ犯を逮捕しなかった警察官僚、国税庁長官に成り上がったデンデンの犯罪隠蔽官僚、ノーベル賞学者を恫喝し研究予算削減を図るクズのくせにデンデン忖度のゲス官僚野郎と高級ホテルで不倫活動の女官僚等々)にとって、あまりの馬鹿すぎてテメエで国会答弁の内容も考えられない薄ら馬鹿デンデンは実に都合が良いんだろう。なにしろ、答弁すべてがルビ付きでゲス官僚がテメエらの利益になる方向で全て書いてあげるわけだから、ゲス官僚にとっては税金の私物化やり放題の最高のアホ政権なんだろうな。だからこそ、文部省事務次官としてデンデンに批判的に物申したまさに国民のための官僚の鏡のような前川氏が光るわけだ。

20200217-32000

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »