« 2020年8月 | トップページ

2020年9月19日 (土)

産経新聞の主張(いわゆる社説だね)を見てびっくりだ。なんと「巨大詐欺事件 『桜を見る会』の再調査を」だってさ。アビルコビルとかのアベ尻舐め記者ワンサカのアベ御用新聞だぜ、社内クーデタでもあったのか。再調査すれば当然アベやゴロツキ政治屋も捜査対象だぜ

体調悪いんで、温泉で湯治しかないねと、東北の温泉へちょっと長めの湯治ドライブ旅行へ行こう、行こうと思いながら過ごしていたんだが、天候がイマイチ安定せず思案しているうちにもう9月も半ばが過ぎてしまった。4連休が明けたら出発かな。まあ、どうでもいい話だけどね。

 

ところで、産経新聞の主張(いわゆる社説だね)を見たらびっくりだ。

◆◆◆◆◆◆◆

【主張】巨大詐欺事件 「桜を見る会」の再調査を

2020.9.19 05:00コラム主張

 

 「ジャパンライフ」の元会長、山口隆祥容疑者らが詐欺容疑で警視庁などの合同捜査本部に逮捕された。磁気治療器の預託商法などで全国の延べ1万人から約2100億円を集めたとされる巨大詐欺事件だ。

 山口容疑者は平成27年に安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」に招待され、この際の招待状を勧誘セミナーの宣伝に利用していたことが分かっている。いわば詐欺の小道具に使われたことになり、招待の経緯について詳細な説明が求められるのは当然である。

 加藤勝信官房長官は18日の会見で「桜を見る会」への招待問題について、「過去の会合では名簿が保存されておらず、招待者推薦は個人情報であることから回答を控えている」などとして再調査に否定的な考えを示した。

 だが、これは多数の被害者が巨額を失った詐欺事件である。「首相から招待」の宣伝文句が被害者を信用させる役目を果たしたことは想像に難くない。名簿の消失や個人情報は言い訳になるまい。

 例えば同様の事件で、広告塔役を務めたタレントは強く指弾されるだろう。詐欺の意図を知る、知らぬにかかわらずだ。

 山口容疑者は昭和50年にジャパンライフ社を創業した。設立した健康産業政治連盟や多額の献金を通じて政治家との交流を深めてきた。59年には所得税法違反で有罪となり、60年には国会で、ジャパンライフのマルチまがい商法が厳しく追及された。

 永田町や事件関係者の間で山口容疑者はかなり有名な人物といえた。過去の事件を知らずに招待したとは信じ難く、もしそうであったならあまりに無警戒である。

 いずれにせよ、結果が重大にすぎる。誰が、どのような理由で招待したのか。新政権として「今から改めて調べても、確たることは申し上げることができない」(加藤官房長官)とする姿勢は、支持を得まい。

 菅義偉首相は「桜を見る会」について、来年度以降、中止する意向を表明している。同時に、安倍政権が行うとしていた会のあり方の見直し作業も中断する。

 やる前提であり方を見直すのだから、やらないなら検討する必要もない。そういう理屈なのだという。だが過去の会が事件に利用されてしまった以上、これはもう、屁理屈(へりくつ)ともなるまい。

◆◆◆◆◆◆◆

売国ゴロツキ政治屋アベデンデン野郎の首相在任中のモリかけ疑獄など数多くの犯罪をまるで何も問題ないかのごとくの記事を垂れ流してきたアベ御用マスゴミなんだが、この社説はあまりにまともすぎて、産経新聞が狂ってしまったのかと思ったわ。なにしろアビルコビルとかのアベ尻舐め記者がワンサカいるアベ御用マスゴミの象徴みたいな存在だぜ、社内クーデタでもあったのか。どうでもいいけど。再調査すれば当然アベやゴロツキ政治屋も捜査対象になるしかないが。

下記のようなのがネット上にさらされてました。マスゴミのゴミ記者連中も薄汚い奴ばかり。毎日新聞2人(2人ね、なにしろ給与安いからね)、時事通信、共同通信(後藤は元共同の記者)、NHK、ゴミ売(浅海は元ゴミ売記者)、朝日新聞(橘は朝日の元政治部長)、日経と大手マスゴミ揃い踏みかい。あれれ、産経はなしか、その恨み節で今回の社説かな、カネの恨みはすごいね。それにしてもね、アベもそうだが、さくらの会疑惑を隠蔽する思考しかないカトー官房長官らはテメエらが大詐欺事件に利用されてんのに、詐欺師山口を訴えないのかな?訴えればテメエらの悪事がバラされると恐怖してんのかな。

 

20200919-202852

 

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

アベ犯罪隠蔽で大活躍のスダレを気持ち悪いばかりの大提灯持ち記事垂れ流しのマスゴミのゴミの証明。radikoなんだが、地域設定が狂って東京地区のラジオが聞けまへん。ググってみたらよくある不具合とか。GoogleReaderのようにGoogleって突然サービスやめる時があるが、今回は「Play Music」廃止して、「YouTube Music」への一本化。だいぶ前に移行は済ませたが、やはり「Play Music」のほうがお好みだな

久しぶりにブログの暇原稿書こうとココログのサインインページにアクセスしたら画面が豹変していてびっくり。まあ、普通にログインできたけどね。しかし、相変わらず暑いね。まあ、9月に入っても毎年残暑は厳しいから仕方ないわ。東北へ暑さからの逃避、湯治、大好きなドライブするためにまたまた予定・日程なしのドライブ旅行へ行こうかなと思ったら台風が2つ連続して到来で、東京も天気がどうも不安定もあり、いつ出発するか思案中。19日からの実質4連休は避けたいからね。

 

それにしても、人間のクズ、アベデンデン野郎が首相辞任表明してからのマスゴミはその権力追従、チキンぶり、ジャーナリズム精神放棄のゲスぶり発揮して、アベの大疑獄事件などを公文書隠蔽、改ざん、破棄やりまくりで犯罪隠匿のリーダーシップとって、アベのケツの穴舐めまくってきたアベの共同共同正犯のスダレ野郎を大提灯持ちでお追従記事垂れ流して、またまたのバカ国民騙し絶賛展開中。アホくさすぎる、まあ、どうでもいいけどね。

20200907-123400

ところで、パソコンやスマホでラジオが聞けるradikoなんだが、最近どうもおかしい。グーグルホームでは東京地区の民放を聞こうと「OKグーグル、radikoでTBS」とか声かけても、NHKは聞けるんだが、民放は「お住いの地域の放送局ではありません」だったかな、そういう声が流れて聞けない。さらに先日の東北ドライブから帰宅後は、パソコン、タブレット(iPadもandroidも)が東京地区ではなく、先日4連泊していた鳴子温泉のある宮城県の放送局になってしまって修正できない。

 

なんでかな~、とググってみたら、そういう不具合は頻繁に発生するんだとさ。パソコン、タブレットでは地域設定のためにIPアドレス(そもそも固定じゃないそう)が参照されているようなんだが、それでは厳密な地域確定は本来できないんだとさ。まあ、宮城県で聞ける放送は聞ける(もともと短波のラジオ日経は聞けるし、NHKFMは東京のが聞けるのが不思議だが)から困るほどではないし、スマホ2台はradikoアプリで東京地区のすべてが普通に聞けるから問題はないが、グーグルホームだけがちょっと困る。スマホはGPS機能で地域設定しているのでほぼ正確に地域が設定されるそうだ。

 

というわけで、ググってみたら、確実な解消法はradikoサイトからその手の不具合を解消できるようにボタンが設定されていて、それをクリックすると、現状で聞けている地域が表示される下に在住の地域を表示できる枠があるので、そこで私のように東京なら「東京」にして送信するのだそうで、数時間前に送信しておいた。ただ、送信と同時に速攻で不具合が改善されるわけでなく、数時間から数日かかるそうだ。(P.S.:修正申請を送信して1日ちょっとで修正がされていた)

 

閑話休題。Googleって突然サービスを止めたり変更したりすることあるよね。これまでで一番困ったのが、だいぶ前になるがRSSリーダーで愛用していた「GoogleReader」が廃止になったときで、どうすりゃ良いんだよとググってみて、いくつかのリーダーを試用。結局「Feedly」と「Feed Watcher」の使い方がかなり異なる二つのRSSリーダーに代替できた。

 

そういうGoogleのサービスがまた一つ今年末で廃止になる。「Play Music」だ。所有のCDをMp3ファイルにリッピングしたものがこの15年ほどで1000枚(所有CDは山のようにあるんだが、現状の1000枚ほどで愛聴盤はほぼ網羅かな)ほどになっていて、それらを「Play Music」にアップロードして、パソコン、タブレット、スマホで音楽を聴けるようにしているんだが、自分でファイル化したものをアップロードして聴くだけなら無料利用できるから実に便利で、クラシック主体の自分には機能的にも不便がない。ところが、その便利な「Play Music」がなくなるという。これはどうすりゃいいんだよと思っていたが、「YouTube Music」なるものに一本化されるんだとかで、今年末までに「Play Music」にある音楽ファイルを年末までに「YouTube Music」に移行させてほしいとちょっと前にアナウンスがあった。

 

それが数ヶ月前だが、そのアナウンス発表ですぐに移行作業しようと思ったら、まだできなかった。しばらく待っていたら、移行可能になっていたので、数ヶ月前だが早速実行した。移行が始まってもなかなか終了しない。考えてみれば、クラウド上での移行作業になるので、パソコンなどをオフにしても別に問題ないんだと考え、オフにしてそのまま就寝した。で、翌日移行開始からかなりの時間(CD1000枚分もあると相当の時間がかかるようだ)が経過した段階で移行が完了した。しかし、機能がちょっと違っていて、クラシック主体の自分にはやはり「Play Music」のほうが好みだったな。「Play Music」廃止をまだ知らなかったら、早めに移行作業しておいたほうが良いかもね。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ