« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月28日 (月)

平均株価だけが急騰しているのに、我が持ち株はさっぱりアカンわ状態は東証全般の実態だったようで、アホくさ

株式売買における年間の税金計算は受渡日がベースで、損益確定取引の税金計算は今日28日が今年分の最終取引日になり、明日からの取引は来年分計算になるので、今日28日で波乱と激動の今年分の株式売買が終了した。売却益による納める税金を少しでも減らすために11月はじめから徐々にいわゆる損出しクロス売買をしてきたんだが、今日も1銘柄の少しを損出しクロス売買しておいた。それでいわゆる売却益はほぼなしになったが、まだ含み損がかなりある。ほんま今年は株式に関してはさっぱりやった。まあ、昨年の約260万円よりは少なかったものの約240万ほどの配当・分配金(配当金の住民税以外の75%ほどは確定申告の配当控除で還付される。昨年分の還付は30万円ちょいあった)があったしまあ良いか。

株式売買してきて、今年ほど自分の株売買が上手く行かなった年はない。なにしろ、平均株価だけは急騰しているのに、自分の持ち株、それも財務状況も問題ない、配当も良いなどの銘柄がさっぱり動かず、低迷継続なんだからアホくさい限りなのだ。そんなアホくさが納得できる記事が日経ウェブにあった。


◆◆◆◆◆◆◆


7銘柄だけで上昇した今年の日経平均 7割はマイナス


NQNスペシャル


2020年12月28日 14:14 [有料会員限定]

2020年は過去にないほどの波乱の年だったにもかかわらず、日経平均株価は年初から2999円(25日時点)上昇した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各国政府・中央銀行が大量のマネーを供給したからだ。だが、日経平均の動向を丹念に見ると、限られた銘柄の上昇がけん引した株高だったことが分かる。


Photo_20201228195801


(中略)


ここで視線を変えてみよう。日経平均を構成する225銘柄中、年初来でプラスになったのは74銘柄にすぎない。つまり、日経平均は29年ぶりの高値を更新して3000円上昇したのに、7割近くがマイナスという事実があるのだ。寄与度の大きい値がさ株に期待度の高い銘柄が集中したとはいえ、この結果を見るとバブル崩壊後の高値と素直に喜べないのではないか。


(後略)


〔日経QUICKニュース(NQN) 宮尾克弥〕


◆◆◆◆◆◆◆


ということなんだが、つまりは平均株価が急騰しているのに、我が持ち株はまるであかんわ状態は、まさに個人投資家全般の現状ってことなんやね。225採用銘柄でもダメダメ状態だったんだから、中小型銘柄の多い我が持ち株ならなおさら同様のダメ状態だったってわけだ。

なにしろ、この記事に添付されている表を見れば歴然だが、年初から現在までの平均株価約3000円上昇で、なんと表の7銘柄だけでその上昇分3000円を占めてしまっているのだ。平均株価を構成する225銘柄の67%は年初の株価からマイナスっていうわけで、東証一部市場の実態とはあまりにかけ離れた歪な平均株価のアホくささということだ。というわけで、平均株価を上昇させて、経済情勢の実態の悪さを隠蔽糊塗する操作がされ続け、それをアベデンデンらが利用してテメエらの経済政策の失敗を隠蔽改ざんしてきたというアホくさ。

| | コメント (0)

2020年12月24日 (木)

ゴートーなんちゃらとかゴリ押しなどあまりにもアホ政策しかできない能無しクサレ利権政治屋スダレ首相にはげんなりだけ。で、ブログも放置で毎日趣味だけのFIREダラダラ生活満喫

最近は脊髄不調からくるしびれなどで体調さらに悪くて、ブログも放置なんだが、たまにはなんか書かなきゃな。とにかく、政治の話なんかどうでもいい気分やね。ど田舎出身だけが自慢(しかし、実態はその田舎が大嫌いで大学入学で東京方面へ逃げてきて、選挙区が神奈川。地元秋田での政治活動なし、地元貢献なしと、田中角栄とは真逆のクソ)の、戦後最大のモリカケ疑獄やさくらの会疑惑などアベデンデンの犯罪隠蔽のために、人事権乱用で公文書隠蔽、改ざん、破棄という重罪まで犯して心血注いだ、実質的にはアベの犯罪(嘘吐きまくるしかできないゲス野郎らしく、さくら疑惑でも不起訴に関する嘘八百会見のクソぶり。まあ、小沢一郎魔女狩りと比べての検察のヘタレぶりが凄まじい駄犬ぶりだが=で、この不起訴判断した検察官は出世かいな。それにしてもね、国会で嘘吐きまくりのクソ野郎の戯言をそのまま信じて不起訴って、検察官って徹底的にアベ並の馬鹿なのか)の従犯(なにしろ「問題ない」「指摘は当たらない」など官房長官としての責務を完全放棄した先天性アホのアベと同列の能無しクズ野郎だ)みたいなスダレ“ガースー”野郎の情けない限りの政権運営にはアホくさの限りやしね。

20201224-222213

 

20201225-150947

他の政治家の活動だと開き直るぐらいなら、テメエのアベデンデン野郎の犯罪隠蔽活動を糊塗するために、モリカケ疑獄含めて検察にアベ逮捕容認すれば歴史に残る名首相になれるんだが、スダレにそんな度胸はないか。

20201225-150517

20201225-152428

だいたいゴートートラベルとかゴートーイートとかの利権絡み丸出しの世紀の愚策(感染防止対策とは極北の愚策)をゴリ押しってだけでどんだけアホかってのが自明だ。これらほど格差・コロナ汚染拡大(当然に利用する人間は高額なホテルとか旅館利用するだろし、JTBなど代理店ウハウハなだけや)に貢献するだけのアホ政策はない。今年は例年より東北ドライブ旅行が激減だったが、ゴートートラベル利用は当然にナッシング。こんなアホ政策より、消費税をゼロにすれば、全国民に平等で無駄な出費なども不要で、経済活性化に最善な方法はない。しかし、それではボケ爺利権だけが生きがいの二階やスダレにはお得度が皆無ってだけやね。東京五輪ゴリ押し(アメリカやヨーロッパの現状見れば五輪開催不可能は明白だろうが)も同じ視点でアホくさの限りの利権大会で、一般国民には迷惑なだけでメリット皆無やな。

 

というわけで、11月に東北ドライブ旅行行って以来、東北は雪景色になって、ドライブも行けないので、株式チェック以外は映画(映画館行くのもマスクだなんだとか鬱陶しいので、現状で1200本ほどブルーレイ録画などで所有しているビデオで酒飲みながらの家でのダラダラ鑑賞。まあ楽だし、音は大昔からドルビーサラウンドにしてあるから臨場感バッチリだし、見直したい部分は即見直しできるし、ご機嫌や。毎日2本は観ているかな、なにしろ暇やからね)観たり、クラシック、オペラ、ジャズと好きな音楽聴きまくり、たまには語学のお勉強したり、推理小説読んだりと無職の特権フル活用。そういえば仕事を49歳でやめて以来、もう21年目に入った。

 

まあそれでも仕事をやりたいなどと微塵も思わないのは、やはり相当に労働が嫌いなんだろうね。仕事もしないで年中暇などは飽きるんじゃないかと思う人もいるようなんだが、飽きることなんて1%もないよ。ネット見ていると、最近良く出てくるのが「FIRE」という言葉。経済的に自立して早期退職っていう意味の英語の頭文字を合わせたものなんだが、それらの早期セミリタイヤなどをしたいって人が意外に多いんだよね。そういうブログなんかが山のようにあって、とくに株式関係なんかには特に多いね。21年間のベテランFIRE人間の私から言うと、仕事してなきゃ、スーツ代やさまざまな費用が不必要になるし、外食も激減だし、ほんまそれほど金がなくても大丈夫やな。1年中休みなんで、ゴールデンウィークやお盆休み、連休などみなさんが渋滞・混雑物ともせずに観光など行く時期は当然避けて、行きたい平日に行けるし、宿泊代も安く済むし、渋滞も皆無でほんまFIREは最高やで。

 

まあ、FIREにはそら経済的な担保が必要やな。莫大な金が必要ってわけではなく、カネや投資に関するいわゆる金融リテラシーを持ち、FIRE時点でローンや借金がゼロであることが必須やね。家や車のローンなど抱えていては絶対無理や。自分は京都生まれなんだが、関西人には基本的に借金がなじまないんだよね。買い物も現金で払うから安くしてくれっていう交渉が大好きなほどだからね。これまで借金したことは、37年前に積水ハウスで注文住宅を建てたときに当時の住宅金融公庫から25年ローンをしたときだけやね。頭金もかなり出していたんだが、それでも毎月の支払いをするのが鬱陶しくて、株式やっていたおかげもあって、その利益で8年ほどで繰り上げ返済してしまってスッキリした覚えがある。だから、当然にFIRE時点ではそのローンはとっくに消えていたわけで、住宅の心配はナッシングなわけやね。

 

また、大好きな車なんだが、これまで43年間車に乗ってきたが、乗ってきた車はすべて当然にキャッシュ払いや。車買うのにローン組むなんて信じられまへん。アホかとしか思えないわ。大学出て、マスゴミに就職して東京へ東下りしたときに初めて知った存在が「マルイ」やね。服とか買うのさえ基本が10回払いとかのローンっていうのでびっくりした。車でさえキャッシュなのに服とかバッグやらをローンで買うって関西人には想定外だった。なにしろ、京都にはマルイなんて存在してなかったからね。21年目に突入のFIREなんだが。その期間には数え切れないほどの旅行をしたり、趣味のオーディオ、パソコン、カメラなど買いまくってきたが、それでも無職なのに、カネは減っていなくて、増えているから、ほんま株式のおかげやね。 それなのに、株式恐怖症の日本人はチマチマとゼロ金利の預金だけに頼るアホくさ。今や株式売買なんてネットでやれば、ほぼ手数料ゼロ、1単位数万円から買えて、配当利回り4%以上なんて山のようにあるのにね。

| | コメント (0)

2020年12月 1日 (火)

10月の9泊10日の湯治ドライブ旅行に続き11月も毎度の鳴子温泉は川渡温泉の高東旅館での4連泊湯治。ただ、青森までの予定が、雪が降り始めて断念で、ちょっと短い6泊7日のドライブ旅行となった

これまでこの16年間に胸椎、頚椎、腰椎と脊椎の主要部分3ヶ所をすべて手術して脊椎ガタガタなんだが、昨年夏にどうも調子悪いので、術後定期検診のときにMRI撮影をしたら、胸椎部分に新たに脊髄神経を圧迫している個所が見つかり、以来様子見なんだが、その影響か足の調子が悪く、体調もイマイチで、ネット徘徊もあまりやる気も起きないし、ブログなんて書く気がナッシング状態。状態が悪化すれば、4回目の脊椎手術になると思うと、とにかく気分重いわ。

温泉に入って湯治していると、なんとなく気分も体調もわずかに良くなるので、10月の9泊10日東北湯治ドライブ旅行のあと、11月初旬にも雪の降る前にのんびり湯治だと東北ドライブをしてきたんだが、当初はいつものように大好きな青森まで足を伸ばす気だったのが、一番お気に入りのドライブコースである八甲田や八幡平方面ではすでに雪が降り始めて、断念して、毎度の鳴子温泉は川渡温泉の高東旅館での4連泊含めての6泊7日の車中泊含めてのドライブとなった。

鳴子温泉までの往復なので、結局は総走行距離は930キロとちょっと少なくて物足りなかったかな。やはり青森の津軽や下北まで走ると2000キロ前後になってドライブ自体を思い切り楽しめるんだけどね。まあ、それは来年の雪解け後の楽しみに。

出発したときには青森まで行く予定だったのだが、途中で天気予報で降雪を知り、鳴子温泉での連泊湯治主体に変更して、途中で高東旅館に翌日からの4連泊を電話で確保。途中温泉に日帰り入浴などして、適当に走るが、11月になると暗くなるのが早い。暗い中ドライブしても楽しもくないし、危険だということで、結局は午後5時前に山形県の道の駅「朝日町」に到着して、車中泊。この道の駅は新しくて、トイレもすごくきれいで、静かで車中泊に最適な道の駅。

ドライブ旅行で車中泊すると早寝早起きになり、実に健康的な生活になるんだよね。シャトルが一人ドライブのときには、後ろ部分が常にほぼベッド状態なので、夕食して酒飲んで、午後8時過ぎには速攻で就寝だ。

2日目は道の駅「朝日町」をのんびり午前9時過ぎに出発して、途中千本だんご買ったり、寄り道しながら午前11時半過ぎには鳴子温泉に。まずは東鳴子温泉の薬王堂で宿泊中の食材や酒類を購入して、昼前にはチェックイン。宿に滞在中はパソコンでたまに株価チェックしたり、音楽聴いたり、読書したりダラダラと過ごして、1日に何回も温泉に入ってはゴロ寝の湯治生活。それが良いんだよね。

今回も4連泊中の4日とも夕食は東鳴子温泉の焼き肉「八兆」で食事の予定だったが、土曜日の1日だけは満員で、2日分買い込んでいた「氏家鯉店」の鯉のうま煮とアライの1日分と他のたっぷり買い込んだ食材で夕食。その日は車で八兆へ出かけることもないので、昼間から酒をちびちびやりながら、温泉に入ってはのまさに湯治の醍醐味満喫で極楽だわ。

ほんまは冬場こそ湯治に行きたいのだが、鳴子温泉やそれ以上に途中の福島、山形などが雪の多い地域が多くて、車ではちょっと躊躇しちゃうんだよね。旅行は体調もあって、荷物持っての電車やバスでの移動がとにかく億劫で、荷物放り込んでラフな服で自由気ままに移動できる車に限るんだよね。大昔は毎週のようにスキーに行っていたので、雪道は慣れているのだが、スキーやめて以来雪道走るのはやらないようにしている。自分がいくら注意しても、馬鹿な運転するアホが山のように居るしね。

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »