« 2021年2月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月26日 (月)

25日の3つの衆参選挙ではアベデンデンのクソ政治踏襲のスダレ政権にゲンナリなのか自民3敗のアホくさ。米アカデミー賞は中国人39歳女性監督の「ノマドランド」が作品賞、監督賞、主演女優賞受賞の快挙

セクシーデージンことアホすぎるコイズミガキの検証も何もないやってる感だけドヤ顔さらしパフォーマンスのレジ袋有料化とか庶民に負担押し付けるだけの超愚策だし、火男能無しバカ老人アホーアッソーは相も変わらずの暴言かましてはバカのクソらしく一人悦に入るようなアホクソさ連発だし、スダレなんて、官房長官時代の「問題なし」「指摘は当たらない」などのテメエが質問に臨機応変に答える能力がないからこその姑息極まる会見対応していたことからもう自明のあまりにこれもコイズミガキ並の低能晒し続けても官僚の書いてくれた質問回答書などを、これまたアホの象徴みたいなアベデンデンのゲスなやり方を踏襲して必死に朗読するだけで務まる首相なんていうのも、今や貧乏化まっしぐらの日本にはお似合いってことかな。どうでもいいけど。

 

ところで、最近は体調最悪なんでニュースなんて基本どうでもいい感じでほとんどチェックもしないのだが、たまたま見たツイッターで知ったんだが、4月25日にスダレ政権初の国政選挙となる衆院北海道2区、参院長野選挙区の両補欠選挙と参院広島選挙区の再選挙が投開票されていたんだってさ。それで、金まみれ自民党は当然のごとくに全敗したそうな。それも極めて低い投票率でね。つまりは低投票率は自民カルト党に優位なはずなんだが、それでも敗退って、そらね、モリカケ疑獄、桜を見るクソの会疑惑、莫大な税金をどこかに横流ししてしまったゴミとカビまみれのうす汚いマスク問題等々アベデンデンの数多くの犯罪案件がまるで追及もされず、ゴロツキアベが野放し状態という無法国家日本なんだから、それを放置のスダレだし、奴隷根性の染み込んだアホすぎる日本人でも少しは覚醒してくるだろうよ。しかし、笑えるのが、憲法の表現の自由を守ろうとした知事をリコールしようとしたゲスゴロツキ集団右翼連中と組んでリコール活動に励んだ空前絶後のクズ政治屋の嫌らしい気味の悪い名古屋弁かます河村ナンチャラ市長が4選されてしまったことかな。ゴロツキ集団維新をのさばらせてしまって、医療崩壊の地獄状態で自業自得の大阪府民と並ぶアホが名古屋市民ってことやな。

 

というわけで、25日の選挙に関することはどうでもいいんだが、26日(アメリカでは25日)はアメリカアカデミー賞の授賞式やった。昨年前は2,3月だけ契約して、アカデミー賞の生放送を楽しんでいたWOWOWも契約しなくなったんで、2ヶ月遅れになった今年の授賞式がどんな形式で実施されたのかはまったくわからなかった。まあ、結果だけわかればそれでいいわけで、ネットのある映画サイトでの情報発信を株式相場チェックしながら見ていた。昨年からコロナ禍もあり、映画館で映画を観ることが激減し、家でブルーレイなどで楽しむことが主になってしまい、この半年映画館で1本も観ていない。こんなことは生涯初めて。毎年大量に観ていたしね。しかし、最近はアヴェンジャーズとかなんだかどれ観ても同じようなものばかりで、興味が激減したのもあり、過去の映画のほうが観る楽しみが多いんだよね。

 

まあ、そういうことで、今年のアカデミー賞のノミネート作品は当然のことに1本も観ていないので、予想の楽しみもない。受賞発表はスタッフ賞から最後の作品賞へというのが毎度のパターンなのだが、今年はなぜか一番最後の受賞発表が主演男優賞になってしまったようだ。ネット上ではいろいろ取り沙汰されているが、まあどうでも良いやということで、今年の受賞者・受賞作品は以下の通り。時間経過を追って書いていたので、並びは上が最終発表の主演男優賞になっている。内容チェックしてみると、幾つかぜひ観てみたい作品があるね。

 

主演男優賞は『ファーザー』アンソニー・ホプキンス

主演女優賞は『ノマドランド』フランシス・マクドーマンド

作品賞は『ノマドランド』

歌曲賞は『ユダ・アンド・ザ・ブラック・メサイア(原題)』「Fight For You」

作曲賞は『ソウルフル・ワールド』トレント・レズナーなど

編集賞は『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』ミッケル・E・G・ニルソン

撮影賞は『Mank/マンク』エリク・メッサーシュミット

美術賞は『Mank/マンク』

助演女優賞は『ミナリ』ユン・ヨジョン

視覚効果賞は『TENET テネット』

長編ドキュメンタリー賞は『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』

短編ドキュメンタリー賞は『コレット(原題) / Colette』

長編アニメ映画賞は『ソウルフル・ワールド』

短編アニメ映画賞は『愛してるって言っておくね』

短編実写映画賞は『隔たる世界の2人』

音響賞は『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』

監督賞は『ノマドランド』クロエ・ジャオ

衣装デザイン賞は『マ・レイニーのブラックボトム』アン・ロス

メイク・ヘアスタイリング賞は『マ・レイニーのブラックボトム』

助演男優賞は『ユダ・アンド・ザ・ブラック・メサイア(原題) / Judas and the Black Messiah』ダニエル・カルーヤ

国際長編映画賞は『アナザーラウンド』

脚色賞は『ファーザー』フロリアン・ゼレール&クリストファー・ハンプトン

脚本賞は『プロミシング・ヤング・ウーマン』エメラルド・フェネル

 

「ノマドランド」のクロエ・ジャオ監督はまだ39歳の北京生まれの中国人で、アジア系女性監督としては史上初の快挙だ。監督賞は女性監督としては『ハート・ロッカー』(2008)のキャスリン・ビグロー監督以来史上2人目、しかも作品賞、主演女優の主要賞受賞だ。フランシス・マクドーマンドは「ファーゴ」「スリー・ビルボード」に続く3回目の主演女優賞。

| | コメント (0)

2021年4月23日 (金)

MRI検査して、坐骨神経痛はやはり腰椎の一部に異常があるのが要因かなと。暇に任せてネット見て、今日のアホくさ。捏造・隠蔽政治の悪党アベデンデンが朝日新聞を「捏造体質」とかますアホくさ。小池都知事が午後8時以降は店舗などの照明消せだとさ。まるで戦前の灯火管制のアホくさ

前の久しぶりのブログ記事で「2月下旬から右足に坐骨神経痛(これは症状であり、原因は腰部の脊柱菅狭窄症かすべり症かな。脊椎手術これまで3回受けてんだが、こういう坐骨神経痛は初めてや)が出てきて」なんて書いたんだが、予約ができたMRIの撮影を今日してきた。脊椎手術を3回もしているんでMRIには慣れてはいるんだが、あの閉鎖空間とガンガンうるさい音に晒され続ける20分間ほどはほんま嫌なもんや。というわけで、撮影終了して、診察になって、やはり腰椎の一部に異変があるようで、それが神経を圧迫している可能性が大きい。とりあえず、前回の診察時から処方されている痛み止めのリリカ(プレガバリン)をちょっと処方量を増やして様子見に。次回診察はGW連休明けになり、状態が改善しないようなら手術の可能性もあるわけで、コロナ禍と合わせて暗いうんざりする連休になりそうだ。

 

体調も悪いので、ネット見る気力もあまりないのだが、診療から帰宅して、ちょっと株式チェック。あまり良い雰囲気でもない相場やね。まあ、今年に入ってからは売却ばかりしてきて、持ち株の投資額に占める比率は減少していて、現状では31%ほどになっていて、ゲット予定配当金・分配金も昨年末には270万円ほどあったのが、195万円ほどまでに減少しているほどだ。所有銘柄も一時の40超えから現在は20銘柄と少なく、うち4銘柄は1単位だし、ほとんどは最安値圏で買っているしで、まあ慌てても仕方ないし、株は我慢が肝心ということでのんびり行くしかないやね。で、暇に任せてパソコンでちょっとネット見ていたら、アホくさがいくつかあった。適当に挙げると。

 

まずは毎日新聞の記事で

◆◆◆◆◆◆◆

安倍氏が朝日新聞批判「捏造体質変わらないようだ」具体例示さず

毎日新聞 2021/4/22 20:40(最終更新 4/23 01:48)

 安倍晋三前首相は22日、東京都内で行われた講演で、朝日新聞の報道について「なかなか、捏造(ねつぞう)体質は変わらないようだ」と批判した。「捏造」の具体例については言及しなかった。

 安倍氏は、若手議員への教訓として「私は(衆院)当選3回のときから批判されてきた。ずっと批判され続けても首相になったので君らもしっかり批判されろと言っている」と述べた。そのうえで朝日新聞の経営状態について「なかなか今厳しい状況にあるという説もある」とも指摘した。【遠藤修平】

◆◆◆◆◆◆◆

これほどアホくさなものはない。毎日新聞も無批判にこんなものを記事にするなよ。詐欺師まがいの売国奴アベデンデンが朝日新聞をけなしているのがそんなに嬉しいのかい。アベデンデンっていうクソ野郎が、モリカケ疑獄や桜を見る会疑惑、疑惑まみれのカビだらけのゴミマスク問題などテメエの犯罪疑惑をまったく説明もしていないことを放置して、メディアを具体例も挙げないで「捏造体質」とかますこいつこそ「捏造まみれ」そのもののクズ野郎なんだが、嬉しそうにクソの発言を垂れ流すその体質こそアベの尻舐めに堕した日本マスゴミの劣化なんだよな。クズ野郎が「批判され続けて」なんてほざいているが、日本語を理解できずその批判を詐欺まがいのアホな言い訳などで逃げ続けただけで、批判などに真正面から真摯に答えたことなど、このクソは一度もない。毎日新聞の記者もそういうアベデンデンの悪質な首相時代の捏造・隠蔽ぶりを記事にすることがお前たちの仕事なんだが。

 

その気持ち悪い限りの稀代の悪党政治屋アベデンデンがコロナ禍をまんまと利して、何の役にも立たないテメエの利権関係だけを潤すだけでしかなかったカビ、ゴミだらけの小さすぎるガーゼマスクの配布という莫大な税金をどこかの利権収奪屋に垂れ流しただけの凶悪犯罪があったが、いまだにアベデンデンはその疑惑に対して一言の説明などもせずに国民を愚弄し続けている。そのゴミマスクに関して、時事通信の記事にこんなのがあった。

◆◆◆◆◆◆◆

「アベノマスク」評価は? 全戸配布開始から1年―使用3.5%「意図伝わらず」

<2021年04月18日07時34分

 「アベノマスク」とやゆされた布マスク2枚の全戸配布を政府が始めてから、17日で1年が経過した。「税金の無駄遣い」と批判が相次ぎ、届いたマスクを福祉団体などに寄付する動きも広がった。政府は「一定の効果はあった」と主張するが、芳しい評判は聞こえてこない。<

東京都台東区の「ギャラリー・エフ」は昨年4月、不要分を有効活用しようと、店の前に「アベノマスクポスト」と書いた回収箱を設置した。毎日50枚程度が投函(とうかん)され、集まったマスクは山谷地区の労働者を支援する団体に送った。現金を同封する人もおり、送り先から感謝されたという。しかし、オーナーの村守恵子さん(75)は「なぜ無駄遣いと考えずに先走ってしまったのか。もっとやることがあったのでは」と、そもそもの政策に疑問が拭えない。

厚生労働省によると、全戸配布にかかった費用は総額約260億円。日本郵便のシステムを活用して約1億2000万枚を配り終えたのは、開始から2カ月後の昨年6月20日ごろ。既にマスク不足はある程度解消した時期だった。

情報基盤会社プラネット(東京)が昨年7月時点で実施したインターネットによる調査では、アベノマスクを使っていると答えたのはわずか3.5%にとどまった。有識者でつくる民間臨時調査会が昨年10月にまとめた政府の新型コロナウイルス対応についての報告書は「(マスク値崩れの)効果をある程度持ったことも確か」と評価しつつ、「総理室の一部が突っ走った。あれは失敗」という官邸スタッフの証言を引用。「政策意図が国民に十分に伝わっていたとは言い難い」と総括している。

◆◆◆◆◆◆◆

時事通信の記者もこんな甘ったるい記事を書いて、アベのゴミマスク問題を批判した気分にでもなっているんだろうか。配布開始時期、マスゴミはその税金ドロそのものでしかない疑惑だらけなのに調査報道でもしたか。まるでスルーだった。時事通信の元政治記者のボンクラ自民翼賛テレビコメント屋の田崎スシローなんてのはアベマンセーでゴミマスク問題なども国民騙しに励んでいたんだが。アホくさ。

 

アベデンデンが朝日新聞を批判したとの記事が掲載されていたアベデンデンのあまりにキモい腐敗したようにたるみ切った顔面があったんだが、そのキモい顔見ただけで体調がさらに悪化したわ。その記事の広告がパンティってのがまさにいわゆるアベっていう脳タリンの中においてのゲスにはぴったりが大笑い。パンティでキモい顔面を隠蔽すってことか。

 

Photo_20210423185901

 

20210423-200731

 

もううんざりの極みのコロナ禍。マスゴミは毎日毎日感染数など嬉しそうに垂れ流し、飲食店いじめの自粛強要がさも正義のように流すアホくさ。そもそも日本の政府、自治体は科学的根拠なく、適当すぎる基準などでコロナ禍対策のアホくさ。マスゴミは感染数や死者数を毎日うるさく発表して国民恫喝に励むが、日本では病気や事故などで毎日4000人ほどの人間が死んでいるんだよね。そういう現実から見たらコロナで死んだ人間の数の少なさ。しかも、インフルエンザで死ぬ人間は毎年かなりの数がいるんだが、その数はこの所まったくいないのか、触れもされない。まあどうでもいいけど。ところで、実質的にはなんのコロナ禍での対策もできていず、適当な会見だけしているパフォーマンス屋、緑のたぬき回転寿司婆さん、小池都知事が23日の定例会見で、新型コロナウイルス対策で人出を抑制するため、午後8時以降は街灯を除いて店頭などの照明を消すよう業界団体などを通じて要請すると明らかにしたとさ。

なんやこれ、この婆さんだが、自分が何を言っているのかわかっているのだろうか。午後8時以降に店舗などの照明を消すこととコロナ感染対策になんの関係があるわけなんだ。まるで戦前の灯火管制じゃん。その前に禍々しいちんどん屋ごっこをしている聖火を消せや。あまりのアホくさに坐骨神経痛がさらに激化したわ。

20210423-202512

| | コメント (0)

2021年4月18日 (日)

体調全く優れず、ネット見る気力もなく、ブログなんて書く気ナッシングで、気がつけば2月中旬以来書いてなかったな。で、生存確認で久しぶりにゲス政治屋どもに関する駄文

銀被せが外れた奥歯、縦に裂けてしまった奥歯と1月中旬に歯2本に支障を来したんだが、歯の治療、とくに縦に裂けた歯は神経を抜く処置をする必要があり、保険治療だと1回の治療が大体30分だからチンタラとダラダラ治療が続いてほんまうんざりなんだよね。混んでいるから予約がなかなか取れずに、結局裂けた歯の治療は6回あり、終了したのは3月末に。とにかく、歯ってのは1本が状態悪いだけでかみにくいし、気分悪いんだよね。その間にとうとう70歳になってしまった。しかも2月下旬から右足に坐骨神経痛(これは症状であり、原因は腰部の脊柱菅狭窄症かすべり症かな。脊椎手術これまで3回受けてんだが、こういう坐骨神経痛は初めてや)が出てきて、ネット情報など見て、ストレッチなどしてみても痛くなるばかりで、座っていると痛みは緩和するのだが、立ち上がって歩くと尻からふくらはぎ下まで痛みがズキンと走り、歩くのも難儀や。そんなわけで、ネット徘徊もあまりする気力もなく、ブログなんて書く気も起きずに、気がつけばブログも2月中旬から書いていなかった。

 

まあ、書いたところで、収益になるわけでもないし、たんなる日記みたいなもんなのでどうでもいいんだが、それにしても、たまにツイッターなど見るだけでも、詐欺師まがいの売国政治屋アベデンデンのクソDNAをそのまま悪継承したスダレ政権のヘタレぶりは凄まじいね。官房長官時代からアベデンデンのモリカケ疑獄やさくら見る会疑惑などアベの犯罪の隠蔽にだけ執心し、「問題ない」など質問にまともに答えることできない無能力ぶりを晒し続けてきたアホなので、その政権の閣僚、不自由非民主カルト党のゴキブリ議員(完全にボケ状態の超高齢ニカイがこども庁=官僚の権益増やすだけの馬鹿の極み。老人庁なども作れや=推進のトップの超絶アホくさ)などアベデンデンのアホDNAに真っ赤に伝染してしまった奴らの魑魅魍魎丸出しのゴロツキ満載ぶりにはアホくさの限り。

 

コロナ禍でももとからコイツラのテメエらの利権死守にしか興味なく、国民の命を守ることなどハナから興味ナッシングの醜悪さが匂い立つばかり。アベデンデンの長期の日本破壊工作で、日本人はすっかり貧乏になり、今や韓国や中国の給与水準以下の貧乏国民ばかりに成り果てて、コロナ禍でもその対策のヘタレぶり、ワクチン接種の世界でも最底辺の実施率。そして、日常商品の物価は急激に上昇してんだが、能無しの日銀が未だにデフレ対策とかほざくアホくさ。しかも、年金、社会保障などどんどん劣化していくばかり。それでも、奴隷根性の染み込んだ日本国民は怒りもせず、コロナ禍で自粛せんかいと国、自治体首長から発せられると言われるがままにおとなしく従うアホくさ。

 

まあ、不自由非民主カルト党マンセーしかできない記者クラブの利権にべったりハマっている大マスゴミの国民騙しの洗脳記事がその奴隷を作り出してきた元凶なんだけどね。その奴隷根性染み込んだ国民の中でもアホの極みの一つが大阪府民というアホ集団だろうね。ハシゲ以来ゴロツキでしかない維新というゲス集団のクズを知事や市長に無批判に祭り上げ続けてきて、現況ではコロナ感染状況最凶最悪の地獄状況だ。だいたい、ハシゲ時代から医療、伝統芸術とかカネのかかるモノを断舎離し続けてきたのが大阪や。それを支持し続け、アホの極みの大阪都構想などという利権収奪のために莫大な税金使って住民投票繰り返しにも唯々諾々だったわけで、そのツケがコロナ禍で完全露呈して、医療崩壊してんだが、まあアホな大阪府民の自業自得やな。どうでもいいけど。それにしても、テメエの政策責任一切忘却して、まるで他人事のように会見する吉村っていうイソジン知事(不急の手術などは延期せよともう滅茶苦茶。不急の手術って美容整形ぐらいだろうが)もアベデンデン級のクソやな。松井かなんだか知らないが雨合羽市長共々大阪府民にはお似合いだということか。

 

大阪だけじゃなく、東京都知事やっているらしい緑のたぬき回転寿司婆さんもひどいもんだが。最近はあまりやっていないようだが、一時は都庁職員に作らせたプラカードを掲げるだけのアホくさ会見をマスゴミに垂れ流させて選挙運動まがいのばかりだったし、世界中が都市封鎖とかわんさかなのに、五輪ヤルのバカ一直線。そのバカぶりの頂点に達したのが、先日の変異株上昇を受けて発した「通勤を含め、エッセンシャルワーカー以外の方は可能な限り東京へ来ないでいただきたい」と訴えたことやな。東京へ来ないでという一方で、東京五輪は実施するとくる支離滅裂。実施しないと利権まみれの連中にとってはまずいんだろう。まあ、勝手に五輪をやればいいんじゃない。世界からは観客は来ないし、選手も選考もできていないし、来られるわけもないし、日本人選手だけで無観客でやればいいじゃん。エントリー全種目日本人で金銀銅メダル完全独占の史上初の快挙だわ。それにしても大阪はじめ、東京ほか飲食店の営業短縮自粛強制のアホくさ。飲食店は怒りを爆発させて良いよな。

 

最近で一番のアホくさはなんと言っても、無能の象徴、関東最底辺の偏差値大学しか行けなかった小泉バカガキの失笑発言かな。「皆さん知ってましたか。プラスチック製品って石油から出来てるんですよ」ときた。さすが無知の象徴野郎だけある。そんな事も知らなかったようで、今になって知って、ドヤ顔ときたアホくさ。レジ袋、さらにアホ度を増したプラスプーン等有料化などのキチガイ路線一直線で、一般国民の負担増加させて喜色満面のドヤ顔晒してます。そんなにCO2削減と温暖化という科学的にも立証されていないことでこんなバカにかき乱されるアホくさ。ならば、ペットボトルも廃止しろや。まあ、こいつは原子力マフィアの手先環境ゴロツキ運動家ヒステリー少女グレタ・ツンベリと同類だが。こいつと並ぶ、アホ政権のバカの双璧、アホーアッソーの暴言爆発も相変わらずで、そのキチガイぶりを批判もせずに「麻生節」とかアホこきまくってきたマスゴミの罪のあまりの深さ。最近もこの火男面のアホゲス爺が福島原発の汚染水を「飲んでも問題ねえわ」とかかまして、そのアホぶりを爆発させてたね。まあ、アホに何言ってもカエルのツラにションベンなのだが。

 

Photo_20210419014101

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年5月 »