« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月31日 (水)

不自由非民主統一カルト党のゴロツキ議員の裏金問題は想定通りにゲス検察が全く機能せずのアホくさで終了。1月の株式売買はマアマアかな。税制改悪で、無職になって以来続けてきた確定申告は今年からアホくさくて止めに

不自由非民主統一カルト党のゴロツキ議員どもの政治資金規正法違反、脱税そのものの裏金問題だが、このブログの昨年末の記事で「どこまで検察がアベ派の腐れ議員どもを血祭りにあげられるか楽しみではあるが、まあ期待外れに終わるだろうな」と書いていたんだが、まあその通りに完全に期待外れというか、そもそも小沢一郎を執拗に魔女狩りし続けた鬼畜検察の体質はずっと継続のようで、権力にはとにかく甘いクソぶり発揮でアベシンゾーの犯罪DNAを引き継いだアベ派幹部の誰をも血祭りにあげられることなく収束。国民に対してはコンビニで間違ってコーヒーを入れたり、老人が数百円の万引きしたチマチマした案件では血迷ったみたいに起訴するくせに、重大極まる犯罪案件である今回の不自由非民主統一カルト党のゴロツキ共は放置とくるわけだ。アホくさい限りやな。

ところで、24年もなんだか知らない間に、あっと言う間に1ヶ月が経過してしまった。ほんま歳取ると時間の過ぎるのが異様に早い、嫌になってしまうわ。昨年末に47年間楽しくドライブしてきた運転とは永遠の別れをして、運転免許証も返納して、とうとう運転経歴証明書なるものを先週受領してきた。それにしても車のないのは寂しいし、ちょっとした買い物なども車のないのがこれほど不便とはね、改めて実感している。

温泉巡りには電車とバスで行くしかないということで、JRの「ジパング倶楽部」っていうのに加入した。1年間で4000円弱の会費がいるのだが、JR運賃が基本的には3割引になるというものらしく、グーグルマップや乗り換えアプリなどでどこの温泉へ行くのが良いかなといろいろとシミュレーションして楽しんでいる。ステッキついてフラフラ歩く状態なので、雪のある道は厳しいので、3月頃から利用かな。ただ、車がないと大好きな道の駅巡りもできないし、路線バスのない温泉にも行けないしで、温泉めぐりできる温泉はかなり限定的になるな。まあ、これまで数多くの温泉にたっぷりと行ってきたからまあ良いか。

あっという間に過ぎた1月だが、趣味の株式売買では毎日かなり楽しめた。昨年末時点での今年ゲット予定の配当金・分配金は445万円ほどだった。この1ヶ月で相当数の売買をしてきたが、チャートのMACD、RSIなどを売却判断に利用して、現時点で売却益は約175万円とマアマアかな。売却すると、ゲット予定配当金・分配金を補填するために安値圏に放置されているような銘柄を買っているんで、ゲット予定配当金・分配金は少し減少しただけで、インカムゲイン重視は継続だ。しかし、もう十分上昇したかなと売り切った銘柄がほとんどさらに上昇していく感じで、相場環境はかなり強いかなと。

2000年に無職になって以来、毎年配当控除を主体とした税金申告をずっと続けてきていて、この5〜6年は配当控除で配当金の住民税分が無申告の申告をすることで配当金所得が国保料金などに影響せず、配当金の所得税分15%がほぼ全て還付される(昨年の還付額は約41万円)ありがたい制度だったのだが、今回の申告からその制度が廃止となり、確定申告(実質的には還付申告なので税務署がガラ空きの1月中に申告していた)して、配当控除をすると還付される額より国保料金が多くなるというアホくさい限りの状態になるので、無職になって初めて申告(わずかの額の年金収入だけだが)することは止めることにした。貯蓄より投資とか煽るくせに、あまりの経済音痴で株式売買などやったこともないような財務省の操り増税サルの岸田がいかに国民目線がないかという税制改悪なんだが。

| | コメント (0)

2024年1月12日 (金)

日本テレビが放送した「ザ!世界仰天ニュース」中の「命をかけた赤木ファイル“文書改ざん”の謎」というドキュメンタリードラマが意外にまともな出来で、アベシンゾーと佐川某なる財務省官僚の醜悪さがよく分かる。スマホのTverアプリで16日夜まで見られるようだ

ツイッター見ていたら、日本テレビが1月9日に放送した「ザ!世界仰天ニュース」の中で「命をかけた赤木ファイル“文書改ざん”の謎」というドキュメンタリードラマを流したそうで、アベシンゾーが生きていたなら放送できなかったとかの評判になっていた。

 

テレビはほとんど見ないし、バラエティ系などなおさらなので知らなかった番組なんだが、Tverアプリで1月16日の夜まで見られるとかでスマホで見てみた。見終わった実感は、日テレだしなと思って期待なしだったんだが、意外とまともな作りだった。アベシンゾーが国会で「私や妻が関係していたら総理も議員も辞める」みたいな啖呵を切らなければ赤木俊夫さんは文書改ざんに悩み、死ぬこともなかったと、見ればわかる作りになっている。この程度の内容でも放送できただけ大したもんだ。

 

アベシンゾーとその「閣議決定の私人」のくせにアベの政治遺産を引き継ぎ相続税逃れのバカ嫁、そして、アベの犯罪隠蔽そのものの公文書改ざんを指示した佐川某なる財務省官僚。国民のために働く公務員であることを信条とする生真面目過ぎる赤木さんの心を破壊して自死に至らしめた人間の心を一切持たない佐川某なるクズ官僚は公文書改ざんなるアベ忖度して国税庁長官に昇進というアホくさ。

 

赤木さんの自死を招いたのはアベシンゾーが国会答弁で「ワタクチュと妻が関わっていれば議員も辞任する」と啖呵を切ったのがまさに端緒であり、つまりは赤木さんをアベシンゾーと佐川某が殺したのも同然の卑劣極まる事件なんだが、当時はアベマンセー状態のマスゴミが一切追及せず、アベの犯罪やりたい放題になってしまったわけだ。

 

今回の番組はわかりやすくよくできているドキュメンタリードラマになっているんだが、ゴロツキのアベシンゾーが生きている時に放送できなかった日本のメディアの情けなさやな。あの事件はどこから見てもアベの犯罪の一つであり、現時点でも地獄に落とされたアベや佐川を含めて追及すべきがマスゴミの使命のはずなんだが、ジャーナリズム精神が一切ないゴミ記者どもだらけの日本ではまあ無理か。

 

それにしてもだ、いまだに世紀の売国ゲス野郎アベシンゾーを賛美しているようなアホがネット上にも山のようにいるんだが、政治のトップに居る増税メガネ猿こと岸田なるクズアホがまあそのアベ賛美の筆頭のようなアホの象徴やな。なにしろこの財務省の操りサルはアベシンゾーが神のご加護で地獄に蹴落とされた直後に何を血迷ったのか、多くの国民の「声を一切聞くことなく」暴走して、モリカケ疑獄、問題だらけの桜を見る会事件、国会で認定済みの嘘八百付き放題問題など犯罪まがいが山のようにつきまとう世紀のゴロツキ政治屋を「国葬」にしてしまったんだから、そのアホぶりは際立っているのだ。

| | コメント (0)

2024年1月 8日 (月)

能登半島大地震、羽田空港航空機衝突炎上事故と十大ニュース級が元旦から連発して新年気分を吹き飛ばした新年明け。その大地震対応で改めて露呈したのが財務省の操りサルでしかない増税メガネ猿岸田の国民の命にまるで興味なしのゲスぶり

今年は元旦に能登半島大地震、2日には羽田空港での航空機衝突炎上事故と、24年10大事件に入るだろう事案が立て続けに発生して正月のめでたい気分も一気に吹き飛んだ。能登半島大地震は輪島市や珠洲市などが壊滅的な状況のようで、早期の復旧を祈るしかないが、この事件で改めて明らかになったのが、猿回し財務省の操りサルでしかない岸田増税メガネ猿の国民の声には一切「聞く耳」を持たず、国民生活、その生命にはまるで関心も興味もないゲスぶりを露呈したことやな。

 

安全な東京のさらに強固な建物の中での会議や会見に被災現地に行くこともないくせにわざとらしく作業服や。毎度のことだが、災害時に現地にいるわけでもないのに作業服を着る政治家どもの偽善性。野党のボンクラ議員も同じや。で、そいつらは速攻で現地入りした山本太郎を非難するアホくさ。東国原英夫なんて芸人崩れがが見当違いの非難をしてます。現地見ないで対策立てられないだろうが。だいたいや直ぐそばにいるSPはいつものスーツ姿や。作業服を着るアホくさはまあ置いといて、被災状況の把握も不明の中で、台湾からの災害救助支援の申し出を「ニーズがない」と断ったなんてのは岸田のテメエの自尊心だけからで、被災地の国民の命を守るなんてのはどうでもいい証明やな。また、駐日米軍にも大々的な支援を頼むべきだがやってないようだ。ほんまクズだ。まあ、現状のマスゴミは政権批判はほぼしないで、政権に都合の悪い事実は隠蔽し、政府広報紙に成り下がっているからな、どうしようもないが。

 

20240108-171506

 

とくにその状況を判断し、想像力を働かす能力がこの増税メガネ猿には皆目ないのが露呈したのが、5日に開催された財界など主催の3か所の新年会(だいたいこの非常時に新年会を開く神経が狂っている。中止が普通だろうが)にこの緊急の非常時にわざわざ参加したなどはこのバカの状況判断能力のなさを示すんだが、そのバカぶりを倍加させたのが新年会の参加者がスーツ姿ばかりの中、作業服をわざとらしく着て、その作業服の胸元にでかい赤いバラの花を付けていたことで、その違和感を感じることもなく、毎度のゲスなニタニタ笑いをしていたアホくさ。こんなバカが首相で能登半島の人々も不憫そのものやな。そのバカぶりを発揮した例が、4日夜のBSフジに不自由非民主統一カルト党のヨイショ屋のスシローこと自称ジャーナリストの田崎史郎と生出演し、総裁選への思いなどをふんぞり返ってベラベラ喋ったんだってさ。この時期にそれもフジ系で、クズ元記者のスシローとね。どこまでも状況判断のできないアホです。

 

 

この増税メガネ猿の状況判断能力のなさの例では、まずは第一陣で派遣した自衛隊がたったの1000人ってことや。あの被災映像見て、まったく想像力が働いていないってことや。被災現場での作業は自衛隊員にとっても貴重な訓練にもなるわけで、今回のように半島全域に渡って道路網が寸断され、断水が広がっているような状況ではますますそれが言える。さらに、被災者の命を救うには時間が勝負なんだから、一気に万単位とかで派遣できる決断ができない岸田のどんくささ。まあ、岸田には国民の命なんてどうでもいいんだろう。

 

売国のゲス野郎アベシンゾーの悪政時代に下落し続けた給与水準で生活疲弊している日本国民にこそカネを使うべきが政治家の本分なんだが、財務省の操りサルでしかない岸田は海外には莫大なカネをバラマキして外にはいい面見せるが、日本国民にはほんまカネを回さないよな。コイツは不祥事を起こした政治屋の辞任などでも毎度ダラダラと決断を躊躇して、最終的には辞任させるみたいなアホくさの連続で、こいつほど政治、政治家に向いていない奴はいないよな。さらにや、被災地は地獄状態なのに、このバカは会見で憲法改正に向けた最大限の取り組みをすると来ると狂っているとしか言えない。

 

ツイッター見ていたら、レジ袋有料化という国民にとっては迷惑でしかない愚策しか大臣時代にできなかった愚鈍政治屋の見本、ガキ小泉が岸田以上のアホくさパフォーマンスしている画像があった。

20240108-161329

| | コメント (0)

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »