2016年2月16日 (火)

ネットで知ったラーメン「二郎」を毎日食べ続けている人物のツイッター。しかし、そのツイッターを知ったのは、体を壊したかどうか、二郎巡りをできなくなったとのツイートで。それにしてもブタの餌のようなラーメンをよく毎日食えるよな

食べ物って言うと基本的にはあっさりで淡白だけど旨味のあるものが好きで、麺類では京都生まれの京都育ちってことで、何よりも京都風のうどん、特に刻みきつねうどんなんてのが一番好き。うどんはさぬきうどんが有名なんだが、コシがかなりあるうどんだよね。ところが、京都のうどんはまったくコシなしのヘタレうどん。でもそれが美味いんだよね、甘みのきいた出汁の染みた刻みきつねと絶妙のコラボ。京都ではまあ町中のどのうどん屋で食っても一応美味いけど、雰囲気も味わいたければ値段もそれほど高くない祇園の「ひさご」なんてのが良いよね。通っていた中学校がすぐ近くだったし、まあ地元の普通の店だけど、料理評論家の記事などで異常に有名になったけどね。

というわけで、その手のあっさり系うどん大好きなんだが、京都ってなぜか知らないが、ラーメンはコッテリ系が意外に多いようだ。全国展開で有名な「天下一品」なんてのがそうだし、ほかにも有名な地元密着系があるらしいけど、あんまりコッテリ系好きじゃない(天下一品は一回食って二度と食う気失せた)からさっぱり知らないけど。

ところで、そのコッテリ系ラーメンで有名なのに「二郎」ってのがあるらしい。ネット徘徊しているとよく出てくる名前だ。しかし、これまで一回も食べたことはない。その二郎ラーメンを毎日のように食べて、ツイートしている人物を今日はじめてネットで知った。

ところが、知ったのはその人物が、ラーメン二郎巡りをできなくなったと13日にツイートしたってのが話題になっていたので知ったわけで、そのツイートは

 

habomaijiro ‏@habomaijiro  2月13日

 

アクシデント発生の為、二郎巡りが困難な状況となりました。このお報せを以って更新を終了します。ありがとうございました。

 

ってものだ。

毎日のようにラーメン二郎を食べ続けていたっていうんだが、13日ツイートが上記のもので、体を壊したかどうか二郎通いができなくなったのでツイッター辞めたっていうもの。で、これまで二郎のラーメンってのを食ったことがないので、このアカウントを見ていると、毎日違う二郎の店(二郎の店ってそんなにたくさんあるのか?)でラーメン食っていて、その写真が載っているのだが、写真見ただけで食う気ゼロ状態に。超絶に不味そうだよ。こんなブタの餌みたいなのをよく毎日食っていたよな。病気になって早死の自殺願望そのもの。

というより、ようわかんないけど、ラーメンってそんなに毎日食いたいものか。池袋へ映画見に行くと、その時にでかい書店「ジュンク堂」に必ず立ち寄るんだが、ジュンク堂の道挟んで向かい側の角地にあるラーメン屋がいつも長い列ができているんだが、列に並んでまでラーメンを食いたいのかなといつも思うんだけど、そのジュンク堂前のラーメンってそんなに美味いのかな。いまだに並んでまで食う気がおこらないので、確認できず状態。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

天気も良いのでちょっと浅草散策し、一年ぶりにスカイツリー拝見。そのあとはようやく訪問の堀切菖蒲園の居酒屋「のんき」で極上シロモツ

20日の日曜日は天気も良いので、ブラブラと浅草界隈へ。境
内では山形県村山市観光協会が出店を出して賑わっていた。村
山市は浅草寺の山門に掲げてある超巨大なわら草履を造り奉納
している関係もある。道の駅「村山」には浅草寺に掲げられて
いたあとのわら草履が置かれている。

昼飯に軽く寿司を食ったりして、浅草をブラブラ散策して、一
年ぶりに外見上は634メートルの高さまで完成したスカイツ
リーもちょっと見学。下部のビルなどもかなり建築が進んでお
り、最寄りの東武線の業平橋駅周辺も大変化だ。

そのブラブラ散歩の写真はオリンパスE-P1でお遊びのアートフ
ィルターの「ポップカラー」を使用して華やかな雰囲気に。

Asakusa01

Asakusa02

Asakusa03_2

Asakusa04_2

Asakusa05_2

これは言問橋から見たスカイツリー。

Asakusa06_2

これは隅田公園内にある牛嶋神社から見るスカイツリー。

浅草散策のあとは、東武線で堀切駅へ。モツ焼きの美味さがネ
ット上で喧伝されている堀切菖蒲園駅すぐそば(と言っても、
5分ぐらいは歩くし、ちょっと判りにくい)にある居酒屋「の
んき」でモツを食うのが目的だ。

堀切菖蒲園駅は京成線で、こちらの利用する東武線とは違い、
利用はかなり不便。で、行こう行こうと思いながらなかなか行
けなかった。今回は天気もわりに良いので行くことに。浅草か
らなら堀切駅で降りてすぐにある荒川を渡る堀切橋をブラブラ
歩いて行けばすぐに堀切菖蒲園駅があるので、そのルートをと
ることに。

ところが、業平橋駅あたりでは晴れ間だったのに、堀切駅降り
ると一転して空は真っ黒に。これは土砂降りだなと、痺れる脚
なんだが、ちょっと急いで堀切橋を渡ったのだが、渡り終わっ
た辺りで一気に土砂降りに。軒下でしばらく雨宿りして、「の
んき」に到着したのは開店時間の午後5時をちょっと過ぎた頃。
ネット上では開店を待つ客もいるほど混むとかだったが、急な
土砂降りが幸か不幸だったのか空いていてすんなり席取り。し
ばらくしてすぐに満席状態になった。

外見ほどは店内はボロではなく、意外に清潔感もあり、入り口
(二つある)が違うカウンターが2列で、その中が調理場・配
膳場で若い3人が働く。

で、飲み物はハイボール290円を。ほんのり甘みがあり飲み
やすくて美味しい。何杯でもいけそうだ。

つまみは絶品と評判のシロモツの「シロタレ」を。焼きに時間
がかかりそうなので、大根サラダ240円を。たっぷりの大根
の千切りにニンニクの効いたタレがかかり酒が進む。しばらく
して、出てきましたシロタレ。ここは注文が一皿4本単位(2
本ずつ違うものも可能。4本で360円)で、焦げ目が付いた
シロモツにタレが実に美味そう。

口に入れてみると、外の焦げ目のある皮はプリプリで、噛むと
中身はニュルニュルとした食感で、噛む必要もないかのように
口の中でとろーと溶けてしまい、ノドの奥にするっと消えて行
ってしまう。焼肉のホルモンなども含めてホルモンはなかなか
噛み切れないようなのが多いのだが、ここのシロモツは別格の
絶品。イヤー美味い。大根サラダとハイボール、モツを交互に
食べるその絶妙のバランス。

ここのシロモツはすぐにでもまた食べに行きたくなる。近所に
住んでいたらもう頻繁に通ってしまうだろうな。居酒屋で飲ん
でもブログに特別に書くようなことはないが、ここのシロモツ
だけはこれまでのモツ焼きとは相当に違ったな。

Nonki01

Nonki02_2

Nonki03_2

Nonki04

ところで、ベネトンのパロディ広告が話題になったが、TLを
見ていたら、そのベネトン広告をもじって作ったパロディ写
真が笑えた。官僚の操り犬で増税馬鹿の売国一途の肥満ゴキ
ブリノダにぴったりだ。

1

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年9月30日 (金)

そうそう、明日から生肉規制が強化されるそうで、マスゴミが「ユッケが食べられなくなる」とか騒いでます。今回の規制なんて役人の責任回避策でしかないんだが

今日の新聞のラテ欄見ていたら、ワイドショー系の番組に「ユッケ
があすから食べられない」「高嶺の花に」とかが並んでいる。明日
からとはどういうことかなと「ユッケ 10月1日」でググってみ
たら。

日経が掲載の共同通信の記事で
◆◆◆◆◆◆◆
「ユッケ出せない…」業界悲鳴 10月から新基準施行
2011/9/30 10:09

 「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件を受け、ユッケなどの生食用牛肉を扱う食肉処理業者や飲食店を対象にした厚生労働省の新基準が10月1日から施行される。「生の牛肉は食中毒の危険性が高い」として表面加熱を義務付け、罰則を新設する従来より厳しい内容の上、施行までの期間も短く、焼肉店関係者からは「ユッケは出せない」と悲鳴も上がる。

■悪質なら刑事罰

 新基準は、枝肉を小分けにして速やかに密封した後、湯せんなどで表面から深さ1センチ以上の部分を60度で2分以上加熱殺菌すると定めた。

 対象はユッケと牛刺し、牛たたき、タルタルステーキ。飲食店は原則として処理業者から加熱処理した肉を仕入れ、表面を削り取る「トリミング」をして内側の生の部分を調理し提供する。違反すると営業停止のほか、悪質な場合は2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金が科される。

 処理業者は施設を整備し、基準通り殺菌できるか検査を受けることが求められる。東京都の担当者は「準備期間が短く、10月に間に合う業者はいないのではないか。保健所も監視を強化し、安全が確認されるまでは出荷させない」と話す。

 各地の焼肉店が加盟する全国焼肉協会の中井孝次事務局長は「流通がなければ、10月にはユッケを食べられる店はなくなる」と危機感を隠さない。現在もユッケを出し続けている東京都内の居酒屋の店員も「今後は仕入れができるかどうか…」と表情を曇らせる。

■「1皿2千円」

 罰則がなかった従来の基準でもトリミングが求められていたが、表面を加熱する新基準ではより多くの部分を削り取らなければならない。

 関西を中心に焼肉店を展開する会社の実験では、従来基準で提供できるのは元の肉の8割程度だが、新基準では3~4割になると判明。この会社の担当者は「現在は800円前後のユッケが2千円を超えることもあり得る。これでは提供できない」と頭を抱える。

 一方、レア(生)の焼き加減で提供されることもあるビーフステーキは「これまで食中毒の報告がない」(厚労省)として新基準の対象外だ。

 焼き肉チェーン店「叙々苑」(本社・東京)は今夏、ユッケに代わる新商品「レアステーキ ユッケ味」をメニューに加えた。ブロック肉の表面を軽く焼いて薄くスライス、ユッケのたれで食べる。見た目は牛たたきそっくりだが担当者は「あくまでもステーキ」と強調、評判は上々という。

 新基準の対象ではない牛タンのユッケを検討している焼肉店もある。
〔共同〕
◆◆◆◆◆◆◆
ということでした。そうか、あの土下座社長の「焼肉えびす」食
中毒事件を契機にこれまでの法的強制力のなかった基準を見直し
て10月1日から生食用食肉に関しての食品衛生法改正が施行され
るってことだね。まあ判りやすく言えば、掛け流しの温泉までも
消毒しろと阿呆喚く役人の一種の責任回避策でもある訳だ。

焼肉は大好きだが、実はこれまでにユッケ自体は食したことがな
い。かなり以前にユッケと同類の「タルタルステーキ」は食べた
ことがあるのだが、それほど美味いと思わなかったので、同類の
ユッケには興味がないってこと。

生肉類が嫌いな訳ではない。馬刺は大好物だし、焼肉屋や居酒屋
系でもレバ刺しなどは頻繁に食べるほど好きだ。まあ、その手の
ものを食べるのは自己責任だしね。魚の刺身(寿司も同じ)も似
たようなものだ。

なににしても、この種の事件が発生すると日本の役人たちは自分
たちの責任回避がまず先行しての過剰規制が来る訳だ。そして、
その規制さえしておけばあとは俺たち関係ネエもんねとまともな
仕事もせずに放置と来る。

まともな店(それより卸売業者がまずまともなのが先決だが)は
こんな規制がなくてもきちんとした商品をこれまでも供していた
んだし、まともじゃない店はこんな規制があった所でそれを守る
訳でもなく、結局はこんな規制は役人のマスかきに過ぎないって
ことだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

久しぶりに北千住の立ち飲み居酒屋「割烹くずし 徳多和良」へ。相変わらず安くて美味くて、居心地抜群

先週だったかなテレ東の「アド街ック天国」が北千住特集だった
んだが、その中で紹介されたのはまあ準地元なんでおなじみの店
や風景ばかりだった。で、10何位か入っていたのが立ち飲み居
酒屋「割烹くずし 徳多和良」(とくだわらと読む)で、しばら
く行っていなかったので知らなかったが店内が改装されていた。

以前は小ぶりのカウンターに小さなテーブル(と言っても当然立
ち飲み用)二つ、奥に小さな座敷だったんだが、大きめのオープ
ンキッチンを囲むようなL字型のカウンターだけになっていた。

と言う訳で、なんだか久しぶりに行きたい気分になってしまって、
のんびりと歩いて行って来た。店は日曜月曜が休みで、営業時
間は午後4時から午後9時までと短い。しかも最近は様々な媒体
で紹介されるようになったこと、立ち飲みが人気(それらの中で
もバー風のオシャレ系には興味なしだが)とかで混む時が多いと
か。

で、開店時入店客が撤退しただろう時間帯の5時前に入店。予想
通りと言うかそれほど混んでもいなくてすんなり立ち場所を確保。
このカウンタータイプの方が店の人と対面なので注文もしやすく
て良いかな。

メニューは以前の黒板形式ではなくて、紙メニューに手書きだ。
その日の仕入れ状況でメニューが毎日微妙に変わるのがここの特
徴。だから毎日のように一人で来ても飽きることはないご機嫌な
居酒屋だ。居酒屋と言ってもやきとりやモツ煮込みなどがある訳
でなく、魚介類を主体にした和食割烹だ。しかし、立ち飲みとい
うことから、あくまで「割烹くずし」と謙虚なのだ。

立ち飲みなので、一人なら酒類2〜3本ほど、つまみ3種ほどで
さっと撤退するのが粋ってもんで、ダラダラ長居は似合わないね。
ここは料理も酒も基本税込み315円主体なのでそういう飲み方
に実にピッタリなのだ。

今回飲んだのはこちらは日本酒とこの店のオリジナル「徳ハイ」
(ウィスキーと梅酒のハイボールってとこかな。少し甘めで美味
い。女性向きかな)。メニューは美味そうなものばかりで、すべ
て注文したくなる。上品な割烹系(北千住では異質だが)なので
女性の一人客もきているし、女性客が多い。

今回注文したのはシメサバ、青柳刺し、煮タコ、ハマグリの酒蒸し
などすべて美味い。量的には少なめだが、いろいろと食べられる
のでそこが良い。大好きなシメサバなんて絶品だ。酢と塩が絶妙
なバランスだ。ハマグリの酒蒸しの出汁の濃厚ながらさっぱりし
た上品な味はたまらない。45分ほどでさっと飲んで食って、結
構でした。

01

02

03

04

05

07_2

11

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その19、鳴子温泉で素泊まりとなると、夜の食事は最近は東鳴子温泉の「八兆」で焼肉ばかり。今回も3夜連続で焼肉。そして昼飯は氏家鯉店の鯉の甘煮とアライ

最近鳴子温泉に一人で宿泊すると我ながらまことにワンパタ
ーンだ。素泊まりして外食してしまうほうが好みなのだ。
しかもこのところ宿泊の定宿になっているのがお好み
の泉質である川渡温泉の湯の高東旅館で、夕食の食事は東鳴
子温泉の焼肉「八兆」という訳だ。

さらに、鳴子温泉郷の川渡温泉、東鳴子温泉、鳴子温泉、中
山平温泉、鬼首温泉の5つの温泉の主な泉質と宿はほぼ宿泊
と日帰り入浴でだいたい入浴体験したので、このところは鳴
子温泉に来ても宿泊したお気に入りの宿の湯に何回も入るの
んびり志向になり、一日にいくつもの湯巡りはあまりしなく
なったからだ。

という訳で、今回も3夜連続して焼肉で夕食。ただ残念なの
は焼肉なら当然にビールが飲みたいのだが、車で宿から行く
のでそれがダメなのが欠点。ただ、今回は初日だけは鳴子温
泉のお知り合いに車で送迎してもらい、生ビールと日本酒を
飲むことができた。

とにかく最近はあまりに小食になったので、定食(カルビ定
食1150円、牛タン定食1150円、ホルモン定食790
円で、ワカメスープと美味しいナムル付き)と肉類あと1皿
程度で私的には十分な量でお腹いっぱいなり、種類を食べら
れないのが残念だが。

夕食が焼肉ばかりなので、昼飯はグンと方向を変えて鳴子温
泉に来ると食べたくなる東鳴子温泉にある「氏家鯉店」の鯉
の甘煮とアライ
を2日連続で。鯉は昔から好きだが、ここの
鯉は鯉独特の臭みも全くなく、実に美味い。冷凍ご飯1パッ
クを宿の電子レンジでチンして、300円分のアライと甘煮
1切れ(270円)で量的にもちょうど良く温泉と鯉料理な
んて健康法そのものか。

Hattyou01

Hattyou02

Hattyou03

Koi02_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

雪シーズン前に温泉巡りと思ったらすっかり雪景色の中だった東北ドライブ旅行その9、毎度おなじみの鳴子・川渡温泉「高東旅館」でのんびりと湯治5連泊、食事は焼肉と鯉が美味

このところ北東北方面へ温泉巡りドライブ旅行したあとの東
京への帰宅時には鳴子温泉・川渡温泉の「高東旅館」に宿泊
して行くのがコースとなってしまった。脊柱管狭窄症からく
る座骨神経痛などにこの川渡温泉の湯が一番効能がある感じ
が私的にはしているからだ。

川渡温泉の湯は共同浴場などすべて同類の源泉で、ほのかな
硫黄の匂いのビシッと熱めの翡翠のような上品な黄緑色で美
しい湯だ。素晴らしい湯の川渡温泉なのだが、鳴子温泉ほど
の泉質のバラエティはなく、川渡温泉の旅館の湯は1カ所入
ればまあ十分な感じが。

という訳で、布団持ち込みで素泊まり2700円ちょっとで、
清潔感もある施設など、そして広々した駐車場もお気に入り
なのが高東旅館。だいたい宿泊する時は2泊以上の連泊で、
今年は5月、8月に続いて3回目。最近はここに宿泊すると
1〜2カ所別の鳴子温泉郷の湯(主な旅館などの湯はほぼ入
ったのもあるが)に入浴する程度で、お気に入りの高東旅館
の湯に一日に何度も入っては部屋でゴロ寝して過ごしてしま
うのが常だ。

炊事場も自由に使用できて、湯を沸かしたり、電子レンジ使
用なども出来て軽い食事面での不自由もない。各部屋には冷
蔵庫もあるし、お茶碗など食器類なども備わっている。とく
にチリ一つないような清潔感もお気に入りの要因。

高東旅館での宿泊は9日までの4連泊だったが、天気予報で
は10日が通過予定の山形が相当に天候が悪そうで、ドライ
ブする気がしなくなり急遽10日も宿泊にして5連泊に。

5連泊の宿泊中は風呂に入ってはゴロ寝のまさにダラダラ湯
治に徹してしまうだけ。夕食は最近はたいてい車で数分の東
鳴子温泉にある焼き肉屋「八兆」で済ます。今回も夕食は4
回も焼肉三昧だった。本当は5回とも焼肉にしたかったのだ
が、火曜日が定休日でそれはなしに。とにかくここの焼肉は
安くておいしいし、マスターとのおしゃべりも楽しい。営業
は午後5時から。素泊まりして夕食は八兆で焼肉は楽しいよ。

焼肉も美味しいのだが、鳴子で素泊まりの時にもうひとつ美
味しいものが鯉料理。東鳴子温泉にある「氏家鯉店」で鯉の
アライ(1人前なら300円程度買うとたっぷり)、鯉の甘
煮(1切れ270円)を買って、宿でご飯のおかずに酒のつ
まみにするのだ。鯉が好きなのもあるが、今回も昼飯用、夕
食用と3回食べてしまった。良い湯においしい焼肉、鯉とリ
ーズナブルで大満足の湯治となった。

Takatou01_2


Takatou02_3


Takatou03_3


Takatou04_2


Takatou05


Takatou06_2


Takatou07


Hattyou01


Hattyou02_2


Hattyou03


Hattyou04


Hattyou05_2


Koi01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

下北半島までひとっ走り温泉巡りドライブ、抜群に安くて量もたっぷりと評判の海鮮丼をついに佐井村福浦にある「ぬいどう食堂」で堪能

今回のドライブ一人旅はもちろん温泉巡りが主体なのだが、
たまには観光目的も良いだろうと仏が浦観光を目的にして
まずはそれを達成。

もうひとつの目的が仏が浦から車で10分ほどカーブの多
い山道を大間方面に走った佐井村の福浦地区にある小さな
食堂「ぬいどう食堂」でウニのたっぷり載った海鮮丼を食
べること。

仏が浦見物が終了したのが午後12時過ぎ。急な階段など
の上り下りもしてお腹も空いてちょうどタイミングもいい。
ワクワクする思いで山道を走らせて、福浦地区へ。「ぬい
どう食堂」は国道と村道が変形交差する交差点にあるのだ
が、山道から降りて来るとかなり見落としやすい位置にあ
る。

信号が赤信号でたまたま止まり、右を見たらなんとそこに
店があった。店の前に駐車して早速店内へ。人気店なので
行列が出来る時も多いそうだが、座敷席に1組がいるだけ。

とにかく、ウニ丼(1500円)が有名らしくて、丼の御
飯が見えないどころか溢れるほどのウニがてんこ盛りとい
う評判。そして、もうひとつ人気なのが、「歌舞伎丼」と
いう名のウニ、アワビ、イクラ、イカ刺身の4色丼で、そ
れは1000円。

ほとんどの客がその歌舞伎丼を注文するようで、当然初体
験の私もその丼を注文。厨房ではおばさん二人が忙しそう
に料理を作っているが、女将さんのほうは一言声をかける
とおしゃべり好きなようで楽しい会話となり、ニコやかな
笑顔が素敵だ。

出て来た歌舞伎丼は丼の上にかなり多めのマイカの刺身、
イクラが載り、その上にこれでもかというほどのウニがて
んこ盛り。これらの食材は女将の旦那さんが朝穫って来た
新鮮なものばかりで、今回はアワビがたまたまなくて、そ
の代わりにウニをてんこ盛りにしたとか。ウニ丼だとウニ
がもう丼から溢れるばかりに載るそうだ。メニューを眺め
ているとすべて制覇して行きたい気分になる。

歌舞伎丼を含めてすべてにはみそ汁(ムール貝に似たマル
ゴとか)、お新香のほかに、日によって替わるが小鉢がい
くつか付いて来る。今回はかなり分厚く切ったプリプリの
ヒラメの刺身、何かの海藻、魚のツクネダンゴのようなも
のが付いて来た。この小鉢類だけでご飯が進みそう。

歌舞伎丼とは面白い名前なのだが、福浦地区には伝承歌舞
伎があり、その舞台もあるとかで、そこからの命名とか。
また、「ぬいどう」という食堂名は近くにある「縫道石山」
という山の名前から来ている。

とにかく、朝穫りの新鮮なムラサキウニが口の中で溶ける
ような感触でほろ甘く濃厚な旨味が口いっぱいに広がる。
マイカの刺身も量がたっぷりで、ご飯のほうが量が少なく
感じるほど。これほどたっぷりと一気にウニを食べた経験
は初めてか。小鉢の料理も美味くて、あまりのコストパフ
ォーマンスの良さに大感激。

またまたすぐにでも来たくなる店だ。ウニ丼は4月から8
月末までの期限限定メニューらしく、これは再訪しなくち
ゃねの気分になってしまった。

Nuidou01


Nuidou02


Nuidou03


Nuidou04


| | コメント (5) | トラックバック (2)

2010年4月16日 (金)

久し振りに吉野家、松屋の値引き中の牛丼を立て続けに食べる。まだまだ吉野家が美味い

グルメなんてカテゴリー付けたけれど、まったくグルメじゃな
い食べ物のどうでもいい話で、牛丼の話だ。

先日映画3本一気鑑賞した日、食べるものを何にしようかなと
新宿をブラブラしながら考えていた時に吉野家の前をたまたま
通りがかった。その時ボスターに牛丼が110円引きの270
円とあって、しかもその最終期限である13日の午後4時だっ
たかな、それまでもう少ししかない時間帯。たまには牛丼もい
かなと店内へ。昔から牛丼はわりに好きなほう(一度どこかの
すき焼き店でべらぼうに高い牛丼を食べたことがあるが、あの
金額を出せば美味いのは当然で、牛丼と言えばやはりチェーン
店の牛丼だ)で、とくに吉野家の牛丼が一番美味い。しかし、
あの狂牛病騒動の頃からあまり牛丼を口にしていない。

だからたまに食べたくなる。しかも、270円の安さだ。食べ
るしかないってことで食べてみた。やはり牛丼では吉野家がダ
ントツにうまいね。あの甘みのあるダシ、柔らかく煮込まれた
安物牛肉とタマネギの絶妙の組み合わせ。ドライブ旅行に行っ
た時なども牛丼は食べないな。安く手早く済ませる時には店が
あると、ほっかほっか弁当(今はホットモット店が多いようだ)
のノリ弁がお好み。なんと言っても290円と安いし意外に美
味い。

と久し振りに牛丼を食べたのだが、今日も書店に買い物に行っ
た時にまたまた牛丼を食べてしまった。今日食べたのは、松屋
の牛丼だ。ここで食べるのも実に久し振りだが、なんと牛丼が
吉野家と競争しているのか、320円が70円引きの250円
だ。しかも、松屋はみそ汁が付いて250円だから吉野家より
さらにコストパフォーマンス高しだ。でも、味も肉も吉野家が
好みだな。以前よりは少しは美味くなっているが、まだかなり
吉野家とは差がある。と、そんなどうでもいい話でした。しか
し、こんな安売り競争していて厳しい業界です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

朝日新聞がミシュラン食堂案内本を大仰にパリ特派員の記事で提灯持ちの大宣伝。まあ、検察情報垂れ流し記事と同じ姿勢だな。サンドラ・ブロックがラジー賞・アカデミー賞同時受賞の快挙。作品・監督賞は「ハートロッカー」

WOWOW(3月から4月2ヶ月で945円で加入中)でアカ
デミー賞発表のライブを今日は朝から視聴中。中継司会の一
人にあの滝川クリステルがいるが、いつものことだが口に籠
ったような発声で聞き取りにくいな。なんでこんなヘタクソ
なのが司会やるんだよ。で、合間にネットでニュースサイト
なんかを徘徊。(アカデミー主演女優賞が「しあわせの隠れ
場所」のサンドラ・ブロックに決定。アカデミー賞授賞式の
前日に発表のラジー賞で「オール・アバウト・スティーブ(原
題)」で、最低主演女優賞に選ばれていたので、同じ年に最高
と最低同時受賞の快挙だ。しかもサンドラ・ブロックはたく
さんのDVDを携えてラジー賞会場に登場したそうだし、ユー
モア感覚もたっぷりだ。監督賞は「ハートロッカー」のキャ
スリン・ビグローが女性監督として初受賞だ。さらに作品賞
も受賞だ。ビグロー監督の男前の映画が前から好きなんでお
めでとう)

朝日新聞に「ミシュランレストランガイド」の大宣伝としか
思えない記事がネットサイトにあった。題して「ミシュラン
調査員『隠れた店発掘が喜び』 覆面脱ぎ語る」だとさ。

ネットサイトでしか見ていない(というか朝日新聞本紙なん
て21世紀に入って見たこともないが)のでどの紙面に掲載
かは分らないが、パリ特派員の記事と来た。なんとも朝日新
聞らしい大げさな記事。

で、全文を読んでみたら、中身まるでなしのたんなるミシュ
ランの提灯持ち。ミシュランも日本で発行している掲載食堂
の承認を得た上(それだけで覆面調査なんて言うのがまるで
嘘八百じゃないか)で撮影した食堂の中の様子とかの宣伝写
真ばかりでまるで料理の評論なしの“高額だけが売りの食堂”
の単なる手抜きの店案内・アクセス案内本がまったく売れな
いので、ジャーナリズム精神皆無の朝日新聞に宣伝を頼んだ
訳か。

「秘密保持を何より重視してきたミシュランとしては異例。
調査方法や評価の決め手、連日連夜の食べ歩き生活など、謎
に包まれていた調査員の素顔を語った。」なんてリード部分
がまるでお笑いの記事。しかし、これほど中身のない記事も
ないな。朝日新聞の特派員って楽で良いね。それで高給か。

その実名でインタビューに応じるのが今回が初めてなんて大
仰に言うわりには、掲載されている写真は後ろ向きに椅子に
座った女性の写真。しかもその写真がわざわざ「エルザ・カ
ディエ氏撮影」ときて、失笑してしまった。ミシュラン史上
初の実名インタビューなんて振っているなら、記者以外の他
人に撮影させるなよ、しかも単なるへたくそなスナップ写真
を。だいたい、その撮影者が調査員のことが分るじゃないか。
しかも実名で、現役のミシュラン編集長(編集長なんてのは
多くの人間と毎日会っている訳で、それで顔を隠すって意味
なしだな)なら顔を隠す意味ないだろうが。それより後ろ向
きのどうでもいい写真ぐらい記者が撮影しろよ。コンパクト
デジカメぐらい持っているだろうが。

それにしてもね、ミシュランの評価なんてはっきり言って基
本どうでもいいって感じだよな。「星に値すると思われる店
は、必ず別の調査員が試して確認する。『1人の意見で決め
ることは絶対ありません。評価の均一性こそ、ミシュランの
力の源ですから。』」なんて点でさらに鮮明だよな。料理の
評価の均一性って一体なんだよ。一人の評価でもそれが確か
な舌の持ち主ならそれで十分だろう。自分一人じゃ料理の判
断もする自信がないだけじゃないか。

料理なんて人それぞれに好き嫌いあるし、同じ人間でもその
時の体調などによっても同じ料理がまるで違うわけだ。それ
を複数人の評価で星付けすることにそもそも無理がある。し
かも自分のカネで食う場合は高ければなかなか不味いとは言
えない訳で、料理なんて所詮美味い・不味い、それが価格対
比で価値があるかどうか程度を参考にすれば良いもので、ミ
シュランなんてこの価値多様化の時代にすでに完全に時代遅
れのアナクロ本でしかないんじゃないの。そのアナクロ本の
提灯持ちを今さらにする情けない大マスゴミ朝日新聞様って
ことか。同じ記事にするにも、もう少しは暴露的なミシュラ
ンが嫌がるような内容にしろよ。まあ、小沢誹謗中傷報道で
も検察情報垂れ流し記事しか書けないマスゴミだし仕方ない
のか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月21日 (土)

久し振りに京成立石の「鳥房」で若鶏唐揚げ堪能。60周年記念販売のユニクロ、銀座店で早朝から2000人行列は貧乏化進行の日本の象徴か

最近ちょいと寒さ厳しい日が続いていたが、今日は気持ち良
い快晴。ということでお散歩がてらデジイチをぶら下げて荒
川河川敷をブラブラ散策しながら葛飾区立石の京成立石駅方
面まで行ってしまった。なんとなく行ったというより最初か
らそこへ行くのが目的だったんだが、久し振りに京成立石の
人気店「鳥房」で鶏の唐揚げを食べて来た。

「鳥房」は鶏肉販売のお店だが、午後4時から店舗の奥のほ
うが居酒屋として営業するのだ。鳥刺しなどもあるが、なん
と言っても人気メニューは若鶏の半身の唐揚げ。じっくり揚
げてあるので、小骨などもバリバリ食べられてしまう。その
かなり大きめの半身の唐揚げがキャベツの上にドーンと乗っ
て出て来るシンプルな料理。

午後4時からの開店なので20分ほど前に着くと、なんと2
0人以上がすでに行列。店内がそれほど大きくないので、開
店時には入店できず、結局1時間近くも待つことに。立石に
は他にも安くて美味い居酒屋があるのでそちらのほうに行こ
うかなとも思ったが、座る椅子もあるので、久し振りに唐揚
げを食べたい気分で来たのでじっと我慢の子で待つことに。

頼んだのはビンビールとその鶏の唐揚げ1人前だけ。とにか
くその唐揚げだけで小食の私は満腹になってしまうのが過去
の経験から分っているので、今回は他のメニューはなしに。
唐揚げは今回は大ぶりの600円のほうに。わずかな違いだ
が微妙に大きさが違うのだ。ただ、今日のはちょいと揚げ方
が強かったのか、ジューシーさが不足気味だったのが残念か。
Torifusa01
Torifusa02
Torifusa03
                       
                       
                      
                        

帰宅してニュースサイトを見ていて、日本もホンマに貧乏に
なったのかなと実感させるような記事があった。各メディア
が記事にしていたが、わりに詳しかった日経新聞の記事によ
ると
◆◆◆◆◆◆◆
ユニクロ、創業60周年記念し朝6時からセール 銀座に2000人以上
 ファーストリテイリングは21日、傘下の衣料店「ユニクロ」約400店で、朝6時からの早朝セールを実施した。東京都中央区にある旗艦店「ユニクロ銀座店」には、午前6時の開店前に2000人以上が行列をつくった。
 ファーストリテイリングのセールは創業60年を記念したもので、12月31日まで実施する。初日の11月21日に、国内のユニクロ店舗の半数にあたる約400店を早朝から開いたのは、1984年のユニクロ1号店の開業時間を再現する趣向。当時と同じく並んだ人には朝食としてアンパンと牛乳も配った。
◆◆◆◆◆◆◆
この寒い中、しかも寒さのキツい早朝からたかがユニクロの
激安衣料購入のために行列するのにびっくり。最近は銀座に
はほとんど行っていないので知らなかったが、銀座にもユニ
クロがあったんだ。

ファーストリテイリングが創業60年って、フリースでブー
ムになって一気に拡大したのはつい10年ほど前と思ってい
たが、意外に古い企業なんだ。ってことで、調べてみたら、
もとは田舎の家族経営程度の小さな洋品店だったんだね。そ
れを2代目社長が一気に大企業にしたんだからたいしたもん
だまったく。

まあ、ユニクロの衣料はフリースなどいくつか持っているが、
基本は普段着。たまに近くのユニクロを見てみてもほとんど
欲しい商品もないんだが、早朝から並んでまで買いたいもの
ってそんなにあるのか実に不思議。それより激安衣料購入で
早朝から行列ってのは日本も相当に貧乏化が進行している象
徴なのかなと微妙に心配。それを示すのがアンパンと牛乳の
配布か。なんだかユニクロが救世軍になったみたいな侘しい
日本の年末というとこか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧