2020年8月29日 (土)

アベゲス政権の強盗トラベルキャンペーンも除外で自粛強制の灼熱地獄に幽閉のアホくさ。7月に続いて、8月16日から湯治兼ねての大好きな東北ドライブを9泊10日でやってきた。湯治は当然に鳴子は川渡温泉の「高東旅館」で4連泊。ドライブ旅行はアホくさい限りの「3密」とは無縁ですわ

アベクソ政権が強盗トラベルキャンペーンとかアホ展開してんだが、毎度の厳密な基準があるわけでもなく、緑のたぬき回転寿司ババア知事に嫌がらせするしか意味のない東京都民の強盗トラベルキャンペーン(自分的には一人ドライブ時には湯治宿宿泊か車中泊なのであまり興味もない)外しもあり、旅行など最もするであろう都民は自粛強制で暑苦しい都内に幽閉みたいなもんだ。

そんな適当なアホくさ自粛なんてやってられるわけもなく、7月半ばの7泊8日の東北温泉ドライブに続き、暑すぎて狂死しそうな都内からの逃亡とドライブ、湯治(ドライブ楽しむのが最近はメインだが)も兼ねて8月16日からまたまた東北へ予定なし行き当たりばったりのドライブ湯治旅行へ行ってきた。7月は秋田までだったが、今回は青森県の最北、下北半島の大間崎まで足を伸ばして、大好きな恐山の共同浴場入浴など果たして、結局25日までの9泊10日の東北ドライブとなった。全行程で雨になったのは16日の夜から17日午前の一部だけで、快適なドライブが楽しめた。アホくさい限りの「3密」とはドライブ旅行は無縁だしね。しかも東北だよ。

16日午前5時半頃東京を出発して、毎度のことながら予定もルートも決めないで、高速道路一切使用しないで適当に温泉楽しみ(昔は一日に多いときには6〜7ヶ所ぐらい日帰り入浴したもんだが、最近は体力低下で一日に温泉一つぐらいをゆっくり入浴が良い)ながら、道の駅に寄りながら青森は津軽か下北目指すことにして、国道4号を北上し、道の駅「下郷」、道の駅「喜多の郷」、道の駅「朝日」経由の毎度の好きなコースを走り、午後6時半頃道の駅「雄勝」に。そろそろ暗くなってきたので、車中泊に。昼間は暑かったが、夜になると、東京の暑苦しさとは違い、それほど暑くもなく就寝できた。やはり東北は良いね。で、初日の走行距離は474キロ。夜になって雨になり、朝方までずっとかなりの降雨になったのも暑さ和らぐ一因に。走行中の雨は嫌だけどね。

2日目はどう走行しようか、ちょいと悩んで、天気予報では岩手から青森にかけて晴れのようなので、午前8時道の駅「雄勝」を出発して、国道13号を北上、横手から国道107号に右折して、岩手県道1号で雫石へ出て、小岩井農場経由で国道4号に出て一気に北上することに。午後3時には上北に。お好みの温泉が多いのだが、水明温泉(下の2枚の写真)、姉戸川温泉で日帰り入浴堪能。午後5時半過ぎには道の駅「七戸」に到着。下北半島の道の駅「横浜」まで進もうかと思ったが、道の駅「七戸」そばには大好きな東八甲田温泉もあるし、きれいな道の駅で、隣接してイオンもあり便利なので、東八甲田温泉に入浴して、道の駅「七戸」での車中泊に。この道の駅での車中泊はいったい何回してんだろうね。で、2日目の走行距離は282キロ、夜は涼しいぐらいで熟睡。シャトルは後部座席を倒せば即段差なしのシングルベッド状態になるのでほんま車中泊が楽ちん。

Photo_20200829004501

Photo_20200829004502

3日目18日は下北半島の最北端大間崎まで行って、途中大好きな恐山での濃厚な硫黄泉楽しんで下北半島一周を楽しむことにして、午前6時20分道の駅「七戸」を出発して、大間崎へ。下北の海を眺望しながらの道を快走して、午前8時30分には恐山に到着して、1時間半ほど境内散策と薬師の湯、花染の湯と2ヶ所の共同浴場を楽しめた。コロナ禍もあってか恐山もほとんど参拝客もなく、立派な宿坊も今年は完全休業状態になっていた。それだけにのんびりと大好きな硫黄泉を楽しめたが。

Osorezan01

Osorezan02

Osorezan03

Osorezan04

Osorezan05

Osorezan06

Ohma01

そのあとは大間崎で海鮮丼を食って、佐井から道の駅「かわうち湖」、むつ市と下北半島を回り、どうするか思案して、19日から鳴子温泉でのんびり湯治だと決めて、高東旅館に電話して4連泊予約。すると、道の駅「雫石」で車中泊しかないねと、むつ市から野辺地町へ走り一気に国道4号を南下。距離もあるので、さすが暗くなってきて午後8時30分ごろ道の駅「雫石」に到着。3日目の走行距離は490キロにもなった。雫石の夜も涼しくなってぐっすり就寝できた。ほんま東北は良いね。

4日目の19日は、毎度の定宿、高東旅館に早めにチェックインしたいので、午前8時過ぎに道の駅「雫石」を出発して、角館方面へ。国道46号、105号、13号を走って、雄勝で国道398号に左折して小安峡温泉経由で道の駅「花山」に。この道の駅の自然薯そばが大好物で昼飯に。そばはそれほど積極的に食べないのだが、ここの自然薯たっぷりのつけ汁のざるそばはほんま美味いとうか、自然薯トロロが極上なんだが。で、午後2時過ぎには鳴子温泉は川渡温泉の定宿、高東旅館に到着、今日の走行距離は197キロ。高東旅館を利用し始めて15年ほどになるが、今回の4連泊含めるとトータルでなんと157泊もしてきた。相当に気に入っているわけだ。トレーニング機械が置いてあった場所は機械が古くなったので、撤去され、ソファーが置かれて読書するなどにぴったり。

Takato01

Takato02

 

高東旅館にのんびり湯治宿泊して、昼飯は氏家鯉店の美味すぎる鯉のうま煮とアライ、夕食は当然に焼き肉「八兆」(定休日の火曜日が4連泊中になかったので、今回も4夜連続)で安くてうまい牛、豚、鶏の焼肉の他にホヤ、干しかれい、イカ焼き、ホタテ、カキ、アユなど毎日通ってもほんま飽きまへん。なお、7月末にトイレが全面改装されきれいになった。

Hoya

Ika

Ayu

Karubi

Reba

Torikawa

 

 

 

8日目の23日は午前10時半頃高東旅館をチェックアウトして、昨夜考えたとおりに、国道108号で雄勝に出て、国道13号、国道105号、道の駅「阿仁」、道の駅「上小阿仁」で国道285号に左折して道の駅「五城目」を通過して、国道7号に出て、道の駅「大潟」に。近くにあるオレンジ色の温泉「ポルダー大潟」で入浴する予定だったが、あまりの暑さに入浴する気失せて、そのまま国道7号南下して午後6時40分に道の駅「象潟」に到着。走行距離は373キロ。道の駅の温泉で入浴。途中のスーパーでゲットした寿司などで夕食して、そのまま車中泊。ここは平日でも車中泊が多いのだが、意外に空いていた。今日は夜もちょっと暑い。

9日目の24日は午前7時40分道の駅「象潟」を出発して、国道7号を南下して、県道345号に左折して国道47号から国道13号に。好物の最上千本だんごでだんご購入。あとは、国道13号から国道287号へ右折して、12時前から1時間ほどテルメ伯陵で日帰り入浴。米沢で国道121号に入り、喜多方、会津坂下から国道252号に左折して、午後5時半頃道の駅「金山」に到着、今日の走行距離は310キロ。道の駅には工事していた東北電力のずいぶん立派な水力発電展示館(下の写真)が完成していた。開館は午前10時から午後5時までなので今回は見物できず。

 

Kaneyama

 

最終日の8月25日は、明るいうちに帰宅したいので、午前6時道の駅「金山」を出発して、国道252号、只見で国道289号へ左折して、南会津で国道121項へ右折してのいつものルートで、道の駅「湯の香しおばら」に寄って、そのまま午後4時30分帰宅、今日の走行距離は290キロで、今回のドライブの総走行距離は2447キロ(4連泊中はほとんど走行なしだから実質は6日間での走行距離)になった。給油量は約110リッターで金額的には14000円ちょいで、平均燃費は21・8キロほどに。車での旅行はほんま安上がりで楽しいね。

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

雪解けになれば東北へ湯治ドライブ旅行が楽しみだったのだが、コロナ禍で今年は計画すべてがおじゃんに。お気に入りの温泉地が相当数休業状態だし諦め状態や

雪解けになれば、毎年4月中旬頃から東北へ湯治ドライブ旅行へ行くんだが、今年もずっと前から今年の湯治ドライブ旅行をどうしようかなと、いろいろと地図を見ながらコースを考え、どこの温泉に日帰り入浴して、どこに宿泊していくかなとか計画を考えていた。旅行ってこういう計画しているときが楽しいんだよね。

 

ところが、今年はコロナ禍ですべての計画がおじゃんに。まずは4月のドライブは津軽あたりまで走り岩手県を南下して、4月末にはGWの連休前まで毎度の鳴子温泉は川渡温泉の高東旅館に4〜5連泊して、川渡温泉河原の桜と菜の花のコラボを散歩してのんびり楽しみ、昼飯は氏家鯉店のうま煮とアライ、夜は焼肉八兆でうまくて安い焼き肉と魚貝を堪能しようと思っていたんだよね。栗まんも食いたい。それができなくなってしまった。今頃なら当然に秋田あたりの何処かにいるはずなんだが。下記の写真は昨年の川渡温泉の桜と菜の花コラボ。

20200421-13621

この16年ほどの間に胸髄症(胸椎にチタンボルトが5〜6本ほど埋め込まれている)、頚椎症性脊髄症で頚椎に人工骨が2個、そして脊柱菅狭窄症で腰椎の手術と全身麻酔の手術を3回しているんだが、とにかく手足がしびれていて、外出時にはステッキ使用しないとどうもフラフラしてしまう。左足のしびれがとくにきつかったので、40年間ずっと車はマニュアルミッションだったのだが、3年前にとうとうオートマにしてしまったほど。まあ、オートマは楽で良いんだけど、山道などでのシフトチェンジの楽しみがなくなったけどね。

 

ということで、しびれなどが温泉湯治していると和らぐので、冬場にも温泉に行きたいのだが、ステッキついて荷物持って電車などに乗るのが億劫で面倒くさくて、荷物放り込むだけで旅行できる車でのドライブになってしまう。かつてのように毎週のようにスキーへ行っていた頃なら4輪ともスノータイヤにして運転もするが、今はスキー自体ができないな。なにしろ自転車さえ足のしびれ、感覚鈍化でペダルからすぐ足が外れて乗れない状態だしね。

 

そんなわけで雪解けしてからの湯治ドライブの楽しみと湯治療養がコロナ禍で不能になり、げんなりだ。ドライブはまあいくらでも東北へ行けるんだが、感染者多量発生の東京から旅行に行くこと自体が躊躇と言うか、自制するしかないのだ。国民には外出自粛しろと傲慢かましているアベデンデンのバカ嫁のように人の迷惑関係ねえよの能天気バカにはなれないわ。

 

大好きな温泉がいっぱいあり、大好きな県である岩手県は、緊急事態宣言が発令された都道府県との不要不急の往来を控えるようお願いすること、もし岩手県へ行った場合には(東京へ出張へ行ったりの岩手県人も帰宅したら2週間自宅に)2週間の自粛をお願いとかになっているので、つまりは来県してこないでくれ状態なのだ。まあ、岩手以外も似たようなもんだろう。これは無理して旅行で行くこと自体が迷惑になるってことだし、行くと嫌な思いをするかもしれないし、もう家にこもるしかないわ。岩手県はいまだにコロナ感染者ゼロなんだが、ちょっと規制が過剰すぎかな。達増拓也知事が指揮しているのもあるのかな。達増知事は東大から外務省に入り、ジョンズホプキンス大学国際研究高等大学院を出ているアベあたりのアホとは違う頭脳明晰だしね。(P.S.:大沢温泉も27日から5月6日まで休業、日帰り入浴も不可能に)

Photo_20200421031601

まあそういうことで、湯治ドライブに行けないで鬱々としてんだが、ツイッターなどでちょっと調べてみたら東北の温泉地がかなりの休業状態になっていて、どうせドライブ旅行しても入りたい温泉にも入れない、宿泊もできないであろうから面白くもなんともないだろうしね。

 

車で行く以外にも、JRバス東北は、盛岡と東京を結ぶ高速バスを今月末まで運休なんてなっているし、バス旅行派の人たちも難儀なんだね。

 

で、東北の休館、休業を適当に拾ってみると、青森では、「酸ヶ湯温泉旅館」は、業務を縮小し、4月20日から休館で営業再開は7月からの予定。浅虫温泉の「南部屋・海扇閣」は5月31日までの全館休館で、他の浅虫温泉の宿も同じようになるかな。行けば必ずどこかの旅館で入浴する嶽温泉のお気に入りの「山のホテル」も5月6日まで休業で、名物のマタギ飯は配達のみに。今年は宿泊しようと考えていた奥入瀬渓流入口辺りにある「温泉民宿南部屋」も地元民のみ1日1組対応。(P.S.:青森県に数多くある温泉銭湯の中でももっとも好きな平川市の新屋温泉も県外者入浴不可に)。

 

20200426-184808

 

秋田県では、人気温泉地の乳頭温泉郷の7宿泊施設すべてが宿泊・日帰りなど全営業の休止。休業したのは、妙乃湯▽鶴の湯温泉▽孫六温泉▽蟹場温泉▽黒湯温泉▽大釜温泉▽国民休暇村乳頭温泉郷(21日から)――の各宿。期間は鶴の湯が5月31日まで、その他は同6日までを予定。「志張温泉元湯」も4月15日(水)〜当面の間休館。この時期には桜より大好きな水芭蕉群落が堪能できる国道46号すぐ横にある仙北市の刺巻湿原にも行きたいね。下記の写真は2年前の4月下旬の刺巻湿原。

Photo_20200428210501

山形県では、県独自策で県境で検温を鉄道駅や国道、空港を想定して実施するとかのかなり無理筋の情報も流れているわけで、まるで江戸時代の関所だ。「銀山温泉」 全旅館が来月6日まで営業休止。でかい道の駅「チェリーランドさがえ」が4月25日(土)〜5月10日(日)まで休業とは、道の駅まで休業だとドライブもままならなくなってくる。山形県では、さらにかみのやま温泉18旅館、自主休業 来月6日まで。蔵王温泉でも露天風呂や旅館などの長期休業が出ている。さらにとりわけお気に入りの温泉地肘折温泉や東根温泉、小野川温泉なども全館休業になっているようでもうあきまへん。山形県ではお気に入りの大江町の「テルメ柏陵健康温泉館」「柏陵荘」も休館。山形県は4月はいたるところ桜が満開だ。赤湯温泉裏の烏帽子山公園が素晴らしいんだがな。そうそう、大石田の千本だんごが食いたい。

 

宮城県では、鳴子温泉郷のかなりの旅館が休業のようで、鳴子温泉へ行っても湯巡りもできそうもないね。(P.S.:これを書いてからさらに鳴子温泉はほぼ全体が休業みたいで、共同浴場は完全休館=地元民のみ利用に=だし、日帰り入浴も出来ないわ状況。東日本大震災以降温泉地は廃業が多発しているし、一年で一番稼ぎ時のGWが完全休業では大好きな東北の温泉地の未来に不安しかない。アホなアベ政権は休業補償して窮地の日本の温泉地を救え、温泉は日本の大切な文化だぞ)

 

福島県では、東北へドライブ行くと東京へ戻る途中に必ず走る奥会津のごきげんな共同浴場のある金山町の共同浴場すべてが当面休業、お気に入りの道の駅「奥会津かなやま」も5月10日まで休業では、ドライブに行く楽しみまったくないわ。(P.S.:福島県でも雰囲気ある温泉街で好きな温泉である岳温泉で一番大きな「櫟平ホテル」を経営の泉屋旅館が、福島地裁から破産手続きの開始決定で、負債額は約4億円、従業員約50人は全員解雇と。桜並木も美しい温泉地なんだが)

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

アベデンンデンやアホーアッソーなど人間のクズどものこと書いても気分悪くなるだけなのでたまには温泉の話。最近新規開拓でお気に入りになったのが、秋田県大館市の「大館矢立ハイツ」と福島県金山町の「せせらぎ荘」の湯

顔を見るだけで吐き気がするアベデンデンやアホーアッソー、コーニョタロー、スダレ野郎などのゴロツキ政権の話書いているだけで気分悪くなるので、ブログタイトルに「たまには温泉へ」とあるとおりに、たまには大好きな温泉の話でも。

 

脊髄の大手術を3回もしていて、とにかく足も手もしびれているわで、好きなドライブして大好きな東北の温泉でのんびり湯治するのが最大のご機嫌旅なんだが、冬場は東北は雪の中で、大昔なら毎週のようにスキーに行っていて、4輪ともスノータイヤで雪道もガンガン走っていたのだが、スキー止めて以来雪道走る気はゼロなんで、とにかく雪解けを待つだけ。最近では国内旅行より海外旅行のほうがよほど安くあがるのもあるんだろうが、自分は飛行機が大嫌い。仕事していた頃は出張ということで国内、海外と数知れないほど飛行機にも乗ったが、飛行機に乗るとまず必ず激しい乗り物酔いになり、海外への飛行で十数時間の長距離でも食事に一切手を付けずで、飛行中はほぼ拷問状態。そんな拷問を自分の旅の楽しみで積極的にするわけもなく、大好きな車の運転で気分次第の旅ができる国内ドライブ旅行が最高ってことだ。でもね、国内旅行でも、バスなどだと乗り物酔いするから自分の車を運転するのが最高の手段。

 

というわけで、大好きな東北への湯治ドライブをした最後が昨年11月はじめの8泊9日の旅行。その時も昨年の7回目になる青森まで車を走らせての旅行だったが、ほんま青森が好きなんやな。24日に新車買って以来初の車検済ませたので、早速ドライブ旅行だと思っているんだが、走る予定の地域でまだ雪が降ったりしているようで、ちょっと様子見だ。ちょっとドライブ日記見ていたら、昨年はドライブ旅行をトータルで58日間していた。18年は65日間だったので少し少なくなった。今年は70日間を目標とするかな。

 

ところで、最近は昔ほど一日に入浴する温泉の数が激減して、1日に1〜2カ所程度をのんびりゆっくりと味わうのがパターン。それというのも、東北の主な温泉はだいたい制覇したし、お好みの温泉が大体決まってきたので、ドライブもそれらの温泉巡り主体になってきて、あまり新規の温泉ってのがなくなってしまった。東北湯治ドライブでだいたい最後の段階では大好きな鳴子温泉のうちでもとくにお気に入りの川渡温泉の高東旅館に連泊のパターンだが、昨年10月、11月の東北ドライブで久しぶりに新規の温泉でお気に入りが2ヶ所出来た。

 

そのひとつは大昔に一度入ったことがあるはずなんだが、記憶から消えていたほどどうでもいい湯でしかなかった秋田県大館市の道の駅「矢立」に併設の宿泊施設「大館矢立ハイツ」の湯だ。たまたまネット見ていたら、新源泉に変わったとかで、すぐ近隣にある大好きだった「矢立赤湯」(すでに廃業だが)と同じようなレンガ色の素晴らしいかけ流し温泉になったと言うではないか。で、10月のドライブ時早速入浴。小奇麗なホテル仕様で、風呂も立派な内湯と露天風呂があり、いずれにもレンガ色というかオレンジ色のすばらしい湯が溢れている。しかもだ、これだけ素晴らしい浴室と源泉なのだが、入浴料金が350円強の激安。あまりに気に入ったので、11月の旅行時にも再訪したほど。この道の駅は駐車場があるだけでまったく殺風景(食事はハイツ内でできるが)なのだが、この温泉目当てだけで立ち寄る価値大だね。

 

Yatate1

Yatate2

Yatate3

 

お気に入りになったもう一つは福島県金山町の温泉保養施設「せせらぎ荘」だ。以前はぼろぼろの施設で入浴する気が起きず、隣接する玉梨旅館(残念ながら廃業)の温泉には何回か入浴していたが、4年ほど前にリニューアルされたそうだが、金山町には大塩、湯倉、八町、玉梨、中川など全国屈指の名共同浴場があり、ついスルーしていた。10月に道の駅「金山」に車中泊したときに、たまには利用してみるかとせせらぎ荘で入浴したんだが、小奇麗な広々した浴室には2種類の源泉浴槽があり、とくに炭酸浴槽の方は素晴らしい泡付きの温泉だった。同町の共同浴場に比して料金は500円とちょっと高めだが、2種の源泉と立派な施設でコストパフォーマンスは高い。

 

Seseragi

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

消費税増税、コロナウィルス対策での無茶苦茶な自粛要請で経済疲弊、日本破壊しまくるアベデンデンの有り難いバカ政策で福島猪苗代の老舗温泉旅館「田村屋旅館」が倒産

福島民報の記事で、

◆◆◆◆◆◆◆

新型コロナ影響で倒産 沼尻温泉・田村屋旅館 東北で初

2020/03/11 09:36

 猪苗代町の沼尻温泉の老舗・田村屋旅館は地裁会津若松支部に民事再生法の適用を申請し、十日までに保全命令と監督命令を受けた。帝国データバンクによると、負債総額は約四億二千万円で、新型コロナウイルスの影響による東北初の倒産とみられる。

 田村屋旅館は一七五一(宝暦元)年開湯の沼尻温泉の湯本で営業していたといわれ、一八八六(明治十九)年に正式創業、昭和になって法人改組した。

 四階建て、四十の客室、宿泊人員二百五十人を誇る同温泉で最大の旅館。国内に加え年間五千人を超える外国人利用客があり、一九九五(平成七)年六月期には売上高約三億七千六百万円を計上していた。

 しかし二〇一一年の東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の風評などで業績が悪化。インターネット活用などに取り組んだが客足は戻らず、昨年六月期には売上高が約六千三百万円まで落ち、今季の暖冬と新型コロナウイルスの影響でキャンセルが相次ぎ資金繰りの見通しが立たなくなった。

 四代目の渡部恒一郎社長(53)は福島民報社の取材に「非常に残念。震災以降、観光シーズン以外は客足が回復しなかった」と話した。同旅館は今後も事業を継続する方針で、スポンサー企業の支援を受け再建を目指す。

 沼尻温泉に隣接する中ノ沢温泉で大阪屋旅館を営む佐藤正猪苗代観光協会長(72)は「周辺の旅館にも影響が出ている。五月の連休まで続くようなら、さまざまな事業者が相次ぎ倒産する可能性は高い」と話す。

 県旅館ホテル生活衛生同業組合の小井戸英典理事長(64)は「これから厳しい状況が続くかもしれない。無利子・無担保での融資や、現在ある借入金の返済を猶予する仕組みの導入を行政などに要望していく」とコメントした。

◆◆◆◆◆◆◆

東日本大震災による客足激減、消費税増税、さらには今回のアベデンデンによるテメエ勝手な独裁者気取りしたいだけのテメエ勝手な自粛要請ときたら、あらゆる商売が縮小、商売上がったりだ。しかし、国民の財産、命などになんの興味もなし、テメエのゴロツキ仲間で税金食い散らしと、あまりにアホなのでまともに条文も読めず、理解も出来ない平和憲法を破壊して戦争やって国民を無駄死にさせ、地獄を味わわせたいだけが趣味のアベデンデンなんで、地方の旅館経営がどうなろうが知ったこっちゃない。まあ、そういう人間のクズを選び、そいつに怒りも見せない奴隷根性が身にしみた日本人だしどうしようもない。こういう事態は日本全国でこれから多発だろう。それにしても、悲しみの3月11日にこういう記事を見るのは残念だ。あらゆるイベントなどを自粛させ、経済疲弊させるくせに、もっとも危険な満員電車での通勤は放置でウィルス拡散させるくせに、東日本大震災の感染危険性極小の慰霊の式典(テメエで行きたくないだけだろう)は中止とメチャクチャな判断をやりまくってやるデンデンに壊されていく日本ってとこやな。憲法さえテメエの脳たりん頭で勝手に解釈改憲してしまう全知全能の独裁者様、デンデンだ、消費税をゼロ%に速攻にすることぐらいすぐできるだろうが、クソ野郎。

 

ところで、沼尻温泉は沼尻スキー場直ぐ側にある温泉街と言うより、道に沿ってポツポツと少数の旅館や山荘が立つ場所で、田村屋旅館はその一番奥になる。沼尻温泉より少し山を下った場所にある中ノ沢温泉(10件程度の旅館がこじんまりと集まる小さな温泉街で、大好きな温泉地。湯も極上だし、特徴ある中ノ沢こけしが良い)と同じ沼尻源泉を使用している。沼尻源泉は安達太良山のかなり山奥に源泉があり、木の長い樋によってふたつの温泉地に引湯されていて、引湯されるうちに源泉温度が下がり適温になり素晴らしいかけ流し温泉が味わえる。沼尻源泉は湧出量豊富で、草津温泉に似たレモン味のような酸性硫黄湯が味わえる。

まったく興味のない高校野球の選抜大会だが、観客なしから突然開催中止にしたとか。ほかの競技類も中止されているようだが、アベ忖度もすごいね、自粛ってね、でかいドーム屋根なしの球場でやるものまで中止ってどうなんよ。満員電車で通勤して、仕事場で働いている人間がいっぱいいるんだぜ。ここまで過剰反応する必要あるんかい。まあ、高校球児たちよ、無能無策のアベデンデンを一生恨めよ。

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

9月1日から大間崎までドライブだが、帰宅最後の日に台風来襲で福島県の道の駅で雨が止むまで待機休憩中

毎度の湯治を兼ねての東北ドライブを9月1日早朝に東京を出発してやってんだが、鳴子は川渡温泉での4連泊を含めて、9月8日まではずっと雨は降らずご機嫌なドライブと湯治ができたんだが、帰宅する最後の日に台風15号が関東・東北来襲で現在大雨で、車中泊した福島県の道の駅で雨が止むか小雨になる程度まで待機休憩中。

今回は、まあ毎度似たようなドライブコースなんだが、象潟、由利本荘から鷹の巣、弘前、青森、野辺地と走り、本州最北端の大間崎まで走った。大間崎はこれまでかなりの回数行っているんだが、一度夕日と朝日を最北端の地で見てみるかなと、大間崎にある駐車場・キャンプサイトで車中泊してみた。しかし、期待の夕日・朝日は雲が多くてちょっとがっかり。キャンプはまったく興味もなくやる気もないが、このキャンプサイトはきれいな炊事場も設置されているのに無料とか。平日の最北端の地でテントが10ほどもあり、車中泊組も多く、さすが最北端の地だね。

あとは適当に南下して、温泉にいくつか入浴し、天気も良くて快調にドライブ。ほんま東北のドライブは渋滞もほぼなくて景色は良いし、美味しいものも多いしで何回来ても飽きないね。今年は青森まで足を伸ばしたドライブ旅行がもう5回目になる。ほんま青森が好きやな。雪が降るまであと3回ぐらいは行けるかな。毎回コースをちょっとずつ変えては東北の道や町並みや地元の美味しいものを楽しんでいる。高速道路を使ったらそんな楽しみも味わえないよ。

渋滞がないってことで、燃費も良い訳で、東根市のスタンドで満タンにして、大間崎まで行き、南下して三戸のスタンドで満タン給油したときには、走行距離が710キロ給油量29リッターで、燃費が1リッターあたり24・48キロと1500ccガソリンエンジンのシャトルは財布に優しい車や。

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

参議院選挙でのアベデンデンの第一声は福島市のど田舎で姑息にやったんだが、その日刊ゲンダイの記事掲載写真の女性たちは土湯温泉と飯坂温泉の女将たちだ。あなた達の温泉地を崩壊させた元凶を理解できない思考停止ぶり、やはり未来はないね

日刊ゲンダイの記事にアベデンデンが参議院選挙での第一声に福島市郊外の果樹園を選んだのがあった。その記事に掲載されていた写真はゲスなニヤケ顔で拳を上げるデンデンの周囲に同じく拳を上げる法被姿の女性たち。よく見ると、その果樹園からすぐにある土湯温泉と飯坂温泉の女将たちだ。

◆◆◆◆◆◆◆

安倍首相また“ステルス遊説”支持者にしか日程詳細明かさず

公開日:2019/07/05 14:50 更新日:2019/07/05 14:50

安倍首相が一昨年の衆院選に続き、また遊説日程隠しに走っている。4日の参院選公示日、安倍首相は福島市の果樹園で第一声をあげ、その後、4カ所を回ったが、自民党本部は日程を一切公表しなかった。

 安倍首相は5日に新潟入りするが、その日程も非公表。自民党のホームページでは、二階幹事長ら11人もの幹部の詳細な遊説日程が並んでいるのに、総裁(首相)は載っていない。一方で、遊説先の新潟県連は支持者向けに安倍首相の来訪を告知しており、地元紙に場所や時間を明記した広告も出している。

 安倍首相の遊説については、17年夏の都議選の秋葉原で「辞めろ」コールなど激しいヤジが飛んだことがきっかけで、その年の秋の衆院選から日程隠しが始まった。また、今回もステルス作戦。一部の支持者に対してしか演説できない人物がこの国の首相って、どうなのか。

◆◆◆◆◆◆◆

しかしね、この女将たち頭大丈夫なのだろうか。まあ、旅館組合から強制的に駆り出されている人もいるかも知れないが、基本的には思考停止の人たちなんだろうな。

 

Photo_20190706120801

福島原発事故でかなりの痛手を負っている一つが福島の温泉地で、とくに土湯温泉と飯坂温泉なんてのはバブル期の過大投資が仇となり、廃業だらけの温泉地で、寂れ方が半端ない。土湯温泉は大昔宿泊したり、日帰り入浴した旅館3軒がすべて廃業だし、飯坂温泉なんて12年前に宿泊したときに立ち並ぶホテル群のなかに廃墟的ビルがあまりに多いのでびっくり、今はどうなってんだろうねあの廃墟のビル群は。

この写真の中でそのときに宿泊した旅館の名前「ほりえや旅館」のハッピを着た女性もいる。ほりえや旅館のある界隈は飯坂温泉を象徴する共同浴場「鯖湖湯」があり、観光客が集まる地帯で、この一体だけは魅力ある場所になっている。ほりえや旅館も鯖湖湯のすぐ左にあり最高の立地に立つ。建物も風情あるが、風呂自体は狭いがまあいい湯だ。飯坂温泉でも頑張っているほうだろう。

福島原発事故のあと、客が激減した2つの温泉地(東北のすべての温泉地が悲惨になったけどね)なんだが、この写真でのんきに笑顔で拳を上げている女将たちだが、原発災害の究極の元凶が原発を推進してあぶく銭を懐に入れてきて、災害対策もまともにやってこなかった不自由非民主カルト党だということが認識できていないんだろうな。アベ忖度のテレビ、新聞だけからのみ情報を得ているだろうしな。アベデンデンの地方無視の政策も理解できていないんだろうな。大の温泉好きなんだが、ただ温度が高すぎるだけで温泉としての魅力が薄い土湯温泉と飯坂温泉。現状では行きたいとはならない。まあ、土湯は15年ほど、飯坂は12年ほど前に行ったきりだけどね。さらに、こんな思考停止のアベデンデンもてなし会をしているようではまあ未来はないね。残念だけど。幅広い人間と日々接している旅館の女将たちでもこの程度だ。ネットで情報を得る努力もしないほとんどの日本人にアベデンデン削除の行動を期待するのが所詮無理ってことで、なんか虚しいね。

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

梅雨前の晴れ続き予報だったので、6月初旬にまたまた青森までドライブ旅行。今回は鳴子温泉は川渡温泉の定宿「高東旅館」で4連泊ののんびり湯治も

6月に入っても株式市場は面白くもなんともないので、6月配当ゲット予定は税込みで60万円ほどになるんだが、売却なしで配当・分配金ゲットでのんびり行こうと決定。ならば、ドライブと温泉だなと、東北地方の天気予報見てみると晴れ予想が並んでんじゃんと6月2日東京出発を急遽決定して、毎度の予定・日程なしで今回はちょっと出遅れて、6月2日午後1時50分ごろ自宅を出発して、国道4号を北上し、道の駅内に温泉もあるし、最近トイレがリフォームされてきれいになった道の駅「喜多の郷」までとりあえず行くことに。


 


 


結局、到着したのは午後9時前になり、温泉入浴は断念して、途中で購入の食材と酒で遅めの夕食にして、車中泊にして早めに就寝。3日は午前7時過ぎに道の駅「喜多の郷」を出発して、またまた毎度のルートである米沢から国道13号を北上して、道の駅「雄勝」で昼飯休憩。今回もドライブを楽しむのが主体で、国道105号を大館まで走り、国道7号北上、大好きな「新屋温泉」入浴して、国道102号経由で黒石で国道394号に左折して八甲田山系を眺めながら、七戸で国道4号に合流して、結局おなじみの道の駅「七戸」に午後7時頃到着。まだ明るいのでつい走りすぎてしまい、3日走った距離は498キロにもなった。道の駅隣にあるお気に入りの「東八甲田温泉」入浴して、歩いて1分のイオンでいろいろ買い込んで夕食。昨年は7回、今年も4月、5月、今回と青森までドライブしていて、ちょっと飽き気味だし、梅雨入りも近そうなので、下北行きは止めて、鳴子温泉でのんびり湯治するかと、道の駅から定宿の高東旅館に電話して、4日から4連泊の予約をして、運転疲れもあり、早めに今夜も就寝。


 


4日は午前6時半頃道の駅「七戸」を出発、高東旅館に直行で国道4号を南下。道の駅「石神の丘」、道の駅「石鳥谷」で食事、休憩して、国道4号から国道398号に右折して、途中で湯治中の食材や酒を買い込んで午後3時過ぎに高東旅館に到着。七戸からの走行距離は306キロで、渋滞もなく快適ドライブに。鳴子温泉で一人湯治中は夜は東鳴子温泉の焼き肉「八兆」での食事、昼飯は同じく東鳴子温泉の「氏家鯉店」で購入の鯉のアライとうま煮なんだが、火曜日は八兆が休みなので、氏家鯉店(水曜日が休み)で6日、7日分のアライとうま煮の予約をして、アライだけ300円分を購入し、すでに買い込んである惣菜類などで夕食。温泉にゆったり入ってのビールが最高。


 


そして、5,6,7日の夕食は焼き肉「八兆」で。焼き肉といっても、ここは普段のメニューにもイカ、エビ、ホタテなどの海鮮類もあるし、その日の仕入れで魚関係もいろいろあるしで、毎日通っても飽きないし、うまくて安くて、ほんまいい店である。今回も大好きなホヤを毎日頂いたし、新鮮なサンマもうまかった。そして、昼飯はこれまた大好きな鯉のアライとうま煮。とにかくこの「氏家鯉店」の鯉は安くてうまい。もともと川魚大好きなのもあるが、ここの鯉のアライの新鮮さ、うまさ、安さは東京の居酒屋などで食べるものとは別物級。鳴子温泉で湯治すると八兆で夕食、氏家鯉店の鯉が最高のごちそう。


 


というわけで、4日から高東旅館に4連泊して、温泉に入ってはゴロゴロし、パソコンで株式チェック(無線ランがある。今回も1銘柄だけ適当に売って、旅行費用代金ほどをゲット)してのダラダラ湯治はハマります。次回は1週間ぐらいにするかな。それとも車中泊主体にしての温泉巡りにするかな。まあ、天気やその時の体調、気分によるわけで、無職ならこその自由気ままなドライブ旅行ってことで。今回は天気も悪そうな気配になってきたので、8日チェックアウト後は、大好きな奥会津へのドライブは止めて、東京へ早めに帰ることにして、毎度の帰宅ルートである山形県回りで、尾花沢市、道の駅「朝日町」、道の駅「長井」、道の駅「喜多の郷」で休憩しながら、午後6時前に道の駅「湯の香しおばら」に到着、まだ明るかったのだが、無理をセず車中泊に。この道の駅はとなりに「ガスト」があるので便利。生ビール2杯を飲んでの夕食で腹一杯に。


 


9日は東京で雨が午後遅くに降る予報だったので早めに帰宅することにして、午前8時30分頃道の駅「湯の香しおばら」を出発して、東京へ直行。昼頃、幸手の権現堂公園で1時間弱昼飯休憩して、午後2時30分ごろ帰宅。今回のドライブの総走行距離は津軽、下北、さらに帰宅時の奥会津まで足を伸ばさなかったので1556キロとそれほどの走行距離にはならなかった。消費ガソリンは約69リッターで、燃費は22・55キロとまあまあだった。帰宅後軽く洗車して車カバー掛けてからしばらくして雨になったので早めの帰宅はグッドタイミングだった。

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

10連休明けにまたまた東北ドライブ旅行だが、今回は車中泊だけの5泊6日のドライブ自体を楽しむ旅行になった

10連休明けてから5日後ぐらいに天気予報見ていたら、東北方面雨マークがほとんど出ていないってことで速攻で大好きな東北方面へ日程予定なしのドライブ旅行へ行くのを決めて、毎度のドライブ旅行へ持参するパソコンやカメラを入れたバッグ類を車に放り込んで、12日早朝に東京を出発。結局今回は5泊6日とわりに短いドライブ旅行となった。

 

6日間と普段よりは日程は短かったのだが、酒田あたりから日本海沿いを北上し、津軽で湯に入り、青森から下北半島を回り、またまた十和田湖方面から鹿角、八幡平方面経由田沢湖に出て、米沢から大好きな只見川沿いを走る国道252号を走り、金山町の湯に入り、塩原経由で帰宅と全走行距離が2020キロとかなり走って、6日間雨は走行中ほほぼなくて、ご機嫌なドライブを楽しめた。で、使用ガソリンは約89リッターで、燃費は満タン給油計算で22・7キロとガソリン仕様シャトルは相変わらず好燃費。まあ、渋滞もほぼない道路ばかり走っているのもあるけどね。だからこそドライブ自体が楽しめる。

 

ところで、出発当初は下北の下風呂温泉、乳頭温泉、まいどの鳴子温泉は川渡温泉で宿泊するかなと思っていたが、天気もよくご機嫌なドライブが続くので、湯治宿泊は今回は止めて、ドライブ主体にすることにしてしまい、5泊とも道の駅での車中泊になり、温泉入浴は1日に1回程度ゆっくりゆったりと入るだけにして、ドライブ自体を楽しむことになってしまった。

 

一日目は500キロちょっとを一気に走り(もちろん面白くもない高速道路使用はなし)、道の駅「象潟」に。翌日は「ホテルサンルーラル大潟」で入浴して、ご機嫌な五能線沿いを鰺ヶ沢まで北上し、「海のしずく」で入浴して、五所川原から青森経由で道の駅「七戸」へ。直ぐ側の「東八甲田温泉」入浴して、車中泊。3日目は久しぶりに下北・佐井村の「ぬいどう食堂」で海鮮丼(今回も歌舞伎丼だったが、ちょっと質的に低下気味かな)を食うかと、むつ市から道の駅「かわうち湖」経由で食堂で昼飯して、大間から(途中下風呂温泉も恐山も今回はスルー)むつ市へ戻り、十和田湖、大湯温泉(共同浴場上湯で入浴)経由で道の駅「鹿角」で車中泊。

 

Ohgata02

 

Ohgata01

 

4日目は八幡平周辺、田沢湖周辺にいっぱい濃厚なご機嫌温泉がいっぱいあるんだが、どこに入るかなと思案して、今回は「新玉川温泉」に久しぶりに入浴することに。国道341号はまだ雪の残る場所もあった。新玉川温泉は入浴料金が600円だと思っていたら800円にも上昇していた。まあ、最近入浴料金がどこも上昇していているんだけどね。でも、東北で800円は高額のほうかな。まあ、大きな浴室は空いていたし、のんびりと堪能できた。あとは国道13号を南下して道の駅「朝日」で車中泊することに。トイレもきれいで静かな新しい道の駅だ。その前に数キロ北にある道の駅「大江」直ぐ側にある「テルメ柏陵」で入浴。なにしろ玉川温泉では強酸性の湯が強烈過ぎて、どこかの湯で肌を落ち着かせておきたいからね。

 

Tamagawa01

 

Tamagawa02

 

5日目は大好きなドライブルート国道252号を走って、金山町の共同浴場のどれかに入って、只見町経由で道の駅「湯の香しおばら」で車中泊することに。6日目は明るいうちに帰宅したいので、東京に近い塩原で車中泊することにした。結局、金山町の共同浴場は気温が高かったこともあり、温湯の「大塩温泉共同浴場」で2時間ほど休憩しながらのんびりと入浴して楽しんだ。今回は基本的にドライブを楽しむだけの旅行みたいになったので、次回(今月の終わり頃か来月はじめ出発かな)は、じっくり湯治を主体にしての10日間ほどのドライブ湯治旅行だね。

 

Ohsio01

 

Ohsio02

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

昨年11月以来の東北湯治ドライブは結局8泊9日に。鳴子・川渡温泉の定宿「高東旅館」に4連泊してご機嫌な湯治ができました

16日から予定なしで東京を早朝出発した昨年11月以来になる東北湯治ドライブ旅行だが、結局今回は8泊9日となった。連休始まるギリギリまで東北をブラブラしようかなと思っていたんだが、19日から4連泊していた鳴子温泉・川渡温泉の定宿高東旅館をチェックアウトする前日の夜に、さてどこを回っていこうかなと思案していたんだが、パソコンで天気予報見てみたら、どうも東北方面の天気がイマイチで雨マークが3日連続でついている。

 

というわけで、雨の中ドライブするのは面白くもないので、結局はチェックアウトして、翌日の午後早めに東京に戻ることにした。で、山形や奥会津の温泉巡り予定だったのは中止で、ゆっくりチェックアウトして、夕方まで走り、適当に道の駅で車中泊することに。その結果、夕方たどり着いたのは道の駅「湯の香しおばら」で、ちょうどちょっと暗くなってきた頃に。夜も走って東京へ戻るのも良いのだが、別に急ぐ必要もないしね。この道の駅の直ぐ側にはガスト(株主優待券かなり持っているんだが、実はガストは優待券で実質初めて食べてみて、あまり美味くなかったので、減配もあって、あまり高配当でもなくなったので昨年秋に売却済みだけどね)もあるし、セブンイレブンもあるしで、車中泊には実に便利なんだよね。

 

というわけで、今回はまだ小泊から竜飛崎までのご機嫌なドライブコースもまだ開通していないし、下北も大好きな共同浴場のある恐山もまだ開いていないようなので、津軽半島も下北半島にも入らず、国道13号から4号を北上して青森県七戸まで北上した。一日目は最近の定番になっている道の駅「雄勝」に夕方に着いて、車中泊。雄勝までは東京から約470キロ。高速使用せずなんだが、途中道の駅など寄りながら、渋滞もなく快適に走行して、天気も良くドライブを楽しめた。今回の9日間ではほとんどが晴れで、雨が降ったのは最終日にちょっと小雨程度でご機嫌なドライブ旅行ができた。

 

2日目は国道4号北上して、姉戸川温泉、水明温泉、李沢温泉と好みの温泉に入り、最近改装してトイレなどすごくきれいになった道の駅「七戸」で車中泊。ここは隣にイオンモールがあるし、大好きな東八甲田温泉もあり、車中泊にはご機嫌な場所。連休前の平日もありガラ空き。連休中は激混みにどこの道の駅もなるんだろうな。年中日曜日なんで連休中には東京にいるのが一番だ。

 

3日目は昨年できたばかりらしい鹿角市の道の駅「大湯温泉」を覗いて、久しぶりに大湯温泉で入浴することにして、奥入瀬渓流沿いを走って十和田湖経由で大湯温泉へ。途中お好みの十和田ポニー温泉でもひとっ風呂。久しぶりに行った大湯温泉寂れてますね。モダンな造りの道の駅が違和感。入浴はこれまで共同浴場に2ヶ所入浴しているので、熱い源泉に加水もせずのこだわりの「いずみ荘」で入浴。川に臨むシンプルな浴場がナイスで、しかも料金が200円の激安、気に入りました。

 

Ohyu01 

 

Ohyu02

 

Ohyy03

 

で、大湯温泉からは小坂町へちょっと北上し、久しぶりにホルモン焼き「幸楽」へ。食後は大館方面から国道7号を南下して展望風呂もあり便利な道の駅「象潟」へ直行して、車中泊。七戸からの走行距離は303キロだった。午後6時前に到着したので道の駅内で夕食。4日目は途中で4連泊を予約しておいた高東旅館に直行するだけ。

 

Kouraku

 

4日目は高東旅館には昼過ぎにはチェックイン。あとは風呂に何度も入り、ダラダラして過ごすだけ。川渡温泉は菜の花と桜の満開が美しいコラボしてました。夕食は毎日東鳴子温泉の焼き肉「八兆」へ。2日間の昼飯は同じく東鳴子温泉の鯉の店「氏家鯉店」で鯉のアライとうま煮を予約してゲット。高東旅館に自炊湯治宿泊して、八兆のうまくて安い焼き肉と魚貝、氏家の鯉はご機嫌な川渡温泉の湯と合わせて最強の湯治トリオです。連休明けにもまたすぐにでも湯治トリオ実践したいね。連休明けは津軽半島か下北半島も含めてだな。結局今回のドライブ旅行の走行距離は1731キロになり、消費ガソリンは89リッターに。

 

Takatou

 

Kawatabi01

 

Kawatabi02

| | コメント (0)

2018年11月25日 (日)

気がつけば11月に入ってブログ記事もなし。まあ11月はじめに8泊9日の青森まで今年7回にもなる東北ドライブ旅行していたし、アベデンデンセェゴクソ政権のあまりのゲスゴロツキぶりに幻滅しかないしね

気がつけば今年もあと1ヶ月ちょっと。年取るとほんま1年なんてあっというまや。アベデンデンセェゴアホ内閣のゴロツキどものあまりのクソぶりにもうニュース見るのもアホらしすぎて最近はネット徘徊もさっぱりで、ブログも11月に入ってからは書いていなかった体たらく。まあ、11月はじめには予定なしの東北湯治ドライブに出かけていたしね。結局は8泊9日のドライブ旅行になったが。

今回も予定なしで東京を出発したんだが、いつもは会津方面から米沢、国道13号で北上していくのが定番なんだが、久しぶりに国道4号を北上するかと、まっすぐに北上。でも、国道4号を北上は途中に郡山、福島、仙台と大都市があって、やはり渋滞気味になる箇所が多くて、国道13号で北上以上に時間がかかり、初日は結局午後9時過ぎに道の駅「石鳥谷」に到着して、車中泊に。1日に510キロほど走ってしまった。しかし、あまり疲れはないんだよね、車運転始めて40年で初めて昨年5月からオートマチック車にしてんだが、足のしびれなどあってもオートマ車は楽チンで、大好きなドライブが楽しめて長距離運転が全く苦にならない。

というわけで、今回も青森までドライブしてしまい、今年はなんと青森までのドライブ旅行が7回にもなってしまった。まあ、青森には大好きな温泉がいっぱいあるし、その料金も安いし、うまい食い物もあるわですっかり青森大好きになってしまっている。

旅行は2日目道の駅「おがわら湖」、3日目道の駅「碇ヶ関」と車中泊が続き、青森のお気に入りの東八甲田温泉、水明温泉、李沢温泉、嶽温泉、白馬龍神温泉、新屋温泉などをのんびりと湯巡りして、碇ヶ関から能代へ出て、日本海沿いを南下し、ポルダー大潟などに入浴して、4日目はまたまた道の駅「象潟」での車中泊に。道の駅「象潟」での車中泊は久しぶりだったが、人気の道の駅だけに平日なのに車中泊組がいっぱいだった。ここは夜9時頃まで食事もできるし、泉質も良い展望温泉もあるわで車中泊にはまあ最高だしね。

というわけで、車中泊が続いて、そのあとは毎度おなじみの鳴子温泉は川渡温泉の定宿「高東旅館」で2連泊し、夜はこれも定番の焼き肉「八兆」で美味しい肉と魚。その2連泊のあとはどうしようかと考えて、結局は大好きな奥会津経由で東京へ戻ることにして、7日目は道の駅「金山」、8日目は道の駅「湯の香しおばら」とまたまた道の駅での車中泊となり、金山町のお気に入りの共同浴場、湯の花温泉の共同浴場にいくつか入浴してのんびりと東京へ戻った。

まあ、現在の愛車シャトルは後席を倒せばシングルベッドより広い平面が即できるし、車中泊が実に快適なので自由気ままにドライブできるので、つい車中泊にしてしまうのだ。で、今回のドライブの総走行距離は1830キロほどに。途中すでに八幡平などでは雪になっていたりで、そこは残念ながら敬遠してのドライブだったが、岩木山や鳥海山も冠雪していたし、夜はさすがに寒さを感じるほどになっていた。

すでに冠雪している岩木山の周回道路を走るといたるところにリンゴ畑があり、種類によっては11月はじめでも真っ赤なリンゴが。

Iwakisan01

Iwakisan02

道の駅「象潟」から見える鳥海山はかなりの冠雪になっていた。

Tyoukaisan

東京へ戻ってからはアベデンデンセェゴアホ政権のあまりのクソぶりと、それをまともに報じようともしないダマスゴミに幻滅がますます急騰して、ネットでニュースを見るきもなく、たまにツイッターをチェックする程度になり、配当金・分配金を増加させようと株式市場に集中し、あとは映画、音楽、読書と趣味だけのダラダラ生活を楽しみ、顔を見るだけで吐き気がし、気分が悪くなる先天性低脳の顔面腐敗のアベデンデンセェゴや唇ひん曲がりのアホーアッソーの2大アホやゾンビババア片山さつき、しゃくれ顎クズ野郎河野太郎、最近大人気の担当の五輪もサイバーセキュリティも皆目無知で官僚の書いた答弁書さえまともに読めない白痴爺桜田某とかあまりにゲスばかりで反吐が出るしかないのだが、まあ、トップのアベデンデンセェゴ野郎が息を吐くように嘘を吐きまくり、その中身も全く無知(そらそうだ国会答弁でわたクチュは立法府の長でチュとアホこきまくるバカ)の憲法を破壊すると喚き散らす空前絶後の薄ら馬鹿なんだからそのバカが選んだ閣僚がその空前絶後のバカ、アベデンデンセェゴ野郎並かそれ以下ってのはあたり前田のクラッカーってとこやな。それにしてもあまりに空虚な日本の政治。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧