2024年4月13日 (土)

2月に5連泊、3〜4月に6連泊の湯治をした肘折温泉の「大穀屋」はお薦めだね

温泉巡り大好きで、特に東北の温泉がお気に入りで、とりわけ青森県が大好きで、21世紀に入ってから数えてみたら、青森県へのドライブ旅行がなんと42回ほどになっている。なにしろ青森県はいわゆる公衆浴場がほぼ温泉で、早朝から夜遅くまで激安で営業していて、ドライブしながら大好きな道の駅めぐりして、道の駅での車中泊でも温泉三昧できる実に楽しい県なのだ。

 

東京から津軽や下北なんかだと700キロを超えるんだが、そんなことも気にならないほどだ。下北の最北にある下風呂温泉や恐山の温泉などは硫黄泉としては日本最強なんだが、とにかく遠いね。恐山には何回行ったかはわからないほどだし、下風呂温泉には4回宿泊してんだが、昨年末に車を売却したんで、下北半島巡りはかなり困難になってしまい、実に残念だ。さらに、青森県では温泉の廃業などが多い。最も残念なのは平川町の超濃厚温泉の旅館が3軒あった湯の沢温泉がすべて廃業したことだろうね。また、公衆浴場では日本一とも喧伝された平川町の「新屋温泉」が機器の不調で3年ほど前から休業している(最近までTwitterアカウントもあったが、そのアカウントも消え、5月下旬にGoogleマップを見てみたら、建物自体が消滅して、更地になっている。完全に廃業だね、大好きな銭湯だっただけになんとも残念)のも残念だね。

 

車での旅行だと東北は道の駅がバラエティに富んでいて、道の駅巡りが楽しいんだが、車を手放してそれもできなくなってがっくり状態だ。まあ、体調が悪いので、車の運転を諦めたのも仕方ないんだけどね。

 

泉質の良さなどすべてがお気に入りで、この17〜8年ほどでトータルで250泊以上(昨年だけで5連泊4回、6連泊1回だ)しているのが鳴子温泉郷の川渡温泉の「高東旅館」なんだが、車がない現状では、川渡温泉駅からも遠いし、夕食は毎日のように行っていた東鳴子温泉の焼肉「八兆」へも行きにくいし、ちょっと悩んでいる。さらに、鳴子温泉に宿泊したときには必ず購入していた鯉の甘煮・アライの店「氏家鯉店」がなんと昨年末に廃業してしまったんだよね。それだけでも鳴子温泉へ行く意欲が削がれてしまっている。

 

東北の温泉はこれまでだいたい入浴したい温泉はほぼ制覇したし、車も手放してしまったんで、現状はお気に入りの温泉でのんびりと1週間程度の湯治で良いやの気分だ。そうなると、泉質、環境など考慮すると、近場では草津温泉、四万温泉、那須・板室温泉あたりと、東北では鳴子温泉郷、肘折温泉になるわけだ。

 

その中でも、泉質的にもお気に入りで、新幹線とバス利用でほとんど歩かなくても良い温泉の筆頭が肘折温泉ってことで、2月の5連泊、3〜4月の6連泊の湯治となった。

 

2回とも宿泊したのは、「大穀屋」なんだが、2016年に2連泊を3回していてかなりお気に入りになっていたのもあって、今回の2回連続の湯治となったんだが、ますますお気に入りになったね。場所も肘折温泉のシンボルみたいな旧郵便局舎の隣だし、酒店や共同浴場「上の湯」もすぐそばで便利だ。まあ、肘折温泉自体がそれほど大きくないし、どの旅館に宿泊しても大差ないけどね。ただ、私にとってはエレベーターがあるのは選択のポイントだけどね。

 

Img20240405132252

 

Img20240405125500

Img20240405125432

 

Img20240331165804

 

2食付で6000円の湯治宿泊なんだが、6連泊なんてすると、山のように出てくるいわゆる温泉旅館の食事なんて飽食すぎるわけで、肘折温泉のほとんどの湯治宿泊の料理が質量ともちょうど良い。実に健康的な湯治生活ができるのだ。夕食の一覧を。

 

Img20240331170619

Img20240401170916_20240413012101

Img20240402171002

Img20240403171158

Img20240404170522

 

 

| | コメント (0)

2024年4月10日 (水)

2月に続いて、3月31日から6泊7日でまたまた肘折温泉でののんびり湯治をしてきた

3月31日から4月6日まで6泊7日で湯治療養に行ってきたんだが、やはり温泉は良いよね。脊椎手術4回もやっているので、足や手のシビレがキツイし、足の感覚鈍化の進行もあるのだが温泉に一日6〜7回入浴して、敷きっぱなしの布団でゴロゴロ、昼間から酒をちびちびやって、持参のノートパソコンで音楽聴いたり、読書したりのダラダラ湯治はほんま極楽やね。


 


そんな楽しい湯治生活もあっという間に過ぎてしまう。東京に戻ってもまたすぐに湯治へ行きたくなってしまう。2月の5泊6日の肘折温泉での湯治に続く今回の湯治はどこにしようかなと考えていて、まあ車なら速攻で鳴子温泉・川渡温泉になるんだが、車を手放し、運転免許証も自主返納してしまった身なので、上野駅から新幹線に乗って、できるだけ歩くのが少ないのが良いやねとなって、今回もまたまた肘折温泉での湯治となってしまった。


 


肘折温泉ってのは山形県の山奥にあって、車ならかなり不便な場所なんだが、新幹線でなら上野駅からつばさに乗車して、終点の新庄駅で降りて(鳴子温泉なら古川駅などで新幹線から陸羽東線への乗り換えがある)、駅から出てすぐのバス停から肘折温泉行きのバスに乗れば、ほとんど歩くこともなく、ほぼ宿泊先の旅館のすぐそばで降車できて実に便利で、歩く距離が一番長いのが自宅から最寄りの東武線の駅までという便利さだ。泉質も鳴子温泉と同様の極上だしね。


 


2月に続いて、今回の2回目になるスーツケースを引いての旅行なんだが、足や腰の調子が悪いので、ちょっとした階段がかなりの苦痛で、階段の上り下りがかなり難儀する。前回もそうだったが、その難儀している時に、通りがかりの人に親切に今回もスーツケースの上げ下げをしてもらうことが数回ありほんま感謝しかなかった。バスの乗降車でもスーツケースを運んでもらったしね。スーツケースに入れていたモノをもっと厳選して、ショルダーバッグにできないかなと検討中。そうなれば、そのバッグとパソコンを収納しているデイバッグと、貴重品入れの小型バッグになり、ステッキ使っての階段の上り下りも楽になるしね。とにかく、適当にパソコンや食材、服などを放り込んでいた車はほんま良かったね、道の駅巡りや行きたい店や温泉も自由気ままだったものね。


 


というわけで、今回の肘折温泉での湯治も宿泊は2月と同じ旅館「大穀屋」だった。肘折温泉は20軒ほどの旅館があるが、基本的には温泉は共同源泉使用で、鳴子温泉のように多様な泉質を楽しめるメリットはなく、旅館ごとに大きな違いはないし、まあどこに宿泊しても間違いはない。選択は旅館の雰囲気と設備の違いだね。かなり以前に相当回数宿泊利用したのが、「えびすや」なんだが、7年前に2連泊を3回した「大穀屋」がお気に入りになって、7年ぶりの肘折温泉宿泊も「大穀屋」になった。何より良いのはエレベーターがあること、大浴場以外に自由に利用できる買し切り風呂があること、そして館内が若い女性でも大丈夫な綺麗さだ。トイレも自動で便座蓋が開閉する最新型だ。


 


宿泊は入湯税150円含んで6150円の湯治泊だったが、料理も質量とも満足で、東京では普段は朝食を取らず、ご飯も夕食時にお茶碗に1杯を食べる程度なんだが、朝食、夕食と丼のご飯を完食するほどに食事が進んだし、日本酒やビールが美味いんだよね。車なら様々な酒類を積載していったんだが、肘折温泉では宿の近くの酒店で日本酒一升瓶を買い、館内の自販機でビール缶購入と6連泊中に一升瓶は空になり、ビール缶は5本ほど飲んでしまった。


 


新幹線料金も新入会して利用のジパング倶楽部で、2月の2回と今回の上野から新庄は2割引きだったんだが、帰京時には3割引きになり、9000円を切った。次回の湯治はいつにしようかな。4月下旬のGW前か、GW明けかな。またまた肘折温泉か、鳴子の東鳴子温泉・川渡温泉かな。迷うね。


 


湯治中は風呂に入ってはゴロゴロし、酒飲んだりで、趣味の株式売買自体はあまり熱心にしていなかったんだが、高速のWIFIが完備しているんで、株式チェックやYouTube視聴などもバッチリ楽しめるし、ほんま便利だね。で、4月1日から5日の5日間で売買を適当にして、売却益が約43万円ほどになった。今年中の湯治費用を確保できたようなもんだね。

| | コメント (0)

2024年3月30日 (土)

3月は趣味の株式売買を楽しみすぎて、湯治に行くつもりがあっという間に3月も終わりに。ちょっと疲れ気味なので3月31日から6連泊で湯治へ行ってきます

年を取るとほんま時間の流れが早い。あっという間に3月末で1年の四分の一が過ぎてしまった。今年に入って何をしたかなと思い返すと、昨年末に47年間ドライブを楽しんできた車をとうとう手放して、足の調子が悪いので運転免許証も返納していたんだが、湯治をしたくなって2月中旬に温泉巡り旅行ではほぼ初めての新幹線利用で山形県の肘折温泉で5泊の湯治を楽しんだぐらいしかトピックがない。

 

 

車の長時間運転とは違い、新幹線での旅行は短時間であっという間に到着だし、電車内では酒飲んだり、居眠りしたりで実に楽ちん。つい最近73歳になってしまった高齢者には楽ちんだ。というわけで、3月にも新幹線利用での1週間ほどの湯治をしようと思っていたんだが、なんだか体調イマイチだし、趣味の一つであると言うか最も楽しんでいる株式売買が2月末から3月にかけて実に面白い動きだったので、結局湯治に行くタイミングを逸してしまった。

 

 

株式市場は今年に入ってこれまでにない上昇波になり、あっという間に1989年につけた高値を35年ぶりに抜き去ってしまって、平均株価は4万円台に入った。まあ、平均株価の歪な構成もあって、上昇の原動力はほとんどが半導体関係銘柄や、ユニクロなどの超高額銘柄(これらはあまりの高額なんで個人投資家は手を付けられず、ほぼ外人と機関投資家のバトル)なんだが、それでも中小型銘柄主体の我が銘柄にもほんの少しだけ恩恵が及び、少しずつ上昇するのも出てきて、高値になってまあ良いかと思ったものは売却し、最近基本にしているインカムゲインゲットのためにまだ安値圏にあるような銘柄を買ったりして、ゲット予定配当金・分配金の確保をシコシコやっていた。

 

 

大儲けは狙わず、毎日チョットずつの売却益を積み上げて行くいわゆるチリも積もればの方針で、今年に入っての売買の数はかなりの数になった(取引しているネット証券3社のうち2社が一日100万円以内の売買なら売買手数料無料なんでつい売買の数が増えてしまう)かな。でも、毎度のことだが。売却するとさらに上昇していき、買うと下落というマーフィーの法則は毎度のことなんだが、まあ仕方ないんだよね、売却するのは上昇しているやつだが、逆張り派として買うのは下落しているやつが主体だからね。2月から3月中旬にかけては売却した株式の代わりに買いまくっていたのは安値圏に売り込まれていたリートで、2000万円分ほどリートを買った。それらが最近はちょっと上昇していてすべてが含み益になっている。

 

 

というわけで、今年に入って3ヶ月で売却益は473万円になり、今日までに証券口座に入金された配当金・分配金は税込みで約120万になっていて、73歳のわずかの年金だけが唯一の収入の高齢者にとってはまあ十分だよね。今年のゲット予定配当金・分配金は現時点では現在所有している株式・リートを売却しないなら税込みで475万円ほどなんだが、証券口座の現金がまだ25%ほどあるので、さらに買い増してゲット予定配当金・分配金を500万円にしようかと思案中。インフレ傾向にある時に現金よりは株式などにしておくほうが良いものね。

 

 

年間で一番配当ゲット銘柄の多い3月が過ぎて、かなりの数の売買を毎日してきて、ちょっとお疲れ気味なので、3月31日から東北へ湯治旅行に行くことが決定。3月31日から6連泊を予約した。少しは暖かくもなってきたし、美味いもの食って、温泉三昧して、酒チビチビやりながらののんびり湯治はご機嫌だしね。車がないのでちょっと近場の温泉への日帰り入浴や買い物なんかが出来なくなったのが最大のデメリットなんだが、新幹線での駅弁・酒をメリットとしてまあ楽しむしかないよね。

| | コメント (0)

2024年2月20日 (火)

車を手放し、運転免許証も返納しての、冬場の新幹線利用での湯治は高齢の身体にはなかなかに移動も楽チンで、車を断念したのもまあ良いかなの気分に

体調が悪いのもあって、47年間楽しんできた車の運転をついに断念して、昨年末に車を売却、運転免許証も自主返納してしまい、大好きな温泉巡りしての湯治も電車とバスで行くしかなくなったんだが、その新幹線利用での久しぶりの湯治旅行を2月12日から17日の5泊6日でしてきたが、初めて買って使用したスーツケースってのも使いにくいもんだね。


 


平らな道路なら引手を持って引きずるのもほとんど力を入れなくても良くて楽なんだが、ちょっとした段差、階段、ガタガタ道になると手こずるね。手のしびれもきつくてあまり力が入らないので、階段など時間のかかること。その難儀しているときに、親切な人がスーツケースを階段で抱え上げたり、下ろしてくれたりしたのが数回あった。感謝しかない。これまで荷物は車に適当に積んでいたんで、今さらながらに車のありがたみを感じたね。


 


新幹線利用での旅行を久しぶりにしてみて、やはり楽でいいね。なにしろもうじき73歳の高齢だし、神経と体力も使う車の運転を止めたのはまあいい頃合いかもしれないね。新幹線利用でなら酒飲みながら駅弁食べたり、車窓をぼんやり眺めたり、ウトウトしても良いんだからね。


 


かつてはやっていたスキーをしなくなってからは、車でのドライブ旅行は雪のある冬場を避けていたが、新幹線や電車、バスでの移動なら冬場の温泉も楽しめるってことで、早速の冬の温泉湯治ってことで、豪雪地帯なんだが、新幹線で新庄駅に到着して、駅前からバス(かつては大型の路線バスだったが、客数の少なさもあって、数年前に大蔵村運営のマイクロバスになった)に乗車すれば、ほぼ旅館前で降車できてしまう便利さの肘折温泉にしたんだが、正解だったね、ほとんど歩かない。一番歩くのは自宅から最寄りの東武電車の駅の往復だった。


 


というわけで、初めての豪雪地温泉での湯治だったが、今年は積雪量が少なくて、雪が降ったのは16日の1日だけだったが。一応冬の肘折温泉を味わえた。温泉は抜群だし、料理は湯治宿泊(1泊6150円)としては質、量とも満足できるもので、東京では朝食は食べず、ご飯も一日にお茶碗に軽く1杯程度の少食なのに、朝食と夕食の丼ご飯とおかずもすべて完食で、早寝早起きの健康生活だった。


 


5泊して食べた夕食、朝食を並べておこうかな。毎食とても美味しかったね。昼食も外へ出るのが面倒くさかったので、400円で頼めるというので、3回の昼飯を旅館で。うどん、そば、牛丼と十分だった。


 


Photo_20240220183301


 


Photo_20240220183302


 


Photo_20240220183303


 


Photo_20240220183304


 


Photo_20240220183401


 


Photo_20240220183501


 


Photo_20240220183502


 


Photo_20240220183503


 


Photo_20240220183601


 


Photo_20240220183602


 


 


 


 

| | コメント (0)

2024年2月16日 (金)

“猿回し財務省の操り増税猿”の岸田は、内閣支持率16・9%の最低更新にもまあ「聞く力」発揮しないだろうね。政治センス皆無の絶望的なアホだしね。12日から肘折温泉で5泊6日ののんびり湯治堪能

ところで、時事通信の最新世論調査によると

◆◆◆◆◆◆◆

内閣支持16.9%、最低更新 不支持初の6割台―時事世論調査

2024年02月15日16時31分配信

 時事通信が9~12日に実施した2月の世論調査によると、岸田内閣の支持率は前月比1.7ポイント減の16.9%となり、発足以来の過去最低を更新した。不支持率は同6.4ポイント増の60.4%で、初めて6割を超えた。

 支持率は、2012年12月の自民党の政権復帰後で最低。「危険水域」とされる2割台以下は7カ月連続で、直近3カ月は1割台に落ち込む。一方、不支持率が6割台に達するのは安倍内閣の20年5月以来。自民党派閥の裏金事件などが影響したとみられる。

 自民党の政党支持率は前月比1.7ポイント増の16.3%。過去最低を記録した1月から微増したものの、4カ月連続で1割台と低迷が続いている。(以下略)

◆◆◆◆◆◆◆

こんな状況でも「聞く力」自慢の“猿回し財務省の操り増税猿”の岸田は財務省や財界の声だけは聞く力を発揮するが、上記の世論調査のような一般国民の声には一切耳を傾けることがないわけで、これまでこの薄らバカ増税野郎の就任以来の動きを見れば明白。当然に、今回のこの世論調査にも何を感ずることもなく、国民の声なんて関係ねえの薄らバカ対応だろうね。

 

なにしろ、統一教会とズブズブのゲス議員(そのトップにいて協会の伝書鳩みたいな存在がアベシンゾー)どもの処分放置。脱税、政治規制法違反そのもの重大犯罪実行のクソ議員の集大成の売国アベ一派のボスだった稀代のゴロツキ政治屋アベシンゾーが神の裁量によって地獄に落とされたのをその真意を理解することもなく、国民の声を全く無視して速攻で国葬で祭り上げる世紀の間違いを犯しても、何ら反省することもなく、羞恥心を感じることもなくなんだから、コイツの政治センスの無さ、状況を見極める能力のなさはとにかく無能という言葉がピッタリの際限なしのアホだ。

 

で、この薄らバカ増税野郎の政治センス皆無を見せるのがあった。財務省の操り増税サル首相が14日開催の政治資金パーティー裏金事件を巡る衆院予算委で、16日に始まる確定申告を呼びかけたんだとさ。裏金受領が脱税に当たる疑いがあるとの野党の批判質問に「法令にのっとり適切に申告、納税を行うようお願いしたい」と、コイツらしいあっち向け答弁したとさ。ほんまコイツの状況判断力のなさ、学習能力のなさは神がかっているな。テメエら不自由非民主統一カルト党のゴロツキ議員どもが脱税犯しても開き直っているのに、それを放置して、国民に面倒くさい確定申告を強要とはな。まあ、財務省の手先でしかない増税野郎の真骨頂というとこか。

 

コイツラのこと考えるだけで気分悪くなるだけだし、手足のしびれなどきつくてなおさら気分悪くなるばかりだしで、大好きな東北で快適に湯治中だ。今回は車の運転も断念して、車無し状態なので、実に久しぶりに新幹線利用で12日から17日まで山形県は肘折温泉で5泊6日の湯治旅行だ。豪雪で有名な肘折温泉(これまで数え切れないほど来ているが、雪の季節は初)なんだが、今年は例年になく降雪量が少なく、しかも暖かくて、雪で溢れた肘折の期待は消えたが、散歩などはすべらないし良いけどね。

 

その雪が、16日の早朝から降ってきて、肘折温泉の冬の雰囲気になった。明日17日はチェックアウトなんだが、その時には雪は困るんだが、天気予報によると晴れになるようで、まあ少しは安全に新庄から新幹線に乗れるようだね。

 

宿泊してたのは、8年前に2泊を3回して、設備、温泉、食事の良さにお気に入りになった「大穀屋旅館」で、5泊になると少し安くなる湯治宿泊で、1泊6150円。8年前よりちょっと値上がりしているが、まあ仕方ないね。料理は湯治宿泊とは思えない(肘折温泉では以前何回も宿泊していた旅館よりかなり良い)量と質で、東京では朝食も食べないのに、午前7時半からの朝食も毎日完食だ。やはり1日に6〜7回温泉入浴していると食欲も出てくるんだね。

| | コメント (0)

2024年2月11日 (日)

統一教会とズブズブの嘘吐きまくりの盛山文科相更迭を拒否する毎度の学習効果ゼロの増税猿岸田のアホくさ。久しぶりに肘折温泉へ湯治旅行することにし、12日から5泊6日だ。車手放したので当然に新幹線だけどね

ヘイト撒き散らしのクソ議員杉田水脈が最高裁でも敗訴なんだとさ。伊藤詩織さんを中傷するSNS投稿に「いいね」は違法で、55万円の賠償確定だ。まあ、アベシンゾーや極右ババアのゴロツキなどから持ち上げられたクソなんで、羞恥心や責任感皆無で議員辞職なんて当然しないわな。こんなクソ議員をいまだになんの処分せずに野放しにしているのが不自由非民主統一カルト党のアベシンゾー由来のDNAってことで、政治センス皆無の増税猿野郎岸田にはこのヘイト女を処分する度胸もないわけだ。

 

統一教会と政策協定まで結び選挙を全面的に応援してもらっていた人間。その人物、盛山某なる文科相なんだが、担当大臣として統一教会の解散命令を請求する立場ってもう狂いまくっている。この嘘吐きまくりの文科相(教育行政担当が嘘八百吐き、まともな記憶力もないとは日本の教育も地獄やな。だが、この盛山だが、灘校から東大法学部、運輸省というエリート街道一直線のいわゆる記憶力だけが武器の受験秀才なのに、この記憶力のなさは大笑い)なんか速攻でまともな政権なら罷免更迭だろうけど、増税猿岸田の毎度の愚かさ満開で、更迭を頑なに拒否して「職責を全うしてもらう」と、このアホの毎度の発言なんだが、コイツには学習効果ってものがないのかな。これまで不祥事閣僚などの更迭時に、最初は必ずこの増税猿野郎は更迭を拒否して、最終的には罷免更迭なんだよな。今回も結局そうなるかもね、どうでもいいけど。

 

だらしない唇に老年性認知症気味ジジイそのものの利権だけしか興味なしの二階なんだが、3年間で50億円という政策活動費だってさ。猿回しの財務省の増税路線しか頭にない岸田とかいう増税猿総理はその使い道について、「確認するまでもなく、適切に使用されているものだと認識している」ときた。使途不明の裏金が問題になっているのに、このバカはどこまでもバカを晒し続けるアホくさ。

 

しかもや、老害二階の政治団体が政治資金収支報告書訂正で、書籍代として3年間で3500万円を計上したときた。コイツラが本を読んでいる姿など想像すらできない知性皆無のクソどもなんだが、まあ、その3500万円はアホ右翼系のゴミ本を買い漁ったりとかなんだろうね。どうでもいいけど。こういうのってまともな検察なら案件化するんだろうけど、裏金問題でもアベゴロツキ一派の幹部の一人も起訴もできなかったヘタレ揃いの現状の検察ではまあ永遠に無理だね。ゴミ犯罪の国民を血祭り起訴するしか能のない奴らや。

 

まあクソだらけの不自由非民主統一カルト党の税金泥棒野郎どものこと考えるだけで気分悪くなるわ。それでなくても脊髄手術4回で手足のしびれや感覚鈍化で、大好きな車の運転も断念して、47年間のドライブ歴も終了して、運転免許証も返納してしまい趣味の大きな一つを失ったのにますます気分悪くなるわ。

 

今年も早いもので、あっという間に2月も中旬に。趣味の株式売買の方はまあまあ好調で、2月9日までの売却益が約300万円になった。こういう調子の良いときにがっくり来たのが、あおぞら銀行の最悪の決算発表。四半期ごとに年間4回の配当という日本では珍しい企業なんだが、2回分を無配にして、年間154円が76円になって、2月1日に700円安のストップ安の2557円に。ストップ安食らうなんてあまり記憶にない。翌日もさらに下落して2100円ほどに。この銘柄だが、高配当で四半期配当なんで、一時は1500株保有していたが、上昇するたびに少しずつ売却して、今年に入っては持ち株は300株だけになっていて、1月25日には100株を3299円(その日に新高値3301円)で売却していて、ウハウハで、残り200株も3400円、3500円で売却注文を出していたんだよね。これまでの売却で200株はいわゆる恩株(買値平均は2445円)になっているから、まあ放置でいいかと投げやり気分に。

 

まあそういうわけで、運転もできないので、どこかの温泉へ電車で湯治しかないと、いろいろ検討したら、久しぶりに肘折温泉へ湯治旅行することにした。JRの乗車料金が1年間20回が3割引き(入会当初の3回は2割引)になる入会したばかりのジパング倶楽部を利用して2月12日から5泊6日で8年ぶりの宿泊となる肘折温泉だ。肘折温泉は豪雪地なんだが、新幹線で新庄まで行き、駅前からバスに乗ればほぼ宿のすぐ近くまで行ける意外に便利な温泉だ。小さな温泉街にはそば屋やラーメン店、酒屋、肉屋などもあるし、極上の温泉でのんびり湯治ができるんだよね。今年は雪が少ないそうだが、これまで雪の季節には行ったことがない肘折温泉なんでちょっと楽しみだ。

| | コメント (0)

2023年11月 7日 (火)

歳のせいか、10月はじめに7泊8日の東北湯治ドライブ旅行したのも忘却していて、ようやく備忘録記事に。10月はじめの暴落で大打撃受けた株式の方もこのところ復調して、9月権利落ち前辺りの評価額に戻ってきた

ほんま時間の過ぎるのが早い。歳を取るほどますますその時間経過が早くなるようだ。今年は何をしたかなと考えると、思い出すようなことがほとんどない。2000年秋に49歳で会社を辞めて以来すでに24年ほどにもなり、会社員時代が26年ほどだから仕事期間と無職期間がほぼ同じ様になってきた。しかし、仕事していた期間はもっと長く感じるのだが、無職になってからは1年中が日曜日ってことで、就寝起床も旅行も何もかも自由気ままなせいか、節度なく時間が過ぎるので感覚的には数倍にも感じる。


 


在宅中の昼間は数台のパソコン相手に一人証券会社的に株式売買でスリルとサスペンスを味わえるし、その時間中でも大好きなクラシック音楽やジャズを聴きながらだったり、状況が面白くなければビデオで映画三昧とほんま退屈することがない。そして、週間天気予報見て、良い天気が続きそうだなとなったら、速攻で大好きなドライブ兼ねての東北方面への湯治ドライブ旅行決定して、予定一切なく東京を出発だ。ドライブ旅行は1年中日曜日の身だから、渋滞や宿泊施設が激混みの正月、GW、お盆休み、連休などは当然に避けて、平日に優雅に旅行できる。そのために、これまで年に数回東北旅行(ここ3年ほどは体調もあって、大好きな青森へ行けていない。18年なんて1年に7回も青森まで長距離ドライブ旅行しているんだが)をしているのだが、渋滞にも合わないし、宿泊時もガラ空きで温泉にもゆったりと入浴だ。


 


というわけで、今年は3月に6泊で塩原・那須温泉、4,5,7,8〜9,10月に7泊〜8泊で東北ドライブ(体調の関係もあり、すべて鳴子温泉は川渡温泉の定宿高東旅館の連泊)なんだが、3年続けて青森方面へ行けていないのが心残り。10月はじめは高東旅館に5連泊を含めての7泊8日の湯治旅行してきたんだが、毎度同じようなものなので、ブログに記事アップも忘却してしまっていた。で、遅れ馳せに備忘録用に記事アップ。湯治中は焼肉屋「八兆」での食事、東鳴子温泉にある「氏家鯉店」での激ウマの鯉のうま煮とアライが楽しみなんだが、今年はなんだか知らないが、食用鯉が不足して入荷せずで、7月から現時点でも未だに氏家鯉店では鯉の販売が中止中なのがなんとも残念で、湯治中の楽しみが一つ消滅状態なのだ。


 


10月の湯治も、その大好きな鯉が食べられずガックリだったのだが、そのガックリ度を増加させたのが、9月権利落ちから暴落し続けた株式市場。湯治中はリモートワーク的に株式売買して、旅行中のガソリン代金、宿泊代金、食費などの経費分を毎回軽くゼロにできる以上の売却益(と言っても証券口座から売却益を引き出すわけでなく、気分だけだが)をゲットしていたんだが、今回だけはまったく売却益なしで、早めの損出しクロスとか、買い増しなどしただけだったので、よけいにブログ記事なんて書く気が起きなかった。


 


で、波乱の10月が過ぎて、11月に入った途端に怒涛の上昇波動になり、9月権利落ち以降の数日に一気に減少した持ち株の評価額も徐々に回復、9月権利落ち前の状態に復帰してきた。その間、10月に配当金・分配金も入っていて、現時点でゲットの配当金・分配金は税引前で約385万円に、11月、12月にも証券口座に入金があるので、今年の配当金・分配金は税引前で440万円ほどにはなりそうだ。そして、売却益は現時点で約770万円になっていて、無職としては充分な利益になっている。11月6日はちょっと多めに売却して、キャッシュポジションが30・2%ほどになり、下がれば買い増しやね。ほんま株式売買はありがたい限りだ。これらの利益をよく「不労所得」などと言われるが、そんなことはない。72歳の高齢の頭脳をフル回転させての頭脳労働だよ。そんなこと言ったら、証券会社や銀行などすべて不労所得の稼ぎになってしまうわな。というわけで、雪の降る前に今年最後の湯治ドライブ旅行をそろそろしないとねと、思案中だ。

| | コメント (0)

2023年9月13日 (水)

8月末から9月はじめにかけて8泊9日の今年4回目の東北湯治ドライブ旅行でまったり。株式の調子もなんだか絶好調で、アホの極みのクソ集団岸田財務省の操り人形国民から税金収奪政権はほんまどうでもいい気分や

そういえば、8月下旬から9月はじめにかけて、今回は8泊9日の東北湯治ドライブ旅行へ行ってきたんだが、東京へ戻ったらあまりの暑さにぐったりで、ブログを書く気なんて全く起きずに、趣味の株式売買をダラダラゴロゴロしながら適当にやっているうちに9月も半ばがすぎる頃になってしまった。


 


72歳になるとほんま時間のすぎるのが早いんだが、脊髄不調からくる体調の悪さもあって何する気もなくて時間だけが過ぎて行ってしまう。アホの集積体である岸田財務省の操り人形税金収奪だけに興味あり国民の命なんてどうでもいい政権の露骨なまでのクソぶりがますます全開するだけで、アホマスゴミが内閣改造とか不自由非民主統一カルト党政権ヨイショのお騒ぎをしていたが、そんなのもほんまどうでもいい気分や。基本何も変化なしや。河野太郎なんて言う国民をブロックしている能無しの典型もマイナンバーカードのゴタゴタの責任も取らず留任してんだから、で、内閣適当改造の会見で「この2年間、国民の声を丁寧に聞き、協力しながら、新しい扉を開いていく。そうした取組を進める毎日でした」とくると、白々しくもよくもまあ見え見えの嘘が吐けるわな。まあ、「聞く力」自慢のくせに国民の声には一切耳傾けず、てめえの利権に役立つ声だけ熱心に聞く力発揮の政治センス皆無の岸田らしいけどな。こういう点だけは稀代の悪党アベシンゾーを手本にしてんだろうな。


「聞く力」を発揮するなら、国民、医療機関の殆どから紙の従来の問題なく使用できていた保険証を現状のまま維持して、権力を使いたくてたまらなくて、マイナカード強行、保険証機能強制付加を国民の声をブロックしまくって、「大臣様の俺に従っていればいいんだよ」との傲慢、驕慢の能無しシャクレ野郎コーノタローを閣外に放出すべきだったんだが、それさえできないってのが党内バランス重視で国民の声なんて興味ナッシングの岸田のアホぶりだ。

 


ところで、今回の湯治ドライブ旅行は4月、5月、7月に続いて今年4回目の東北湯治ドライブ旅行だった。当初は久しぶりに青森方面まで足を伸ばして、下北半島まで行こうかと思っていたのだが、あまりの暑さに運転する気力が続かず、途中で変更して毎度の鳴子温泉の川渡温泉・高東旅館でのんびりすることにして、結局高東旅館には6連泊してトータルで8泊9日の旅行となった。8月下旬になると鳴子温泉では夜はある程度涼しさがあるのだが、今年は異常な暑さで夜も暑くて、温泉に一日何回も入ってはあとはゴロゴロと毎度のことだが怠惰に過ごしたが、まあそれが湯治の醍醐味だしね。


 


今年はすでにゲットした配当金・分配金は税込みで372万円ほどになっていて、過去最高額だった昨年の335万円を超過していて、今後さらに増加するから軽く400万円は突破しそうだ。配当金ゲット重視になったのはここ数年で、かつては毎年40万円程度が多かったんだが、やはり配当金・分配金はご機嫌だね。ただ今年は持ち株でかなり高値になっているのは相当数売り上がっているんだが、売り切ってしまったやつほどさらに上昇する銘柄が多くて、売却するのもちょっと躊躇してしまうほどだ。ゲット予定配当金は減少するものの、ちょっとづつでも売却益を積み重ねていくのも大切なのでなかなか売りの見極めが難しいのも嬉しい悩みってとこか。

| | コメント (0)

2023年8月14日 (月)

体調悪いと何する気も起きず、ブログ記事も2ヶ月ほど放置や。まあ適当に好きなドライブ旅行で湯治して、趣味の株式売買を楽しんでます

体調が悪いとほんま何する気も起きないね。気がつけば2ヶ月近くもブログ記事を放置だった。とにかく手足のしびれがきつく、歩くのがしんどくて億劫なのだ。まあ仕事をしているわけでもないし、収入源は会社を2000年に辞めて以来、ネット証券での株式売買だけなので、カネを稼ぐには特に問題もないけどね。でも、普通に歩けるっていうことが如何に大事かってのが、2004年に脊椎の最初の手術である胸髄症手術(これが一番大きな手術で今でも胸椎に数本のチタンボルトが入っている)以来、頚椎、腰椎2回と脊椎の手術を4回もして脊髄神経がボロボロになり、この20年ほどステッキ使っての歩行をしていて、今では2〜3キロ歩くと座って休憩なんてざまだ。


 


いわゆる間欠跛行という状態なんだが、昔は尾瀬散策なんてのが大好きで、地方に転勤していた頃は6月ころから10月ころまで月に2回ぐらいは車で檜枝岐村経由で尾瀬へ行き、一番長く歩いたときには午前5時頃から午後4時すぎまで尾瀬沼、尾瀬ヶ原をくまなく散策してもまったく問題もなかったのに、今じゃ尾瀬の木道なんで怖くて歩けやしないほどになってしまった。


 


まあ、歩くのはしんどいのだが、座っているだけでは特に痛みもなく、パソコン弄っての株式売買なんてのも問題ないし、車の運転も座っている限りは普通にできて、頻繁に実施している東北湯治ドライブでも一日に500キロぐらい運転するのも大丈夫だ。歩くのは2〜3キロでもグダグダヘトヘト状態なのに、車なら一日に500キロぐらい走ってしまえるって、ほんま車は自由な空間移動手段だ。まあ、最近はガソリン価格高騰でその自由さもきつくなってはいるんだが。


 


それでもドライブほど楽しいものはない。自由気ままに行きたい場所へ好きなときに、しかも荷物は車に積んだまま(ステッキ突いている状態なので手荷物持って電車で移動など忌避状態だ。しかも車には布団などまで積載しているので気が向けば道の駅などで車中泊だ)、ハンドルを動かし、アクセルとブレーキペダルを操作するだけで長距離移動できる楽しさ。


 


というわけで、ナンバーカードを巡るシャクレ馬鹿河野太郎の無責任、傲慢、誠実性皆無(まあこいつは国民の声を聞くべきためにやっているだろうツイッターでは、テメエにちょっとでも批判的なアカウントは速攻でブロックして、国民の声を遮断するっていうアホの極みのゲスなんだが)などロクデナシぶりを曝け出しているのを象徴的にクソぶり全開の岸田国民殺し政権には反吐が出るだけなんで、そんなもの忘却して、7月下旬にも毎度のおなじみの鳴子温泉は川渡温泉の高東旅館に5連泊を含んでの7泊8日の湯治主体のドライブ旅行へ5月末以来で行ってきた。ご機嫌な温泉に一日になんども入り、ゴロゴロしては美味いもの食っての湯治はほんま最高ですわ。


 


生活費稼ぎというか、80年頃から始めて、会社辞めて以来趣味の本業みたいになっている株式売買は、ネット環境さえあればどこでもできるので、湯治中も旅館にWi-Fiがあるので、売買できていわばリモートワークみたいなものかな。今回の湯治中も適当に売買して、10万円ちょいの売買益ゲットして旅行費用を獲得。ほんま便利な時代です。


 


この数年は以前ではあまり重視していなかった(5〜6年ほど前までは年間ゲットの配当金は40万円程度でしかなかった)配当金・分配金獲得を重視(いわゆるインカムゲインっていうやつやね)して、以前なら投資資金の30%程度しか株式保有がなかったのに、現状では投資資金の約75%が株式・リート保有になっていて、今年ゲット予定の配当金・分配金が現時点では約415万円に。持ち株でも上昇して配当利回りが低くなると売却して、より高配当でまだ安値圏にある銘柄を買ったりして、インカムをできるだけ増加させようとしているんだが、これが実に楽しいんだよね。思考フル回転や。で、現時点では今年ゲットした配当金・分配金は約240万円で、売買益が約450万円で、それに僅かな額の年金(少ないのは当たり前かな。いくらマスゴミにいたとはいえ、49歳で会社辞めて、60歳から年金受給だからね。当然に住民税非課税だ)もあるわけで72歳の高齢者には十分ですわ。

| | コメント (0)

2023年6月19日 (月)

気がついたらまたまたブログ書き一ヶ月ほど放置。5月下旬に7泊8日で湯治ドライブに行ったんだが、そろそろまた出かけるかな。それにしても岸田政権ってのはあまりの無能ぶりにげんなりしかないね。とくに無責任体質が満開のブロック野郎河野太郎のマイナンバーカード巡るゲスな対応がその象徴やね

気がついたらまたまたブログ書くのを一ヶ月ほど放置になった。まあ体調も悪いので、何する気も起きないんだよな。在宅時には趣味の株式売買をたまに横になったりゴロゴロしながら楽しみ、音楽聴いたり映画見たり、パソコンいじったり趣味三昧。2000年秋に仕事辞めて以来ずっとその趣味三昧生活なんだが、もともと仕事好きでもないし、人付き合いもそれほどやりたい方でもないので、まったく退屈しないんだよね。で、年中日曜日なので、天気の良い時期選んで好きなドライで温泉巡り。

 

4月下旬に7泊8日の湯治ドライブに行ったんだが、やはり好みの温泉で湯治しているときが一番気分が良く、調子の悪い手足の調子も少しは良くなる。ということで、湯治しかないよなと、5月下旬にも毎度の鳴子は川渡温泉の定宿「高東旅館」での5連泊を含む7泊8日の湯治ドライブをしてきたんだが、そんなことを書いていると、東北への湯治主体のドライブ旅行へ行く気分が高まってきた。毎年何回もドライブで行っていた青森方面へ昨年も今年もまだ行っていないので行くなら秋田、岩手、青森中心にするかな。そんな計画を考えているときが実に楽しいね。

 

ところで。ゲスの極みの政治ゴロでしかなかったアベシンゾーなるアホが神のおかげだろうか神の使い(まさにそうやな、岸・安倍一族と一心同体で日本と日本国民を愚弄し続けてきた邪教統一教会に家庭破壊された報復だもんな)によって地獄に落とされてもうじき1年の楽しい記念日なんだな。

 

あの顔を見るだけで虫酸が走る気持ち悪いゲス野郎アベシンゾーが日本の地から雲散霧消して実に爽やかな日本が実現したと思っていたんだが、そのゲス野郎を国葬っていうインチキで国民を侮蔑しまくった能無しの典型で「検討する」しか言えない財務省の操り人形・岸田文雄なるアベシンゾー級のクソ政治屋が日本国・日本国民のためになることは検討しかしないのだが、増税や社会保障削減、防衛費倍増しての戦前並みの軍国バカ国家にひた走るには検討もなしの即決のなんとも情けない限りのこの1年の日本の政治。岸田の政治感覚の脆弱さはマイナンバーカードを巡るゴタゴタの中で「保険証は廃止する」と国民の声をまったく聞ける度量がなく、アホの河野の愚策を改める度胸もない愚鈍ぶりはほんま凄まじいわ。

 

その愚劣集団不自由非民主カルト党政権をのさばらせてしまった元凶はあのゲス野郎アベシンゾーと頻繁に幹部が税金費消しての贅沢宴会に興じて、政権への批判精神を完全に消失して、ジャーナリズム精神放棄してしまったまさに“マスゴミ”にあるのだが、未だまったく覚醒していないんだからどうしようもないゴミ野郎どもだ。

 

まあ、首相や官房長官、とくにあのアブラギッシュな気持ち悪い顔面にさらに情けないクシャ爺の河野太郎なる無能(こいつが無能なんてのはとうの昔に自明なんだが、マスゴミはなぜか有能で首相候補なんて持ち上げて国民騙しと洗脳に励んできた不思議。だいたい反原発を謳っていたくせに閣僚になった途端に放棄のアホくさ。しかも、会見での「次の質問」や国会答弁での「担当じゃない」との最悪ぶり。まあ、こいつは国民の声を聞くためのツイッターでブロックやりまくりの小心でしかないゲス野郎だが)などの会見でのマスゴミの既得権益だけ享受の無能記者どもの質問見ればそのアホくさぶりは世界の恥でしかないのだが。

 

それにしても、河野太郎なる政治屋3代目のゲスぶり酷さ、無責任ぶりは度を越しているな。あの無礼極まる「次の質問どうぞ」にまともな批判や反論もできなかった記者連中の情けなさは何なんだろうね、あの発言時点でさっさと全員席を立って会見拒絶をするべきだったんだが、脳なし傲慢のアイツをますます図に乗らせってしまったんだよな。その結果が今回のマイナンバーカード騒動だ。この問題の元凶は実に簡単だ、河野太郎なるアホが権力をふるいたいだけ(あのコイズミバカガキのレジ袋有料化っていう世紀の愚策もそれな)のはなしで、国民へのマイナンバーカード強制で長年にわたり問題なく何不自由なく機能している保険証を廃止するっていうどこから見てもアホの極みの愚策。その結果の混乱の極み到来。しかし、もとからの無責任体質が染み付いたゲス野郎河野太郎は「俺様には責任一切ないもんね。責任は担当のデジタル庁や地方組織、申請したバカ国民にある」と国会答弁で偉そうに逃げ回るだけ。こんな無能をさっさと罷免できないのもいつもの岸田DNAってことで、統一教会とズブズブの議員、公私峻別さえ出来ないアホなテメエの長男を速攻処分できずグズグズしていたなどと同じやな。ほんま決断力皆無の岸田や。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧